おいしいキムチができるまで

白菜があまりにおいしい季節
キムチ作ろうよ
と順子さんと話していたのをやっと本日決行

2014Jan16_3.jpg


こんなに、というほどの量のにぼしと昆布でしっかりとだしをつくり
韓国唐辛子とか
もち粉とか
アミとか
畑の大根、ねぎ、にんじん
りんごのしぼり汁、しょうが、にんにく
あとなんだったっけ
ひとりだとトロイくせに、順子さんと料理するとお互いに驚くほどの超連携ぷれーができるので
煩雑で面倒な作業も猛スピードで進む進む


2014Jan16_4.jpg

やっとこさここまでこぎつけて
ああ、これができるまでの長かったこと


2014Jan16_5.jpg


さあ今からやまほどの白菜の塩漬けにこれをハサミこむ作業に突入・・・・

終わったときには「わたしなんでこんなに疲れてるんだろう」とぼやきが止まらない疲労コンパイ

「そりゃあえみちゃん、朝からいちご配送作業して、ジャムの仕込みして、ケーキまでつくって
おまけにキムチなんだから」


2014Jan16.jpg



そうです 今日もケーキをつくってしまった


「わたしは今日座った時間がない!」


うそいいなさい

ゴハンは立ち食いじゃなかったぞ

こんなドド疲れを癒してくれるのは、コクいれたコーヒーとうちの卵がやまほど入っている「ふわふわ滋養卵ケーキ」

なんて知性のないネーミング

2014Jan16_2.jpg


これ食べたヒトが全員、「卵の香りがすごい」と卵のみ絶賛してくれるのでこの名前

今日、鶏舎にいき、おとーさんに「卵ください」

といいに行くのがしんどかった・・・

「昨日やらんかったかね」

「もらいましたけど、ケーキつくってなくなったので3個でもいいです」

おとーさん、卵薄のなか、「ああ、3個だけあった」

すいませーーーーーん!


ありがとうございまーーーーす!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト