お取り寄せのいちご&薪ストーブの話

2014Jan2_1.jpg

ビニルをかけたから、きれいには写らない
写真は撮らなくてよい
と園主にいわれながらつい撮ってブログアップまでしてしまうのは、
今季初めての「お取り寄せのいちご」がようやく発送できたってことがちょーーウレシイから


「お取り寄せ」をご注文のかたは、ご贈答にされる方が多いので
早くできないかなあとずっと心待ちにしていました。あーやっとです


色はあまりよくないし、形もよくないし、みためにアピールできる要素はないのです
(私たちは最高にきれい、と思ってますが、世間のいちごって超美麗だから)

味はぜったいですよ
(といって首しめる)


「自然派のいちご」をお送りした東京のIさまからうれしいメールをいただきました
とってもうれしかったので、お客様にも読んでいただきたくてシェアしますね~


>>

いちご、先程届きました。有り難うございます。
みんなですぐにいただきました。

あまーい!!!!!おいしい!!!!!
お正月にいろいろとフルーツを買い揃え
あれこれ満喫しておりましたが・・・
別物です。
娘は、「世界で世界で世界で、一番美味しい~~~!!!」
と大興奮で両手にいちご、口にもいちごと
すごい欲張りようでした。

送っていただいたいちごは、本当にいちごのいい香り。
みんなでうっとり、何度もクンクンしておりました。
主人も甘さに驚いておりました。

>>


まだお小さいお嬢様ですが、いつもうれしい反応をしてくださって
私がまいきちなら、石をくわえて(うれしいときのヤツの癖)しっぽふりまくりです


いちご、送れなくてごめんなさい! と
お歳暮の予定でご注文いただいている方にはメールをさしあげようと思った時期があったのですが

「ごめんなさい、といわれていい気分がする人は、うちのお客さんにあまりいない」

と園主にいわれ
いつでも簡単にあやまるのはやめよう、思ったことを思い出し、ふんばりまして、年を越しました


お待ちいただき、本当にありがとうございます
畑を急がすことはできないので、できただけしか送れませんが
どうぞ。お待ちくださいませ


今日は人生初体験をまたひとつしましたのでご報告

園主がおでかけしたので、ひとりでいちごの世話してました

気温の変動を感じながら、ハウスの窓を微調整
夜は真っ暗ななか、ハウスに出かけ
オリオン座の下でストーブに火をつけて廻ったり


こんなデカイ大人の階段をのぼったのは、前はいつだっけと思うくらいの階段ですよ
よじのぼりました


夜は怖くて運転できな~い
といってるのに、ひとりで運転してえらいですよ 


さらに自分で薪ストーブに火をつけました
普段は30分かかりますが、緊張感ゆえか10分で燃えました
奇跡です

自宅に薪ストーブ設置しているお友達は多いですが
私同様(私よりましか)着火に苦労している人は多いようです
30分たっても1時間たっても燃えない薪に呆然自失、そして迫り来る自己嫌悪の・・・・


「泣きたくなるよね」
「人生まるごと放り投げたくなる」


田舎暮らしにはスキルと覚悟のどちらか必要



どっちもないわたしです




関連記事
スポンサーサイト