太秋柿のご注文、今日までです

2013Nov9_1.jpg


今年最後の収穫にいって帰ってきました

畑を出るときに「今年もありがとうございました」とお礼をいいました


もう終わっちゃうんだなあと、さびしくおもう反面、こんなに採れると予想してなかったので
ご注文を途中で止めたことが、残念でした


こういう予想は大きく予想しても小さく予想してもだめですねえ
予想がしにくいのは、うちの場合、まだまだ道の途上なので
去年より少しずつよくなっているというのが毎年連続してはいますが

去年よりどれだけよくなるかが、正しく予想できないのです


柿なんてわざわざ取り寄せるほどのもの?

というイメージを
それだけの価値がありますよ

といい続けた私たちとしては
今年の太秋は、続けて購入される方がとても多くてうれしい驚きの連続でした


人にプレゼントされてこの柿を知り、ただちに次の柿のご注文、というパターンも何度かあり
太秋ファンが増えていくかんじ。
うれしいなあと思いました



太秋柿の、甘すぎないけど甘くて、さくっとしゃくっとした歯ごたえと
香りのよさと、「なんだこんな柿があるのか?」という驚きと


大きくてもあっというまに一個食べてしまうし
二個目もむいてくれない? といいたくなるし

わたしたち毎日食べてるのにあきることがないし

とにかく、おいしい柿なのです


いま、東京・西麻布のレストラン・チャオベッラさんと、恵比寿のアーリア・ディ・タクボさんが
私たちの太秋柿をメニューに入れてくださっているご様子


タクボさんにいたってはずっと「そのままで食べておいしいものをどうやって料理したらいいのか悩む」
とおっしゃっていましたが、先日


「二年越しでやっと、そちらの柿を活かす料理がわかりました。ポイントは引き算ですね」


写真みたいなあ といったら「写真にはおいしさが写らない料理なんですよ」


レストランチャオベッラさんは、素材をたいせつに、全国のオーガニックでおいしいものを
お料理される有名店ですが

園主がサイトをつくりはじめて最初に連絡してきてくださったプロの方でした


いつもいつも


「行きたいねえ」ばっかいってますが、なかなか・・・・



また繰り返します
柿のご注文、今日まででーす


関連記事
スポンサーサイト