川中島白桃とスウェーデン

2017aug8.jpg
草刈り中。2mも伸びた雑草を刈ってます。ここに大豆を作ります。
味噌を作ります!(オットが)



今季は、ジャムも黒麹もつくっていませんが、
今季は、キムチまでもお休みさせていただくことに、決定しました。

早いもので、アレから1年がもうすぐたちます。
前に比べると、ずいぶん仕事を減らしていますが、
もうしばらく、この流れを続けたく、ご理解をいただけますと幸いです。


ジャム、黒麹、キムチは休止。
イチゴ、卵は終了。

ずいぶんさびしくなっている錦自然農園フルーツストア。

このさむーーい冬と春を、どうやって暮らしていくつもりなのでしょう。
NO IDEA ですよう

「いちごほんとにやめるのーーー?」

つい、シツコク、オットにいっているす。
返って来る言葉はというと、

「オレはもっと、桃や葡萄に時間を使いたい」

真剣な目でそう繰り返されると、もう何もいえませんですね。
といいながら、たぶんまだ言うんですが。

「あんなに美味しいイチゴをやめるなんてまちがっとる!」とか
「ちょっとくらいなら苗が手に入るでしょう? 私の分だけでもつくれ!」とか


桃と葡萄と柿で、やってきた農園ですが、
この異常気象のなかで、農薬削減してフルーツ作るなんて、
経営が無理~ってことで
イチゴをはじめ、いろんなことやってきました。


おかげさまで去年は、年間発送数が、7年前の15倍。
びっくりしますね。年収15倍じゃないのがきびしいですが。


ところがです。
そうやってがんばって仕事量増やしても、
ここはスウェーデンか?
っていうくらい健康保険と税金で飛んでいくのに驚きます。

健康保険の支払額は、市町村によって違いますが、当町はすごい。
かつて棲んでいたシティでの支払額の4倍です。
収入は今のほうが、もーーーのすごく少ないのに。


老人が多く、医療費がふくれあがっているのに、
企業からの税収もみこめない、観光資源もない、小さな町に暮らすってこういうことなんですyo。


まあ、いいきっかけだと思います。
スウェーデンな町でいいんです。
それより
東京時代からずっと病気がちだったのに、軽く無視して、
やりたいことをやりたーーい、と走りっぱなしで仕事するのが恒常化してたのが
そもそものマチガイの発端であることは、認めざるをえないので、
改めるべきは、なんなのか、もっと考えなくちゃいけないです。

でもですね

キムチに関しては、春も夏も、ずっとお問い合わせが多くて、うれしがってます。
そういうことに喜んでいる部分もあり、
とても、今年はつくりません、なんていえないでおりました。
「つくらないなんて、無理」とかオットにも言ってました。

でも、やっぱり、今年は休止。
昨日、きめました。

ところで最後に桃の話。
ジミーーに、桃の収穫続いています。

「山育ちの桃」(ワケアリ品)が、めったに出なくなっています。

川中島はダメかいいか、しかなく、単なる傷ものが少ないのです。
「山育ちの桃」をお待ちの方で、
「自然派の中箱」(正規品のこと)に変更してもいいという方はどうぞご連絡ください。

数が少なくて、お送りできない人が多いのに、こういうこと言うのは申し訳ないですが、
今年の川中島白桃は、過去最高においしいです。
来年はもっとおいしくなると思いますので、ご期待ください。

お客さまから、またはお客さまから贈答された方からの
「こんなにおいしい桃を食べたことがない!」の元気な声が、私たちをものすごく喜ばせております。

二年間、とれませんでしたからね。
うれしい気持ちが違いますよ。
川中島、やっぱりおいしいねーーって、来年はもっと多くのお客さまと笑いあいたいです。



桃のご注文は来年も5月~6月ですが、
野菜と葡萄のご注文はやってます↓
錦自然農園フルーツストア

スポンサーサイト