5月のいちごとか

2017Apr11.jpg
あいかわらず獣害に悩んでいます。悩んでいる・・・てわけでもないか。もう慣れてしまって。


いちごをジミにお送りし続けています。
だいたい、一日に一箱
二箱以上の方にお送りできなくて3月のご注文なのにまだ送れてない人も・・・・・
たいへん申し訳ないです

この時期は寒い時期のイチゴに比べると、酸味がましておりますので
おいしくないって言われるんだろうなという気持ちが半分以上ありつつ
送っても大丈夫なのかなと心配しつつ送っています。

もう何年も前になるけれど
「おたくはこんなイチゴを平気で送れるところなのか」
といわれたのは5月4日くらいだったような。

メールレターでも
キャンセルでもいいというひとはどうぞキャンセルしてくださいませ
といいましたが
本日までにそれをお申し出いただいたかたは
ひとりしかいなくて

「まあいいんじゃない
送れないって確定するまで
送れるかもしれないということで」

といっているのはおっとくんです。

ま、いいか。
いいんですかね。

残念なおしらせは
キャベツが終わってしまいました。
5月も十分にお送りできるはずが、畑に異常事態発生で・・・・・・・・・・・・
つまり、ご注文をいちごと一緒にお受けしている方にも
お送りできません。


いちごもお送りできないかもしれないので
確定にまだ時間がかかるので

とくにお知らせはしていないのですが
まだ。

キャンセルしてやってもいいよ、という方
どうぞどうぞ
メールくださいませ




錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

だれも農業で働きたくない

2017Apr28_1budou.jpg
今年のブドウは明らかに遅いです。この先どういう生育の仕方をしていくのか。芽かき作業はじまりました


昨日の会話です。
しゃべっているのは女子です。
週末の会合はとてもおもしろかったんですが、
今回シェアしたいのは別の話。


「先週末に県内の農家が集まる会にいったんだけどね、
若い人が多くて、古い農家のあとつぎも、新規就農もいろいろいたんだけど、
今悩んでいることはなんですか、という質問に対して、
ワタシのテーブルで全員があげたのが、
誰も働かない、ということだった」

「どういう意味ですか?」

「時給を800円にしても(このへんの農家でその金額はかなり高いほう)、
男は二ヶ月でやめていくのがほとんどだとか、
いちばん働かないのは定年退職した男だとか、
ハローワークの募集に応じてやってきても数日でやめるのがほとんどだとか、
農の雇用っていう国の補助つきで正社員にしても一年でだいたいの人がやめるとか、
事情はみんな同じだった。
要は農業で働きたい人はどこにもいないんだろうって」

「だから外国人ですか」

「外国もね、今はベトナムも中国もタイもそこそこに発展してるし
稼げるから日本にいこう、という人は減る一方みたいだし」

「どうなるんですか、そしたら」

「AIがやってくれるのかな。機械が24時間体制で働き続けるなら無農薬栽培は難しくないといわれるし
オランダは施設栽培がほとんどでAI導入がすすんでいるから
一人あたりの労働成果が日本の16倍だって会長島耕作にかいてあったし
そのうち、これは人間がつくった野菜です、というのが付加価値になるかも
メガ農家が五百軒あれば日本の農業は十分ですから
新規就農なんておやめくださいって時代が目の前かも」

「AIが世界をほろぼすっていうのは本気で感じるね
株も競馬もAIにやらせれば、負けなしって時代になるだろうしね
結局資本のあるほうが、ないほうをくいものにする分野がふえるばかりね」

「人口が減っていけば教育にかける人件費より、機械導入のほうが安いってなるだろうし。
そもそも少数のために学校をつくることがもったいないからって、学校も不要、
教師も不要になるかもね。自宅学習のほうが効率はいいし」

「本当に必要なエリート学校だけにお金を入れたほうがいいって考え方になるかも」

「親が子供になってもらいたい職業って何になるのかな
AIがすすめば職業の半分以上いらなくなるよね
人の微調整が必要なのは過渡期だけで
だんだん1か0かで全部対応できるように、人間のほうが機械化に適合してくよね」

「うちのこどもは、ユーチューバーになりたいっていってますよ」

「昔は映像を作りたいという人は映画やテレビを目指したけど
いまはソフトがタダで配信されて、映画監督の社会的地位は落ちる一方だし
見て数秒で人をキャッチするかどうかが問われるようなユーチューブ的映像芸に
人が流れるのもわかるよね。経費かからないしリスク低いし。
まず最初に芸術家といわれる人種が消えるよね」

「バーチャルなものしかみてないから、ものの価値がわからないですよ」

「新聞である人が書いてたけど、今は人間の歴史のなかでいちばん革新のスピードが速い時代らしい。
トップの知識に追いてかれないようにするのに精一杯で
昔の伝統とか経験知とかが重要視されないし、活用されない時代だって。
昔を知ってることはありがたいことだとワタシは昔思ってたけど、尊敬されている老人いっぱいいたけど
今、そういう扱いされる老人は・・・・」

「機械がやってくれてあまった時間で、何をやっていくかですね」

「ラインで会話するとかで時間つぶすのかね。
これでベーシックインカムが実現したら、ますます誰も何もしないね。
労働から解放されて自由な仕事ができるといわれても
やる人は時間なくてもするし、やらない人は時間あってもしないんじゃないかな」

2017Apr28_2.jpg
くーちゃんはやんちゃで困ります。特にワタシは甘く見られているようでイカン

農業の話からずいぶんそれてしまいました
農業だけでなく、どの業界も人が足りないそうですね
人が足りないのは
人がしなくてもいいことをまだ人にやらせようとしているからかもしれない。
人がするべき仕事ってなんなのかな

そもそも仕事の意味
仕事の定義が変わっていくのかもしれませんね

ゴールデンウイークは、毎年めちゃくちゃ忙しかったんですが
今年はゆっくりすごそうとしています
意識をゆっくり、に持っていこうとするだけでこんなに変わるなら
なぜむかしは忙しかったのか
と言いたくなるけど、どっちにしても「たのしいほう」を選択した結果なんです




錦自然農園フルーツストア


庭師の仕事




園主です

防風林の整備やってます。

大きな木が道路側にかなり張り出して迷惑をかけていたのもあり、今回は大手術しました。

前の持ち主が植えた、数十年の年輪をもつ大きく成長した木を伐採して、
私たちが数年前に大きな木の傍に植えた木を生かします。

なぜ、大きな木を生かさないのか?

その木は毛虫が大発生しやすく
農薬を大量に使用しないと、維持がむずかしい木だからです。



2017Apr24_2.jpg
防風林伐採後の風景


果樹の仕事も木を相手にする仕事ですが
今回は、果樹農家が片手間にするには規模が大きすぎて

球磨郡水上村に住んでいる加藤ゆうじくんに手伝っていただきましたです。

千葉で庭師として仕事をしてましたが東日本大震災後、こちらに移住してきた方です。


さすがにすばらしい仕事をしてくれます。
プロの仕事を見せていただきました。


ありがとう。



水曜日締切の野菜セットは

錦自然農園フルーツストア


菌と抗生物質

去年の秋に、盲腸の界隈をごっそり切除したので、
細菌関係の本をよく読んでいます。

盲腸の切除と菌が、どうからむのかというと、

小腸の終点では1ccあたり1千万個の微生物がくらし
大腸の終点(盲腸とか虫垂とか)では1ccあたり1兆個の微生物(菌だけでなく「微生物」)が暮らしているそうで

腸には1500gの細菌がいるそうですが、
虫垂は腸内の微生物の隠れ家として機能していて
消化管の感染症や自己免疫疾患や心臓病、血液のがんまで予防するとみられているそうで。

必要なときにどーっと出て行く場所じたいを失った私ら「盲腸なしのひと」の、
腸内環境はどういう均衡になるのかを知りたいんですが
そういう本にはまだであってなくて、

いろいろ読むと、
細菌について、人類が知っていることはあまり多くない、ということが
わかるだけです。

乳酸菌という言葉は、すごく世間に出回っています。
多数の企業が世界中で乳酸菌をびじねすにしているけれど、
まことしやかに語られている内容も、本当かどうか定かにできないことが多いようです。

ヤクルト見る見るなどの乳酸菌飲料やサプリを習慣にすべきかどうか迷っていますが

乳酸菌「製品」は、野菜など天然で存在する乳酸菌に比べて弱いかもしれません。
多様性が少ないという理由で。
乳酸菌は体にまったく残らずスルーするという説もある(だからどんどん摂取しなくては、という考えもなりたつのかな)


印象に残っている菌についての記述を自分用にメモしておきます

●菌については人知が届かない部分がものすごく広大

遺伝子の違いでみると、8時0分のところに人類がいて、8時1分のところにとうもろこしがいるくらい。
つまり、とうもろこしと人類は、意外にも、ものすごく近い。
というより、菌が遠すぎる。
菌の種類は無限に豊富で、宇宙にひってきするくらい広い。


●菌はどこにでもいる

マグマの中にも、超低温の世界にも、強酸性の場所にも棲める菌がいるそうで、
熱湯で菌をすべて殺菌、なんて無理。
ファ部リーズですべての菌が消えることももちろんない。

最近プラスティックを食べる菌が発見されたそうです。

菌は菌同士の結婚(?)で現状に対応して進化していくので、人知が追いつくことはなさそう。
ダーウインの進化論的なものを菌に求めるには、まだまだわかっていることが少なすぎるようです。

●食事が腸内細菌に影響をどう与えるかについての研究はまだ未知の部分が多い。

食事を変えている期間に限定すると、腸内菌叢は食事でよいように変わることが確認されている。
(野菜中心、よい油、少量の肉魚などを摂る地中海式食生活)

一年間その食事を続けたら、どれくらい変化した菌叢が腸に定着するかはわかっていない。

●人間は細菌を百兆個、体内に飼っている

人の遺伝子は二万三千個。体内の細菌の遺伝子数は、二百万個。
体の中に遺伝子が百あったら、人の遺伝子は1個で、99個は、細菌のもの。
先祖から受け継いだ遺伝子の99倍、よそから入ってくるし、変換可能。

一緒に食べて眠っていると、菌を交換、共有しやすい。
どこに住むかでも変わるけど、一緒に食べたり寝たりしてないと簡単には菌叢まで変わらないかも。

●菌を食べて体内に入れる方法

ヨーグルトの1杯に含まれる菌の数はせいぜい百億個で、全菌1万に対して1の割合。
入っている菌が同種のものだと、体内に入ったとたんにすでにいる菌に攻撃されて無力に死んでいく可能性が高い
プロバイオティクス製品の全般にそれはいえると主張する研究者もいる

●菌を肛門から移植する方法

ヒト遺伝子よりずっと巾をきかせている細菌の遺伝子は、ヒトの人格や生活をかなり支配している可能性があるそう。
糞便を希釈した液体を肛門からいれる方法がアメリカでは医療として行われ、
特に自閉症に効果が顕著だそうで、病院にいかずに自分でやってみる親もけっこういるそうな。

この方法で治る可能性があるのは、クローン病など腸の難病、リューマチ、多発性硬化症、ホルモン関係の病気など幅広い。
日本でも一部行われているとか。
糞便は医薬品ではないので、いまのところ違法にならないそう(良く知りませんが)。

痩せているヒトの糞便をいれると肥満者がやせるかかどうかはわからないが、
ねずみの実験ではやせたねずみのそれを食糞したねずみは体脂肪を増やさなくなったそう。

糞便の移植で性格もデザインできる可能性は小さくないようで、うつ病などには可能性が大きいような。

糞便の75%は菌。

菌の遺伝子の数は人によって異なり、菌の遺伝子数が少ないヒトほど肥満傾向にある。

●世界中で肥満者率が増大する理由は、食の変化ではなく、体内の菌の変化が理由という説がある。

人類は史上はじめて、飢えている人より、肥満している人が多い時代に入った。
ガーナでさえ肥満者が多い。
アメリカ風の食生活のせいだといわれてきた途上国の肥満は、それでは説得できないレベルで増えている

現代人が昔より、脂肪分や糖質をたくさん食べているわけではない。
実際アメリカでさえ、肥満が圧倒的に少なかった60年代より、脂肪の摂取は今のほうが少ないが、肥満は膨大に増えている。

●肥満が増えているのは、抗生物質が現代、世界中で、過剰に使われているからだと主張する研究者がいる。

抗生物質は医療現場より、家畜生産の分野で多く使われ、アメリカでは全抗生物質の75%が家畜に使われている。

世界中で大量に抗生物質が使われている理由は、抗生物質を使うと家畜の筋肉が増えるから。
つまり、少ない餌で効率的に大きくできるので、じゃんじゃん使われている。

家畜を食べることで人間の腸にも、抗生物質が入る。

家畜を食べなくても、土壌に家畜の糞便尿がしみこみ、
川を通じ、水道水にも影響を与え、堆肥の多くは家畜の糞便を使うので、野菜や穀類のみ食べていても
抗生物質の影響から免れない。

抗生物質の影響ではないかと疑われているのは、最近、アジア人の体が大きくなったこと。

日本でもそうだが、とくに中国で顕著。子供の身長で平均6センチ伸びたというデータがあるそう。
現代人に巨乳が増えたのは家畜へのホルモン物質の過剰投与の影響だともいわれますが、どうなのか。

2017Apr15_2.jpg
ドッグラン的なものに放り込んだら逃げ惑ってました。なぜなら・・・・


2017Apr15.jpg
かわいいメス柴犬がいたから。くーさん5ヶ月。春はもう少し先。


よい情報としては

食に多様性と野菜豊富さが維持されているかぎりは、腸内の菌叢はよき方向に変わるということ?

たくさんの野菜を中心に、いろんなものを食べていることですね。
米(あるいは小麦)たくさんと野菜ちょっぴりの食は、
明治時代ならよかったかもですが(抗生物質なかったから)。

ただ太るだけの結果になるかも。
堆肥を多用した米と野菜は、抗生物質の多食に通じ、意外にも太るかもしれません。

雑食が、菌の種類を豊富にするような気がします。

大腸菌だってなんだって悪いものも体内にはいっぱいいる。それがバランスをとってる限りはOK。
どうやってバランスを崩すかが、わからないところ。
菌の研究はおもしろそうですね~


キャベツ、イモ類などの植物繊維が豊富な野菜も、
毎週水曜正午しめきりの野菜セットも
錦自然農園フルーツトア



月の売上10万円以下でも

2017Apr6_2.jpg
今年は桜も桃も開花が遅かった。どういうスケジュールで桃が実るのか、先行き不透明。

facebookにリマインダー機能というのか、過去の投稿をかってに出してくれます。
それで今朝タイムラインに上がっていた2012年4月11日の投稿を部分的に再掲です。


野望はあったほうが人生楽しいだろうと思うのに
ウチヌノ家はそれが難しい
今月の売上10万円以下でも(正直にいうともっと少ない)
べつに困らない
お客さんが、毎日だれかしらメールくれて、おいしかったーと教えてくれるので、私はそれでもう満腹してしまう

今日なんか、いちごを涙して食べた、という正直いって、どうして泣けたのかわからないメールをもらった

去年植えた新規ぶどう畑の7割が今年の寒さで枯れて死んでしまった
それでも、
「これで、あの畑にどの品種が向いてるか向いてないかわかったね。一歩進んだってことだ」
と1秒で口から出てしまうわたしって、 農家の嫁に向いてるとも向いてないともいえる・・・・・・・

>>>

2012年の4月といえば、「錦自然農園フルーツストア」というウエブサイトをオープンして
やっと半年という時期。
その前年(彼の手作りサイト)にきてた人数の20倍の人が
ウエブサイトを作ったとたんに、おしよせていましたが、
発送できるものはとても少なく
いつも在庫切れというのは、いまと、あまりかわりません。


ただいま、作業場ではいちごのパッキング中。
今日は何人に送れるか、
発送担当の私は毎日気が気ではありません。

それというのも
いちご畑では、日増しに
ケモノの食害が増えており、
いつやむともしれない勢いです。

先日ご注文をいただいていますが、まだ3月のご注文の方にも送りきっていません。

これはちょっとやばいのでは・・・・
と二人とも先のわからなさにストレスを感じています。

調子よいですよ、と豪語した舌の根もかわかぬうちに、なんたること。

先がわからないのは、毎度のことですが、注文を受けたとたんにこの仕打ち
ケモノたちめ、やってよくもくれるな。です。

もし、
もうキャンセルでもいいよ、
という方がいましたら
キャンセルをお願いする確率は相当高くなっていますが
お申し出いただけると、少し肩の荷がおります

野菜セットの締切は今週にかぎり4月11日(火曜日)の正午。
発送は毎週金曜。大阪より西は土曜着、四国とそれより東は日曜着(の予定)です。

●今週にかぎり、ブロッコリー(無農薬栽培)も別売をしています
●今週野菜セットで決まっているのは
有機JASのキャベツと大根と里芋。無肥料無農薬栽培のサラダ菜。
無農薬有機肥料栽培のねぎ、ちんげんさい、ブロッコリー
低農薬有機肥料栽培のミニトマト(人気です)
●お隣の村、山江から春の干ししいたけ今週金曜より発送開始です
おもとめは

錦自然農園フルーツストア


12,13日はメールのお返事ができなくなります。よろしくお願いします。

生と死のまんなか

過去に3人くらいの、ごく親しい友人が私に同じことを言いました

そして、その三回とも私はまったく、彼らの気持ちが理解できませんでした。
何を言われたかというと、

「健康診断で、要精密検査といわれた、がんかもしれないといわれた」

というようなことです。言ってはなんですが、ものすごい大騒ぎでした。

それがどうしたの? がんになったらそんなに困る?

と思いました。

本人を前にしてそれはいえませんでしたが、
いえひとりには言いました。
それを機に絶縁されてしまいました。

がんかもしれないといわれてそんなに困るヒトがいるのか、と

おどろく私は、単に想像力が乏しいせいかもしれないと思っていましたが

このたび、彼らの気持ちを追体験することができて、
やっぱりそんなことでおろおろするなんて、理解できない
と思うのでした

しかし
事の発端から半年がすぎた今、私が彼らの気持ちを理解できないのは
1、自分の気持ちに蓋をして無理している
2、やけになっている
などなどの心理的な作為的なかわいそう的な
心のあらわれ
かもしれないと
疑うにしくはないと思って、疑うのを続けていましたが、やはり、どうしても、私のなかには

しぬのがいやだ

という気持ちがないことがわかります
生というのは、生れ転げ落ちてオギャーといった瞬間から死へ向かって一直線
その坂道を邪魔するものはないのであります

健康法とか健康食とかは、趣味みたいな人生のいろどりみたいなもので

とにかく
スキーで
小山をすべりおりていくのが
人生でもあり
例外ないです
よね

それが
わかっているのに

なんで

を特別扱いして
忌避しないといけないと思うのかわからない

と思っています

私が特別変人なのか
まあ最後まで疑わないといけないのは、すでに私の心理的なんたらが病んでいるのか

そういう思いで

トキオの友人あやこさんに昨日でんわしたら

3秒の説明で

わかるーーー


といわれてしまい、あ、よかった


と思いました


私がそう思っているのは、わがだーりんさまにはばればれで
言われちゃったこともあり、
なんて彼はこんなにもかんがよくて、頭がするどいのかとほれぼれしますが


いやいやいや
ここでのろけたいのはありませんので


手術から半年がたとうとしております
ずっと思っていたけど、やっといってもいいかなと

生きているのと死んでいるのの差は
外国に移住するくらいのものではないかと
思っています
それがまちがっている
といえるひとは
死んだことないひとが
生きているヒトの大部分だから
あまりいないと思いますが
もしいても
反論はいりませんので


うちのだーりんにいわれたのは

キミは自分のことしか考えない

ということ
確かにヒトが死ぬのは私だっていやです
だれもかれも私より長生きしてくれないといやだ

そういう気持ちが私に、養生という観念を生活にいれてくれたのですが

あんまりモチベーションとしてはパワフルではなくて
なんかーーもう少し
ほしいですね

おっとは

くーちゃんが15年はいきるから
くーちゃんを母なき黒シバ犬にしないようにしようと思って15年生存を目標にしなさいといいました

あたし的には、そういうのって、あんまり・・・
くーちゃんは私がいなくても餌も愛も、もらえるもーーん

わやしが
生きることに
前出の三人の友人ほど
真剣にとりくむことができないのは、子がないせいかと、
それは可能性として思いますが

ないもんはないんで、確証を得られません。

アヤコサンが

「明日しんでもおっけー」

といったのは、まさに私の言葉でもありまして

やり残したとか、思い残した、とかぜんぜんない
毎日、毎日、なんとわたしは、めぐまれているのか、かみさまさんくう

と思っています

こんなことを書いていると

わたしはひょっとしてもうすぐ死ぬのかな
とか疑われるかもですが、とりあえず予定はないです

予定なんか、全員ないですよね

最近
周囲に
シヌヒトとか
シヌカモシレナイヒトとか
いますけれど、生と死の間にいるかぎりはみなさま平等ですから
だれも、でかい顔はできません


順番を突如やぶってしまうヒトはいますからね


錦自然農園フルーツストアでは

あの世に行く前に
舌にのせておきたい作物を販売ちう

コーヒーの焙煎といちご

2017Mar28.jpg野菜畑からもってきたもの。ケール、サラダ菜、ちしゃ、春菊。



さいきん、コーヒー豆を焙煎するという新しい文化が我が家にもやってきてます。

セルフビルドとか醸造とか燻製とかパン作りとか漬物つくりとか、
田舎暮らしの凝り性派がやってくれることを一通りしてきたヒトが
ついにそこに至ってくれて、うれしいです。

焙煎につかっているのは、「いるいる」という器具。
数分でできて、失敗なしで、かなり便利。
鹿児島の友人が教えてくれて、家に帰ると即ネットで購入。
いきなり大袋にどかっと生豆も購入してるので

そんな・・・もし、技術的に面倒だったり、おいしくできなかったりしたらどうするんだ
と一瞬ひいてしまいましたネガティブ思考のわたしでしたが
心配する必要なかった
各種豆をブレンドしてくれて、おいしいコーヒーをいれてくれています。

昨日、いちごのご注文受付を再開しました。
すごい勢いでなくなっていますが、まだ受付できますので、どうぞ
錦自然農園フルーツストアからお申し込みください。

錦自然農園フルーツストア

野菜セットのご注文は今日の正午が締切です
いちごの発送の順番にあわせてお送りしますので
必ず今週発送をご希望の場合はコメント欄に「別べつに送って」などメッセージください。


いちごの生産が今年で終わる可能性がかぎりなく百%にちかくなったことを
お伝えしております。

いちごの品種を変えて作り続ければいいんじゃない? というご感想が届いております
9月から農薬も肥料もやらなくても虫害がほとんどないいちご畑にやっと育ったのにもったいないとも

それにお答えすると、

●いちごを作るのはとてもたいへんで、かなりの高値にしないと、キツイとずっと思っているのですが
●心情的に「まだ上げるの?」 って気持ちです。もう十分高いし・・・・
●品種を変えると、必ず前のいちごよりおいしくなくなる、というのも、厳しい。
●いろいろ品種を変える試みはしてきたのですが、ためしに作っても「おいしくないね」と思う二人でありました。
●うんと価格を高くして、前よりおいしくないね、と思いながら売るって、気持ち的にきついです
●それでもほかのところから買いたくないから作って、というお声がすでに届いています
●私たちも、昨日今日の思いつきではなく、グルグルと考えていました
●まずはいちごをやめる方向に向いておりますことお伝えしました
●風向きが変わって苗がみつかることもあるかもしれないですね。先はいつもわからないから
●12月からの4月までの仕事をもっと他のことに向けたいとおっとがいうのもご期待ください
●もっともっといいもの作りたいと思っているのです


里芋、キャベツ、干ししいたけ、紅茶、たまご、お米、野菜セット&いちごをどうぞ☆☆
錦自然農園フルーツストア

映画「湯をわかすほどの熱い愛」

今年になってから農園におこった大きな変化はといいますと、
休みをとることを意識しはじめたこと

内布家は、血筋として

仕事しているのが好き

というか

遊んでいるのが罪悪感

なタイプで
えみこ系は、血筋としては遊び人なんですが、えみこ本人は

遊びで楽しむより遊びを仕事にするか仕事を遊びにするほうが楽しいってタイプで

結果このカップルには遊びより仕事、という流れがゴウゴウと流れてしまうんですが


救世主のしばいぬ、くーちゃんの出現により

くーとドライブしたいがために、休みが創出されるようになりました

(定休日を土日祝と設定しておりますが、お客さん対応をさぼっているだけで
けっこう仕事しているふたりだったのでした)

で、本題の映画ですが

いってよかったです

生きている時間をおもいきり楽しむということの重大さを、よりいっそう感じた気がします。
一時間でも、無駄にしてはいけない
無駄に、というのの意味がわからないですが、

悩むとかぐだっとするとか悲しむとか悲観にくれるとかおもしろがるとか
あらゆることができるということを
よろこびなしではいられないという
そんな気持ちになり
帰りの高速道路にのっていました


田舎ではどんな映画も、経費が高い
高速代とガソリン代でひとりあたま5000円は覚悟です
長時間旅行になるのでそこに食費が加わり、映画チケット代がくわわり
一本の映画が都会における大ホールのコンサートに匹敵する出費に・・・・・・・

そうやってみにいくんですから
映画をつくるひとには、がんばってくださいといいたいです

湯を沸かすほどの熱い愛

よかったです


映画以外で心をみたすお買い物は↓
錦自然農園フルーツストア

3月最後の日の、野菜セットです

2017Mar28_2.jpg

うちのサラダ菜畑。
肥料も農薬も使っていませんが、元気に育っています。
来週もセットにいれられそう。
右手に見えるのは「ケール」。
野菜セットに入れるほどは今季は作っておらず、うちの朝のスムージーになっています

最近うちで集めている野菜には、とにかく免疫を活性する野菜に重きを置いています。
強力免疫野菜であるケールは、去年はセットに一時入れていましたが
好みが分かれるので、迷いがあります。

2017Mar31.jpg

好みが分かれるといえばパクチー。

上の写真は昨日発送したセットですが
パクチー、入っています。

どうかなあと心配でした。
パクチーが人気だとマスコミでは喧伝されますが、実は嫌い、という人多いから。
畑にはわしゃわしゃ茂らせていたのに、
セットに仲間入りしはじめたのは、ごく最近。
送り始めてみると、意外にも「もっとたくさんほしい」というお声が複数あり驚きました。
パクチーはデトックスの強力野菜でなんですね。
体にたまりがちな重金属をデトックスする効果があるそうですから、春こそ食べたい野菜です。

もうシーズンは終わりですが、からし菜とかも、
栄養は高いけど、食味への好みが分かれる野菜なので迷います。
レシピをもっと充実させればいいだけのことかもしれないですが。

今週の野菜セットの内容は

●サラダ菜 ●里芋 ●ミニトマト ●キャベツ ●小松菜 
●ほうれんそう ●にんじん ●ブロッコリー ●姫チンゲン菜 
●大根 ●パクチー
(トマト以外は農薬不使用/サラダ菜とほうれんそう、大根、パクチーは農薬&肥料分不使用)

大根は、免疫の強いアブラナ科の代表的野菜。
とくに葉っぱが強いですので食べていただきたいと思っています。

大根の実はそのまま食べられます。ひょっとすると、固すぎるものも混じっているかもしれません。
そういうときは、加熱してください

ブロッコリーは、脇芽とよばれる小さいものですが、
免疫力は強いですので、無農薬で作ってくださる方が複数いらっしゃることに感謝しています。
来週も入る予定です

セロリも入らないかなあと思っていますが、まだ難しいかな
野菜に何が入るかは、いつもいっていますが、その日にならないと確定できません。

今週の金曜日は、朝からひっきりなしの豪雨で、
野菜畑のなかで雨具をきてずぶぬれになりながら、収穫したり、洗ったりしていました。

キャベツも雨の中収穫していただいたのを、
畑からまっすぐ作業場に届けていただき、
水気をふき取りながら新聞紙で包んで箱にいれました。
一部水気で破れているかもしれませんが、
鮮度はそのへんのスーパー、デパ地下の比ではありません。


雨に濡れてきがえしながら手伝ってくれた文子さんや、尚子さんに、感謝です。


では、
次回も野菜セットの締切は水曜日です。以下サイトからお申し込みください。
毎週でも隔週でも、途中ストップでもできますので
できましたら、「定期購入」で申し込みいただけると助かります。

錦自然農園フルーツストア