2016年の10大ニュースです

yasai1226.jpg
12月26日のオーガニック野菜セット。
ねぎは苗のときのに農薬使用。あとの野菜はみんな農薬不使用で栽培。
農薬のみならず肥料も使ってないのは、里芋、にんじん、ルッコラ、ブロッコリー。
一年の最後にふさわしい精鋭集団をお送りできました。




今年ももうすぐおわります。
毎年やっているので、一年をふりかえり錦自然農園の10大ニュースを総括しま~す

1> クラウドファンディングで多くの方に応援をいただいた!

お金がないからできないね、ではなく、多くのみなさまのお心に支えられて、できないことができるようになる奇跡を経験させていただきました。
 
2> 作業場を14年ぶりに新築した!

就農した38歳のときの自作倉庫が生まれ変わりました。

3> 発送荷物数が過去最高に

気がつかないうちに達成していた。エミコが熊本にきた2010年の軽く10倍超です。
フルーツ以外の小さな荷が増えたせいと野菜セットが順調なおかげかと思います。

4> ぶどうが桃を抜いて農園の主力フルーツに

桃が一家を支えていましたが、桃はどうしても天候異常に襲われやすく生産量がままなりません。
逆に好調のぶどうに、ついに今年は生産量でトップの座をゆずりました。
ちなみに今年は栗も調子がよかった。来年はブドウと栗の販売にもっと力を入れますね。

5> キムチが過去最高の生産量

今季はまだはじめてないですが、年明けからの二ヶ月で過去の記録をブレイクしました
来年年明けしたらすぐにはじめる予定です。たぶん。

6> エミコの病気発覚で9月末から手術1回入院3回でてんやわんや

今はすっかり元気です!

7> まいちゃん逝去

お母さんたちの熊本移住を最初から見守ってきたまいちゃん。享年15歳。

8> 新しいスタッフが大活躍

事務にも畑シゴトにも発送業務にも力を発揮してくれるご近所の主婦のみなさま。来年もさらによろしくよろしく・・・

9> 柿がまったくダメだった 

長く続けてきた切り上げ剪定が去年完全失敗におわり、今年もその余波で全くダメ。来年は生まれ変わります。柿に乞うご期待。

10> すんごく恵まれているしあわせな農園でした

いろいろあるけど恵まれている、こんなに運がよくて、こんなに大きな愛に包まれている農園にかかわれて私も園主も幸せです。
ありがとうございます。


いろんなことがあっておもしろいのが農家ですね

らいねんももっといっぱい、いろんなことがあるでしょう。
楽しい奇跡をごいっしょに経験しましょう



野菜セットは1月6日から発送です
年内も年始も発送します。到着日指定の確約は難しいです(運送会社のコンランのため)
錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

やまほどの贈り物

17日のお披露目パーティあたりが契機で、薬の影響はほぼなくなっています。

薬をやめたと伝えると、「なんで?」という驚きのレスポンスをされます。

「髪も抜けないし、吐き気もないのになんで?」
「私の知っている人は薬使ってたけど、副作用に苦しんでなかったよ」

薬への耐性は、百人百様。
私は特別に、きわめて、化学薬関係に弱いんですよ。

うまみ調味料がたっぷり入った「美味しいもの」を食べると
しばしば舌がしびれたり頭痛が続いたりする。

思い切って服用したら、薬のせいで死んでしまいそうになるくらいあわない人は、
お薬で病気を治さざるをえなくなる前に、予防をきっちりしておいたほうがいいですよ!!!!

百恵さんが主役のドラマ「赤い疑惑」で、当時死病とされていた白血病。
今では治る病気です。抗がん剤のおかげで。

その他にも薬がよく効く病気はたくさんあるけれど、強いお薬が無理な人はその恩恵にあずかれませんよ。
未病のうちに体質改善をしておいたほうがいいですよ!!!!

私は知りませんでしたが、
薬を拒否すると、病院との縁が切れ、検査拒否する病院があるそうです。
だから薬を処方してもらって薬代を払って、しかしそれを呑まないという方法で
病院とつながっている患者さんもいるそうです。

私は切れてるのかどうか?
一応経過観察の予約は入っていますので、細いラインが生きてます。

が、「おなかがつめたい」とか「だるい」とかいったところで
治療をしてもらえるわけではありません。できることがないし、注目するほどの異常でもないのでしょう。

ところがラッキーな私。
農園のお客さんで漢方医の方に処方をいただいております。

何がありがたいって、
相談できることが一番ありがたいです。

こんなのは相談するに足る内容ではないと思っていたことが、
ちゃんと、ひとつの症状として、べつの症状とつながっていることがわかったりする。
西洋医学とは違うからだの捉え方ですね。
数日前ですが、私が山のような生薬に囲まれているのをみておっとが言いました。

「キミはいいなあ。応援してくれる人がいっぱいいて。元気になってとみんなが思ってくれて」

言われて一瞬ぽかん、としました。
そんなことないよー、とはとてもいえません。オットがいうとおりかも。

おかげさまでここんとこすっかり復調。
昨日から畑にも出ています。

昨日から今日にかけ偶然というか、何度も、「キムチを買いたいのですが」という近所の人の連絡を受け、
キムチつくんなくちゃーー
と気合はいりました


待っていてくださるというのは、ものすごい贈り物です。
なんだかパワーになります。


20年前の私が今の私をみたらきっとうらやましがります
30年前の私が今の私をみたら早く年をとりたいと思うかもしれない


ずっとそうだったといえばそうなんですが、
特にこの二週間というもの
連日すばらしい贈り物をいただき、心を熱くする時間をいただいております。
体も熱くなって免疫あがってしょうがないです♪




野菜セットの発送は新年からですが、他のものは年中無休で発送します(たぶん)
いちごはゆっくりですが、確実に発送は進んでいます。ものすごいゆっくりの分、おいしさはキレ上がってます(意味不明)
錦自然農園フルーツストア


錦自然農園でいやしの農園体験二泊三日

2016Dec23_koucha2.jpg実はお客さんに教えてもらったラッピング。しょうが紅茶を年末の小さなギフトにいかがですか?



クラウドファンディングのリターンのひとつに「錦自然農園でいやしの農園体験二泊三日」
というのがあります。
今週はそのリターンを求めてくださった方が、農園を来訪くださいました。
Hさんとしておきますね。

会ったこともないお客さんと三日間を過ごすことは、私たちにとっても初めてです。
でも、うちの果物や卵や野菜やはちみつやジャムを気に入ってくださっている人だということは、

きっとどこかでばったり出会っても、お友達になれる人なんじゃないかなと思ってました
結果をいうと、やっぱりそうでした。
鹿児島空港に迎えにいき、Hさんから声をかけられたとき、どういう理由か
「会ったことある」と思いました。

【1日目】
雨ふりでした。
予定はブログで何度も書いていてHさんも興味をもっているクルソンに行こうと思っていたのですが
山を登るには不向きな日
私は鹿児島のしょうぶ学園なんかいいんじゃない?とおっとに提案
そんなの面白がるかなあという顔されましたが、
「いや、絶対大丈夫。そういう場所が好きな人だと思う」
根拠もなく主張したあとで気がついた。定休日だった!

Hさんもそれでいいというので、オットが提案する指宿温泉にいくことになりました
砂蒸し風呂で有名。私はとてもとても好きなとこ。
熊本にきて3ヶ月めに一人旅したくらいで。
波止場に座って海を見ていると、気がついたら二時間が過ぎていて驚きました。
向こう岸の岸壁がこっちに動いてくるように見えたのも不思議だった。なんだったんでしょう。

指宿へ向かう車中で、
「しょうぶ学園ってとこも考えたんですけど」とHさんに言うと、
長い沈黙。驚いたことに、彼女もしょうぶ学園の展覧会(?)を東京で見たことがあり、
「鹿児島にはあるんだよなあ」と思っていたそうですよう。

私はこの学園のテキスタイルに多大なる興味をもっておりまして、熱烈に行きたいんですけど、いまだいけておりません。
(理由1 オットは興味をもってくれない 理由2 一人で行くには運転がこわい)
後で知りましたが、Hさんもテキスタイルと浅くない縁を持っている人でした。

指宿は春の陽気で、砂に埋まってデトックスしたあとは、
菜の花畑をぬけてのんびり帰りました

【2日目】
ブログによく書いている水上村にHさんが興味をもっていて、なかでもスウェットロッジに興味があるそうで
前もって大工の阿部さんにお願いしていたので、二人でいきました。

水上村では行く度、珍しいお客さんに会えますが、
その日は、ネイティブアメリカンの部族と何十年の長きにわたり交流しながらスウェットを経験してこられた
東北在住の全盲の鍼灸師、ビッグベアー師がきていて
私はラッキーにも、スウェットのあとで脈をみてもらったりしました。

「よくこの体でスウェット入ったね」といわれました。
「まだ急性期の体だよ」とも。まあそうですよね
忘れてたけど、その日がちょうど手術から2ヶ月めだった。

Hさんも体験を楽しんでくれたようでよかったです。

【3日目】
雨でした。農園をざっとツアーしました。イチゴ畑、野菜畑。ブドウや桃や柿畑は、雨ふりだったのでパス。
そのアシで、うちをとおしてHさんにお届けしている作品の作者めぐりのツアーにGO!

うかがったのは、ねぎの岡前さん、お米の小川農園さん、豊永さん、イチゴ姫のよしさん宅。
JAの奇人にも紹介したかったけど、お休みだった。。。

小川さんちでは倉庫を利用したオーディオルーム(?)で古いレコードを古い上質のスピーカーで聞かせてもらい
料理上手の奥様の作るしょうがや柿のスイーツをパクパク。

次に行ったのは友人がパティシエを務めているパティスリー。
友人もキッチンから出てきてくれてちょっと話しました。
「いちごの生産量が減っている」のだとか。
うちが減っているとか、たくさん採れないとか、は毎年のことですが、
球磨全体でも、生産量が例年より少なくて、価格高騰しているそうです。

豊永さんとこでは、「過去最高においしい柚子スイーツ」というしかない柚子のシロップ煮をごちそうになりました。
やはり農家のお母さんが、農作物でつくるお菓子は別物ですね。

「豊永さんの野菜が入っていると、これをどう活かそうか、と気持ちがひきしまります」

とHさんが言うので豊永親子も「へーー」と目を丸くしています。
作業場においてあったぶろっこりーがあまりに立派だったので、今週の野菜セットにぶろっこりー参入決定。
食べる人と作る人の野菜話は尽きることなく、とても楽しい時間を過ごしました

最後にいったいちご姫の畑では、その場でいちごをもいでくれて三人でいただきました。
同じ品種で、同じように定植後は農薬を使わず、肥料も堆肥も使わない、というのも一緒。
でも違うんです味は同じじゃない。
Hさんも、「うちぬのさんとこのいちごと、味がちがいますね」と。

野菜も果物も、品種が味のほとんどの部分を作るとオットは明言するけど、そうでもないかもしれません。
農作物は、作者の生き方なのか感性なのか、性格なのか、そのすべてなのか、
いろんなものが出ます。

「初めて錦自然農園の野菜の箱を開けたとき、これは本当に冗談じゃなくて、
私エネルギーにやられて(ことばがちょっと違いますが)しばらく横になっていたんですよ」

私も夫も目をぱちくり。

「ひとりで食べるから多すぎる量だと思うんだけど、野菜が強いから結局冷蔵庫できちんと保管していれば、
いつまでも新鮮だし、結局ぜんぶ食べてしまえる」

「それは私たちも思う。時々もらいすぎたり、畑からとりすぎたりして、二週間以上冷蔵庫に眠らせてしまうけど、
レタスとかの葉物が、いつまでシャキッとしている。シャキッと具合は作る人と収穫時期によって違うけど」

「ここの野菜を食べると、スーパーで買えなくなるから困ります」

「それは作っている農家の人もいってる。あんな野菜は買いたくないとかよく聞く。何が違うんでしょうねえ、違うなあって私も思うけど」

「野菜の味が濃いから調理がどんどんシンプルになってしまう。
うちぬのさんのニンジン、調理してもちゃんとニンジンの香りがするもん」

「そうなんだーーー」


ちょっとほめられすぎ?と思いますが
うちの野菜セットは、小さな農家が作っているのを少しずつ集めているから
大規模につくって大規模に集めて販売、というシステマチックなところの野菜とも違うのかもしれません。

オーガニックを扱うと、安心安全だけがとりえと思われることが多いですが、
美味しいものをお届けしたいのが先で、安心安全は、そういうのをきちんと探すと後ろからついてきます。



Hさんは、うちで商品を買うより先に、うちのブログを読んでくださっていたそうです。
そういう方は、うちのお客さんには珍しくないのですが、

Hさんは、私が把握しているかぎりでは4人くらいしかいない
東京時代から書いていた裏ブログ(教えませんよ)から、私とここを知ってお客さんになってくださった人。

困ったことに、ものすごい記憶力で細部を覚えている。
「カルトQ」という大昔のクイズ番組がありましたが、錦自然農園のそれがあったら、ぜったいにクイーンです。


農園にいらっしゃるリターンの方がまだ何人かいらっしゃいますが、
おいでいただくのが、ますます楽しみになりました。


錦自然農園フルーツストア



クラウドファンディングで、加工場・作業場が完成!

2016Dec19_2.jpg

ご報告が遅くなりました。
12月17日の11時45分にできあがりました(笑
最後まで手間取ったのは、園主が担当した水道工事。
微調整するだけとあなどったようで、思いがけず時間がかかり、
シェフの任をお願いした「たねー’S」のたねさんが到着しても、まだ大あせりでトンカチしていました。


今年の6月に私の頭に飛んできたアイデアは

「昔の私みたいな人が、ちょっと農家の手伝いしながら、少し休ませて、といえる田舎の農家があったら
昔の私はとてもうれしい」

というものでした
でも農作物のできは、毎年、何を予想してもくつがえり、
1年先がどうなっているかもわからないのに
融資を受けるとか、補助金を申請するとかの手間は現実的には思えず、
方法は・・・・・ないよなあ

と思っていたのに、8月
クラウンドファンディングがあるじゃないか、と思いつき、

8月の末にはサイトオープン
気持ちの上での大きな壁は、
人さまにお金をくださーい、とお願いすることでした。


蓋を開けてみると、オープン直後から次々にご支援が波のようにやってきて、
目標額は5日もかからず達成

9月の末の締切を過ぎても、
直接、運営サイトをとおさない方法で支援したいという方のご連絡が続きました。

私も夫も、最初のうちは、どうしてこんなにしてもらえるんだろうと、
ご厚意のおふとんにふわふわと次々包まれていくことに、なかなか慣れないでいました。

えみこ&とものりは、これまでの人生を
自分ががんばれば乗り切れる

という考え方のクセをずっともってやってきていたのです
特にえみこはそれがつよかった。

自分でがんばるだけでなく、
人に頼ることで、もっとみんなが幸せになることができるということを学びました。

工事には、たくさんの皆様の気持ちや時間やエネルギーをいただきました

お披露目の会を迎えるにあたり、木の床や椅子に座るのが楽になるように友人がざぶとんを大量に作ってくれました。
スタッフのくりちゃんはのれんをプレゼントしてくれました

宴会をしようと決めたときは、そんな予定がなかったのに、途中一週間ほど強い薬を使ってしまった副作用で
いろんなことが不自由になった私は、宴会の準備を誰かに頼まないといけなくなりました。

会じたいをキャンセルしたほうがいい、という友人が言うのももっともでしたが、
心の壁をもうひとつ乗り越える練習をしたいと思いました
それで、
頼んでいいのか、と葛藤しながら、お料理やキッチン仕事を友人たちに頼みました。

結果としてみんなに、快くひき受けてもらいました。

たねさんにも感謝しきれませんが
料理センスのよさにいつも感動させてもらっている香月さんに
香月さんの友人でうちに関心をもってくださっていた雲月農園の愛さんに
近所の友人のみさちゃんに
スタッフの尚子さんに料理を手伝ってもらって、後片付けもおおいにお世話になりました。
湯前町の栄立寺さんには、木の空間にぴったりの木皿、箸、グラスを大量に貸していただき
お料理を何品も持ってきていただきお世話になりました。
農家の友人たちが次々にもってきてくれた、とれとれの野菜たちも食卓にのぼり、食べる人を笑顔にしてくれました。
みんながもってきてくれたお酒でみんなが楽しみました。


私たちがもっとも感動したのは、
料理をつくってくれた人たちも、食べた人たちも、そこに集った子供たちも、
とてもこの時間を楽しんでくれたことでした。


私自身が畑でものを作れるわけではないので、
以前から、畑とお客さまをつなぐ触媒みたいな、メディアみたいなものだと思っていましたが
その気持ちを今回、とても強くしました
いろんな人が出会ってくれて、その真ん中にいる、触媒になれてうれしかったです。

おいしい素材と料理する人、食べる人をつなぐ仕事を
今日もやってきます

そろそろ野菜発送の準備はじめます(副作用はすっかりなくなりました!!)。

では、今週が今年の野菜発送最終日ですので、気合いれてやってきますね


錦自然農園フルーツストアのfacebookページに、写真がたくさんありますので
ご興味をもっていただけましたら、のぞいてみてください。


2016Dec19_6.jpg

超あったまり生活

最近週に3回以上使っているのが「よもぎ蒸し」です。

黄土という特殊な土で焼いた素焼きの椅子に座って、
よもぎのほか数種の漢方薬を煮出した蒸気で下半身を中心に蒸すものです。

婦人科の病気によいということで数年前から、たまに、一回3000円で使っていましたが
このたび、毎日使うために、思い切って器具を購入しました。
15万円くらいでネット購入。韓国から送られてきました。
高いような気がしましたが、今年最大の大正解でした。

薬を使い始めて以来、毎日続いていた不調が
9割がた、昨日いっきに、低減したのです。

昨日、いつものよもぎ蒸しをしていると、

あ、いま、毒が出た

とわかった瞬間がありまして、
何をしても温まらなかったのに、重たいだるさが時には倒れるぞーというレベルだったのに、
状況急変。

体内のつめたーいコンクリートが消えてなくなり、だるさもなくなったのでした。

欲しかったのだから、何年も前に買っておけばよかったです。
小さなけちで大きな損をしました
販売代理店になろうかしら、と思うくらいおすすめです。
いまならトップセールスマンになれそう♪

もう一つ毎日、手放せないのが

クロッツの湯たんぽ

柔らかいウエットスーツの素材なので、軽くて保温性がよくて、持ち運びがベンリで
昼も夜も使います。
寝るときはお布団の中につれていき、おなかの上において寝ます。

これをするようになってから
朝まで目を覚ますことなく、ぐっすり眠れるようになりました。

これまで手術以降、ずーーーーーーーっと、夜中に2回おきてトイレ通いしていました
手術のせいで冷えていたのですね
さらに薬のうわのせで、ますますヒエヒエに・・・・

夜中に目を覚ますのは、水分を夜とるせいかと思ったけどそうではなかった。
おなかを暖めながら眠るだけで、問題解決でした。

湯たんぽはいろんな材質のものがあり、昔陶器製のを持っていました。
クロッツは完璧。製品の存在は以前から知っていたのに、買わなかったのが悔やまれます。
もっていれば病院にも持って行けたのにな~~

『免疫力を高める「副交感神経」健康法』


という本の著者の医師が開発に関わったそうです。
この本もすごく示唆に富んだ本でした。
熱量の高さに着目すれば、湯たんぽだった。
盲点、というか灯台下暗しでした。

爪もみ、します。

本も湯たんぽも、お客さまが贈ってくださいました。
Gの患者としていろんなことを経験されて、物だけでなく、いろんなものをいただいています。
ほんっとに、ありがとうございます。

ひえとり歴は4年目です。
靴下は、毎日だいたい8枚くらい
カナダ製の登山用靴下なんてのも8枚目にはいたり。
レギンスは夏でも二枚。足湯器も、パソコン時間が長いときなどは使います。

それでもまだ寒い、という人にも湯たんぽ。
どこでももっていけるのがすごくいいです。
ドライブのときも、よく私は飲みもしない缶コーヒーをコンビニでかって、
おなかにあてて、あたためていました。

クロッツの湯たんぽを使えばよかったのでした。小さいサイズもあります。

友人が作ってくれた「あずきまくら」も、首まわりにマフラーのようにかけて重宝しています。
あったまり生活をしていると、体だけでなく気持ちもほこほこして元気になってきます。


元気になるとついついうごきすぎてしまう。
夕方、近所の友人がやってきて、「少なくともあと半年は大人しくしていたほうがいいよ」と。

別の友人が昨日、日が落ちてからお米をもってきてくれたのですが、そのとき私がまだ作業場で仕事していたので

「えみちゃん、夕方まで倉庫の中で、仕事していた」とチクッたみたいですね~
「なんでそんなことしてるんだろーね」という話になったようです。

心配してくれてありがとう☆

作業場は明日の午前にぎりぎりでようやくできます
追い込みになると、急にいろいろやりたくなるのです~~

いろんなことがしたくて
計画たてててるときの、わくわくしてくる感覚も、あったまるんですよね~

「明日はあまり働かないほうがいいよ」と、別の友人から電話でいわれたです
うごきません。エミザベス一世のようにじっとしています。



野菜セットもいちごも紅茶もお米も卵も・・・・・・
錦自然農園フルーツストア



倉庫作業、ずんずん進んでます

2016Dec11_stove1.jpg
薪ストーブを入れるには煙突が必要

今回は煙突を壁から垂直に抜いてその後、上方に立ち上げる予定
壁を抜く場所に入れる耐熱のための、一般的に【めがね石】と呼ばれているものを自作
自宅を作る際に余った、外壁の材料を利用してます


2016Dec11_stove2.jpg
今回、導入のストーブは、鉄板作り

天板の板は10ミリ

かなり分厚いです

重さもおよそ100キロ程度あったので、設置にさいしてはいつも頼りの直樹くんと、マツオくんにお願いして設置の加勢お願いしました。
設置後の煙突の立っている状況(垂直とか、水平とか)をみてもらうのも手伝ってもらって感謝です。
一人でできないことも多いのを実感してます。


2016Dec11_souko.jpg

薪ストーブ設置後に、床の塗装を済ませ、こまごました作業は残ってますが、大きな作業はまずは完了です。


★べにはるか、コチュジャン特価ご提供中★

今週の野菜セットはいつものとおり金曜発送。今年も、あと二回(23日がラストです)
冬野菜がどんどん美味しくなってきてます!!
お申し込みは水曜正午まで下記サイトから!!
錦自然農園フルーツストア

スーパーブロッコリースプラウト

IMG_5459.jpg

居間のカウンターの上がすごいことになっているので
写真とりたくなりました
いちごはあえて参加させてみました(笑

スーパーブロッコリースプラウト、生育中です
いただきものも多いですがあれこれ日々の食事にいれてます
飲みものはいつも、いただきもののハーブたくさんをブレンドしてます

寒さが昨日ひどかったので禁断の糖質、甘酒をつくってみたらおいしくて
しみじみ呑んでました。


昨日になって気がつくのはあまりに遅いですが、気づいてしまった。

私はもともとものすごく化学物質に弱かったことを。

普通に農薬使っている桃とか柿とかは、低農薬のふれこみがあってさえも
無用心にも食べてしまうと、頭痛くなり口のしびれがいつまでもとれないとか言っているひとが
つよい薬を体に入れたらどうなるか、ふつう考えるでしょう

まったくうかつでした。

生まれて初めて小学生のときに食べたマクドナルドの化学薬品の味
一口以上食べられず、食べている母が不思議だったこと
コカコーラも安いアイスも、まずくてお付き合いできないことをひた隠しに隠していた十代のころ


大人になって、特に熊本に来て以来、ずいぶんいろいろなものになれて大丈夫になっているんですが
本質的に弱いんです


波動を高くするための装置とかがおいてあると、玄関はいったところで、
「なんかやってる?」と不審な態度をまるだしにして、装置を止めさせ
アロマセラピーでも使っているオイルによってはそこに近づくことさえできなくなる

バッチのレメディー(ホメオパシー)は、初体験のとき、立っていられなくなり頭痛で座り込んでしまった
初体験でなくても強烈に効き過ぎてしまった経験なんどか・・・


そういう
エネルギーにも物質にも過反応というか、過敏なひとが
入れてしまうのは、やばい薬でした・・・・


そういうこと一回も考えなかったというあたりが、いかに私がGを特別扱いしているかということですね


ちょっと落ち着いてください
てかんじです。


デトックスに気合をいれていまして
寒いので断食はしないけど
今日から煮あずきを食します

あずきは自然栽培のものを豊永さんから買いました
豊永さんの作品からは、しばしば波動のよさを感じるんですよね
作業場に野菜を取りにいったりしているときに
「これはいったいなんですか」と聴いたりするので豊永さんも驚いてます
「何? わかるの?」
「わかるよ。波動がすごい」
いつもじゃないけど、そういうものも含んでいるのが球磨のオーガニック野菜セットです。


薬がいまだにじゅうぶん残留しているようで
尿が蛍光イエロー。薬くさいです。



料理係になっているオットが毎日ごちそうを作ってくれるです
排出を進めるために食を抑えたいので、今日はいらないから、と前もっていっても、食卓に並ぶので困ります
昨日は、こはだの酢〆ですよ。もおーーー
今朝はレンコンなどの根菜と豆がたくさん入ったスープと、白菜の蒸し煮。もおーーーー!!
ランチは鶏のつみれ入りの白菜たっぷりスープ・・・・・・・・
食べますよーー





甘くておいしいべにはるか、今日から特価でご提供。
錦自然農園フルーツストア



あたらしいたび ⑪

2016Nov25_2.jpg


オキサリプラチンは日本では2009年に私の状態への適用が承認されたそうです。

この薬の適用が承認されるまで、この治療で使われた別の抗がん剤は、
48時間もかけて静脈にいれていたそうで、それがオキサリだと2時間で入れられるようになり
効果も以前のより20%高くなったそう。
すでに51の国と地域で使用されていたというのに、
薬そのものは2005年からあったというのに、日本では使えなかった。

こういう未承認薬の問題、使わせてくれーと思いながら苦しんでいる患者さんの話
聞きますよね。

オキサリプラチンも、やっと使えるようになった!
ばんざーい、と大喜びで使う患者さんもいたのかもしれませんね。

よく、薬はあるのに日本では使えないから、高い医療費をものともせず外国に行く人もいますね
または、薬はあるが国が皆保険制度でないために、医療費が払えず薬が手に入らない苦しみとかも・・・・・。

ありがたいことに今私はそれを使えるのです!



・・・・・・・なんてこと書いてみても、気持ちが使いたいほうに動くわけはありません。
もう使わないことにしました。


服用をやめるまで、一番きつい副作用は、「毎日の鬱」だったと今になって思います。

服用をやめた今になっては体温の低下に驚いてます。
体の深部にコンクリートのかたまりがあるかのように、アタタマラナイ
温泉で長湯してものぼせるだけで温まらず
よもぎ蒸ししても汗の出方は以前の1割ほど
薪ストーブの前に陣取って足湯しても寒い・・・・
もっとも私を温めるのは友人が作ってくれた「あずきカイロ(まくら)」です。


この冷えきった体は、神経の麻痺という副作用もあって
冷たいものに触ると、ピリピリして痛くなり、動かなくなります

今日は野菜の発送日で、しかも夫が作業場の薪ストーブを買いに遠くの町へ行く日でもあり
手足の不自由な私が指示をだして
くりちゃんやなおこさんが作業をしてもらう方式でやりました。

ボールペンで文字を書くというのさえできなくなってしまうんですから、ネギを箱に入れるのもできませぬ。

ときどき家にもどってお湯に手をつけて体温をあげて、少し動くようになり、
また作業場にもどって手が冷たくなってしびれて痛くなってきたら、家に飛び込む・・・
を繰り返してました。

こう書くとなんだかかわいそうみたいですが、
しっかりした仕事をしてくれるふたりがいてくれて
私が口だけですませられる環境というのは、どう考えてもありがたいことこの上なしです。

17日のおひろめのぱーてぃも、企画したときは予想もしてなかった状況になっておりますので、
料理もできないし、作業場や倉庫の引っ越し作業もできないし、人をお招きしながら
グラスやお皿さえも(冷たいから)運べないのです。

友人の中には、「訳を話してキャンセルすれば」という人もいましたが
私は
こんな不自由で状況の悪いときにこういうイベントの日がぶつかる機会はめったにないから
たいへんそうで、おもしろい。やらないのはもったいない。と考えています。

冷たいものに触れると動かなくなってしまうのは、口の中も。
冷たいというだけで、口が動かなくなってしまい、「すごくまずい」と言っているときの顔になります。

温かいものしか食べられない、飲めないですが、さして不幸ではありません。
最近の私の一日は、夫がつくるお味噌汁の匂いに目をさまして始まります。
今日はゆうごはんに、ちりこんかーんを作ってくれました。
おいしすぎて悶絶しました。
秘訣はザワークラウト。じゃがいもやニンジンとともに、たっぷりと煮こまれていました。


次なる方策を自分の中に探しに行くたびに出ます。
何をするにしても、まず自分というデータの読み込みが一番先だ
ということが発病から二ヵ月でやっと腑に落ちました。
長い年月をかけてがんを作ったのですから
それができていく機構、メカニズムは、表面をちょっとわかったようなつもりの自分把握では
足りないことは間違いありません。



いちごの発送は1月の末より先だと思いますが
どうぞご予約くださいませ
錦自然農園フルーツストア




やっぱりおいしいなあ・・・・☆

2016Dec7_ichigo.jpg


12月7日からイチゴ発送というのは、例年になく早いです。
昨日とつぜん、「送れるみたい」とぼそっという園主でした。
ご注文第一号の方に、早速お送りしました。
昨日の発送先はつまり、おひとりだけってことです。
よくあることですが。


2016Dec7_2_ichigo.jpg


なんか呼ばれている? と感じて窓をあけると、
いつものように無言でさしだすひと 一名

「食べていいの?」

食べます


「おいしいよーーー!!!!」


その声を耳に届くより早くさっさと仕事に戻る人



夜になって


「やっぱいちご、おいしいな」

って本人いってました。




うん。おいしい。
ゆっくり成長します。ゆっくり送ります。ゆっくり待っていてください。
誰もいない畑のなかでコロコロ転がりながら遊んでいるいちごの精が
もれなくついてきます☆



野菜セットやいちごのご注文は
錦自然農園フルーツストア

野菜セットは水曜正午までのご注文分を金曜発送します

もう、無理 って⑩


副作用、たいしたことない、と思いこませて突き進むつもりでしたが、すでに、早くも、
無理~~! と騒いでおります。

副作用がすごくないほうに分類されているゼロックス療法なのに、ちゃんと、しんどいです。

まだ1クール目の5日目なのに。
4日目の夕方から飲んでません。

今の状況の何がいちばんきついかランキング・・・・

第一位 この今の時間、現時点は「しびれ」

第二位 手が痛くて動きがままならず、キーボードを打てない、料理もできない、水が痛いから手が洗えない
(スマホで書くならできます が)

第三位 歩くのがままならないほどのアシのしびれ ロボット歩きが自分で悲しい

第四位 だるくて動けない、ちょっと動くと体力切れて眠くなる(でもごはん食べられます☆)

第五位 口の中に温かいもの以外入れられない
(間違って熱くないものいれると麻痺状態でふがふがしてしまいます)

あとは、下痢と味覚が相変わらずヘンなのとのどの違和感と・・・・小さいこといっぱい

何にもいわなくても、いろんなこと、全部してくれる夫なしに、抗がん剤できている人がすごいです
そんなオットがいても、もうお薬のむのやめる
と昨夜ついに口に出してしまった

どうしても気持ちが後ろ向きになっていくのが加速していて、止められないです

退院時にもらった膨大な、薬袋にもれていた抗うつ剤さえ、届いてくれれば
なんとかこの時期を乗り越えられるかもと思ったりもしましたが
呑めないなあ そっちも

その薬も、調べると副作用がすごいので、最初はそんなの飲みません、という拒否をしていたのです。

が、ちょっと不安になり
一応、退院するとき、ください、という方向に転換しておいたもの

昨日、届いたけれど、気持ちはやはり飲みたくなくないないないない!


うつな気分は気分というより、大波になってきました
薬で気分変えたとしてもどーにもならない

南場さんのご主人ががんで亡くなったそうですね
ご著書を読んでいたので、お会いしたことないのにショックを受けました。


薬飲みたくないよー

飲まないからね
とだれに言ってるんだか


術後補助化学療法をやめる、やめない、は、やっている人が全員毎日考えてしまう葛藤でしょう

目に見える組織になってないけど、組織化する予定で日々分裂を繰り返しているがん細胞を狙い打ってくれる薬って
リンパ節たっぷり転移組には、救世主なはずだけど、それでもいやじゃいやじゃ。

「やりたくてやっている人なんかひとりもいないと思うよ」

そんなこと、オットが言わなくてもわかってます(ナミダ)

ガン化する勢いがついてしまった細胞たちの勢いは、はんぱな免疫力では、統制しかねるものがあります

がん幹細胞を死滅させる
それが今もらってる薬の目的
それを百%できるっていってくれないくせに、副作用だけひどいなんて、りふじん~~
と、アシをジタバタさせているのがただ今の私です。


治療できなければ死んでた、という経験をもつがんサバイバーたちは、

私がやめる、と報告すると、やめないで、と言う

そういう経験がないひとにいうと、

やめて正解、というかんじが伝わってくる



おいしいもの食べて楽しくしてるほうが免疫上がるって!

といわれるとなんだかいい気分。だけど、

そーだね!

とはいえない。そうではない場合がほとんどなのをのを知っているからいえないのでした。
知らない人と知っている人の断層はありますです。
がん経験者でも、それを知らない幸せな人と知っている人がいます。


結局、逃げたいわけです。
半年この状態を耐え忍べる忍耐力が私にはないと思うのでした。
いつか逃げるなら、やめるなら早いほうがいいというのが合理的な考えでは?
そして気持ちを立て直して、がん幹細胞撲滅委員会を、私の体と頭の中に作るのが急務でしょう。

と、こんなふうに考えて、立ち止まる。

そんなことできるんかい・・・・
急務って本当に急務なんだよ・・・・・



逃げ道を探す私は、こうも言っています

再発したら?
また切ればいいじゃーん


こういうことを考えているあたり、免疫向上委員会も、がん幹細胞撲滅委員会も作れないかもしれないですね



いろんなことをひとりでおっとがまわしています。 愚痴も文句もいわず見事なものです。


PS
えー、またこんなこと書いて~~~

おっとが思うかもしれません
でもこんなことでも書くと、すこし毒が抜けて楽になりますのです。
デトックス用に、こっそりとこれからも書くとおもいます