12月1日発送のやさいのおしらせです

retasu1.jpg


明日の野菜セットのお知らせです

レタス(有機JAS)
白菜(有機JAS)
里芋(有機JAS)
さつまいも(自然栽培)
しょうが(自然栽培)
にんじん(自然栽培)
かぼちゃ(自然栽培)
ねぎ(減農薬)
ミニトマト(減農薬)
大根(自然栽培)
二十日大根(自然栽培)
菜花2種(自然栽培)


以上が決まっています


さきほど郵便局にいこうとしたら、バッテリーがあがっていていて車が動きませんでした
こういうことが半年に一度より多く起こります。
なんでかなあ


さて今日もダッシュで駆け抜けます


明日発送の、野菜セットのご注文は本日、正午までにお願いいたします
お振込確認後の発送になります


錦自然農園フルーツストア
では、単品の野菜もいろいろあります

野菜の発送はおおむね火曜にさせていただいています

原木しいたけは、気候の不順でこのところ収穫が不安定です
明日発送はできないもようです。

水俣の無農薬栽培のお茶、「ザイライ茶」もはじめました
上記サイトからどうぞ!


2015Nov24.jpg
スポンサーサイト

慈悲の瞑想

2015Nov14_2_20151127181125415.jpgいちご畑。がんばっとります。




最初にいいこと、しぇあです

柿の畑の賃料が、86%引きになりました

ほんとに、まったく、とれなかった畑

お客さまからいただいた代金より、
畑の賃料が高いという事態がまぬがれました


ありがとう Hさん


今日もいそがしかった・・・・
こんなに忙しい11月は初めてです~~~
ひょっとすると、今年最高に忙しかったかもしれません なんで11月がああ

果物がいっさい出荷なしの11月が、ここまで忙しいなんて

相当異常なじたいです

わたしには今したいことが、いくつもありまして、ゆびをおって数えると

少なくとも4つあります

みっつは、日常的にやってますが、4つめの時間をとるのが難しい
いちばんしたいものが、できない
朝、3時とか2時とかに起きてするのですが、

なんだか時間の使い方がよろしくない
園主もしたいことができない、とうなってます

かれは、とにかく、職人さんで
今風にいうと、アーティストさんで

うまくいくかどうか考えないで、やってみ

と、自分にいえる仕事をする時間をとにかく必要としてます


だから
定休日をつくることにしました
12月は水曜木曜が定休日です
発送はしないし、PCにも近づきません


いちごは


大きな声であけっぴろげに楽観したりすると、なぜか・・・・事態がひっくりかえりますので、いいませんが
いまのところ、なんとかなってます
お客さまには

狭く深くお届けします
メールレターをみてくださる方だけで十分な量だと思いますので
よろしくお願いします

あ。


今日のタイトルですね


身近な人がこまっているようでして
ファックスでこれを送る、といって送りましたが
相手の機械が壊れていて受信不能だったんで
メールで送ろうとしましたが

どうせひとりに送るなら

とブログにいれました


車酔いや船酔いでくるしんでるとき
めちゃ逃げ場のない状況にあるとき
こまってるとき

90年代と21世紀の2010年にこちらにくるまで
わたしのお守りだったことばです

声に出さなくていいですから 心の中で文字を読むだけで
ほんとに、効果あります

困ったらこれです

出典は日本テーラワーダ仏教協会



私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように(3回)

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
私の親しい人々にも悟りの光が現れますように
私の親しい人々が幸せでありますように(3回)

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

私の嫌いな人々も幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

私を嫌っている人々も幸せでありますように
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

ではでは


なにかがほしい
でも何がほしいかわからない・・・


そういうときには、錦自然農園フルーツストアにおこしください。買い物しなくてもいいから遊びにきてね☆






本気でおいしいキムチ鍋&無農薬のレタス・白菜販売

2015Feb5_8.jpg

以前もあげた記事ですが、レシピがやくにたつかもしれないので、またアップしました。

HIYAMAYAのコチュジャンと、無添加キムチでござります
コチュジャンもキムチも
材料はほとんど九州産で、添加物のないもの、農薬の少ないものにこだわっています
唐辛子は両者とも韓国産です

いま、キムチは少し時間いただきますが、ご注文をうけつけています
コチュジャンもキムチも、錦自然農園フルーツストアでお求めいただけます。

キムチによくあうミニトマト(プチ?)も、無農薬栽培で驚くほどおいしいレタスもアップしました。

retasu1.jpg

自分でキムチつくりたい人のための白菜もお買い求めいただけるようにしましたので、
みてみてください。

うちの剪定のせんせいからは、「無農薬の果樹つくりより、葉物の無農薬のほうがずっとむずかしい」
と初めてあったときにいわれました

どっちもたいへんな思いをしながら、お客さまがご愛顧くださるのを支えにがんばってます!



以下は今年二月の当ブログの再掲★
現在、園主は剪定ではなく、イチゴの世話に追われてます! 

>>>>>

2015Feb5_7.jpg


今日の写真はすべて剪定中の園主を桃園から呼び出して、撮影してもらいました
鍋という刻々変化していくものを撮るのはやっぱりむずかしいですね

2015Feb5_5_2015020520500361a.jpg

撮影すんだら食べようね♪

というと「オレにそんな暇はないんだよ」というお返事でしたが
「一口食べてみる?」とよそいましたら
なべ底まできれーーーに食べ切ってしまった

超うまですよ
剪定でてんぱってるダーリンのハートをやさしく癒します☆

剪定でてんぱってるダーリンなどいないという人にも役立つレシピをざっと書きますと

●材料●(2人分)

2015Feb5_6.jpg

錦自然農園の無添加キムチ(100~200g)
HIYAMAYAのコチュジャン(10g)
しょうが(20gくらいを千切りに)
にぼしをあらかじめ水に浸しておき、直前に10分くらい煮て漉して、だしをとっておく(二人分なら600~700ccくらい)
豚ばら肉(100g~200g)
あさり(だしを出すためには10個もあれば)
豆腐(絹ごしをオススメ)
味噌(大さじ1~2)
【野菜類】しめじ、しいたけ、ねぎ、にら、春菊、ほうれん草、にんじん、もやし、豆苗、キャベツ、油揚げ、春雨、しらたきなどからのお好みのもの

●つくりかた●
1、しょうがをごま油で香りがでるまで炒める
2、そこにキムチと豚肉をいれて炒める。

2015Feb5_1.jpg

3、そこにだし汁とコチュジャンと具材をいれまして、好みの味になるまでぐつぐつ煮る

4、最後にお味噌を溶きいれますと、味わいますますよろしくなりまする

5、〆はうどんでも雑炊でもおいしいですが、キムチにはチーズがあいますので、雑炊に粉チーズなどかけますと、よりうまうまです。


錦自然農園フルーツストアへGOOOOOOOO☆(ぐーじゃなくてごお!)

サスティナブルな農業~トマト始まりました☆

tomato1.jpg
作者は、隣町の西さん。本日から錦自然農園フルーツストアで販売スタートです。


さきほどお客さまから

「干し椎茸、あれは本当に美味しかった」

というお声を電話で聞かせていただきうれしくなりました。

お客さまと私の好みがあってるという

ことだけをたよりに近辺の美味しいものを、農園のお客さまにご紹介してます
「アーーヨカッタ」という気持ちでいっぱいです。

椎茸もそうですが、
どの作物も、今年ははなはだしく、たいへん、とても、気象異常に苦闘しています。

「おいしかった」のお声をせめての励みにしていただきたくて
いただいたお声はプリントしたり、メールしたりして、こまめに生産者さんにも伝えています。

どうぞ、ときにめげる私たちに、お声をきかせてやってください。


tomato2.jpg


上のトマトの作者、西さんたちも今年はたいへんだったそうです。
上半期のトマトは、虫害に大々的にやられてしまい、収穫は通常の。。。。だったそう。

春先から「トマトまだですかー」
と西さんに、何度となく電話しては、「野菜セットにいれたいのでトマトちょーだい」と催促していましたが
悲劇はうちだけではなかった・・・・・

トマトも病気や虫に弱くて農薬づかいすごい
ここに数字を出したりすると絶対にスーパーでトマトを買えなくなるほど、すごいす。


正直にいうと、
私は農家になってから、西さんをはじめ、顔をしってる人以外からは
一度もトマトを買ったことがありません。一度も、です。

だって熊本は、日本1のトマト生産県なんですもん

トマトだけでなく、どの作物でもそうです
有名産地=農薬・肥料すごい


有名で、ブランド力がある産地なれば市場で大きい顔ができるし、販売力もある
つくったもの勝ち
大量に作るには、「農薬」「肥料」を大量投入

世の流れです。
これといえばあそこ、みたいに、作物と名前が繋がるような場所なら、知っている人安心できる人から
買うのじゃないと・・・・・と思ってます。、

そういうわけで、西さんのように、大きな規模でトマトを作りながら
リスクをしょって
自分の食べたいトマトを誇りをもって作っているトマト農家は
大々的に応援したいのです

西さんとこで使う肥料は、
EMをぬかとまぜて発酵させたEMぼかしが主流。
ほかに、鶏糞を、酵母や乳酸菌で完熟させたものも、納豆菌も、使います。

堆肥=悪
化学肥料=悪

と思っている方は、食に関心があるかたほど多いと感じてますが、それは間違いだ
と、私は思っています。

うちは無肥料を是としていますが、肥料が悪だからではなく、そのほうが美味しいという実感を持っているから
選んでいます。
そのほうが自然がダイレクトに作物の力になり、作っていておもしろいし、お客さまの反応もユニーク

必要なときには使う気持ち、いつだってあります。お客さまもご存知。拒絶はしてません。

肥料は、使いすぎが、問題

その使いすぎのレベルのすごいところが、ものすごいことをしているというだけで

必要な量を見極めながら、美味しい作物を作る努力をしている農家まで

「あそこは化成肥料つかっているからダメ」あるいは

「あそこは有機肥料つかっているからダメ」

「農薬使ってるからダメ」

なんて
とんでもないことでございます


このようなことが、全員にとっての常識でないからいいようなものの
もしそういうことが日本国の常識になっていたら、日本の農業は終わりますよ

使わないことが正しいのではなく、
使いすぎないことが正しい

農薬や肥料を(化学であれ非化学であれ)、使ってることを理由に生産者を排斥するような流れには、とてもついていけません

(最近そういう流れが身近で、濁流になって流れていったので、驚きました)

tomato3.jpg

「何十年でも作り続けていきたいからね」

土が健康を保てるような肥料を選び、
経営ができるような農薬を最小限のところで選ぶ西さん。


続けられる=サスティナブル 

LOHAS(ロハス)のSは、サスティナブルのS。

いろんな意味で、勉強させてもらっている私たちの大先輩です。






★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
たまご、しいたけ、お茶、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

キムチデー

2015Nov22_4.jpg


キムチを発送しました

たいへんな一日でした
これでいいのか悪いのか、どの行為も全部、心配で、一緒にやってるJ子さんに

「いいんじゃない?」
「いいねえ」
「うわ、おいしい」

とかいってもらって、それを聞いて、やっと進めます

ジャムを作るのでさえいまだに、そう

何をするにも、これでいいのか?ほんとにいいのか?
 だれかにOKといってもらいたくなります
誰もいないので、
これでいいの? と園主にきくと、
全部 いいっていうのです
これはこれで困る

いつ慣れるのでしょう
東京での仕事もキャリアのはじまりから20年すぎるまでは
「いつも不安そうな顔をしてる」といわれてました
しかし慣れると、とたんに退屈しはじめて、こんなじんせいやだ、とか思いはじめるので

おどおどしながら、心配しながらするのが、私のような人にはよいのでしょうか

ずっとなれないまま、このまま心配しながら
時に失敗しながら、あやまりながら、
こんなのムリ、
と思いながらやるのが、

いいかもしれないです


明日は火曜び

野菜セットの発送もあり、準備がかさなっているのに

イチゴもハウスの防寒を急がないといけないとなって、
忙しいにもほどがある

で、
今日は水上村自然農園さんにお手伝いをお願いしました


2015Nov22_5.jpg


さあこれから、白菜にこのたれをはさむのですね
がんばりまする




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
たまご、しいたけ、お茶、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

「何で君たちそんな目にあって笑ってられるの?」

2015Aug9_2_20151121130025146.jpgさて、ここはどこでしょう。答えは文末に。


昨夜は東京の出版社時代の同僚ヨシダさんが遊びに来てくれて

人吉の「One life BON(ぼん)」という店にのみにいきました
大工町のアップル代行の前の道。イスミの隣の九日町コート93ビルの1階奥で6時からやってます

私にとって店主のトビさんは、
丁寧で、心のこもったおいしい料理を作る料理人という認識でしたが、じつは

16歳からバンドマンだった生粋のミュージシャン
36歳で東京から帰ってくるまで、大昔は柳ジョージと、後には立花ハジメとロックってた伝説のドラマーだった

ことを初めて知り、びっくりでした
元同僚も今は音楽業界の人間で、
トビさんと同僚と、同席していた私の友人ことみちゃん、3人の共通点が、
ゼルダの高橋佐代子さんとなんらかのかかわりをもっているということで、またびっくり

ZELDA なんて、ここで単語が出てくる? 驚いているのは私だけ。昔よく聞いてました。

「カラオケに入ってたら私絶対歌えると思う」といったら、「はいってないから」と三人から言われてしまった。


トビさんとこに行くと必ず頼む、おでんと新鮮な魚のお造りをいただきながら

ヨシダさんから

「で、きみんとこの農園はうまくいってるんだろ」

と聞かれ
園主も私もにっこり。

「まあ自慢話なんだけどさ、

桃は去年の10%以下の売り上げしか桃ができなくて
柿は2100坪以上ある畑で6万円も売ってない」

「坪っていわれてもよくイメージできないんだけど」と元同僚

「そーだよね、東京ドーム3個分かな」とばかを言う私の横で園主が

「普通にとれてたら農協に売っても、500万円にはなるような畑」

「えーーー、そりゃあ・・・」。ヨシダさん絶句。

「すごい自慢話ですね。そんなことはたまにあることなんですか」

「いや、初めて。就農して13年になるけど、こんなことは一回もなかったね」。園主笑ってます。

ヨシダさんに、切り上げ剪定が桃にも柿にもよくなかった、木がダメになったという話を軽くして

気候がどれだけこの数年おかしいか、それが農業に果樹だけでなくどれだけ大きな影響と損害を与えているかを

軽くしましたら、黙って聞いてたヨシダさんから渾身の問いかけが。


「なんでそんな目にあってるのに君たち笑ってられるの?」


「ほんとそーよね。私たち、なんで落ち込んでないのかなあ、ちょっとは落ち込んだんだけど・・・」

「うーーん。前にすすむしかないしなあ。目の前にあるしないといけないことやってるとねえ・・・」

つくづく不思議そうにしている元同僚を前にしているうちに、はたと思いつきました


「あーそうだわ。果樹を農薬減らして作るのがどれだけ厳しいか、私こっちきてすぐにわかったから
果樹で彼が想いどおりの農業ができるように、加工品はじめたんだった。
今年からは野菜のセット販売なんかも本格的にはじめたんだった。
ここまで果樹が壊滅的にひどいことになるとは想像もしてなかったけど、
用意していたことが、なんとか私たちを救ってくれてるみたい(笑)」

園主も

「そうそう。この人、けっこうやるんですよ」

そこで同僚腕をくみ、

「キミの昔を知っている人が、今のキミを見たら絶対おどろくな」

「そおお? 昔からよくごはん作って人呼んだりしてたじゃん」

「いや、そういうこととレベルが違うでしょう」

「同じだと思うけどね。球磨郡にはおいしい野菜がいっぱいありますよ、みんな、食べたい? 食べたいなら私送ってあげる、食べたいなら加工品つくってあげる、その繰り返しやってるだけ」

「キミは編集とか書くこととかしか興味ないと思ってたけど、けっこうビジネスマンだったんだな」

「ちがうちがう。私お金の計算できないもん。お金もらって、経費はらって、どれだけ残ってるかわからないけど、
生きてるからなんとか回っているんだな、というレベルの計算しかできない」

「でもふつうできないよ、きみがしてること」

「あたしねえ、最近気がついたけど、つくづくおんなじことしかしてないんだよね。
編集者のときも、印刷物ってけっきょくごみになるじゃん。ごみになる前に、少しでも読んだ人が元気になるもの、生きていく勇気が出てくるものを書きたい作りたい、思いながら仕事してたの。
いまは野菜とか果物とかで、お客さんが元気でたとか、幸せとか思ってくれたらいいなあと思ってやってる。同じだわ」

そこで園主が

「ふつうは、こんなことやりたいって言うだけで、やらないんだけど、この人やるからえらいと思う」

「あらそれいうなら、吉田さんだって東京にいながら葦北にカフェ開くなんて、地元の役場にもちかけて、この場所は人が呼べるから店やらしてくれって行動するなんて誰でもできないよ」

「そうなんだよ。問題は遠隔で経営することでね。やっぱりいろいろ問題があった。でも、また来年もやらせてくれって役場とは話がついたんだけどね。色んな問題点を来年までにクリアしてね」

「やらないとわからないもん。何が問題か、何ができてないか。
答えがどこかにあって、それにたどり着かないといけないと思ってたら何もできないけど、答えなんかないんだから」


・・・て、自分にいってましたね(笑) 
ヨシダさんは大赤字でも来年またやる、という。そこがえらい。でも赤字でやめるなんてしたくないですね。うちもそうだ。



冒頭の写真は、吉田さんが熊本県芦北町で、夏秋だけオープンする
眺望のよい音楽カフェ。
錦自然農園の桃シロップでつくるカキ氷
来年も出せるように、桃をいっぱいつくるぞ~~



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
たまご、しいたけ、お茶、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

セロリ、レタス、トマト、じゃがいも・・・おいしい秋です

image9.jpg


今週の野菜セットのお知らせタイムです

松岡さんのセロリ、来週もあるかなどうかな、というかんじですが、
どんどんたくましくなっていきます。どうか来週も収穫ができますように

農薬不使用、枯れ葉の堆肥使用


yasai16.jpg

こちらは今季初登場のレタス!

内山さんの作品
有機JAS栽培です

大きいだけでなく葉っぱがしっかりしていて、洗っただけでばりばり、ヤギさん気分で食べられます
サンドイッチが食べたくなる と園主がいってますがほんと☆

マヨネーズとトマトと・・・

写真いちばんしたにありますが、西さんのトマト(減農薬)も
先週から参加してます!


yasai17.jpg

来週から初参加するのは、

錦自然農園のじゃがいも

にんじんも引き続き参戦です

どちらも、農薬も肥料も不使用です

またうちの卵でつくるタマヨちゃんをおまけにつけたくなりますが
ちょっとしばらくはムリです

なぜなら
いよいよ
秋の真打(ほんとは柿がそのレッテルを背負うはずだったのに・・・)

冬から春まで続く人気者

あの
ちょっと辛くて甘くてうまいやつ


いよいよ週末から発送です
ものすごくご注文が列をなしているので
これからどしどし発送していきたいですが・・・マンパワーに限界があり
引き続きゆっくりお待ちくださいませ


2015Nov17.jpg


これ先週のオーガニック野菜セットですね
無農薬のおいしい紅茶の受付をできるようにしますしますといいながら、一週間がすぎてしまいました
ぜったいしますので!!



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
たまご、しいたけ、お茶、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村




「なんでそんなに儲かりたいんだ」

2015Nov14_3.jpg
うわーーい☆ 石橋シェフ(PASTA RI)からこんなおいしい贈り物が・・・・。栗とサツマイモがこんなに贅沢なケーキになってるの、初めて食べました。元麻布「夢のまた夢」の夢ケーキというのですって。




来週火曜発送の野菜セットの中身予定(あくまで予定です・アップして数時間でもういろいろ変った)

月曜午前中で締め切りです。よろしくお願いします
お得な4回コースは、毎週ではなく、1週おきなど、お好みの指定が可能です

●農薬・肥料不使用のニンジン、赤と白の二十日大根、新生姜、さつまいも(鳴門金時)、高菜、かつお菜、生しいたけ、ピーマン
●有機JAS 白菜、サトイモ ●減農薬のトマト、ねぎ
お申し込みは錦自然農園フルーツストア



話が変りますが
こんな質問をされたことがあります

「なんでそんなに儲かりたいんですか」

皮肉でもいじわるな心でもなく、素直な問いなんだということはわかりましたが、
儲かることがいけないことだとその人の頭の中にあるようでした


「またですか」
と思ったのは事実。
こういうこと思ってる人。私たちの周りではなぜか多い。
なんでかな。



話のやりとりがその前にながーーくあって、
その流れででてきた質問なのですが


私はそこでぴたっと、思考停止状態になってしまった
儲かろうとしない産業形態がどこかにあるんですか? という言葉が頭のなかにそよぎましたが
この質問の意味は、


「農業はゆっくり自分の生き方をするために選んだ生き方でしょうが、そんなにバタバタと儲けるためにガツガツやらなくてもいいでしょうが」
といいたいのかな、と思って、そのまま聞きました 「ってこと?」

相手は、「う、うん」というかんじの返事でした


さて、どこから説明したらいいのかなと、考えること3秒
ま、いいやと説明開始


「あのね 農業はね、やってるかぎり必ず忙しいの。とくに有機農業という分野は。
働く時間がここまででいい、という区切りをつけないかぎり、永久にやることがある仕事なんです

のんびりした暮らしと農業にはなんの接点もありません
忙しい=儲けに熱心、というわけでもないです」


もうひとつ、説明してあげたです


「それとね、農業はお金がかかるの。
とくに、果樹とかを、気候にも消費地にも恵まれないこのへんでやってると経費がすごいの
針金はったり、網張ったり、ビニルだ、ひもだ、ネットの補修だ、発送のための梱包材だ・・・・
(あげればきりなく経費リストは続く)


お金が底をついたら、もう来年、農業できないの

儲けようとしないなら、家庭菜園するしかないわけです」




農業が忙しいのは、ほんとに、かなり家庭生活の妨害にもなるんですよ
最初のころはよかったけど、なんなのよ、仕事ばっかりで、私のことほったらかしじゃない


と、仲良く農業しようねえ、とはじめた夫婦が、農業が順調にすすむにつれて、仲が悪くなることって
有機農業系には、とくに多いとききます

これは日本だけじゃなく、海外でもだそうです


農家になって、自給自足の暮らしをしよう

というのは、よほど貯金があるとか、年金があるとか、兼業農家として副収入があるとか・・・・・
じゃないと、忙しすぎてムリです


「都会の人にオーガニックな暮らしをしてもらうためにがんばっているけど
自分の暮らしはまったくオーガニックじゃない」

というケースは珍しくないこと



農する生活っていうのは、貨幣経済から離脱した生活の構築を目指しての選択でなかったのか
それなのにあなたのバタバタ具合はいったいなんなのだ


という意味のお話なのでしたが、まあやってみなはれ、農業。なってみなはれ、農家に。
という結末・・・・・・。

貨幣経済から離脱したらお客さまからお金もらえんでしょうが
ガソリンをどうして買うのですか


とはいいませんでした
天ぷらあぶらの廃油、とか言われても困るので




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ルオーとフルーツの共通点

10_66_p1_UIKXGB7T[1]


ジョルジュ・ルオーの展覧会にいってきました
熊本にきてから昨日までで
いちばん感動した展覧会でした

最近みょうに忙しくて時間がたりません

ムリだわいけんわ、会期はもうすぐ終わる・・・・・・・・・・・(涙)
と思っておりましたら


いろんな流れが重なっていけてしまいました



ルオーは、

マティスと同級生だったそうですね。同じ先生についたということです

絵をみながら、何度も思ったのは、こういう絵描きは、どういう言葉で育った(作られた)のだろう
ということでした

いろんな外部の風景や人やたべものや音や匂いで、人が感情や表現をつくっていくとおもうんですけど
何なのでしょう
ねえ

と思いました

こんなバズーカ砲のようなでかい表現力がうまれるのは・・・・


私は感動するとなにかと息がとまってしまう癖があって

かなり呼吸忘れてました


とくに
ミセレーレでしたけ

あれはやばい



絵って何?
点でも線でも画具でもない
まっすぐに魂を突き刺すなにか


それは何ですか


くだものをはじめ、食べ物全般もそう
おいしいというのは、味覚の話だけではないですよね
何を受け取っているのか、何にこんなに胸きゅん、となるのか、わからない
そういう感動ありますね
もっと出会いたいな
思考を黙らせ、感情を動かすものに



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村



温かすぎる11月の農園事情

2015Nov12.jpg

園主です


まずは報告

ただいまのイチゴ畑の様子です。

花がぽつぽつ咲き始め、同時にいろんなお世話も必要な時期となってきました。

イチゴの葉っぱの周辺から水滴が噴出してますが、これは十分に水が植物体内にいきわたっているということです

だいたい開花から45日程度で果実の収穫となります。

ということは、うまくいけば12月の終わりくらいから収穫になると思われますが。。

そのときになってみないとわからないというのが実際です



2015Nov12_5.jpg


うちの野菜畑で育てている野菜と青虫です

通常であれば、そろそろ朝晩気温も下がってくる季節なのに

ぜんぜん気温も下がらず、相変わらず元気なモンシロチョウとその子孫の青虫たち、一家繁栄中

まだ、うちは野菜栽培に関して、広めの家庭菜園程度にしか思ってないところもあり、笑っていられますが、

これが本格的に特にキャベツや白菜などを栽培している、中でも減農薬、無農薬を志としている農家にとっては

厳しい自然環境となってます。

いちごを育てているわれらにとって、ヒトゴトではない話です


2015Nov12_3.jpg

にんじんも順調に生育中でどんどん大きく育ってます

これから寒くなっていくとさらに甘味も増してくると思います

今日から2500gに増量しました




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村