メキシコ料理と火曜日の八百屋さん

2015Oct29.jpg

八百屋さん??

先週の野菜発送日(火曜)の風景です。
午前の部がトラックで出ていき、これから午後の部はじまります、の時間。

河原でバーベキューするときの椅子は、りんごの木箱。
火曜には野菜棚にヘンシンします


オールスターをご紹介しましょう。作者はすべて隣町と我が町の農家。

◆一番上にみえる葉っぱは、ルッコラ(植田さん)。彼の作る野菜はすべて農薬、肥料不使用です

◆その下はセロリ(松岡さん)。ほぼ百%で農薬不使用、植物性堆肥使用

◆右の黄色い花がちらちら見えるのは、アスパラ菜(植田さん)
◆下は大根(松岡さん)
◆にんじん、生姜(錦自然農園、農薬肥料不使用)
◆ねぎ、ブロッコリー、ほうれんそう(減農薬)
◆サトイモ、ピーマン(無農薬有機 内山さん)

野菜の生産者の顔ぶれも、その作品も、気候の変化でいれ変わっていきます
「もうすぐです」といわれているのもあり、収穫始まりました! のお声を心待ちにしています。


2015Oct29_2_20151030070749940.jpg

上の野菜たちと、うちの大豆を使ってなにやら園主が作ってくれました。


2015Oct29_3.jpg

なんだかわかります??


2015Oct29_6.jpg


チリコンカーン♪

うちの大豆のほかに、金時豆も入ってます
おいしいのなんの

私が食べすぎだと、昨日目を三角定規にしている人がいました

園主は大学卒業後、就職先を1年またせて、
1年かけて北米・中米をオートバイでテントに寝泊りしながら回った経験から、
この地方の料理にすごい郷愁をおもち。

ハラペーニョも育ててピクルス作ったり(辛すぎて、園主しか食べない)。

昨夜は夜食もポップコーン
鉄のフライパンで器用につくり、ひとりで山のように食べてました
ポップコーン用のとうもろこしの栽培にも今年初チャレンジしましたが、みごとに
鹿に敗北しました


ふつうに収穫できていれば今頃、毎日やっていたはずの、太秋柿発送
まあ、できなかったからしょうがない
不作を補う取り組みを、まだまだ考えないと☆




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット と、
ジャム、たまご、無農薬栽培の米とお茶、無添加キムチ、原木椎茸、山はちみつのご注文は
錦自然農園フルーツストア

★★★11月1~8日は、商品の発送をお休みさせていただきます。ご注文の受付はいたしますが、注文確認メールの発送や、メールのお返事が遅れることもありますのでご了承ください。


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

錦自然農園★観光事業部、スタート?

2015Oct25.jpg

大分のサーキット(車がびゅんびゅんいく、あれですよ)で行われた
イベント、ABCミーティングにうちの作物を提供させていただいたご縁で、
都会の方々がお見えになりました


2015Oct25_7.jpg


十人くらいでいくから、ツアー組んでくれませんか

畑みせてもらって、なんか収穫体験して、
ご飯食べて、温泉で、みやげものやで・・・

おお、なんと腕がなるご依頼

料金、ぼったくっていいですか?

園主は元・旅行会社勤務の通訳案内士(英語)、私は元・旅行ライターなんだすよ


2015Oct25_10.jpg


最初は石釜ピザ屋のサクリさんで、と思いましたが、日曜のランチはやってなかった
ここって、店の前の風景がよくって、お味もナイスで、都会の人をつれていくとイチコロなんですよ

でもお店やってないならしょうがない、錦自然農園の得意技
渓流ランチでいきますか


2015Oct25_2.jpg


お迎えと収穫を体験してたら火をおこすのに時間がかかりすぎるよね、と
園主は当日6時におきて火をおこし
8時からは、元スタッフのゆかちゃんに火の番を任せました


2015Oct25_9.jpg

それでも
アウトドアで十人分のランチを用意をするのはなかなかたいへん
収穫体験のお世話を園主にまかせ、私は食事の準備に時間とるのが正解だったかな

もはや、何をしていいのかわからず、お客さまにあれこれ指示をだし
黒麹をもって、おろおろしているのはだれ???


このエプロンかわいいでしょ
人吉の名門・KOTOMI塾の、ことみ先生からいただいちゃいました

「あらかわいいエプロン」
「あげる」

さんきゅうです




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


大人気★明日の野菜セットの内容リスト(予定)です

2015Oct16_4.jpg
うちの鳴門金時 今日の午後までには明日までにサイトアップします。
1キロ単位で買えますが、ここには5キロ入ってます。この量まで常温送料、関東まで700円



2015Oct16_3.jpg
広げるとこんなかんじです。1キロ600円です。掘って間がなく、貯蔵熟成してないのでお安くしております。


確定は、明日の当日までできませんが
今週の野菜セットのラインナップのおおまかな予定です

●岡前さんの減農薬
白ねぎ
ほうれんそう

●植田さんの無農薬無肥料
ルッコラ
アスパラ菜(中国野菜の青菜)
 
●内山さんの無農薬有機
ピーマン
サトイモ

●錦自然農園の無農薬無肥料
にんじん
しょうが

●まつおかさんの無農薬有機(植物性)
大根
セロリ

こんな予定です

野菜のご感想を多数いただき、その温かさに本当にびっくりします
野菜をセット配送するって、見つけるのも集めるのも配送するのも
なかなかたいへんなのですが、どろどろに疲れているときの元気付けになるので
みなさまの感想を「印刷した紙」を机周りにぺたぺた貼っています


たとえばたとえば

わぁ、一週間見ない間にニンジンが大きくなってる!
子供のころ,何年かぶりに会った親戚のおばさんのセリフのようです。
気持ちもそんな感じです。
いっとき見らん間に大きゅうなって・・・ってしみじみ。
たくさんの愛情とご苦労とが見て取れます。
もう、食べるばっかりな程ににきれいな姿で袋に並べてあって。

ネギやセロリ、ほかの野菜もそうです。
みんな本当にどれだけの手間と時間をかけてあるのでしょう。
ありがたくいただきます。


とか

ネギ、人参の葉は水炊きで。
ネギは甘くてトロトロ、人参の葉は面白い味、初めての味で美味しくいただきました。
どの野菜も、とても 味が濃くて美味しくいただきました。


とか


友人であるお寿司屋さん夫婦におすそ分けしました。
その感想です。
にんじんは、今風の甘さのあるにんじんではないが、
昔のにんじんを思い出した。
ピーマン、ルッコラ、にんじん、みんな生で食べた。
手を加える必要はない、素のままで充分美味い。
こういう野菜を探していた。
というコメントをいただき、普段は何をあげても辛口の意見を言う寿司屋主人から
最大限の褒め言葉をもらいました。



桃の収穫時はまた別のエネルギーが必要ですが、それには一応の慣れがでてきました
野菜にはまだ、きりきりまいしており、連日8時や9時にバタンと寝ています
こういうメールを見るたびにパワー充填されます


園主のニンジン、昨日も多くの方に喜んでいただきました
そのときのことはまた近いうちにレポートします

明日発送の野菜は毎週月曜午前いっぱいまでで締め切ります
今回は10月26日午前中締め切りです


(お支払い方法が「お振込」の方は、どうぞ本日午前中にお振込をおすませください)

このへんあまり厳密ではないのですが、ミスをしやすい私のためにどうぞ。。。。


11月3日は野菜発送おやすみです




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア




就農以来、最悪の秋ですが

2015Oct21_6.jpg
富有柿がようやく収穫期になりました。食べてみると、農薬肥料使わない畑のそれは
意外にもおいしかったです。太秋の感動はないけれど、丈夫なのがありがたい。




太秋柿が終わりました

お送りできない人が、やっぱりでてしまいました
あんなに少ししかご注文受けていないのに、信じられない

恥をしのんでいってるのですが、
2000坪を超える柿畑で200個(箱数じゃなく個体数です)も商品になってないですからね
5年間の剪定の失敗でたどりついた場所は、がけっぷちの、サイハテでした
今年で太秋柿は完全に終結です

もう一回いいます。
太秋柿、終わりました

お送りできなかった方には今日からまたメールをお送りいたします
いつもいつも、すみません

桃も大不作
柿も大不作
イチゴもかなり厳しい様子

ブドウだけがかつてない豊作だったとはいえ、これでは農園やっていけません

とならないですんでいるのは
去年から、ちょこっとずつ初めていたお米や野菜、お茶など、
球磨地方の無農薬の作物、低農薬でおいしい作物を販売させていただいているから

2015Oct21_3.jpg
無農薬・無肥料の新しょうが。もう少し大きくなってから掘り出せばいいのだけど、小さいときの美味しさも格別なのです。


ほとんどオーガニック商店のおかみさん状態です
サイトにはくだものの陰はどこにもなく、野菜と米と加工品おんりー


当園で加工品をつくって売るのも、今年で5年目
果樹部門で、園主が農薬けちり作戦に思い切りチャレンジできるようにと
踏み込みましたが、
ここまで不振の秋がくるとは、ぜんっぜん想定外でした~


終わるものがあれば始まるものもあります


原木乾し椎茸は、雨が必要なときに降らなかったおかげで
収穫量がたいへん少ないという話
でも、質はとてもよいです
質がよいために仕入れ価格が上がっちゃいましたので、販売価格も今日かたちょっとだけ上げさせていただきました

発送も始まりました! どうぞサイトから


山はちみつは、超大型の台風の襲来で箱が吹き飛ばされ、あいつぐ長雨による被害もあり
例年の3割減の収量だそう(ガッキーの話)
でも、味は変らずとてもおいしかったです。
こちらも発送始まりました。お買い物はこちらです。

キムチも受付開始しましたが、発送は11月の20日前後かな、と思います。
白菜の生育が例年より遅いそうで、いつから白菜が入ってくるか、まだしばらくわからないです
でもいよいよ今週からJ子ねえさんと、打ち合わせなど始まります。がんばります!
受付はこちら

2015Oct21_2.jpg

今日は野菜や米を注文されたかたがたからの、うれしいご感想があいついでいます

今まで色々なところから野菜詰め合わせを取り寄せてきましたが、ここの野菜は他と比べ新鮮で美味しいです。


同じ内容の・・・、いやはっきりいいましょう
「いままでいろいろなところから野菜セットをとってきたけれど」


は、今日ほかのかたからも聞かせていただいて
野菜が元気で驚いていただいたとのお声がうれしい
生姜に驚いたというお声に喜んでます
お米がおいしかったとのお声も

一方で、太秋柿を初めてお届けした方から「こんなにおいしい柿食べたことないです」
とわざわざ電話をくださったのに、「そうですか ありがとうございます」
どこかあっさりした対応になってしまうのは、太秋がもう終わったからかなあ




ぜっ不調でも、落ち込まないで怒らないで泣かないでいられるのは、お客さまのおかげです!!


さて今日も後半、はいすぴーどで飛ばしていきます


<追記>

フルーツの意味にはくだものだけじゃなく、穀物も野菜も、大地が生み出すすべてを指す使い方があるそう
「大地の恵み」を英語にすると、  fruits of the earth 
錦自然農園フルーツストアで取り扱って欲しいものがありましたらお知らせください
何でも出来るという意味ではないですけど


★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

それでも田舎に住みたい人におススメの方法

2015Oct18_4.jpg

園主の自然栽培ミニにんじん、味がのってきて、いいかんじ
ミニにしては大きくなってきましたが
ご購入はこちらから

2015Oct18_6.jpg

最近の園主、また新たな加工所をつくってくれようとしています
今月中にはできる予定

がんばれよ


2015Oct18_5.jpg


えらそう?
だってわたしそっち系、何もできませんから
いまだに薪さえ割れない。草刈(草払い)できない。性格的にその作業ができない人
らしいです。園主の認定ですが。


2015Oct18_2.jpg


これいったいなにかな

たぶんニンニク?


植えた端から枯らすことには才能豊かだが
自然に立ち向かう手段を何ひとつもたない
にもかかわらず私みたいに、
自然のなかで暮らしたい

そういうひとの選択肢は


A  旅人として田舎にくる
B  自然の中で働ける男をオット(またはツマ)にする


というところでしょうか

女の人がひとりで田舎で暮らすケースもないわけではなく、けっこう多いともいえますが
園主にいわせると、必須条件は、体が動くことと感受性が低いこと(=鈍いこと)だそうです

鈍いというのはとりわけ重要で
鈍くない女の人が、心が洗われるような美しい自然の中(=過酷な場所)で暮らし、
重度のうつ病になってしまったかわいそうなケースもご近所で聞きました


箸を忘れた、といえば目の前の木の枝を削り出し
テーブルが欲しいといえば丸太を買ってきて板を作る
という系
おすすめです

そりゃ最初はギャップあります
結婚指輪っていったら
まさか
落ちてたヒノキの木を削り出してリングにするなんて思わなかった


考えてみると、
こういうタイプはネイティブ農家より、
都会から農村に来た(または帰ってきた)男に、より多く見られますね


サバイバルできる男にくっついていると
私のような体も動かず、感受性高い(=神経質)タイプでもサバイブはできる
できるけれど
いろんないみで、たいへんです
楽しいけど、たいへんです


都会で生きられる人は、わざわざ田舎に移住する必要ないんじゃないか、というのが園主の持論
別荘でもつくって、たまにくるのがいちばん、
都会で仕事して、田舎でお金つかってください、ですと


過去に聞いたいちばん悲惨な移住話は、
家族で移住し、頼まれれば寺に誰よりも多く寄進し、部落の役員をかってでて、雑用に走り
地域の人をしばしば大勢招いて宴を張り
といった努力を30年したあげく、全部売って、生まれた場所に帰ったケースでした
とても賢くて、心がきれいで、自立した精神をお持ちの夫婦なのですが

コミュニティの有力者が性格破綻者で、周囲をまとめていじめにかかり、
そりゃあたいへんだったようです
子供のいじめの構造と同じですね



もうすでに、何年もそこで暮らしている人に、あいのりする
先に「カナリア」になってもらって、毒がないかチェックののちに体を動かす
根性なしの女子に、おすすめです


すでにダーリンがいる?
その場合はですね


知人がそうしていましたが、都会に住んでいるうちから住民票をうつし、
毎週のように家族でその村でテントをはり、キャンプ生活して
じょじょに土地と、住民のことを知っていき、道路の補修など地域の仕事にも加わり
時間をかけて、土地を選び、家をたて
それでも会社はカンタンにはやめず、週三日の田舎暮らし期をへて、会社を退職

誰でもできることではないですが

今その方は、その村の村長になって活躍しています


「田舎ではブツブツ交換で食べ物が集まってきて、
近所で酒宴で、
みんな親切で、とか
テレビがよくやってるそういう幻想、
僕はまったくもってなかった」

と言ったのは園主。
わたしもまったく同じ。
田舎で友人ができるなんて、思ってもなかった
田舎はどうだ? と都会の友人から当初よく電話がかかってきました

アルメニアに移住した気分なので
言葉が通じるだけでありがたい、とよく言ってました。まじでした

都会のかたがたに「田舎って人間関係がたいへんなんでしょ」といわれるたびに(何回も聞かれた)

「そうでもない」と答えていましたが、今考えると
それを本気で思っていたのは、移住前に、なにひとつ期待していなかったからか

田舎で孤独にさびしく貧乏に暮らすのもOK
都会も田舎もおなじだと思っていれば
コワいものは何もありません。



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

えんじょーだ!?

2015Oct16_4.jpg
ただいまご注文受付中の「べにはるか」。これで送料関東まで700円。
この箱にはこれで6キロ入ってますが、1キロ(600円!)からご注文いただけます。
泥つきのほうが保存性がよいときいていますが、洗ったほうがよければ洗ったものをお届けできます




最近ブログをとんとご無沙汰してしまいました
それというのも、最近このページの訪問者がとても多くて、ちょっとちょっとだいじょうぶ~?
オドオドしてたりしているのです

グルメ部門で2万あるなか1位・・・・
下のほうにつけている、クリックで上下するのでなく、純粋に訪問客数の順位ですって

「えんじょーだ」

園主は面白がってますが、そういうんじゃないですから

ちょっと前に書いた
これが原因です


昨日はまたしても、山のおくふかーーーくに遊びにいきました
こんなに山奥だと知っていたらいかなかったよ、というような山奥に
日が暮れていきましたので、コワかった
真っ暗な、自分の足元も見えない真っ暗すぎる細道を、懐中電灯の小さい灯りを頼りに
車をおりてから、とぼとぼとたどりますと
狸が宴会でもしてるのか、というような音が細く聞こえてきて
やがてたっくさんの人がおいしいものを売る灯りをかかげているのがみえてきて
バンドが次々にインディアンのテントの中で演奏する会場が現れました
イベントは「UNITY」

球磨の音楽家や料理家大集合のたのしいイベントでした

美味しいカレーを食べて、おいしい日本酒を焚き火を囲みながらいただき、
暗がりに次々あらわれる知った顔や知らない顔(宮崎の人も多数きていた)

見上げれば満天の星空

「なんか、本当に贅沢・・・・」

となりで友人がつぶやきました

深夜まで飲んで、友人のテントに園主といっしょにもぐりこんで寝ました



田舎暮らしはあんずるよりうまいのが安い
ちがったか




野菜セットのご注文は
明日月曜の午前まで受付分を、火曜発送します
振込みでのお支払いの方は、お振込み確認後の発送ですのでお急ぎお願いします。
写真は10月6日の野菜セット。いま、顔ぶれがあれこれ変わってます♪

2015Oct6_5.jpg

今日は嬉しいコメントをいただきました

野菜セット4回コースをいただきました。
近所のスーパーでは見ることのできない新鮮なお野菜に毎週ワクワクしました。
オクラもきゅうりも触ると痛いなんて久しぶりの感触でした。
そして毎週少しずつ変わっていく野菜の内容に季節を感じることができ、
おいしいだけでなく安全なだけでもない豊かさを味わうことができました。
自分では選ぶことのなかった種類の野菜が届くのも魅力です。
大変なご苦労あって、この品質を作り出していらっしゃるでしょうに、
それを分けていただけることは本当にありがたく思います。
ぜひまた買わせていただきたいと思います。
(K.G様)



おすそわけするような気持ちで入れています
もう少し計算しないと商売にならないでしょう、と園主に言われていますが
見たこともお会いしたこともないのにお客さまというだけで、おともだちのような気持ちになってしまうのは
どうしてもとめがたい
お客さんだったらこんなのいれないようにしないと、というのも、最後にちょんちょんほうりこんだりします
ちょっと不出来な野菜とかですね。不出来でもおいしいと思っているのです



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

火曜のおひるは

2015Oct13.jpg


野菜発送日のランチはいつも野菜づくし
とくに火曜の野菜度高し

収穫したばかりの野菜を、いちばんおいしいとこで食べたい!
発送でバタバタする日なので、調理時間は20分弱


●にんじんのバター焼き

ちっちゃいニンジンは、そのままバターを落としたフライパンにぎっしり並べて、弱火~中火で、ふたをして
じっくり焼きます。最低でも10分はかけます。これがおいしいのなんの。
味付けは最初のバターのみです。
このニンジンのみでも販売はじめました。農薬も堆肥も肥料も不使用。
こちら

●さつまいものバター焼き

これが私のイチオシ。写真に入れ忘れたのはまだ焼いてたからですね。
さつまいもを輪切りに(5ミリとか8ミリとか薄め)、熱してバターを落としたフライパンの上に、並べて
これもじっくりと焼き目がつくまで、ふたをした弱火~中火で焼く
このさつまいものみでも今日から販売開始します
農薬も肥料も何年もつかってない自然栽培畑です
こちら


●サラダ

松岡さんの赤大根、うちのニンジン、にんじんの葉にルッコラに、大根の葉(赤大根の葉は生食アウト)、
それから太秋柿を大きく切って、胡桃をざく切りにして、
レモン(水俣産)をしぼって、オリーブオイル、塩、こしょう
手でざくっと和えるとできあがり

●味噌スープ

みそしる? 大根、かぼちゃ、さつまいも、大根の葉が、午前中かけてだしをとった昆布いりこ水の中に投入され、
20分くらい煮込んで、味噌(手作り♪)をおとして、できあがり

●枝豆ごはん

超手抜きVer.
枝豆をさやごとちゃちゃっとゆでて、実をとりだし、たきあがる前のごはんに、豆、みりん、塩を同時投入
たきあがったあと、ざくっと混ぜる


ninjin1.jpg


ちいさいニンジン、農薬・肥料(堆肥も不使用)を使っていません
畑じたいには、10年以上、化学肥料、農薬、なんにもつかってません。EM堆肥は5年前に使ってました。

このニンジン、小さいので調理しやすく、サラダにするにも焼くにも、乾燥させるにも便利です
葉っぱといっしょに、ジュースにするのもおすすめ。
超あまい、とかそういうのはないのですが、自然の味します。
おっとは、あまーい、というのだけど、わたしは「そう?」


そろそろ薪ストーブに火を入れないでは寒くて夜がきびしくなりそうです
冬の野菜にいれかわっていく今の時期、野菜はひごとおいしくなっていきます



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

田舎移住した人を待ち受ける落とし穴

2015Oct10.jpg
かつては真剣に感動していた稲穂の風景。いま近隣は小金色に包まれています


また、ですか
と、今年になって何回いったかな 

おんなじ話を何回も聞くのです
過疎の村、それも未来は間違いなく限界集落になることが運命づけられている
農業を成り立たせることさえ難しい村
そこでふつうに起こっていること

移住した人たちが、つぎつぎに、
生活が軌道にののった移住4年めめくらいに
現地住民によって「出てってください」と、いわれるのです

荒れ果てた田畑を開墾し、ようやく収穫も充実の時期になりそう・・・・ってときに

「すみません、たんぼと畑かえしてください」


真剣にまじめにいっしょうけんめい、農家になろうとしている最中に
頭から水バシャッですよ


住める状態じゃないとこを長期間の労働ですてきなおうちに改装してさあこれからというときに・・・

「親戚が帰ってくるっていってるんで、次の更新はありません」

水バシャッバシャツ


こんな事例が、耳に聞こえる範囲で何軒つづいたか
熊本の、その地域だけの話かと思ったら、県をこえて、あっちこっちで起こっていることだそうで
びっくりさせられます

「どうしてそこまで最低の人間に落ちれるのかな」

と言ったのは、それを言われた友人

「でてってくださ~~いい」

数年間で2回も同じめにあった家族がいる
1年以上かけて雨の降り込む廃屋を、すてきな古民家に再生させたあかつきにです


家をきれいにしてあげる修理人くらいに思われてるかな
どうにもこうにも、人の心はわからない・・・・・

都会から田舎に移住する人を増やそうというのは、地方再生という自民党がかかげる大きな政策のひとつで
やたらとお金が投げ込まれております
この村にも国から何十億円というお金が投げ込まれていることはきいております

地方再生のスローガンって結局なんのため????

問題のひとつは、田舎に住んでいる人が、見ず知らずのよそものに住んでもらいたくないと思っていることです

いつかはここで田舎暮らししたいわあ と
たまさかの帰省で親戚(長男の息子のヨメあたり?) がもらした社交辞令でまいあがり、
人生最大の覚悟をキメテやってきた人を
いともさっぱりと、追い払うのは、ごくふつうのありふれた、心も財布も貧しい田舎で起こっている事例


石破さんにおしえてあげたくなりました


よそもんに、「もてなし」するのは、無礼と思われるのはいやだから
いちげんさんには、笑顔で応対
しつこくやってくる人には、どんどん顔が冷たくなっていく
近頃はやりの、おもてなしの本質がそれです

数百年どころか数千年をかけて培われた分厚い「壁」取り払うのは、簡単じゃあない
日本人の多くが大昔から、外国からの移住民をウエルカムと思わないのと同じ心理で
田舎の人は、よそものの移住をウエルカムとは思わない


若いもんだって同じこと
見知らぬ他人に心を開くには、
言葉が通じるとか、生まれた場処がどうとか、好きな音楽が同じとか、似たような服を着てるとか
あれこれフィルター通さないと「通せない」と思っている人は多数派


いなかと都会の対比では本質は解決しませんね

地方再生と自民党がいいだした本当の理由はなんでしょう

あっちこっちの田舎で移住民を奪い合うことが、地方再生の意味するところなら、
おそらくそれはどこにも行きつかないし、だれの利益にもならない


人は都会のほうが生きやすい それは真理です
車の運転ができなくなったらどこにもいけない老後
病気になっても医療が充実してないから妥協しなくてはいけないし
地域でお金を廻すことが難しいのは、最低賃金さえ守らない雇用者が多いから

そういうのが田舎ですよん


<追記>

しゅうとめに「こんなことを錦自然農園のサイトに書いちゃいました」と、話したら
ふだん静かな人が、声をたてて笑ったあとで、いいました


「あんまり本当のことを書きなさんな

誰も田舎にこんごとなる(こなくなる)よ」



お母さん、来たってこなくたって、いつか追いだすならおんなじですよ




★★★毎週火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、黒麹、卵、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

農業サバイバル

2015Oct9.jpg

ただいま太秋柿を収穫中です

予想よりかなり悪い収穫状況です

7反(2100坪)の土地からお送りできる柿は200個あるかどうか・・・・

メルマガを読んでいただいている会員の皆様には先のメールレターでお伝えしておりますが
5年やってみた切り上げ剪定が敗因と結論づけています
太秋柿を作り始めて10年、就業まもなくから低農薬でつくりはじめましたが、このレベルまで少ない収量ははじめてです

メルマガに書いたことをここに繰り返すのは、
お客さまの問い合わせが多いからです
私たちは会員のみなさまにご説明したことで、責務を果たしたような気がしていましたが
そうではないみたいでした


2010年から切り上げ剪定の指導をうけはじめました
やってみなければわからない
これによって農薬を削減して収穫を増やせるのならば、と
年に一度か二度、折々に講習指導をうけ、知識をブラッシュアップしながら、精進してきました


5年で木はどんどん変化していきました
ところが、
木のエネルギーは生長に向かうばかりで、かんじんの実を生育させられない
つまり木は強くなっていない
剪定が、5年をかけて木の生理機能を狂わせていった可能性すら感じます

少しずつ剪定を元に戻しているところですが、
今後、柿がどうなるかはわかりません


桃の収益が昨年の5%で
柿はもう考えるのもムリという悲惨さで

ほんとに、農薬を減らすために選択した方法に、こうも裏切られると、落ち込む、をすばやく通り越して
笑ってしまう、の境地です。でもときどき、目が三角になっている二人がいます


昨日は、山の上の高地に暮らす友人宅に大勢集い、二時まで飲んでいました

「柿はどうですか、今年は」

と聞かれたので、上記の話をすると、テーブルは一瞬ずーん、としずまりかえってしまった

「農業ってサバイバルですよね」

そういったのは、新規就農のSさん

「ほんとにそう」と私は言いました

「農業だけじゃないけどね、みんなサバイバルよね
どうやって10年後20年後生き延びるか。
それ考えるのがおもしろいよね」

昨日はもちよりパーティで、料理上手の皆様によるたくさんの食べ物が並んでおりました

私たちにとって嬉しい驚きだったのは、
園主が畑から引っこ抜いてもっていった大豆(枝豆)をその場で塩茹でしたのを食べたおおくの人が
「これ美味しい」と真顔でつぶやいていたこと。


そのたんびに、園主もわたしも大喜び。野菜に対する評価はまだあまり聞いてなくて
だからでしょうか
園主は翌朝になっても「Hさんにも枝豆おいしいっていわれちゃった」と、無邪気に喜んでます
Hさん、喜ばせてやってくれてありがとうです

野菜つくるのを楽しんでます
無農薬・無肥料で栽培するのはいっしょだけど、野菜って、ふつうにやってれば収穫できてしまう

「2100坪の畑で200個の柿・・・・それは、10坪に1個ってことじゃん」

って昨夜、誰かがいったとき、いちばん笑ったのは私たちでした。本当に大笑いです。
33平方メートルの畑に柿が何本かあって、そのなかの1個しか発送できない
ってことですね


「果樹を低農薬でつくるのって本当に難しいんですね」
といわれて、「そうみたいねえ」と他人事のように声がでてました。
正直いうと、難しいのか難しくないのかもわからない気がしてます。


農薬散布しなくても、ブドウは今年うまくいきました
ブドウの剪定も、柿同様、道法さんの指導を受けていますが、独自の方法も取り入れており、
かなりオリジナル色の強いものになっています

桃も剪定をかえて4年目まで順調だったことを考えると
オリジナルの方法を取り入れる必要をかんじ、すでにそうしています


ちなみに本日発送する柿は、すべて無農薬栽培の畑から収穫しました
去年は中箱で6000円の価格にしておりましたが
昨年に比べると量があまりに少ないので、差をつけるのもめんどうで、3500円で販売しています


2015Oct6_6.jpg


先週火曜のランチをぱちり。ぶれててすみません。
野菜セットでお送りした大根、サラダ白菜、サラダ菜、にんじん、枝豆などなどのサラダ
ごはんは、塩もみした大根葉とゴマ
お味噌汁の中にはサトイモがいます
どれも、農薬を使わない努力の果てにうまれてくれた珠玉のおいしさ
シンプルな料理でいただきます



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村



おいしい水俣カレーナイト☆☆

2015Oct6_4.jpg
柿の発送、はじまりました~~~~~~(多種多様な感情の爆発と発露)



昨夜は
いちご仕事で忙しい園主をおいて、
ご近所のお寺さんの奥さん(栄立寺)にドライバーさせて

ウチから車で1時間のとこにある水俣市に
カレーナイトにいきました
日蓮宗のお寺さんの主催です
宗教がどうのというのはなくて、映画のまま、ふるまいたい、という気持ちを現実に実行したイベントです


球磨郡からもやたらたくさん来ていて、
知り合いばかりそりゃーたくさん会いました


最初に
映画「聖者たちの食卓」
をみて、
そのあと、映画のとおりの、freeなカレーナイトのはじまりはじまり
地元のお店が数店出店しているのですが、全部 FREE!!!!
たべほうだい???

映画は
面白くないかも、と思っていましたが、とてもひきつけられました
インドのお寺さんが600年前からやっている、毎日、10万人に無料でカレーをふるまっている

その調理と準備と皿洗いと、いつ果てるともしれない膨大なおしごとを横からたんたんとカメラ廻してるだけ
の映画です

何がこんなにおもしろく感じたのか
わからないのですが

ひょっとしてひょっとしたら


見知らぬ誰かにおいしいものを食べさせたい、という熱を集合させたときに生ずる
無我な空気にひかれたのかもしれません


わたしはどういうわけか、食べさせるのがすき。昔から大好きです

上手な調理系の腕をもっている、とかとか、そういう自信、自慢、まったくないです


20歳ちょっとくらいのとき、女ともだちが失恋してないて電話してきたときに
サバのお味噌汁をつくりに、彼女のマンションに夜だったけど、迷わず材料かついで突進したとか

30代まんなかくらいのとき、しょっちゅう、しにたいーーと、なきながらいってくる、自殺未遂常習の女ともだちをいえにいき
またはよんで、なぜかきまって水炊きつくって食べさせてたとか 

結果も意味もない。無駄な情熱なのですけれども
どの時代もずーーと
「ふるまいたい系」です

ふるまうときに、その見返りはいっさい、求めてないですね
お礼さえ、いわれなくていい


たべて




と欲っし、食べてもらう。欲はそこで満たされてます。




へんしゅうしゃとして超仕事忙しかったときもその熱は冷めず、

「あなたに一番向いている仕事は寮のまかないさんか、食堂のおばさんだった」と誰かにいわれました
ゆったの気難しいうっせい写真家でした

「あなたは、なんで、そっちにいかないのか、遅くはない」

といわれたことも
そういうこといわれたのは、初めてではなく

仕事の現場にご飯をはこぶ余裕があるわけないのに
なぜこうもいわれたのかというと、たまーーーーにまとめて大勢を家に呼んでゴハン食べたせいですね


たしかに
遅くはなかった


おいしいものを食べさせたいという情熱
農婦という職業にいかせました


えんしゅに、ありがとさんです


今日は口がぽかんとあいて、そのあいた口を手でふさいでしまうようなメールをいただきました




大丈夫、みんな応援しています。お二人の挑戦を、人生を、応援しています。
つらいときにはつらいと言う、そういう正直な農家があっていいじゃないですか。それじゃあこちらも出来ることをしようという気持ちになりますよ。それはお二人の育てたもの、いいとおもうものをシェアしてもらえることが嬉しいからです。

うつ、もまたよし。
転じて何が飛び出すか、見守って行きたいと思います。




ご了承もえず、ここで紹介するのは。たぶん大丈夫だと思ってるからですけど


ほんとにビックリしてるのです

こんなにイロイロダメダメなのに
まだ愛の矢つぶてが飛んでくることに



日本語能力を総動員して御礼もうしあげます


ありがとうございます




★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村