FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭りのおもひで

2014Aug30_3.jpg

2014Aug30_2.jpg
今年の「自然派 ミックスぶどう 中箱」(3500円)です
藤稔 ピオーネ ハニービーナス 瀬戸ジャイアンツ 安芸クイーンがどちらの箱にも入っています



園主です


うちの地域では毎年、地域の夏祭りが行われます
少し前になりますが、雨の合間にお祭りが行われましたです

祭りに先立って地域の人は半ば強制的に、お祭り会場で使える(焼き鳥やジュースを買える)チケットを購入します

当日、夕方早い時間に私と、ツマはチケット片手に焼き鳥目当てに会場にいってみたものの
まだ、焼き鳥は準備ちゅう、ビールさえ調整中
何とかお願いして生ビールを手に帰宅

うちについてそのビールで夕焼けみながらカンパイ!


でもね~
落ち着かないわたしです


ふたたび、一人で徒歩で会場へいきました(家から会場までおよそ2キロ)
ツマにもらったお小遣いにぎりしめて


会場についてまずは生ビールを

あ~

きょろきょろしてると地元の知り合いがちらほら

ビールとつまみを片手に話し込む
時間がたつうちに知り合いの輪も広がり
ふだんゆっくり話せないひとたちと
いろんな話ができました

みんなひとりできてて、オクサンはおいてきてる
うちは一緒に行動することがほとんどなので
こういうことはちょっと珍しい


つまり

なんかすごく楽しかったようですね~?!


翌朝、目が覚めるといつもどおりのうちの寝床

でも

帰ってきた途中の記憶がない

ツマはふつうの会話

何もなかったのか?   わからん・・・

微妙な朝の気配です


で、朝顔を洗いに洗面台の鏡のまえに立つとうっすらと額にかすり傷か?
どこで?

さて???

アキラくん交えての昼ご飯中


いきなり

ツマの爆弾が投下されました


「昨日、夜、玄関先でバタン!!っていう音がして、ああ転んだな、と思って
でもそのあと、立ち上がる音がないから見に行ったら
玄関の植え込みのところで、彼がひっくりかえってた

おきなさーーいいって、家の中にあげて、また私は寝たら

寝室にこないから見に行ったら
お風呂場にねっころがって、そこで寝るってきかないから
ひっぱってもひっぱっても動かないから、足でけった」



ありがちですわ~(笑)

そこで寝ようとしている私に、園ツマはキック!したそう??
(記憶にないが)

わたしの返事

「今、オレを物あつかいした」

「してないよ」

「オレを物あつかした」

(しつこく言い続ける)


私は全く覚えてません


スポンサーサイト

アキラです。

こんばんは。

錦自然農園のアキラです。

今日から
ブログ・・・デビュー。。。。



親しみやすく??
書いていきたいと思います。

宜しくお願いしまーす。



では先日のコト

最近は
柿の袋かけの日々です。

2014Aug26_6.jpg

脚立登って袋かけて降りて移動しての繰り返し。。。


地味な作業ですガヨ。


残ってる柿の木は
あえて見ないようにしてます。

だって
向こうが見えない程あるんです!!

いつまで続くんだーーーー(心の叫び)


そんなルーチン??から一息



柿渋作りをしました。




園主:
コンテナ2箱渋柿とってこい。


オイラは
間違えて早生の甘柿とっちゃった。

園主:
何やってんだよ。ホント使えねえナァ~

オイラ:
すいませ~ん(汗)


とった渋柿↓
2014Aug26.jpg


ヘタとって潰しました。

2014Aug26_2.jpg

しずかさん
お手伝い有難うございました。



あぁ欲張って
ウスに入れ過ぎたら潰すの苦労しました。
2014Aug26_3.jpg

笑ってるし・・・・

この男、
2時間も杵を振り過ぎて
ハイになってますよ(恥)



夕方、
樽に入れ水を加えて
作業完了であります。



柿渋
上手く出来るといいな。。。


emiko注) 今朝の会話

園主 「俺こんな言い方しない」
エミコ「っていってるけど」
アキラ「してましたよ」
エミコ「じゃ、アップしよう」
園主「えーー」





太秋柿を続けているわけ

2013Oct22_5.jpg
2013年10月の太秋柿。おいしかったなあ~~~
去年と同じ大箱5000円で予約販売受付中。



太秋柿の不作続きも4年目をむかえた昨年、2013年の秋のこと

園主が「もういやだ 柿やめる」と爆発しました

農薬を減らしてつくるのが難しい
難しすぎる
剪定にものすごい時間をかけて
袋かけにとんでもないエネルギー注いで

それで収量がちょっと 

こんなことが毎年続くのにもう耐えられないと言い切りました
去年は暑かったし、苦労したんですよね
それで収穫は全体で3割いってないというのはしんどいです
(2割というウワサもある)

お客様から「そんなたいへんな品種をわざわざ選んでやらないで、
食味がよくて減農薬をしやすい品種に変えたらいいでしょう」

ともっともなことをご忠告いただいたこともあります

それでも「太秋にこだわる」といってのに

柿はやめまする

と去年、メールレターで皆様に宣言したのを覚えている方もいるかも
しれません


当時ほんとに決意は固かったのですが
今年ブドウ畑を買い足すにあたり、耕作面積が狭い、というネックにぶつかり
耕作面積が必要になりました

柿をやめるわけにはいかなくなったのです

「しょうがないからやるよ」
という言葉とともにクビの皮一枚のところで、減農薬柿園がつながりました


もうやめるやめる絶対やめる

と宣言したのが柿に聞こえたのか
柿は改心したようで
ここまでもところ過去最高の実が木についています

先般の台風でぼきっと折れた木もありますが
そんなことは小さいこと
と思えるくらい
がっちり実をつけています


これまでで最高の収穫量になってしまったら

売れのこってしまうかも


という心配が持ち上がっているくらいです
柿は当園でもっとも面積が広く、
ぜんぶきっちり採れるようになったらどうしよう
といらぬ心配をするのはまだ数年先です


ぶどうは販売終了しました
ありがとうございました

毎日せっせと発送しています
あと一ヶ月、おしまいのおしまいまで突っ走ります







12月のぶどう

2014Aug17.jpg
福岡・宗像大社の高宮。園主が「豊作祈願にいこう」
というので先日いってきました
宗像の三女神さま~、ぶどうと柿といちごをよろしく~



毎日ぶどうをお送りしています

まずは4回コースをご注文されたかた、
そして

去年から予約されているかた
去年注文したのに、今年まで待ってくださったかたを先にお送りしています
(ぶどうの種類により異例もあります)

「4回コース」はメルマガ読者のかた限定で、初夏に募集させていただきました
収量が増えていくのはわかっているのですが
どれくらい、というのがシーズン終わりまでわからず、メルマガの読者様だけに限らせていただきました
来年はおそらくきっと、ウエブサイトで普通に募集ができると思います

待ち長い!

と思っていらっしゃる方も多いと思います
ぶどうと柿の場合、早いよりおそい、のほうが福がある可能性高いです

ただ、おそいと、また去年のように病気の発生で発送ストップ!という懸念もあり
こちらはとにかく、お送りできるだけお送りしたく、毎日必死で梱包しています

ぶどうも柿も、おそいほうが福がアル可能性が高い、の意味は
あとになるほどおいしくなることが多い

シーズン終了後、最後の最後に
取り残したようなものが12月くらいにまだ木に残ってた、と気づいてもいでみたら

うまあ!

と目が丸くなることがあります
とくに太秋柿
「あれはおいしかった」といまだに語り草です

肥料ぬいて5年目
農薬とことん削減して5年目
剪定変えて5年目

木も畑も変化がいちじるしく、
成育のしかたも収穫内容も、毎年、去年と同じではないので

これ、と決まっていることはなにひとつなく未来はまったく未知数です

そのうち12月にぶどうや柿をお届けするときもくるかもしれません

ない! と園主はいうんですけどね


決め事はなにもないです
秘め事のほうはあるかも☆☆



2014年8月のぶどう

2014Aug20_2.jpg
2014年度のぶどうの発送が始まりました。
本格的な収穫は9月ですのでお待ちくださいませ



実家の母が毎月手術する運びとなり、この夏は農園をあけることが多かったです
(幸い、母の運のよさを医者がほめるほど今のところ順調です)

で、今も福岡なのですが、昨日は1時間に100ミリ近い雨とはこのことか
と実感する超豪雨が真夜中にやってきました
それはほんの短い時間で終わりましたが
熊本でテレビや新聞もめったにみず、畑だけ見ている生活をしていると
わかっているようでわからないこと、
日本中がとんでもない異常さに瀕していると実感しました
広島の豪雨にあわれた方々のご心痛はいかばかりかと拝察いたします
事態のあまりの大きさのかげで、ニュースに登場しない大きな悲劇が各地で起こっているであろうとも思います


今年の「後期の桃」は雨や風に長期間なぶられて、品質が発送にたえるものではなくなり、
多くの方にお送りできませんでしたが
農薬の使用量が普通であれば、さほどの被害はなかったかもしれません

熊本で他のフルーツを自然栽培されている農家からお聞きしましたが
そちらも出荷量が通常の1割までになったそうです
近在の慣行農法の農家についてその方々が知る限りは、出荷量に大きな影響はなかったそうです

収穫期でなければよかったのです
収穫期=いちばんおいしい時期
自然のなかに置かれている身には、いちばん弱い時期ともいえますから

こうしたことは、全国の農薬を低減して作っている農家で今起こっていることかもしれません

ただいま収穫期のぶどうも、その意味では影響をまぬがれません
桃と違って、雨除けの屋根はついていますが
袋もかけていますが
殴るように降ってくる雨によって、粒が部分的に水を含みすぎて割れているものが散見されるようです

それはそのままつけて発送することもありますが
多くは外して、「歯抜け」にしてお送りします

パーフェクトな「見かけ」というのは、もともと望むべくもない当園ですが
今年のぶどうには、今年の2014年の自然をとりこんだ特徴が取り込まれておりますことを

ご理解いただけるとありがたく存じます

太秋柿の袋かけは、これまででいちばん順調です
おいしい柿をたくさん、皆様にお送りできますように




桃の収穫、終わりました

園主です

桃の収穫を終了いたしました

2014Aug14_2.jpg
最後の収穫


今期の桃たちも皆様に愛して頂いてとってもシアワセだったのではないかと

「後期の桃」の時期に入って台風の影響が直撃!

無に帰すとまでは行かないまでもじわじわと真綿でクビを締め付けられるような気象状況で

結果的にお送りできなかった皆様にはこの場でお詫び申し上げます


自然状況は誰にも予測できない!

と言い切るのもかなりきついので、来年からはご注文の受付に関しても早期にとめる予定です

その後、余裕があれば再開。。。 と

いつもながら、こちらの都合で物事を進めるのはもうしわけないのですが、仕方ないとあきらめてください


2014Aug14.jpg


6月初旬から『ちよひめ』の収穫に入り、例年のごとくですが

あっ!!

というまに、気がつけばお盆


桃という果実は実に繊細です


昔はときおり、『一本の桃の木で6月から8月まで収穫するんですか?』

と質問されていたこともありますが、今はそれがなくってホッとしてます

桃にもたくさんの品種があって、ほとんどが6月頭から9月くらいまでが収穫時期です(九州南部では)

ひとつの品種は収穫期がおよそ1週間から長くて2週間程度です

ひとつの品種当たりの収穫期間が極端に短く、

だから

今朝、この果実を収穫しないと、明日収穫したって発送できる質ではなくなっている。。

と、いった状況が桃の収穫の始まりから終わりまで

エンドレスで続いていきます

結構、

しんどいです

緊張がずっとつづきます

先のこと読めそうで読めないのは
桃がそれだけ敏感(?)だから
このビミョーさは自然についていくしかない、うちのような栽培をしている農園の特徴のひとつかと


「送りたい」「なんとかしてくれ」と無理なことを言い続け今日はついに2玉だけ送ってはだめか

といってきた園ツマも

ほっとしているでしょう

作業のほうはぜんぜんホッとする暇もなく
雨のざーざー降る中カッパ着て仕事しています


しばらく雨が続きそうです


岡山から若者がやってきた!

園主です

今日、岡山から遠路はるばるバイクでうちまで訪ねてくれた若者

2014Aug13.jpg

実家がブドウや桃を作っている農家で、今は通常に農薬使ってるけど将来的には出来ればなくしていきたいと
考えている様子。

ウチはいまだにブドウ以外は、まだまだで試行錯誤状態ですが、新しい風は意外と簡単に
その壁を乗り越えていくのかもしれないです

大学卒業後間もない彼とブドウ畑でいろいろと、うちの農法のこととか、彼の実家のコトなどを話しつつ

私は、実は彼から思いがけず、すばらしいひらめきを得ました!!

今年の秋からソレを実行してみたいと思います

どうなるかは不明ですが、やる価値はぜったいあるとおもいます

ありがとう!

2014Aug13_2.jpg
桃ジャムに炭酸水を入れてシュワッとおいしくいただきました


すごいせくしーなものが・・・

2014Aug7_2.jpg
ぶどうの熟しぐあいをチェック中。見た目はオトナですが、味がのるにはもう少し老けてからかな


メール仕事が
おわりなき
どろどろ沼になって
事務にがて~
なんていってられないのに
ブツクサいってます

園主は外の仕事も(わたしから見ると)完璧で早いですが
デスクワークも早い早い。なんでも早い。

ぜんぶ押し付けてしまいたいのですけど
園主にできないのは

しなくていいといわれてもついつい私がしている
お客様への個別対応

定型分をどんどん送ればいい メールはそのためにある

といわれてもお待ちいただいた長さやらお付き合いの長さやらが
ちょびっとずつ言葉を書き加えたくさせ
それでもやはり言いすぎは禁物と書いたのを消し消し、やっぱ書こう
と戻したりやっぱり消そうと・・・ああ
無駄に時間をつかってしまう

と、こんな無駄な時間の使い方は
園主にはできんだろう(じまんげ)


こないだうちに袋かけに来てくれた東京のITエキスパート氏がいってました

彼が所属している会社はそのオカタイ業界でトップ3に入っているそうですが
業績安定にもかかわらず世の流れで成果主義というのがとりいれられ
それ以降、退社する人がふえているそう

なんで成果主義だと退社するの?

世間知らずの私がきくと

てっとり早く成果のでるものしか担当しないようになるし
時間かけてやっても結局成果がでないかもしれない仕事には手を出せなくなる
それだと自分の成長がなくなる

なるほど。企業の成長と、数字化できる個人の成果は短いタームでみたら違いますよね

錦自然農園が成果主義を取り入れたら
わたしがしていることは
点数にいちばんなりにくいことだなあと思いますが
私がここにきて、就任後、ひそかに自分の仕事目標としてかかげた


園主のファンをふやす


はなかなかいい感じで達成されているかもしれませんよ
うちのお客様でない、私のお友達からは

「なんで彼と結婚したの」と今になっても質問され続けています
「顔?におい? それともなにかすごいセクシーなものが・・・・」と先日聞いてくれたのは70歳台のお友達ですが
なんでそんなこと聞かれ続けるかなあとおもうくらい、この質問、しょっちゅうです

うちのお客さまが
今回桃をお送りできないという大迷惑にもかかわらず
園主の仕事を理解してくださるのとえらい違いですよ


来年にむかって桃色鼻息



園主です

九州直撃か?の台風を前に人間はあっちいきこっち行き、バタバタなんらやかんらや
準備らしきものやってましたが、うちのマイ吉はそんなのどこ吹く風(いえ台風か?)

猛暑の中いつも、ハァ~はぁ~息してたマイちゃんは、台風の時折吹く涼しいそよ風のなか、
気持ちよさそーに寝てました

2014Aug9.jpg

今回の台風は結果的に宮崎の東側沖を北上

熊本県の東側を通って風の影響もそれほどなく再接近の際もそよ風程度
(台風が東側を通るときは台風の速度と風の強さが相殺して、少しばかり風が弱まります。
詳しくは、ご自身で研究ください!)

ブドウには雨よけのためのビニールをはっているため、台風の強風はNOなのです

今回の台風はずっと自分なりの予想はしてましたが、最終的にブドウのビニールは
撤去しないということにしました


なんとも賭けですね

ブドウに雨よけをするのは農薬散布を減らす(なくす)ためです

でも毎年のことですが、自然の脅威と付き合っていくのはかなりしんどいです
ある程度は経験で予想もつくようになりましたが、自然は予想を裏切るもの

心して付き合っていかないといけないですね

2014Aug9_3.jpg

ここからエミコです

7月から続いた台風によって桃の品質劣化がいちじるしく、
ももの発送はもうこれ以上できないことが明らかになりました

長くおまちいただいてこのような事態になり大変申し訳ございません

ご注文いただいているお客様にはご返金方法として、以下からお選びいただき
メールかお電話をいただけるとありがたく存じます

1、ゆうちょ銀行からお振込み(口座情報をお知らせください)

2、9月からのぶどう、10月からの太秋柿、1月からのいちごなどで同金額分を発送する

3、いつでも当農園の商品をお買い上げいただけるポイントにて返金させていただく(300円分のポイントを上乗せします)

4、来年の桃の予約(前期か後期かなどお望みの内容をお知らせください)


ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません

今年の桃は欠点もいいところもありました
来年の努力目標はあきらかになっていきつつありますので
もっとうれしいふるーつとの出会いをご提供できるようがんばっていけるとおもいます
めげてはいません
ガンバロ~!とおもってます



長雨のあいまにジャム仕事

2014Aug6.jpg

柿園です

久しぶりに晴れましたので
園主がくさかりまさお君(そういう名前なんです)を出動させ
大草刈大会

草刈は雨の残るときにしてはいけない、というのを守っています
そうしないと
水滴にのって、病原菌が作物に移ってしまうから

朝露も大敵。朝いちばんの草刈は、病気の発生をよぶもとなので絶対にしません

2014Aug6_2.jpg

この炎天下で
1ヘクタールの果樹畑をひとりで草刈した園主はタフだと思いました

どこかで倒れてないか、真剣に心配していました
かれの鉄人ぶりは限界しらず。いえ、あるんでしょうがまだ私はしりません

2014Aug6_3.jpg

私とアキラくんは桃ジャム作りに精を出しました

桃が雨の影響をうけて、収穫してもしても、発送するレベルに達していないものが大多数です

私が熊本にきてはじめて、台風の当たり年となりました

どれだけ「不良桃」を積み上げられても、すべてジャムにします

アキラくんの包丁さばきはたいしたもの

今日だけで賞味18キロの桃がジャムになりました

賞味ですからね、捨てた部分をあわせると・・・・・
夕方近くなると倒れそうにへとへとでした

2014Aug6_5.jpg

でもお客様からあいついでうれしい電話がかかってきて、元気が戻りました
コースのお客様で、コースをまっとうできないこと(お送りできないこと)に対して、
こちらはごめんなさいを言わないといけないのに
今年の桃は去年よりおいしかった、ありがとうと言われて
こちらもありがたい気持ちでいっぱいでした

今日近所のひとから

「台風たいへんね 自然とのたたかいばっかりね」といわれ
「まけっぱないしですけどね」というと
「自然に勝つひとはどこにもおらんから」とすてきな笑顔でいわれました

今年はぶどうが早く完熟期にはいるかもしれません
もう大きくて、色づきもよく、畑はぶどうの香りで満ち溢れています
つぎの台風がぶどうを直撃するという予測は
私の頭のなかにはありません

今日から桃をお送りできないというご報告とご返金の相談のメールを出し始めました
すみません
本当に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。