おいしい品種、みーつけた?

2014Jun26_2.jpg
青いのはステンレス。加工場にはりつけるための加工を園主がしてくれました。


作物にはすべからく品種があり、品種によって、味がまったく違うということは
何度もいっているので耳たこだ、といわれるかもしれません

イチゴの話です
お客様にとっては季節外れでも、農家には今がいちごのONシーズン

うちが作っているいちごの「品種H」は、

生産者が絶滅危惧(大げさ?)な品種だそうです

「とにかく育てるのに手間がかかるのが品種H。
品種Sや品種Bはぜんぜんこんなに手をかけんでも、ほったらかしでも育ってくれる」

品種Hをやめる農家が年々増えていると、農家のTさんが教えてくれました

錦自然農園で作っているいちごは、すべて品種H

かなしいほど手間かかります
病気になりやすいから手間をかけないといけなくなる

「品種B、ものすごくたくさんできるからな。うちは両方つくりよるけんわかるけど、
10アールで比べたら品種Hより20~30%は多く収穫できる」

そんなに違うんですか 
作り方が同じで同じ場所で、そんなに収穫量が違うなんて初めて知りました
うちは一つしか作ってないので比較できません

「だから、もう作る人が毎年へるなあ。今年から●●さんもあげな手のかかって量ができんのはやめたちゅうて
品種Sと品種Bだけにするらしい」

そうですかあ・・・・・・

「高く売れるなら別やけど、てまひまかかってSやBとほとんど変わらんから

食べたらそりゃちがう、品種Hのおいしさはまったく違う。誰でもわかる。だけど、買う人はそれをしらん
品種Sは形が円錐形でスキッとして、きれいで、色づきもいいもんな
名前も知られとるし、そうやって買う人多かもんな」

「有名じゃなかですもんねえ、有名な品種買いたくなりますよね」

「でも東京の市場は品種Hが名指しで買われる。東京のほうでは人気がある。おいしいとがしられとる」

「そうなんですかあ」

「直送せんなら、たくさんとれて、見かけのよかの、作ったほうがよかよなあ、おいしくなくても」

「Tさんは今年、品種Hを減らしたとですか」

「あんまり減らしてないな。品種Hのおいしかと、知っとるからなあ。まずいの作ってもなあ」


品種が同じなら、だれが作ってもどこで作っても、だいたいおいしいという品種もありますが

品種が同じでも、作る人が同じでも、作る畑が同じでも、栽培法が一緒でも
味がいっしょにならないのが最近の果樹

天候が一年を通じて、過去にないレベルの異常記録を更新しているせいです

当園では
桃やぶどうでは毎年少しずつ、新品種の導入を進めています
5年後の天候はどのように変わっているかわかりませんが
先なんか読めませんが
マッチングが悪いのは努力で乗り越えるのでなく、見極める「決断」が必要みたいです


いつもありがとうございます



スポンサーサイト

農業でビジネスする?

2014Jun27_4.jpg

梅雨が終わったかのような晴れた一日


週末は水上村自然農園の園主が
抜群の料理の腕をもってあそびにきてくれました

たまたまイカがあったので、パエリアつくってもらった
おいしくてあっという間になくなりました
突然きてもらっても

桑原農園の無農薬たまねぎ
高田さんの無農薬にんじん
ウチのズッキーニにピーマンにジャガイモに・・・・(all 無農薬 無肥料)

野菜素材だけはいろいろありますよ

飲み物は園主のてづくりビール

おいしい
と飲んでくれてさんきゅうです

まあ、話がはずみました


農業3年目と農業10年目の、ともに東京で、いっときは
「そのまま続けていれば仕事が生涯、あなたの人生を守ってくれるのに」的な仕事をそれなりに
順調にやっていながら、冒険好きと好奇心旺盛に押されて退職した過去をもち
先のしれない、農業という大海原に漕ぎ出してしまったふたり

話をしているうちに
「おれ、なんだかんだいって10年もったというのがすごい」と、あらためて気づいて自画自賛していた園主


「でもおれ、ここに来るときには覚悟きめてきたから」
覚悟って、
5年後も10年後もここにいるという覚悟


農業でがんばっている新規就農の人は多いけど、儲かろうという意思を持っている人は
すくない
とくに、有機農業や自然栽培系のひとは

という話になり

それは不可能だから

という話になり

単作で、大規模に、機械と人の大量投入、肥料も大量、ならありえる
それがしたくないなら
儲かるのは無理

という話になり

規模をおさえて労力と余暇のバランスをとることが重要ではないか

という話になり

「ここの農閑期はいつ?」という質問で

「ない」と即答する園主

「以前はいちごの時期が余裕があって、そのころは、いろいろ考えられた。
剪定しながら、家つくりの作業もできた

このひとが(とわたしをジロリ)

いちごをもっと増やそう

とかいうものだから、冬の農閑期もなくなってしまった。
家づくりも二階の内装は手付かずで止まったまま
このぶんだと、家はずーっと未完でこのままだ」


「いいじゃん、たくさん送れるようになったからお客さんもすごく喜んでくれたじゃん」

「おれはもういっぱいいっぱい!
 
桃は全量JAにかってもらいたい」

・・・・・・・とんでもない意見が飛び出したものだと思いましたが

一瞬あと

「・・・・・・いいだろうね」とうっとりしてました

しかし園主が

「まあ、そんなのないけど」

と、夢想タイムを終わらせました

「桃はそんなにむずかしいですか」と3年目農家

「むずかしいねえ」と声をハモラせて錦組


栽培も難しいけど、それ以外のとこが他とちがって・・・・


どう難しいかを話し出すと終わらなくなるので、本日はここまで


翌日は3時おきの水上村自然農園さんでした



いつもありがとうございます



今年の葡萄はよいかんじ☆

2014Jun27.jpg

これから葡萄のラストスパートです

今年はぶどうがいっぱいとれそう
園主が今日いいました

いつもの150%増かも、だそうです

2014Jun27_2.jpg

その理由はなに?

とききますと

剪定かえたせいかも

へ~~~

去年のぶどうが終わると同時に、
道法さんの「自然栽培のぶどう講習会」に参加しに岡山までいったんですよね

道法さんには、ぶどうの指導もそれまで受けていましたが

それはしてなかった、それは知らなかったという技術がいろいろ出てきて

帰ってきたらすぐに覚えたことを始めました

その後も二回くらい農園に来ていただき、ぶどうの剪定をこまかくチェックしてもらった


2014Jun27_3.jpg


虫にいっぱい葉っぱは喰われているし病気もないわけではないけど、
去年より進化してるのはまちがいない
いいかんじ、

と思います

そのうえ、今年はじめての葡萄の季節を迎えているアキラくんは、
ぶどうの世話がとてもうまい。
園主が毎日わたしに夜、アキラくんの技術上手をほめています



いつもありがとうございます






かき氷の桃シロップ

2014Jun25_6.jpg


さいきんのうちのおやつは。

かきごおりが定番

桃ジャムをのせて、桃シロップ(非買品)をとろりん


かき氷マシンをうちに導入してくれたのは


2014Jun25_5.jpg


29歳のこのかた

ゆかりんです
いま一緒にジャムつくってます


おばあちゃんが昔、たらぎで食堂を経営していて
このマシンを秘蔵していたのだそう

いえ==

すごいね

29歳という年齢もすごいね


私はこの年齢のとき、離婚して髪の毛がまりーあんとわねっとのように一晩で白くなり、
好きだったジョージア・オキーフの最後の家に自力でくるまでたどり着き、
仕事つくってマチュピチュにもいきましたっけ

29歳には太刀打ちできないとおもう反面
私も昔29歳だったのかとふしぎなかんじがします





いつもありがとうございます






「桃、おいしいですか」という質問

2014Jun21_4.jpg
前期の桃は6月27~28日で収穫終わる予定。
7月15日前後に「後期の桃」が始まるまで桃がありません。
前期ももの駆け込み注文まだ大丈夫!


詳細はこちらで→ 錦自然農園フルーツストア


朝しごとを始める前に、冷蔵庫をあけると
山育ちの桃にも選ばれず、うちのジャム用の桃にも外れてしまった
何日も前に収穫した桃が2個、ころっと端の方に潜んでいました

いっこ取り出して、皮をむいて流しの前で食べ
止められなくなったので続けてもういっこも出して、ぶしゃぶしゃ食べていると
園主が通りかかったので彼の背中に聞こえるように
「うわ おいしいこれ だれがつくったんだろ」 
と言ってみましたが、
彼はこちらに目もくれず桃畑に出て行きました・・・・


この時期の日川白鳳もちよひめも、
毎年雨の影響で味が落ちたりしていましたが、今年は
雨の量がほどよいので、悪い影響がないように思います


それでも「桃、おいしいですか」とお客様に聞かれると

「うっ」とつまります 正直にいえば

「さあ、どうなんでしょう」

といいたいのですがそんなせりふをいう人から買いたくないだろうし

困っている私の横で園主が「それ、食べてみます?」と選外の桃を指差しました

自分で選んでその場で皮をむいて食べ始めるや、ももじるをしたたらせ
「おいしいじゃないですか~」と抗議の声をワタシに向けるお客様

「なんでそんなに自信ないの」といわれ・・・・


「だって~ほんとにわかんないですよ~
味の評価は食べる人しだいだと思っているんで
自分たちがおいしいと思うものを
他人もおいしいと信じ込めるなんて、
そんなの無理です」

その背景には、
やまほどおいしくないといわれたことがある、というわけですが

私たちにできること
桃の味をよくするのも重要ですが
自然が作ってくれるものに人が作業で干渉するのは限度あります

同じくらい重要なこと
うちの作るものを求めてくださる方にお届けすること

いま毎日お客様から桃へのコメントをいただきます
どれだけ元気をもらっているかっていうと
それはもう桃で差し上げているかもしれない元気の比じゃないですよ
ちゃんと届いているんだ(ブツがじゃなく)と思えます


うちのようなとこを探していました、というお客様と
あなたのような嗜好の人を探していました、という農園の
邂逅 といいますか「出会い」を求めてやみません

「もっと早くおたくのこと、しればよかった」「どうしておたくに気づかなかったんだろう」

よく言われます。広報力不足ですね。SEO対策はあまり関与したくないですが

どうやったらもっと届けたい人に届くのでしょう
アイデアお持ちでしたら教えてください

「錦自然農園の桃を知るまで、子供に桃をあげられなかった。3歳になるこどもはおたくで初めて桃の味を知りました」

「農薬アレルギーでずっと桃を食べられなかった。何十年かぶりに食べられた」


こういう方のおたよりをいただきますと、まだ出会ってない方に、出会いたいなあととても思います


これもひとつの出会い系活動

いつもありがとうございます



桃のおやつ

2014Jun21_2.jpg

3時のおやつはここのところ、毎日桃ももモモ・・・・・・・・
桃だけで食べる日もありますが

バニラアイスのうえに
桃の切ったのをのせて
桃のジャムものせて
桃のシロップ煮までのせて
食べるのも最近きにいってます

2014Jun21.jpg

当地は今日は、昨日から今季いちばんのどしゃぶりです
前期の桃は6月27日が最後かなと園主がいいました


2014Jun21_3.jpg



ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます



ありがとうございます


田舎暮らし ブログランキングへ





2014夏至におもうこと


夏至の本日、
友人宅に行きました

この時期はお土産に桃をもっていきます
今日は20人くらいがきていたでしょうか
桃を介していろんな会話ができました

山口県在住のAさんとの会話

「近所にボルドー液一回だけでりんごをつくっている人がいるんですが、
その人をみると、背骨に柱がはいっているかんじがするんですよ」

「農薬1回散布だけでりんごつくるなんてすごいですよ

うちも農薬1回で桃つくりますけど、それもやめて、無農薬にしたら買う人には、もっと魅力的に聞こえるんだと思うけど
そこではねあがるのは、お客さんに届けられないというリスクだから

無農薬のりんごを少量つくるより、農薬ちょっとだけのりんごをたくさん作るっていう選択が
いいなとおもいますよ~」


Aさんはかなりユニークな人生を選択している1女の父で夫なのですが
読んでいる本にも共通項があり、あと数時間話し込みたいけど
時間がないのが残ねんでした


Aさんと話しておもいました
あらためて

無農薬の桃を作ること

それは不可能ではないという気がしますのですが

それによって、桃の出荷量はへるかもしれません

「山育ちの桃」ばかりになるかもです

それでも大量にのこった、山育ちの桃にも入れない桃があるでしょう

ジャムやジュースにするかもです

無農薬のフルーツの加工品は、付加価値がつけやすく、
ナマで販売するよりも経営効率がよいのです

全部

ジュースや
酒や
ジャムに
またはべつの加工品に


その経済効率のよさを
採用する農家は、国のきょうりょくなばっくあっぷにより、
さまざまのメリットを受けられます

無農薬で栽培
それは加工品の比率を伸ばせば
可能なこと

でもうちはまだ、ナマのフルーツをかってくださる方が求めてくださるものを
おくりたいと思ってます


そういう理由で、わたしたちは無農薬で桃をつくりません

いまのとこ



ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます



ありがとうございます


田舎暮らし ブログランキングへ

前期の桃、快調に発送しています

2014jun15.jpg
こちらは「お取り寄せの桃 大箱」。品種はちよひめです


◆最近多いお問い合わせ集◆

お店では売ってないんですか?
「今、お店では売ってないですが、お店からお話があるときお店でも売っています」

農園にいくと桃、買えますか?
お買い上げいただけます。その日の2時までにお問い合わせ、ご予約ください。
見学なさりたいというときも事前のご連絡を。人手不足ゆえ前日より前のご連絡が助かります

ちょっと体験してみたいというのはありますか?
「ちょっとが3時間の意味でも、1週間の意味でも、袋かけのお手伝いは大歓迎します」

◆お問い合わせ、ありがとうございます◆


ただいま、日川白鳳とちよひめが、同時に収穫期にはいってます

同じちよひめでも、露地で育った「ちよひめ」なので、
おてんばのお姫さま、ってかんじです

いちごは
たった一つの品種を半年間送り続けていましたが
8回コースや4回コースで召し上がった方からしばしば
「前のと同じ品種ですか? 味がぜんぜん違う」と驚かれたものです

今お送りしているちよひめにも
そのくらいの違いがあるかどうか、どうぞ召し上がって感じてみてください

ただいまコースの方には、だいたい1週間くらいおきでお送りしています

「自然派の桃 中箱」には「4品種お届けします」というコースがありますが、
「自然派の桃 4回コース」や、
前期 山育ちの桃 3回コース」あるいは
「山育ちの桃 4回コース」は

品種にこだわらず、どしどし送りますので夏のあいだだけの楽しみを存分に味わってください
というものです

品種別コースのご注文は、今週いっぱいで終わりますが
品種にこだわらないからドンドン送って、の方は引き続きお受けします
その際は、品種別と書いてあるコースのご注文をされるときに
「品種にこだわらない」むねを書いてください


配送時期等に、ご要望のあるかたはお知らせください
早く送ってほしい、早く送らないで、といろいろあると思いますので


ただ前期の桃の収穫は6月25日29日くらいまでです

後期の桃は7月15日くらいからスタートです
白鳳とあかつきがほぼ同時スタートの予定です



ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます



ポチ ありがとうございます


田舎暮らし ブログランキングへ


桃づかれ☆

2014Jun15_3.jpg
ぶどうの現在。みんな元気でがんばってます。



ワタシは毎日とってもへとへとです

桃のピークは過ぎ去りました

今 ちよひめと日川白鳳の、露地栽培が収穫されています

日川白鳳の一部に、例年のことですが病気が出ています
今年はそれがないのではないかと半ば信じていたので、ショック

毎日わんさか、桃を木から取り外して、地面に返しています

2週間、屋根のビニルを張るのがおそかったようです

いつもいつも、来年への反省が持ち越されていきます

完全な桃農家

になる日がいつかはくるのか、それとも地球の変化に追いつくスキルを得られず
永久に何かを追っかけ続けることになるのか


どっちでもだいじょうぶです


園主は今日も5時におきて桃畑にいきましたが

桃の発送が終わると

ささっと野菜畑のほうにいってしまいました

いつでも身軽に動くし、次にあれしないと、これしないと、とかうざそうにいわないし

「あーーつかれたあ」とか私みたいにうめいたりする時間のむだをしないし

とにかく軽やか

えらいもんです


しかし彼にも欠点があります
今日も友人が「彼は絶対におこったりしなさそう」といいましたが
私はいつも彼から怒られている

けんかの発生はたいてい、彼ががおーーと、怒るとこから始まる

しんじられん

だそうです

おこりっぽいのをなんとかしてください
ま、いいんですけど




ありがとうございます


田舎暮らし ブログランキングへ

何番かな?

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます



ガッカリすることが次のヤッターをつれてくる☆

2014Jun12_3.jpg


いつもいつも思っていること

起こるできごとは必ずいつか起こるすてきな出来事をつれてくる


がっかりしたりショックだったりすることも、
いつか、あーよかった、の原因になったねと気がつくときがかならずくる


いまウチのつらいことは、イチゴの苗の具合が問題あり、なこと
このことはどこにつながるのかわかりませんが
どこかにつながることだけは確か


私が熊本にきた初年度、気象の異常につぎつぎやられて、収入が過去最低になったけど

そのおかげで栽培方法をと売り方を徹底的にみなおすことができて
勇気をもっていろんなこと変えることができて

イッコの変化がドミノ倒しのように連鎖的に次の変化をつれてきて
今、4年前とはぜんぜん違う風景が広がっています
(畑のことだけじゃなく)


傷つくことや思い通りにならないことは、
おっ~今からいいことが始まるみたいね、
と思ってまちがいない



私たち夫婦の共通点は、思いと現実が調和してなかったら
我慢しないで行動すること
我慢していると不機嫌になるし
関係ないことで怒りが爆発したりするし
なにより、いま、桃に悪いはどーまきちらしすのは、絶対ダメ!
お互いに注意しています

きのうちょっと、もやっとしたのですが
ふたりで深夜まで飲んで話しこんじゃって
今朝はかなりスカッとしてます

おきるのしんどかったけど、彼はささっと桃畑に飛んでいきました

毎日お客様からメールやサイトの「お客様の声」に
ありがたくもうれしくも感激のおことばをいっぱいいただいております

こういうことに関しては
昨日いいから今日もいい、とは信じ切れないとこが農業なんですが

がんばります


今日は桃の数が少ないので(常になり続けるわけではなく、収穫できるものが少ない時期があります)

「さくっと仕事終わらせてどっかいこう」と園主がいいました

さーてどこにいくのかな



ありがとうございます


田舎暮らし ブログランキングへ

私もポチっと

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます