イチゴ畑の水事情

園主です

新しく栽培を始めたイチゴ園の様子

定植を終えてほっと一息



2013Sep28_3_20130928203336c5d.jpg


新しいイチゴ園の脇には渓流からひかれて来る水がサラサラ流れてます

その水を恵んでいただいてイチゴを作ろうと考えているのです




なにぶんに、自然の流れ。川ですからいろんなものも流れてきます
葉っぱや小枝、今の季節だと柿の実あれこれ等々


これらを
どうやって取り除いて出来るだけきれいな水だけを分けてもらうか?


基本的には水の取り入れ口にいろいろたまったり詰まったりするのを
日々キレイに掃除



ですがそれが限界があるのは明らかです
で、次に考えたのが、自作フィルター



2013Sep28_5.jpg


こういう用途で使われる農業のフィルターは販売されてますが、

数万円! もするので、今のトコは我慢


写真左のエンジンポンプの吸い込みホースの途中に
市販のパイプなどを組み合わせて
当座をしのいで、やってます


パイプの内部は熱帯魚を飼う時に使われるフィルターを組み合わせたり、
(都会在住時の趣味は、じつは熱帯魚)


フィルターの一部として地元産の木炭なども利用してます

(木炭は多孔質で細かな物質を吸着してくれます。熱帯魚では活性炭が良く使われるのでその代わりです)




熱帯魚が趣味っていうと、もてない男の典型

と妻に言われましたがそれ正しいですか?



スポンサーサイト

今日は「あまちゃん」最終回

2013May20_2.jpg
5月にはこういう場所だったのに


いちごの苗。おととい全部植え終わりました。


2013Sep26.jpg
やっと、畑になりました。写真は完成まえのですが、水がうれしいのでアップしてます


2013Sep26_2.jpg
水がいのちのモトなんですね。見ているだけで満たされる、水を吸い込む土と作物。
設備を作るのも手早くて、ありがたいね~☆





先日、おきゃくさまに教えていただきました
雑誌を送っていただくご親切までいただいて
拝見いたしました

何をかというと、

マガジンハウスの「クーネル」

好きな雑誌で、たまに立ち読みしてましたが、

錦自然農園の桃が紹介されてるのに気付かなかった!!
2013年9月1日号でありました


誌面に紹介者として登場している引田さんは何年も前からご夫婦で、錦自然農園のフルーツに
とてもご理解&愛をくださっていて、
ギャラリーフェブという吉祥寺のギャラリーで
うちのジャムや黒麹を紹介してくれたりも


ありがたいですねえ
 

ここんとこ、いちごの畑づくりを毎日やってますが
植えたばかりのういういしい畑というのは、
幸福な風景である反面、心もとないです


これまでいちごの評判は、大変よかったですが
今年も大丈夫か
美味しいのは去年まで・・・とかなったりしないか
注文とっていいのか
大丈夫だよね?

ドキドキしてしまうのは、私だけです

思えばわたしは安心したことありません
この「業界」入ってずっと、この調子


お客様からコメント入ってます
とメールぼっくすにお知らせのメールが入りまして、
それから
サイトを開き、はじめて見るのですが

画面に文字が現れるまでの時間にしてることは
どーぞ、どんな厳しい内容にも心がポッキリ折れたりしませんようにと祈ってますね
それは百%毎回の儀式です


そういうタイプなんです==(知ってますって?)


3か月前のこと、日川白鳳の収穫期に友人宅に20人くらい集まる機会があり
売り物にならない、ぼろ桃を箱にたくさんもっていきました

今年の日川は、ベストの味ではないと思っていたわたし

グルメの集まるそこに、ボロ桃を持っていくのはいやでした

「だれも手をつけないかもしれないから、そんなにたくさんいいよ」

と園主が何箱何箱も車に詰め込もうとするのにストップかけて、
ここまででいい、と削ったのは私です

なのに行ってみるとその日から翌朝にかけて、
すごい勢いで何十・・・軽く百以上だったか、という数の桃が箱から消えていき
みんなのおなかにするすると収まって

何人かの男の人にいたっては、何にこんなに驚いているんだ、というほどの反応
え~~?
わたしがいちばん驚きました



完璧なものができましたから、お売りします

といいたいのが、わたしの本音
ケチなはなし


そんなものはできたことなく
この先
できるはずなく


それがわかっていて
なお
こういう感覚を硬くもっている、そのもとにあるのは何なのでしょう

完璧とか完全とかの尺度が、自分本位だと、
さびしいですね
オープンハートじゃないですね

完全を志したら、いつまでたっても誰にも食べてもらえません

完璧じゃないし、欠点あるけど、食べてください。お金もください

というしかない



自分の力じゃ何もできてない
仕事してるのは、自然であり、
いろいろなあれこれがやってくれてる恵みであるのだから

少なくとも「私」の仕事じゃないのだから

いまいただけたものを、いただきなさい
お客さまと自然のあいだの橋渡しに徹しなさい


かれはそれが根っからわかってるらしい
かれのおとーさんもそうですね(舅ですが)


アボリジニなみの右脳自然派オトコ
すむ家も農業設備も黙って作り上げてしまうの特技のほかに、
ネット検索で、お徳商品を捜索する特技も


ここんとこ夜ごと
「四駆軽トラ」の安いセコハンを探してよふかししてます


どこかにいらない軽トラありましたら
引き取りにいきますので
お知らせください
うちの限界軽トラはこの冬を越せないことが確定


タイトルは、どこにからむ?
園主がタイトルはそれにしろ、というもんで


明日から何を楽しみにいきていけばいいのか、と三日前からうつろな気分です


いちごの水

2013Sep25.jpg



きょうもいちごの苗仕事で


肉体酷使デーでした


サウナ汗かきながら、ときどき、井戸水と氷を少しいれたのを水筒からぐびぐび飲みます

これがおいしいのなんの

水ばかり飲むと体がだるくなるので、ときどき、畑のわきを流れるせせらぎに
手を浸しにいきます


これが気持ちいい~のなんの


園主はきょうも、いちごちゃんたちの飲み水のための設備を、とんかち作っておりました

2013Sep25_2.jpg



夕方おうちに帰ってきて、ビール・・・じゃない発泡酒をぐびぐびと飲みましたら
眠気がどかっときて
まだ6時にもなってないのに
寝ることにしました


夕方からやるつもりでいたジャムしごと
明日の朝しますです



昨日ブログに書いた栗ジャムは、
販売サイトにアップする予定ですが
この調子では、週末になると思います


さっそくお問い合わせくださった皆様、ありがとうございます






クリスマスいちご☆

2013Sep24_6.jpg

いちごの苗の定植をはじめてます
昨日から


「クリスマスに間に合うの?」とここんとこ二人続けて聞かれました

間に合いますが、数がまだ多くでないので、クリスマスまでに送ってください
というのは、無理かと・・・


まだいちごのご注文サイトはアップしていません
しばらくお待ちくださいませ
アップしたら、お知らせいたします


クリスマスは微妙ですが
ここ数年ではいちばん早い植え付けです


2013Sep24.jpg

にゅーイチゴ畑は、川の水を直接引いています

球磨川の恵みをいただくいちご

水やりの方法も、去年までと変えると園主がいいます
園主のにゅーアイデアがどう実を結ぶか楽しみ

たのしみ~


2013Sep24_3.jpg


川の清水がつくった水たまりには、こんな花も咲いてます


2013Sep24_4.jpg


岩石ごろごろの畑。
うねを少しでも高くして、少しでも仕事をらくにしようと
鍬をふるっているくまもん

昔はわたしがくわをもつと、なぜか周囲の大爆笑が聞こえましたが
すこしは普通になってきたか


ところでお礼とお知らせ

桃ジャムが完売しました
いつもよりずいぶん早い
記録ですよ
初年度は年越して3月まであったような気がします
これも皆様のご愛顧のたまもの
来年は、もっとたくさん作るように頑張ります☆


で、今作っているのは「栗ジャム」です
栗フェチの栗農家じゅんこさんに食べてもらったら

「このままスプーンでぜんぶ食べてしまいそう」

と試食のビンを離さない風景に、ちょっといい気にさせてもらいました


じゅんこさんたちの農薬も肥料も除草剤も使わないで育てた栗は、
錦自然農園フルーツストアからでも
fruitsあっとまーくnishikibb.jp
へのメールでもお買い求めいただけます


■高級栗

利平栗、銀寄栗   1キロ 2000円
上記のわけあり栗 1キロ 1200円


■スタンダード栗

丹沢、つくばなど「ミックス栗」2キロ  2000円
上記の「ミックスわけあり栗」 2キロ  1500円



クレジットカードで買えるのは、現在1キロ2000円の利平栗だけですが
サイトをアップしていないのは単なる無精なので
ほかの商品をサイトにあげてほしいというご要望ありましたら
お知らせください



では、おねむです

おやすみなさいませ


うえつけ直前☆いちご畑&ただ今収穫中☆栗畑

DSC_0253_ichigo_20130923074536871.jpg


今週はいちごのことでアタマいっぱいのいちごウイークになりそうです

ニューいちご畑の「うねたて」がやっと昨日はじまり、苗の準備も完了まぢかで

今日の園主は「あまちゃん」も忘れて、朝飛び出していったきり帰ってきません

ニューいちご畑は、石がごろごろして、岩盤硬く、
いちごがおいしくなる条件はそろっていますが、
作業するには、かなり手ごわい畑です


うねもほしい高さは得られず、これくらいです。


うねが低いと、作業するのが重労働になり、かなりハード


最近、地面から離した巨大プランター「高設いちご」の栽培が増えているのは
栽培者が肉体的にラクになるからにほかならず(腰を長時間まげる作業は、しんどい)
さらに
地面から離せば、虫の害を受ける可能性がへり、
病気や虫害という脅威が常にふりかかるいちご栽培は、気もずいぶんラクにもなります


とはいえラクも、いいことばかりではなく
大地から水や栄養を無尽に受け続けるいちご畑とは
できるものが違ってくることは明らか


この岩盤の固い土地は、伸びようとする根がつねに障害にぶちあたるので
植物ホルモンが活性しやすい
これは稲でも果実でもいえることだそうです(道法さんより)


とにかくこの畑の初年度。

初めての畑。


去年までの畑には、たいした心配はしていませんが
こちらの畑はいちいち不安と困難がつきまとっていて

園主にちょっと質問するのも、タイミングをまちがえるとガオーーーって
怖いへんじが返ってくるので
扱いが大変です(はあ)



DSC_0210_kuri_20130923074739aea.jpg


こちらは、いま、農園のサイトやメールからでも、メールでもお申し込みいただける
栗の畑です

ここに立つだけでいい気持ち


DSC_0223_kuri.jpg


農薬も肥料も使わないで栗作っている二人
じょーじさんと順子さんの
仲良し夫婦です

DSC_0213kuri_20130923074410f42.jpg

1キロはこれくらい

■高級栗

利平栗、銀寄栗   1キロ 2000円
上記のわけあり栗 1キロ 1200円


■スタンダード栗

丹沢、つくばなど「ミックス栗」2キロ  2000円
上記の「ミックスわけあり栗」 2キロ  1500円


これも異常気象か・・・

園主です



エンジンポンプでイチゴ畑に水をまいてます


日本に大きな影響を与えた台風が過ぎ去って以来、ピーカンのいい天気が続いてます
新設のイチゴハウスは順調に設置できたものの

あまりに天気がよいために耕しても土埃があがるばかり

これでは、到底イチゴを植えるための畝は立てようがありません

そこでいずれは必要と思えた、潅水用のエンジンポンプを急遽、調達しました

2013Sep20.jpg


近くの農機具やさんなどもまわったもののほぼ使えないものしかなくおまけにあったとしても新品とたいして金額の差もなく、最終的にここは、長く使うものと考え新品を調達


2013Sep20_2.jpg

今後はもう少しちゃんとする予定ですが、今日のところは、水路にコンテナを投げ込んで出来るだけゴミなどが入らないようにした上で、水をくみ上げるようにしました

2013Sep20_4.jpg

ポンプで水をくみ上げ畑全体にまいて・・・

でも、たぶん、たいしたことないよね。


雨量にすると何ミリくらいなのか??

雨は本当にすごい! えらい!!


自然にはかてない



この後、畝を立てて、イチゴの苗を植える予定

問題なく行きますように


祈るばかりです

栗を販売します

2013Sep18_3.jpg
この栗は植田さんの「銀寄」。
皮をむくのにいろんなナイフを試しました。
刃物フェチの園主はあれこれ小刀をもってますが、いまのとこ一番塩梅がよいのは
普通のアウトドア用にしているオピネル(フランス)。
きっと、もっといい栗ナイフはあるはず。




きのう、栗の渋皮煮のことで母に聞きたく電話をしたら

「今日NHKが教えてくれるから、見なさい」

ですと

もーー

三日くらいかけて作っていた気がするのですが
何をしたらそんなにかかるのか改めて聞きたかったけど、
NHKみなさい、で押し切られた


「渋皮煮は、とってきたらすぐ作るのがコツよ。いいねえ、あんたは、すぐができるもんね」


すぐ・・・って、どれくらいのすぐ? と聞きたかったけど
また
NHKに聞け、といわれそうなので聞かず


栗の産地のまっただなかにおります
ご近所一帯には栗畑がいっぱい


お友達の栗を販売することになりました

ジョージさんと順子さんが作る「JJ」マロン
(とか勝手に命名したくなります)


品種は、高級栗として知られている「利平栗」

DSC_0203kuri.jpg

だけでは、数が少なくなかなかご注文にこたえられないそうなので
銀寄などをふくめ、品種いろいろ、でお送りすると早く送れるそうです
どれも大きめの品種です
品種にこだわらない方はそのむねをお知らせください

いずれの品種も

何年も前から
農薬も肥料、除草剤も使わず、栽培しています。


農薬・肥料・除草剤不使用の高級栗「利平」「銀寄」などが、1キロ2000円 
送料は全国一律600円



都会のデパートでとんでもなく高い栗がでていましたが
産地即送にまさるものはありません
肥料・農薬使わないので、巨大な栗ではないので、そのへんはご承知おきください


ご注文は、メールやファックス、電話で承ります
代引きか振込みになります
メールは錦自然農園のサイト右側にもありますが
fruits あっとまーく nishikibb.jp

クレジットカードをお使いになりたい方のために、あとで(今日じゅうは無理かも)
サイトのほうにもアップいたします



1キロってどれくらい? 

これくらいです。36粒でした。もちろん数にはばらつきあります。

DSC_0213kuri.jpg


栗ごはんを作って、おやつ用に残して・・・ほどのよい量です
お正月用に今から栗の寒露煮をにておくのでしたら
大きな瓶に二本は作れる

今年の栗は若干小さめだそう

もとが大きめの栗なので、小さいというかんじはしません
大きいもので横2.5センチ、たて1.5センチ
小さいもので横1.5センチ、たて1.3センチ


桃やブドウと違って、はれものを扱うような丁寧さが必要ないのが
栗のいいとこですね
計量しながら箱詰めできます


もし大粒のみほしいという場合は、リクエストに応じられますので
なんなりと


DSC_0210kuri.jpg

傷があったり粒が小さかったりする「ワケアリ栗」も販売します。

わけあり「利平」栗 1キロ1200円です


どちらのグレードも、2キロでも3キロでももっとでもOKです

栗の収穫と発送のシーズンは10月二週目くらいまでです


うちの柿と
入れ違いです



ただいま栗といっしょにお送りできるのは



■植田さんの農薬も肥料も使わない健康野菜セット(2000円以上、お望みの価格帯で)
・・・発送は金曜、土曜、日曜のみ
■滋養卵(20個、40個、60個)・・・発送はそのときによって即日もあれば、数日待つ場合も
■桃ジャム(小瓶のみ) 即日
■黒麹(植田さんのピーマン使用) 即日




たまごがちょっと混んでいて、数日お待ちいただくことが多くなっています



ではでは



イチゴ畑とビール製造

2013Sep16_3.jpg
葡萄園の製枝剪定・・・のはずだけど。今年はぜんぶ私がやってるので不安ふあん・・・・
で毎日園主に「こうだよね!」と確認・・・しても理解の度合いはそれほど差がないのだな。
ま。だいじょうぶ。方向性はどの作物もおんなじ。ノビル方向を作り、とことん伸ばす。
無駄にエネルギーを分かたない・・・すべてはそれでOK(のはず)




今日もいいことがいっぱい

NEWいちご畑をつくるのに、Iさんから農機具をお借りしてますが

いろんなことお気遣いいただいて、ご足労もいただいて
Iさんにはほんとに、ありがとうの百連発
一連の作業が終わったら、彼の愛するエビスビールをもってお礼にいこうっと♪

2013Sep16_2.jpg


錦町・道の駅くらんどから電話

「いま全部ジャムが売り切れたから、補充おねがいします」

「えー早いですね~ 昨日補充したのに」

「いま、せれぶがきて、みんな買ってった」

「えーどんな人~?(知り合いかなあ)」

「美人よ、美人。都会の人かな」


美人のせれぶの都会のひと、ありがとうございます♪♪



園主が携帯電話をやめた波紋は思いがけず、大きくて

「電話してもつながらん」
「この電話番号はつかわれてないって出たけど、ウチヌノ家は破産でもしたか」
あといろいろ。そこまでいうか、というほど疑心暗鬼なご意見まで耳に飛び込み
携帯で「この電話番号は現在使われておりません」と聞くこと
の威力はすごいらしいとしりました


どうでもいいですが携帯をやめるという体験もいいものだとあとで
ご報告したいものです

園主へのご連絡は固定電話というアナログな手段が残されていますので、ご安心くださいませ☆


2013Sep16.jpg


変わり者の道をひとり突き進む覚悟はできたぜ
と、今日一日の携帯関連の反応のすごさで思い決めたとおもわるるひと


ただいまの野望は
自家製ビールをつくることのみ

イチゴ畑ができたら
ビールに着手するらしい



携帯、未来形☆

2013Sep14_3.jpg


うちはいったい、いつスマホ化するんだ

と、討議してたのはすっかり忘れ

園主はこれまで錦自然農園オープンとともに使い続けた電話番号を捨てて
月の通話料と機械料こみで支払いが「じゃすと593円」の電話に機種変更しました!!!


これによりまして
園主の電話には、地球上のほとんどの方が電話をかけることができなくなりました

園主とお話したい方は、農園の固定電話におかけくださいね
あるいは、ツマの電話に


携帯電話会社の繁栄は陰ながらお祈り申し上げますが
これ以上、当園のささやかな利益をつぎこむことはご遠慮いたします

ってわけでございます


2013Sep14.jpg



今日もイチゴハウスつくり
楽しみました


2013Sep14_2.jpg


待ち遠しいですっ
収穫


2013Sep14_4.jpg


このにゅーイチゴ畑は、岩石ごろごろの、場所です
世間的には石があったら取り除くほうがよりよく実る畑になるといわれますが
道法さんいわく
こういう場所こそ、たくましく育ち、おいしく実るそうです

よその畑の「成功」はいろいろ聞いておりますが

これは、来年1月以降に検証されます



お楽しみに!













太秋柿のご注文、またまた再開します☆

2013Sep11.jpg
お客様がプレゼントしてくださった和紙細工。窓辺で風にゆれています


太秋柿は、これまでの年にくらべて、ものすごく調子よい、と園主がいいますが
問題は先のブログにもかいていますが
カメムシ


カメムシでていけ~~~
去年はこれがほとんどいなかったのに、今年は、黒麹にかかせない唐辛子の畑にまで
カメカメムシムシ


袋をかけていますので、柿にどれだけの影響をおよぼしているのか
全体像をつかむことができません
(ぶどうと同じ)
何万個の柿に、袋をかけるより
袋などいらないくらい、強い農薬を撒き散らすほうが簡単で確実なのに



いってもしょうがない


収穫量を心配しながらご注文をいただくより
もうご注文はいただかないほうがいい、という判断をしたのは
わたくしです


ところが毎日多くのかたから、「柿は注文できませんか」というメールをいただき
「はい、できません」と言い張るのがちょっと辛くなってきました


それで
代引きでのみ、お受けいたしますというのを、再開します
またすぐストップするかもしれませんが
お送りできる可能性は50%です
できないときは、いきなり「キャンセルさせてください」のメールをお送りします


ブドウと桃で、ご注文のほうが生産より多かったため
「ごめんなさい、送れませんでした」のメール作業に圧倒されて
縮こまっている私ですが


ポジティブ大王の園主 「もっと注文とっていい」

というのです

「いやいや慎重に・・・・」 というのはネガティブ女王のツマでして


いつもポジ男のイキオイに負けるのですが

あとで、「ほーらいわんこっちゃない」と園主に仁王立ちしたとこで、泣くのは私なんですが



ですけど、今年は小百合さんも夏から太秋柿に専念してものすごくがんばってくれたし
園主も、これまでの反省をこまっかく分析して、あれこれ冬場からがんばってたし


柿を応援してます、楽しみにしてます、の声はほんとにたくさんいただいて、
そのエネルギーは
もうぜんぶ、ありがたく畑にまきちらしているし


だめだったときは、
ごめんなさい
と軽く言わせてください
もう、落ち込まないことにしますので




いま、園主はイチゴに専念してます
今月中に苗を植え付けるので、ハウスたてが火急

2013Sep11_2.jpg


私はブドウに専念してます

今の、ブドウの元気がある時期に
やることやってしまわなくちゃ!
ブドウ畑にやったら虫が多くて、蚊に顔を10箇所くらい刺されるわ
昨日は蜂に(初めて)刺されるわ


でも、おもしろいです


今年のブドウはがんばってくれました
去年より美味しかった、と私たちも思うし、少なくないお客様からもその言葉をいただき
やりかた、方向性は、まだ壁にぶつかってない
と思います

引き出せてない潜在力がある
来年はそれを引き出します