果樹園スタイル


2013May31_2.jpg

くまもんTシャツ着た桃の妖精じゃなくて森ちゃんです
埼玉から遊びにきてます
毎日桃や葡萄やいちごや加工仕事で大活躍


2013May31_4.jpg

この4人で今日は、いちご仕事していました
4人いるとすごくスピードがつくけど
頑張りすぎて、とても疲れました

疲れたのはいちごのせいではなく、
前の晩3時半までおしゃべりに花を咲かせていたせいもある
森ちゃんを囲んで近所の農家ツマが集まって、楽しかった~~
田植えの真っ最中というのにタフなことです・・・

2013May31_3.jpg


今日の桃
あと何日で収穫でしょうね


2013May31.jpg


「俺はこのときばかりは山ん太郎は実在する、と確信したね」


と、山ん太郎(山の精霊)体験を語るヒロシさんと「へーーー」と傾聴する人々
うちのブログなんか読んでないし、そういう話をヒロシさんとしたことないですが

ヒロシさんの自然とつながる能力はたいしたものです

日曜も来てくれますか? と聞いたら

「土曜日が鮎の解禁日やけど、たぶん雨だから日曜が解禁日になるから日曜はダメ
初日は絶対、川にいかんば」


とのことでした


スポンサーサイト

桃の精霊、葡萄の妖精

2011May26_2.jpg


熊本に住むようになって1年目のこと

東京の友人からメールがきました
とても遠慮&配慮しながらの文面で
有能な編集者でライターで賢い母親でもある彼女が
この内容のメールをくれるのは、ちょっと勇気がいったかもと思われました
即座に「送って!」と返事しました
何を送って、なのかというと


天使です

詳細はこのページに書いたので割愛しますが


天使って何

って誰かに聞いたことはないですけど、
妖精とか精霊とか天使とか山ン太郎(このへんでよく聞く)もカッパも天狗も
微妙な差はあるのでしょうが
とにかく、目に見えない、だけど物質レベルで確実にいるなにか? と、とらえています


熊本にきてから、そういうものがリアリティを年々増していきます

もともと園主もしゅうと、しゅうとめも、言葉にこそしないけど
しっかりとそれを感じている人たちなんですよ

夏至の夜、ふわふわした白いものがいくつか窓から入ってくるのや
車のなかにそういうのが浮いているのや
例をあげるといくつもあって


東京でそういうのを見たことはなかったので
わたしのせいではなく、
この土地のせいだと思います


今日、ちょっと具合悪かったのですけど、デスクワークがたまっているので
パソコンにへばりついていました
おやつタイムになったので畑にいきました

まあふしぎ、ブドウ園に入るとすごく気分よくて何事もなくなってしまいました
家にいると、顔をしかめつつパソコンの画面にらんでいたのに!


農薬使ってない葡萄畑は、虫がはっぱをさんざん食い荒らしていまして
今日のわたしは、獰猛な怪獣のように虫を殺戮して回りました


今年もこのまま無事に農薬を噴霧しないで、葡萄が収穫できるといいですねえ

桃園にいっても、桃の精がいっぱいいるなあと思います
小百合さんが働きはじめて初日に

「もっと疲れるかと思ってたのに、ここで働くのは気持ちいいし、疲れないのが不思議」

といってくれて

でしょ! ここに桃の精霊がいるからね
と言いたかったけど

いきなり初日で変な人がいると思われてもと思って黙ってにこにこしてました


このあいだ上映会した『カンタ!ティモール』では、
大統領だって(否定したいけど)否定できない精霊が確かにこの国にはいるといいます
狂信的でも夢物語でも乙女チックでもない「精霊」の話が
さまざまな人の口から語られます
自然とのつながりを信じることで、自分とつながり、人とつながり、地域を国を世界を豊かにする。。。

東ティモールの豊かさとは、民は貧しくてもホームレスも物乞いもほとんどいないこと
かつて江戸末期、下田の貧しい漁村でアメリカ人が感じた驚きと同じもの
スペイン人がマヤやインカに初めて触れたとき、驚いたのも同じこの点でした


ティモールの精霊は言葉が違うだけで、かつての日本人がふつうに信じていた何かだと思えました
それはハワイ、沖縄、ポリネシア、北米インディアンなど
環太平洋のすべてに通じると思います


じつは映画の翌日、パソコンをあけると普段の10倍の注文が入っていて驚きました
いたずらかと思いました
映画をみたご近所さんではなく
北海道から沖縄まで全国にほぼ分布してまして
これはティモールの神様がしてくれたね


園主はするっと思ったようで
わたしは、何か理由があるに違いないと
しばらくパソコンいじってましたが
わからないので



・・・そう思うことにしました

こんな数字はその日のみ。
何かの理由があったらしばらく続くと思うのですが
翌日にはいつものペースに


不思議なんです






理屈ぬき。確信100。迷い0

2013May27_2.jpg


どうも梅雨入りしたらしいです
まだ雨は降っていませんが


2013May27_1_20130527185346.jpg


「ちよひめ」たちがささやいているのが聞こえるような気がする桃園の中
もう少しすると、桃のアロマで園中が満たされます


いちばん最初に収穫できる品種「ちよひめ」の収穫は
あと2週間?
切り上げ剪定は、収穫の数日前になって急に大きくなるのが特長だそうで
この先は、桃園の風景が毎日変わっていきます


ところで


2013May27_20130527185257.jpg


小百合さんです


2013May27_3.jpg


いちごの新しい畑も決まって、もはや二人で回していくのは不可能となった
錦自然農園

はじめての正規スタッフが決まりましたのでご紹介


初めて彼女を見た瞬間、キマリっ!!と思いました
一言も話をするまえにです。

彼女のもっているいいエネルギーにやられました
こういう人が畑には必要だし
わたしたちには必要
一瞬でわかったです


彼女を仲介してくれたのは、運送会社の人
誰かいない? と聞いた翌日 
いました! と電話が来て
小百合さん、その日のうちにきてくれた


小百合さんのほうでは
会社の都合で失職した翌日に、(お友達のご主人である)運送会社の人の自宅で1年ぶりに再会


「玄関あけたらまっさきに、小百合ちゃん、桃の仕事どう? と聞かれたんですよ。
 以前なら、農家ぁ?って思ったと思うけど、なぜかそのとき、いいかも、と思ったんです。
 こちらに向かう車の中でも、不思議なくらいずっと楽しくて」


彼女は以前はIT関係や外資系の保険会社で数字を追いかける仕事などしていたそうですが
これから先、国がどうなっても生きていける職業は
看護師か農家だろう
と漠然と思ってたそう


それでも自分がそれになりたいという意思はなかったそうですけど。


履歴書などもらわなくても、半日一緒にすごすと
彼女が頭がよくて、心ねのしっかりした女性であることがわかってきます
すっきりと自分の足で地面を踏んで立っているというか、完全自立のひとです
なにより、すなおさと明るさが清らか


ドロッとしたすなおじゃなく、変な明るさじゃなく
今思い浮かびましたが、
ハイジがまっとうにアラフォーの女性に成長したらこうなる、みたいなひとです


小百合さんとの出会いは、まるで園主と出会ったときみたい


理屈ぬき。確信100。迷い0


錦自然農園、余力などゼロなんで、おかみの補助金が申請できるのはめちゃありがたい
補助金のことを思い出すより
どこからお給料を引っ張り出そう? と予算を考えるより
なにより先に
この人と一緒に仕事をできるようにするためにできること全部しよう
そうシンプルに思いました


小百合さんにであった夜、
園主は、久しぶりに参考書をひろげ、柿を今年こそ、大量に収穫するために
農薬の研究をはじめました

今の木の力では、農薬ゼロで太秋柿は無理
では、どうやったらほかのフルーツと同じレベルの減農薬で
おいしく、たくさん、収穫できるか

今年こそ!!
とことん考えて、最上のことをやっていきます
農薬農薬と一言でいうけど、どの時期に何をどのくらい希釈し、どれだけの量かけるか

選択肢は無限なのです

何を求めるかでその選択が決定されます

これまでは二人の生活&お客様の笑顔


これからは、そこに小百合さんと
ふたりの子供の生活が加わりました

気構えが違います



PM2.5の影響

きょう、福岡にいきました
実家の父が三回目の脳梗塞で入院

日帰りでお見舞いに行ったのですけど

九州自動車道を北上していくと、
熊本市に近くなるにつれ、遠い山並みがますます白くなり
福岡に近づくにつれ、その白さは怖いほどになり

これはとんでもないな

ということを実感しました
うちのご近所では、体感に差があるようで

「報道は過剰だ」といってる人も多いですが
気管支やアレルギー関係の持病を持つ人は、症状が悪化しているという話が耳に入ります
その関連の真偽は医者じゃないからわからないけど


関連、あるかもなあと思い始めています


もともと気管支が弱くて、なにかあると気管支炎におこしやすく
肌が弱くて何かあると、影響を受けやすい

その両方に症状が出ているので
うーーんこれは・・・・

と思うわけです
今日福岡にいくとさらに悪化してしまい、疑いはさらに・・・


東北地方までPM2.5が計測され、影響は全国に及んでいると聞いても
慰めになりません

とにかくマスクを明日から暑くてもなんでもつけようと思います
肺に入らないようにすればいいわけです
農作業用のファームワンピ、あれがいいかも
あ、肺から吸い込むのは防御できないんだった
でも、桃園以外の場所でもつけていようと思います


ヒエトリ強化して毒だしに努めるべきでしょうかね


母も弟もまったくPM2.5の影響感じないそうで、
関東からお見舞いに来ていた妹たちも「べつにー」

園主もなんにも症状ないし


わたしだけ過敏症なのかもです
わたしって、こうみえて、弱です~~~


ちなみに病院で父は、普段よりとても元気でした
若くて美しい看護師さんと仲良くしてもらったうえ、医療サービスまでしてもらって
入院仲間と碁に興じております
来週退院だそうです





『カンタ!ティモール』上映会、やってよかったです~~

スペシャルな夜でした

『カンタ!ティモール』という映画をまだ見てない人は、自分で上映会を立ち上げたら
おもしろい目にあえるかもです

この映画は、あらすじや内容を説明すると、見なくてもいいのかも、と思う人は多いと思います

見ないとその内容は想像もつかないけど
見たらかなりの率で感動する

そういう映画です

私はいつものことですが、内容を知らずに、
この映画の上映会をじぶんでするぞと決めまして、今夜したわけですが
インターネットにあふれるこの映画に対する絶賛の声を
ここ、熊本は球磨郡の多良木でも、やはりいただきました いっぱい


『バベットの晩餐会』という大好きな小説&映画を思い出しました
一夜の食事がテーブルをともにしたみなのこころを変えるのです
最上級の幸福と明日に向かう力を得るのです


今夜の映画も、そんなかんじがしました


2013May25_3.jpg


私、くまにきて、よかったなあと思いました


2013May25.jpg


こうやって協力してくれる友達がいっぱいいるのです
マイクもってしゃべるなんて、人生でしたことないのに
今宵、来てくれた人には全員とおともだちになった気分ですので
なんにも緊張しなくてお話できました


2013May25_6.jpg


人吉&球磨郡は、この週末、イベントがいっぱいで
きてくださった方のなかには、かなりスケジュール調整に無理したひともいたはず
でも
この映画をみるという必要があった人は
今日見たのです

と思います


2013May25_7.jpg


こんな写真みると、どんだけマイク慣れしてんだと思いませんか
わたしは、カラオケのマイクもつのも苦手

人前でしゃべるなんてしたことない
ずっとそういうの逃げてきた人生です

だけどこの映画は



東ティモールの神様がついているので
上映会をするひとにも
映画を作った人におろした力と同様の
ちからをくれるみたいです



映画の上映会とかイベントの主催とか人前に立つとか
一切したことのない私もしましたので

興味もったら
今日のうちに行動開始です☆



桃の収穫に向けてラストスパート!

元気ですかー!

久々にブログをかいてる園主、トモノリです


2013May23_2.jpg



6月最初の桃、ちよひめがいまこんな感じなのは昨日お知らせしてますが、

なんか、桃ってかわいいというか、 ・・・ですよね~

ま、、勝手に想像をめぐらしてください

今の時期、朝と夕方でもう色づきがちがいます



今日、反射マルチを敷くために草刈をしましたので
明日、朝イチからマルチ敷きです


太陽が高く昇ってあまり熱くなると目の前がキラキラ、クラクラ、真っ白になってしまうので
とにかく手早くやらねばです、です!



2013May23.jpg


2週間くらいまえに川にランチに行ったときに途中でゴロゴロ捨てられていた杉の切り株で
いい感じのがあったので、持ってかえってきました

なんということでしょう!!(知る人ぞ知るあのフレーズ)

少しさびしかった庭先に、誰もがちょっと、くつろげるスペースが出現
朝一番の、コーヒーに
仕事合間のおやつ時に
一日を終えた夕方のひと時に


先日は、バーベキューの準備をしながら、テーブルの上にビールを置いて、切り株に腰掛けながら
沈み行く夕日を楽しんでました



5月の桃

2012May22_20130522131718.jpg


ただいまの桃子たちはこんなかんじです

園主は摘果のラストスパート

袋かけはやっと半分超えたと思うけど、先はまだまだ

たいてい梅雨の時期にも袋かけてました

どしゃぶりの雨のなかで袋かけをしている夫婦の姿というのは
外からみると、かわいそうかもしれませんが

たたきつける雨音が微妙な音を消し去り
音のないおかげで前後上下の感覚がゆるくなって
ちょっと普段は感じられない、不思議な空間感覚でおもしろいです


今年もこれするのかなあ
梅雨入りの予報は例年なみの5月末
あと10日くらいでしょうか?
ことしはひろしさんのおかげで、梅雨前に終わりそうな気がします


切り上げ剪定に期待している効果のひとつが
過剰な雨がふってもその影響を受けにくくなるということ

さてどうなるのか


友達がきて、「桃のふくろかけ、大変よねえ、クビが上ばかり見て痛くなるでしょう」

といわれました

ワタシはクビが痛くならないのです
クビだけじゃなく、腰からイナバウアー的に曲げてるせいか
それと


実がなっていることがありがたい、木が元気なこともありがたい
という気持ちが今年はとてもあります

あたりまえのことじゃありませんから

何かがおこって
いつもやっている作業ができない夏だってあるかもしれない

と思うせいか、
袋かけ大変よね~とねぎらっていただくと、そうでもないよ、と言ってしまいます



たいていの「~~~~するの大変よねえ」といわれることは、「そうでもないよ」
なのですが


「クレームの対応をするのは大変よねえ」といわれると「そうなんです」
とこたえるしかない

ある農家の主婦は、クレームを受けて

「桃が腐るのはあたりまえ」と堂々ぶちかましたそうで

もちろん、お客様との関係は一瞬にして終わりです

大変と思うのは、相手がどうこうだからじゃなく、受けての問題ですね
この爆裂主婦はクレームがたいへんなんて思わないでしょう

「桃はくさるものです」

そんなことぜったい、いえませんので、やっぱりシーズン中はびくびくしていることでしょう

でも買ってもらえる桃ができたんだからよかったと思いましょう
よその産地のご苦労のお話は、自然に対して傲慢になりそうな気持ちをしめてくれます

いちご畑がみつかりました☆

きょうはうれしいことがありました

いちご畑にする土地を探していましたが

ご近所の方のお骨折りをいただいて、ついにみつけることができました!

Tさんありがとう!!!

2013May20_2.jpg


こんなかんじです。
奥は牧草地がちらりと見えてます
この風景から牧草地と奥の梨園をひいたのこりが、いちご畑になる予定です


2013May20_1.jpg


小さなせせらぎが流れていて、せりが自生しています クレソンも取れそうです
春はいちごの収穫ついでに、朝ごはんを持って帰れそう


2013May20_4.jpg


反対側にはたけのこ畑、もとい竹林。


2013May20_3.jpg



おもえば(遠い目)
こっちにきた最初のワタシのプロジェクトは、150円で売っていたいちごを
ネットで直接お客様に売るための準備でした


無記名で市場にだすとあれば
フツウの農家は大量の肥料・農薬使って収穫量を増やして
少しでも収入を増やそうと考えるものですが

この方はこのころから、肥料も農薬も最小限でつくってました

農薬をけちって減農薬で栽培するのは、「ブランド力をつけるため」というのが定説で常識ですが
かれはじぶんのブランドなんて考えたこともなく

じぶんが食べたくないもの作りたくない
だけの理由で誰も要求してない減農薬をしていたのです

都会にはあなたのいちごを食べたい人がいっぱいいて、
少なくとももう少し高く買ってくれるんだから

とごねる園主を説得しましたのでした


いちごつくりに関して、桃や柿ほど気合が入ってない園主ですが
おかげさまで、いちごは昨年11月はじめに農薬まいたのを最後に
いまだに収穫が続いており、

「ここのを食べたばかりに、ほかのいちごをもらっても1粒食べたら家族の誰もそれ以上食べない」

という声をご近所から聞かせていただいたのをはじめ
おいしいという、何よりうれしいお声をたくさんいただきました


来年は今年の二倍になった畑から、もっとスムーズにどしどしと
お待たせしないで
いちごをお送りできるようになるといいなあと

夢がふくらむいっぽうです


お客さんと鮎と筍

2013May19.jpg

今年はなんとなく、あわただしくて、前みたいにしょっちゅうたけのこ掘りにいけません
お客さんがくるのをこれ幸いと、朝から掘りにいきました

川沿いのやぶにわけいり、袋いっぱいの筍を1時間弱でとって帰ってきて
大急ぎで庭の枯れ木を燃やし、大鍋いっぱいの水を煮立てて筍のあくぬき作業

ひろしさんが
自分で川に入って手取りした落ちアユ(子持ち鮎・冷凍)をくださって、
たで酢をつくりなさい、と「たで」といっしょにレシピを教えてくれました


そーです
今日は都会からお客さんがくる日
たいした用意はできませんが、お客さんが来る前の
ちょっとしたこんな準備の時間は楽しいです
ほんとは野イチゴもとりにいきたかったけど、天候不良で断念


今回のお客人は、このブログとリンクしているブログを書いている
ほんたべさん

2013May19_4.jpg



ビールを飲みながらいろんな話をきかせてもらいました


私たちは世間の農家をあまりしらないのです
ものすごく限定された数の農家、簡単にいえばご近所さんしかしらなくて

彼女が食品の宅配業に「産地担当」として各地の農家をまわっていたときの
お話は

「へーーー」の連続
何度、夫婦で声をあわせて「へーーー」といったか

ふつうはどうなのか、ということもあまり認識していませんので
自分たちがふつうから外れているということも当然しりませんでしたが

おはなしを総合してわかったのは
わたしたちは、変わってるということでした


たとえば畑に大問題が発生し、手を出すこともできず、する作業がなくなった農家の話をきき、
私たちがそうなったらどうするかな、という話になると

「おれは魚とりにいく。時間がいっぱいあるし」とマジで言っている園主

「草の料理法もいろいろ覚えたし、何かあってもだいじょうぶ」と本気で思っているらしい自分


(ほんとに手も足もでない、じっとしているしかない状況って
経験しないかぎり想像じゃわからないこととは思いますが)


気象の変化は
ほんとにニュースで伝えられる何倍ものすごさで
日本中の農家はいま、かなり危機的な状況にあります


ワタシも虫の発生に前ほどびびらなくなっていることを
ほんたべさんを園地に案内しながら思い知りました

「これって なんとかかんとか病じゃないですか」

さすが詳しい

虫とか病気とかはうちも出ますが、じっと我慢することも仕事のうち

不思議と頭にあるの、期待して桃の到着を待ってくれてるお客さまに、桃を無事に届けたいということ
がっかりさせたくないということのみ

こういうことだけ頭と心のまんなかにおいて
仕事ができるのでへんなストレスはありません
でも、こういう農家はかなりかなり、レアみたいです
私たちはラッキーなんだと思いました


農家の不安など、みなさまには届かないと思いますが
天候がかわれば、当然できる作物が同じではいられません

寒い春がいろんな作物に影響を与えています
農薬増やす農家の話が結構耳にはいります


出来が前と同じじゃないとかいってお騒ぎになるのは
農家が農薬や肥料を増やす理由、離農する理由を作るだけですから
どうぞどうぞ、あたたかく見守ってやってください



2013May19_3.jpg



重ねばき靴下の、いちばんした、肌に触れるとこにはいてる靴下が
青く染まって・・・
洗濯後の写真とはいえ、おみぐるしいものアップしてすみません


ひえとりで靴下やお風呂が青とか赤とかになってしまった・・・・

「ひえとり」という健康法は、
切り上げ剪定と同じです
自分でやってみないと、是か非か、わからないのでやってみました
切り上げは、今のとこOK
ひえとりは・・・・???


今日、お昼前にお出かけする用事があり、おしゃれ服にあわせてサンダルはきました
ぬいだ靴下を見てびっくり
最近は8枚の靴下を重ねていますが、素足にいちばん近い2枚の靴下が
赤と青の色しみが出ていた

赤・・・?
のこり6枚の靴下は、オフホワイトか白ですし、床の何かをふんだなら、そのほか外側の靴下にも色がつかないと変。しかしついてないのです。そのほか外側に近いほうの靴下は。

おまけに靴下の底ではなく、甲の部分のしみなのでした

「冷えとり」の発案者である新藤先生(耳鼻科医)の本によると
赤は心(心臓、こころの両方のいみ)の毒が出ているのだそう
青は肝(肝臓かなあ)の毒の色


へんな話ですよねえ
でも、3月の終わりにいった吉村先生(麻酔医)の講習会にきてた
冷え取りをやっている病気もちの女性が
「半身浴をしたあと、お風呂が緑いろになった」と発言してました


で、今日の夜

ちょっとながめに半身浴していたら、どうみても、これ
青でしょう

という色つきのお湯になってしまって、ミラクルワールドでした



冷え性ではないから、関係ないと思うのは違うのです

生まれたての赤ちゃんでさえ、冷えている
冷えをとることで(靴下の重ねばき、半身浴、足湯)
子供や赤ちゃんや大人のアトピーが完治する例は多いそうです


精神的な疾患や
さまざまな治らないとされている病気
末期のがん

などを完治させた例も何例もあるようです


わたしはこのごろ、やたら空咳が出るし
目の周りやまぶたの奥にできものが、でき続けてますが
「出るもの」は全部毒が出ているだけで、よいことだ
と新藤先生はいうらしいので、「病院いきなさい」と園主にいわれますけど
放置しています


今も足湯しながらこれを書いてます
足湯マシンは、「冷え取りくん」
貸してもらったんです

貸してくださってるのは、
農園のお客さまからうちのフルーツを贈答されたことが
そもそものご縁のはじまりという方

お客様から贈られたフルーツを気に入ってくださって、以来、直接のお客様になってくださっただけでなく
冷え取りを教えてくれた



今日の夕食は鹿肉のフライでした
鹿肉はおいしい
日本の山に膨大な量で増え続けている鹿肉が食卓にもっと
あがるようになればいいのに~~


>>>>『カンタ! ティモール』上映会のお知らせ>>>>>>>


★短いですが、暴力シーンがあるので11才以下は鑑賞不可と製作者は設定しています★

場所 熊本県球磨郡多良木町 交流館・石倉
日時 5月25日 土曜日 18時半 上映スタート(110分上映)
予約申し込み料金 800円
当日 1000円

予約申し込み先 
080-3386-3990(うちぬの)
メール emiemi0940@yahoo.co.jp
FAX 0966-38-3990