剪定とロッド・スチュワート

どはあ

変な声だしてすみません

剪定3時間半しただけですが、疲れた・・・
妙に集中する

おしゃべりもしない
ただ、枝を見ているだけ、切るだけ
えんえんと続くシンプルな繰り返し
見る、切る、見る、切る、見る、切る、見る、切る・・・・・・

二人でいようが、ひとりでいようが、濃密なひとり時間です


誰にとっても面白いのか、とても限定された人にだけ喜びを提供するシュミの世界なのかわかりませんが。

剪定っておもしろい
去年までまったく意味不明だったけど、こないだ講習受けてよくわかったので
もう、目に入る植物はみんな剪定したくなります

温泉の露天風呂に浸かっているときでさえ、植木に剪定欲そそられる

いま園主に聞いたら

好きな作業の番付では、剪定&収穫はナンバーワン好きな作業だそうです

わたしは収穫はべつに楽しんでいませんので
ぶどうの摘果と並ぶ、ナンバーワンですね

なぜ収穫を楽しんでいないかといいますと
いまだに収穫できないからです

いつが収穫適期なのか、まったくわからない

いちごハウスは、かなりおいしそうなウレウレのいちごがいっぱいです

明日は今季はじめての収穫をするみたい
わたしのメには、とっくに収穫でしょう?
と見えましたが


まだまだ


と言われ続けていました 
まだまだ、わたしはドシロウトなんです


東京やニューヨークや倫敦では、クリスマスの飾りつけが街を彩っているんだろうなあ
とふと思ってしまう午後6時

剪定も楽しいが
伊勢丹やヘンリーベンデルにいきたいのう ひとりで 


ここで3分テがとまっております

ひとりで
っていい言葉


ただいま園主がかけてくれたロッドスチュワート
聞いております


ここだけの話ですが園主は、カルチャークラブのライブにいったことあるそうです
スポンサーサイト

健康ないちご達

久々の園主です。

主に今の仕事は剪定。
ただ、朝早くはあまり寒すぎるので、いちごハウスのヌクヌク空間で作業する時間にしています
その時間以外はミツバチが活動的すぎて作業の邪魔になる、というのもありますが

朝早くのいちごは水が十分に与えられていると葉っぱの先からまぁ~るい水滴が・・・
健康に育ってます。




2011Nov29_2.jpg


今、剪定中の柿園です。
今日はなんだか朝からポカポカ陽気でしまいにはTシャツで作業してました。
雲もモクモク、まるで夏の入道雲みたいです。

2011Nov29_3.jpg

3年番茶の生産者

お友達に誘ってもらって鹿児島のお茶農家を訪ねました

彼女たちがいいというものはいいのだろうと、なんにも聞かずについていきました

着いて初めてどこにきたかわかりました

鹿児島県大口市にある大口食養村
30年来無農薬でお茶をつくっている川上さんというお茶の生産者であり、
マクロビオティックに基づく食養の指導などもしている方々でした

東京時代にお店で買ったことがあった「3年番茶」の生産農家さんだったことがわかりビックリです
これまで、おいしいほうじ茶、というくらいの認識しかなかった私ですが
(健康によろしいという話は相当聞いていましたが)
はじめてお話をうかがい、これまで何を意味するのかわからなかったことがわかりました

3年番茶の意味は、木に葉が芽吹いてから3年経過した葉のみを摘んで加工する

だから3年番茶
だったんですね
へーーー

でもなんで3年たった葉???

通常は、茶の新芽をつんで蒸したり焚いたり炙ったりしてお茶をつくりますが
新芽はカフェイン量が多く、陰陽でいうと陰性なのだそう
しかし3年もたった葉は、硬く厚くなっている
茎もめちゃ太い
こうなった葉だからこそ、中身をじっくりと抽出できるんでしょう

茶の新芽は摘めば次が出てきますが、3ねん置きにしか摘み取れないのは、いかにも効率悪い
量が多くは作れないそうですが、オーサワジャパンを通じて全国で販売されています

茶摘みのあとは薪による火でじっくりと炙られ、その後1年間熟成の時間をおきます
その後再び火をいれたあとで袋詰め

こうして作られた茶は、体を芯から温める
購入させていただいたお茶を、今日さっそく飲みそれを実感しました

茶葉は、通常、ものすごい量の農薬が使われていますので
農薬を使ってないというだけでありがたいお茶です

もっとゆっくり川上さんたちのお話を聞きたいなと思いました

まだまだご近所には行ってみたい場所、あってみたい方々が尽きません
次はあそこにいこう、ここにいこう、という話で最後まで盛り上がりました

いちごの聖域

IMG_3522.jpg

去年も教わったかもしれないけど忘れてしまったことを
日々また初めて見るみたいに聞いている私です

「いちごの葉っぱのふちが白いのはなーに?」

「これは葉っぱから出てくる液体がかたまって白くなるみたい」

「葉っぱの上についているウニみたいな黄色いのは?」

「これはミツバチが体から出すみたい。うんこなのか、花粉なのかわからん」

「去年こんなにたくさんあった?(この写真は多くないけど全体にすごく多いのです)」

「去年より多いね」

「なんで?」

「去年よりみつばちが元気なんやろ」


IMG_3526.jpg


自分たちでは気づかないけれど、いちごの葉っぱの色が薄いと外部のひとがこのあいだハウス内に入ってこられて言いました

肥料分が濃いと緑色が濃くなるそうです
それはほうれんそうなどの葉っぱ野菜でもおなじ


どちらがいいかは食べる人しだい
肥料がつくるおいしさ VS 土がつくるおいしさ

葉の色は前者が濃くなりますが、肥料が腸に有毒なものを残すという声は年々大きくなってきています


ところで
農家になるまで知らなかったことですが
ハウス内に外部の人が入ることは基本的にはしてはいけないことなんですって
知ってました?
(上記の人は、こちらがお願いして入ってもらったので別です)


なぜかというと、畑に病気を持ち込む可能性がゼロではないから

日中は吹きさらしだし、いちご畑はそれほど過保護な環境でもないのですが

外を歩いているうちにたまたま靴の裏についてしまったものから、病気がハウス内に広がる可能性まで考えるのが減農薬もしくは無農薬農家なんですね~

いちごはそれほど病気によわく、
広がってしまったらあとは薬に登場してもらうほかなく、それを避けるためならどんなリスクも避けたほうがいいと考えるわけで


来てくれたひとに「なかに入って、イチゴちぎってくれていいよ」
なんて言いたくなるときもあるんですが、そこはぐっと我慢しないといけません

みつばちを借りている養蜂家さんがときどき蜂のチェックにみえますが
畑の入口より先に入っていくことはありません


わたしここへきて1年半ですが、ウチの鶏舎には、一度も入口より先に入ったことないのです
入るときはそれ専用の靴にはきかえないと、ダメ
それでも私がなにかを靴や服につけて連れてくるかも、の可能性を考えたら
ちょっと中見せて~
なんて軽々しく言えない
中見せてというときは、手伝わせて、と言う時だろうな、と


でも考えてみたらどんな職業にも聖域がありますね
外部のひとがめったなことでは踏み込めない場所

剪定デイズ

IMG_3530.jpg


通称クロベタの柿園から剪定を開始しております

軽トラでそこへ向かう途中、遠くに見える畑に異常なほど大量の果樹袋を枝にぶらさげた風景が!

「あーあそこ、うちみたいにたくさん白い袋さがってる、どうしたのかな、まだ収穫中?」

「あのねえ、あそこウチ」


ふだんメガネをしてなかったのですが最近かけることが多くなり
遠くの風景もよーくみえるようになりました


柿園でやまほど袋がさがっているということは「収穫できませんでしたー」とご近所への高らかかな宣言になります


「なーんだ、あそこも無肥料無農薬で頑張ってるのかと思っちゃったよー」



今日きんじょのおばちゃんが

「カライモ(さつまいも)いらんね」

と剪定中の畑までもってきてくださいましたが


「どーしてこんなに袋がさがっとるとやろかと、いいよったとよ」

「手が回らんで、しきらんかったとですよ」と園主


無施肥無農薬の畑だなんて言い訳になりませんもんね
でもあんまり袋がぶらさがってるのは
「○○さん(土地を借りている貸主)に悪いから、いちばんに剪定終わらせよう」ということでした


IMG_3531.jpg


新しい剪定ハサミで毎日たのしくチョキチョキしてます
新しく軽量なチェンソーも買ったけど
これは・・・ちょっと、まだ無理


剪定中には顔を上に向けていることが90%
今日温泉いって鏡をひさしぶりにしげしげと見たら、しみが増えている!


ねえ、しみ増えてる? ときくと
日焼け止めクリームを塗ったほうがいいかもねえ という返事

どっち、増えてるの?


肌も
肥料やらず薬品やらずで育てたら、
どんなに日盛りで剪定しても
美白キープな87歳になりました
とならんものですかな

近所に見かける農老人にはそういうひとがたまにいます

最初のいちご

IMG_3498.jpg


けさ初めて今年のいちごを食べました
こういうときは、最初のいっこをがぶっと食べるなんてもったいなくてできません

まず最初のひとかじり園主
そしてわたし

ふたりとも神妙に神経集中させて味わい

・・・


「うまい」と先にかれがいう

「やっぱあれ、和三盆のあまさだ」とわたし


どういうことかっていうと
去年いただいたお客様の声に「和三盆みたいな甘さ」というのがあって
味わいなんて1年たてば忘れているので言葉だけみるとそれはつながらないけど
久しぶりに味わうと、つくづくうまいこという、とおもうわけです

私がこれいじょう味について言葉でいっても意味ないですが
なーんか語りたくなってしまう味なのですヨ


こういうのが畑じゅうにぽこぽこ出てきて
どんどん収穫しなくちゃいけなくなるまで
あと何日かかるのかな


今年は新しい試みをあれこれするので、それがどういうふうに結果に反映されるのかも愉しみです


さて今から剪定
と思ってジャケットもきこんで待っているのに園主が帰ってこない
近所のなし農家のとこに、お届けものもっていったのです
剪定ハサミですが

いちごの販売サイトができました

錦自然農園フルーツストアの
いちごの予約販売
始めました
といいながら、サイトのほうは、いつまでたっても整わなかったのですが
やっとなんとか完了しました

自分でやるってほんとに、無駄に大変


わたしの性格がザッパクなせいですけど
もちろん


何度か
やっとできたー!!と歓喜雀躍、スズメ踊りしたあとで
保存し忘れて
またゼロから
やるという・・・・


自分の愚かさに対する忍耐力はかなりあるほうじゃないでしょうか
たいして落ち込みもせず、3時間かけた作業をまたゼロからやりましたから
それも3回


畑のほうでは、いちごの実が徐々に色づいてきました

農業の常識ひっくりかえる

毎日、道法正徳さんの話ですが
今朝くるまでお迎えにいき、農園までお連れしました

師匠を我らのくるまに引っ張りこんだ直後から、帰路となる新幹線の駅に車が到着する寸前まで
ひとときも休まることなく、

質問と説明の応酬

何時間いっしょにいても聞きたいことが切れることはなく

運転手の園主が「その話はあとでしてください」というほど、めっちゃ面白かった

元農業技術の指導員ならではの明晰な話と、具体的な成功実績で名調子を繰り広げながらも
まだ結果が出てないことに関してはごまかさずそうおっしゃる

聞けば聴くほど、これまでの農業に関して知っていたことが
オセロゲームのように、黒から白へ、白から黒へ、ひっくり返っていきました

それはけして嫌な驚きではなく、「やったー」と素直に喜んでしまうもの

やっぱ農業って、
そういうものだったでしょう
そうだと思った

理にかなった仕事をしていれば、果樹もヒトも無理せずハッピーな結果が出せる


道法さんのやりかたの根本は

有機肥料も化学肥料も、肥料を使わないこと

昨日も書いたようなしたて(剪定など)をして
植物体のなかの自然力の発露を邪魔さえしなければ
結果として、自然に農薬はいらなくなるというもの

自然農ということばや、自然農法という言葉でくくられる世界を見ていると、
精神論や曖昧で普遍性のない理論ばかりが浮き上がって、アタマでっかちな私は

カッテニヤッテテクダサイ とフェイドアウトしていくしかなかったのでした


こないだも

「わたしは金のために農業したことは一度もありません」と、質問に対して答えられてしまったし

「がんばりましょう」と笑顔でいわれても

「だから、どうやって頑張るかの答えは?」とお尻がむずむずするわけで



でも、こういう経緯があってこそ、本日「師匠」を迎える道ができたのですから
そのときの有名講師の先生には、もう最大級の感謝です



わたしたちは肥料は使ってないけれど
農薬使わない、には成功してるとはいえない
農薬使わないだけなら家庭菜園にもできるけど
使わずにビジネスを成功させてはじめて
農薬使ってません、といえるとおもいます


肥料なし発→農薬なし着

のプロセスのなかの最大にして唯一のポイントとなるのが果樹の場合、剪定
植物の体内の植物ホルモンを無駄にしない剪定

5時間近くの実技指導でウチのすべてのフルーツ畑で、目からウロコの技を習うなか
農家になってはじめて、「私のほうが園主よりできる」という事態が訪れました

園主にはこの選定法が、体にに染み込んでいる剪定法と違いすぎて
頭と体がぎくしゃくするみたい

わたしには、道法さんのいうことがアタマにするーで入っちゃうのでした
だって、超カンタンなんですもん


「果樹は無農薬が難しい? そーーんなことありませんよ
だれが言ったんですか 野菜の葉物のほうがなんぼか難しい」



聞けば道法さんは、熊本には毎月のように来ているそうです
熊本でも県の上半分が多くて、あとは水俣や芦北

球磨エリアはウチがなんと初めてだったそう!
九州最大の桃産地、錦町なのに

和歌山や福島でも桃の剪定指導をしているそうですが
そういう場所で桃をつくっている農家とつながりながら
やっていければ、「異端の選定法」がもっと楽しくやれるなあと思いました

もちろん熊本県内の農家も

昨日会った農家のかたは、
手をかけて作る有機ぼかしを利用した農法で
有機JASをとって
ビジネスを成功させている野菜農家

それでもこれから、肥料・農薬なし(有機JASは農薬なしではない)に挑戦するというのは
頭が柔軟でいらっしゃるんだなあと感心しきりでした


剪定の勉強会

今日は果樹の剪定の勉強会に参加してきました

講師は道法師匠!

やはり師匠の話は説得力がありました
いろんな人の理論をあちこちかじり読み、聞きかじりしてきましたが

同時にいろんな人の話を受け入れてしまうと
何が間違っているのか、どこで力不足なのかわからなくなると思うので
よそ見はせず、師匠の推奨する植物ホルモンの有効利用に努めますです


今日の道法さんのお話をざっくり説明しますと、


植物を最良の状態で成長させる方法は、すべて同じ理論で説明できる
花も野菜も果樹もみな同じ

原理のもとにあるのは、植物が体内にもっている植物ホルモンを無駄なく活用できるようにすれば
植物は体内にセットされた防衛機能を発揮し
成長したいだけように成長する・・・
肥料の力を1とすれば、植物ホルモンが有効に使えれば200の力になる
というお話です


【原則その1 垂直に成長させること】
ピーマンであれ桃であれ真上に向かって成長するように仕立てれば
根が元気になり、活力のある植物になる
しかし肥料を使ったらその限りではない

【原則その2 新芽をとらない】
いちごの栽培において新芽(ランナー)をこまめに切ることは常識ですが
それをやめるといちごの質が向上するそうです

またランナーも垂直に上に向かって成長させれば、根はさらに丈夫に深く根付くそう
それはけっこう仰天の理論ですが、やってみます

うちのイチゴは、けっこう旺盛に深く根が張っていることを以前確認しましたが
新技法を導入して、さらなるパワーアップを図ります♪


とにかくお話を聴きながら、「えー!」とか「はあーー」とかついつい、二人で声を上げてしまうほど
エキサイティングなお話でした

なにもかも、常識と真逆
常識 って言葉は私昔から大嫌いでして
それはあまりになんども

「そんなの常識だよ」と言われてきたせい そういうこと言われると、

「はあ?」と大げさに言ってみたりしたくなるわけです

「常識というのは限定されたコミュニティのなかでの共通認識というだけで
常識が真理だったタメシはない」


園主のエライとこは、「そんなの常識だ」と言ったことがいっかいもないこと



明日はいよいよ、師匠がウチの農園に来園

ついにわたしに剪定の奥義が伝授されるのか!?
剪定のセの字も知らないとこで、いきなり大先生に教わるなんて
超ラッキー
乞うご期待

サイトカニン?

無施肥、無農薬ってことばを使うだけでどこかに
体のどこかに抵抗があるとわかるワタシです

目的はそのコトバじゃなくって、健やかでおいしくて素敵なフルーツを作りたいね
ということだけなんですが

無施肥、無農薬といってしまったら
我慢、耐乏・窮乏、忍耐・・・とかの言葉もゾロゾロついてきてしまうイメージで


たのしく作っておいしくできて、農薬とか肥料とか使わなかったのよん
じつは~


ってのはいいですねえ

そんな方法はないのかと思い続けていました
苦労しなくちゃダメってことはないだろ~


そんな気持ちが引き寄せたか、いい先生を発見してしまいました
そのかたと園主にも言わずコンタクトしておりましたら、

なんで言わなかったかって、その方の方法はとても珍しいので、ちょっと話しただけで
拒否反応がばばばばっと噴射されているのを感じたから

偶然
というには出木杉くんなんですが
あれこれのはて
熊本出張のついでにうちの農園まで来て、剪定の指導をしてくださることに!!!

そのころまでには園主も先生の雑誌掲載されたものなどを読み、
これはすごいかも、と思ってきたみたいで

先生の名前は
道法正徳さん
まるで宗教家のような名前です
川田建次さんというペンネームで本や原稿を書いています

11月22日(火)に切り上げ剪定の指導をしてもらいます
このブログを見る人に、そのような関係者がいるのかどうなのかわかりませんが
もし興味がありましたら一緒に講習をうけませんか

12月に本講習を予定していますが
その前段階です


ったく
剪定の理屈がなにを読んでもピンとこなかったのに
このかたの理屈は非常にわかりやすい
わかった気になりました

超かんたんにいうと、
植物の体内に流れるサイトカイニンやジベレリンなどの植物ホルモンの動向を生かした剪定をすることで
果樹のパワーをアップし、肥料なくても農薬つかわなくても

自然の力だけでおいしくて綺麗な果樹ができる・・・・
っていう夢のような話です
無農薬無施肥っていう言葉だけはあってても、
そこにキレイな外観や収量アップがついてこないのがまだ当農園のレベル


突破するぞーーーと思うわけです♪


以前ですね
漫画「ヒカルの碁」の監修をされている梅沢由香里五段にインタビューしました

そのかたがいいますには

「あのまんがを読むまで碁のことを知らなくて、まんがで初めて碁を知った子供が大勢いるんですね

碁がいかに難しいか 段をとるまでどれだけの厳しい勉強の時間があるかを知らないで

簡単に勝っていく主人公を現実より先に知ったものだから

最近はかつてないスピードで有段者になるこどもがごろごろいるんですよ」



洗脳ってこういうときに使うといい言葉ですよね

農家は楽しいって、園主が最初にわたしに見せてくれたものだから
農業は苦労だとかしんどいとか大変だとか
本気で思ったことがない
わやしです


川田さんの農業も楽しくておもしろそう
ワクワクしております