生える茂る実る

2011Jun30.jpg


草原? いえいえ

うちの3番目の柿園です

あと6年?

柿が実り出すまで



2011Jun30_2.jpg


わたしはここで草ぬきするのが、ものすごく好きです

草ぬいてるようには見えない?

見えないですねえ

繁茂するエネルギーが強すぎて、草ぬきも草刈りも、ぜんぜん追いつきません

でもま。いいんです。


野菜だの豆だのいろんなもの、雑草にまじって茂ってます
あれもこれも、ここをもっと肥沃な土地にするために、働いてくれてます


2011Jun30_3.jpg



この玉ねぎは、柿園にできたもの

ではなく


しゅーとめの作品


私たちがここに初めて植えたじゃがいもは、びっくりするほど小粒でした

ちゃんと野菜が育つってすごいことなんですね



スポンサーサイト

新燃岳、ふたたび噴火

ぶどう園のビニール屋根に降ってきた黒い粉・・・・

2011Jun29.jpg


新燃岳で千メートル級の噴火が久しぶりにあったそう

風はしっかり南風 球磨郡直撃 

こんなもので騒いではいけませんね  大丈夫大丈夫


自然の脅威は次々くるなあ



2011Jun29_3.jpg


こんな夕日が家の前から連日見られます

うれしいことも、うれしくないことも、自然のしてくれることは、
たぶんみんないいことなんだと思える瞬間です



ぶどう園の足元に咲くちっちゃな花





今日は、園主はぶどうの袋がけラストスパート
わたしは、ぶどうの新梢切りラストスパート



あすでぶどう仕事は一区切り


待ってろよ! 柿園!!

祝! 梅雨明け!

南九州、梅雨明け宣言出ました!


やったーーーーー!!!!


と騒ぐわたしに、

ところでここは、南九州に入るのか? と園主

どか雨がふるときは鹿児島や宮崎と運命共同体なのに、梅雨明けだけ置いてきぼりってことないでしょ



春先の低気温(氷点下)に遅霜、

初夏のどか雨


とにもかくにも、気候に悩むのはこれでおしまいだあ~
とすがすがしく言ったら

晴れすぎ、っていうのがある と園主


そんなの知りません!


例年より何十日も早い梅雨明けだそうですが、それだけ梅雨にならないと思われている時期にどかっと雨が降りました

ちひよめや日川白鳳は、本来つゆの影響受けないですこやかーに大きくなり、スムーズにみなさまにおどとけできる品種

それがこれだけ影響受けました

いえ、日々収穫はしているし、出荷もしております

しかし、お客様にお送りするレベルか、というところで悩みの多い6月でした

「いったいいつ送れるのって聞かれたんだけど」

「そんなことは、朝収穫してみらんとわからん、といっといて」

「・・・・」



9年フルーツをお届けしている彼はもう、いろんなことがあるのになれっこでしょうが
わたしは、長く待たせているというだけで、プレッシャー
注文伝票の束が減らないことに圧力を感じるタイプ


ついつい、希望的観測で「週末には送ることができると思います」とか言ってしまい


「なんでそんな、自分の首しめるようなこと言うの」


と哀れむように言われます・・・



忘れているわけではありません
ものすごく気に病んでます(とくに私は)



今日お客様からの電話でとんでもないことをやってしまったことが発覚しました

先月、去年お買い上げのお客様にお送りした「フルーツカレンダー」にのせている錦自然農園の
携帯番号が違っていました!!


3880 間違い
3886 正解


これにより、間違い電話を何回もうけている電話のオーナーがいらっしゃると思うと・・・・・
慌てて電話をかけてみましたが、お客様がおしえてくださった通り、いつも留守電
早急に対策をとります



雑誌などでこういうことをやってしまうと、あとあとまで大変なことになる場合があります
わたしの話ではないですが、半年そのまちがい電話番号の事務所に詰めさせられたケースがあるとか
893さんの事務所だったとか

雨上がりの風景

うちの目の前にある田植えが終わったばかりの田んぼ。



雨雲が少しだけ途切れて覗いた青空と白い雲。


桃が美味しい香りを放つときそいつはやってくる。

2011Jun27_2.jpg



夜な夜なやってきては美味しい桃の果汁をちゅうちゅう吸いやがる。害虫だ。

写真のオレンジ色のライトは夜中でも昼間のように蛾の目には映るらしく、蛾が近寄らないと言われている。
とはいえ、完璧ではなく時々被害に遭っている。
でも、ないよりは全然マシというとこです。

桃園は4本のライトで照らされていて、夜でも野球ができそうな感じです。

日川白鳳、完売しました

うちの桃の、ふたつめの品種、日川白鳳が完売となりました
ありがとうございました。

みっつめの品種は7月10日くらいからの収穫予定の、白鳳

7月末から収穫予定の川中島白桃

の受付は行なっております 

錦自然農園のサイトからご注文ください


日曜はお友達からうれしいものが届きました

有機のカッペリーニ
さらに蒸しパンの粉まで

「おたくの桃ジャムで蒸しパンつくるとおいしいと思うんだ」とのこと


友人には桃のレシピって何が考えられる? と相談していたのです


わたしが考えついたのは

桃のヴィシソワーズ、桃のパスタ、桃のアイス、桃のヨーグルトシェイク、桃のコンポート


上記のなかで去年つくらなかったのが、パスタ。
桃の冷製カッペリーニおいしそう、と思います
しかし、カッペリーニなんてこのへん、売ってません

友人からは他にもいろいろアイデアもらったので、順番に作って写真撮ったらあっぷします


友人からもらったアイデアのひとつは、桃のお酒


そうですね! 桃のしずくの焼酎割り、おいしそう


思い出しました

東京のかたですが、うちの桃を行きつけのバーに数個もっていき、
ピーチダイキリをリクエストして、メニューにないのにつくってもらった
という話を去年聞かせていただきました

「すっごくうまかった」とか


いいなあ~~~ レシピを教えてくださいっ


桃の青空

2011Jun24_2.jpg


日川白鳳です

まっかっかなちよひめに比べると、ピンクの肌色がやさしげです



2011Jun24_3.jpg


お、新燃岳
また噴火か?

と思わせる今年はじめての夏空

新燃の噴火ってほんとにこんなふうだった
夏に噴火したら、確実にこっちにも火山灰ふってくるね、と恐れていましたが



2011Jun24.jpg


おうちの前に広がる田んぼ



きょうは、いえ、今日も、一日じゅう走ってた

忙しいのは心を亡くすとかく、といいますが、心はなくしません

空だの雲だの桃だのの美しさに、いちにちじゅう、わーとかキャーとかアレ見てぇとか喜び

お客様からいただく桃やコンフィチュール(ジャム)の感想などのうれしいメッセージに

聞いて聞いて!とか、うれしーーよーーーとか騒いでいて


心より、脳みそがなくなっていないか心配になります



ホームページの「お客様の声」を更新しなければ、と思いながら思いながら思いながら
「いちご」のまま

夜には「あしたでいいか」と毎晩言ってます・・・



ほんとに、ふたりとも、お客様がお聞かせくださるうれしいお言葉にどれだけ励まされ、元気にしていただいているか

桃の発送の遅れに関しましても、ありがたいお言葉、ねぎらいの言葉をたくさんいただき、ありがとうございます


あすもがんばるぞ~

桃源郷計画

少し前の話になりますが、
去年からうちのフルーツを召し上がっていただいているお客様から

「桃の苗をゆずってほしい」という連絡がありました

なえ?

それは苗屋さんに聞けばいいのでは?

園主にききますと

「苗は売ってませんっていって」

だよねえ

「苗は苗の専門店がありますので、ご紹介できます。二月くらいに出る植木市ではけっこう成長した木も買えるのでそのほうがいいと思いますが」

すると

「おたくの、おいしい桃のなる木が欲しいんです」

それをまた園主に伝えると、


「苗から実がなるのに何年もかかるし、こっちは専門家じゃないから輸送とか完全にできないし、結局実はならないかもしれないよ。だから、だめっていって」

それをまた伝えると

「実はならなくていいんです」

「は?」

「オタクみたいに世話できないし、美味しい桃がうちでなるとは思っていません。ただ花が咲けばいいんです。庭を桃源郷みたいにしたいんです。王陽明になりたいんですよ」


なるほど、話が見えてきました。

「挿し木をするのは木が眠る冬にならないとできないし、それを●●するのはその次の年の冬で、送れるのはその次の年だけど、それでいいの?」


・・・・いいんでしょうか?


「いいんです。待ちます」


クラシカルな海辺の町の、古い日本家屋に引越しする直前だそうで、
庭を桃の園にしたいと思い付いたそうです



「ほんとにいいのかなあ」
「ねえ」



先の話すぎて、苗つくる話をしたのを忘れるんじゃ・・・・とおもったので、備忘録として書いておきます

今の桃畑

露地のちよひめの状況です。

2011Jun22.jpg

収穫直前になって激しい雨に打たれたために、果実の表面が雨粒で傷つき、そこからいたみが出て、最後は地面へと。
こんな果実が、大量に。

昨日、今日とまだ樹上に残っている傷ついた果実をもぎ取って、自らの手で地面へと。の作業の連続。

悲しいけど、残しておいても仕方ないので、残っている果実のためにも必要な作業です。

桃の品種~ちよひめと日川白鳳~

天が晴れると書いて、アッパレ~、といいたい今日の青空

雨がじゃんじゃん降ったおかげで、いちごの苗の成長著しく、今朝は朝からいちご仕事に埋没していました。


桃のほうは、日川白鳳という品種を収穫しました。

今年最初のイッコを朝食でいただきました

どうせ雨の影響で・・・と思いながら一口食べて・・・・・・

「おいしいね」

顔がびっくりしていました


「日川はまだ雨の時期に小さかったから、もう十分に大きくなって今から収穫、というときに日照不足の影響がでたちよひめとは違うんだよ」


ほおお。またひとつ学びました~


ちよひめでご注文いただいているお客様に、日川白鳳をおすすめすべく、電話をかけはじめました


ちよひめを気に入ってくださっているお客様なら、日川には十分まんぞくいただけると思います


ちよひめと同じく、早生(わせ)の品種です。
早生にしては糖度が高めで12度前後。香りのよさ、肉質のちみつさ、たっぷりと豊かな果汁、というちよひめの三大特長を「日川白鳳」も十二分に備えています。

ひとつ違うのは、日川のほうが一回り大きいかな、ということ。
ひと玉が200~250グラムあり、「ひめ」と名のつく品種と比べると普通サイズの桃です。



「じゃあもう、ちよひめは食べられないってこと?」


と、さきほど電話したお客様。


「いえ、屋根のない場所でなっているちよひめがございますので、収穫期に味をみて、もんだいがなければお送りいたします。問題があったら、また別の品種でお薦めさせてください」


と申し上げました。


ちよひめがお好きなお客様は、ほんとに楽しみにしてくださっているんですね

「楽しみにしてますよ」

となんどもおっしゃっていただいて、ありがたくも嬉しかったです。



とはいえ、もうちょっと様子をみてみますが


「なんかちっちゃい。そんで、水っぽい」


と、さっきちよひめのことを聞いたら園主が笑いながらいってました。



残念ではありますが、ちよひめは、今年はもう新たなご注文を受け付けないことになりました

日川白鳳がこれからメインになります

7月半ばになると、白鳳がはじまって

ラストは、川中島白桃



先行予約を受け付けております


PS


ちよひめは、今年はもう終わり、という結論がこのあと出ました
ちっちゃくて、ジューシーで、ほんとにいい香りのするちよひめを、毎年楽しみにしてくださっていたお客様、申し訳ありません

日川白鳳もちよひめに負けず劣らずいい桃ですので、どうぞ召し上がってみてください







ぶどうのお手入れ

久々の園主です。

毎日毎日桃ちぎりでカメラ持ってませんでした。
久々に、



ぶどうの摘粒と袋かけです。ぎっしり詰まったぶどうの粒を粗に間引いていってぶどうの一粒一粒が大きく育つスペースを作っていきます。

2011Jun21_3.jpg

摘粒にはこのハサミを使います。
地道な作業です。

2011Jun21_2.jpg

摘粒が済んだ房から袋をかけていきます。
これでいろんな害虫からも安心??
でしょう!