加工所オープン!

IMG_1511.jpg



オープン

というタイトルで作りかけの写真もなんですが、これしかなかったのです
加工場を園主がトンカチつくっているところです
3ヶ月かかってできあがってます
先週、保健所のOKがでたし、いつでも業務スタートできる状態なのに、まだ何もしてませんでした



今日加工場ができてからはじめて火をいれました

わー!!
使ったこともない業務用コンロ

わたしは怖いので園主をよんで、火をいれてもらったです
火をいれるって、製鉄所じゃあるまいし大げさです


しゅうとめのレシピによるある惣菜を商品化できるかどうか
今日はじめて自分でつくりました
レシピがけっこうややこしく、制作に1週間かかります


しゅうとめのそれは、ものすごくおいしいんですけど
わたしが作ったら「・・・・」となりました


なぜ?


うちひしがれて、部屋に戻って、しゅーとめに聞いたレシピを読み直したら、ものすごく小さなことだけど、大きなことをやってなかったことがわかりました。それは、


醤油の種類



醤油のブランドじゃないですよ



また明日からやり直します


内布家の秘伝の味をどうぞお楽しみに!!

スポンサーサイト

ぶどう園に穴ほり?

ぶどう園に穴を掘ってます。

diary2010Nov26.jpg

とはいえ無駄に掘ってるわけじゃぁありません。

掘った穴には後日、炭をたっぷりと埋め込みます。

炭には土地の浄化作用や微生物の活性化、そのほかにもいいことがたくさんあります。
おいしいブドウができますように。

おいしいコンフィチュールを食べながら

IMG_1619.jpg


昨日に引き続き、いちごの下葉とりやら虫退治やらしてます
わたしも引き続き、EMと桃酢とにんにく&唐辛子エキスのミックスしたのをいちごちゃんにかけてました


写真は10時のおやつ
農家の男っておやつがものすごく大事な人がおおいんです
うちはそれほどでもないですが
朝5時から仕事している人だからこそ、10時と3時のおやつを「気合をいれて待っている」のだと、ある農家のツマが語っていました
うちは5時から仕事しないけど


それをきいてから、10時と3時にはとりあえず何か持っていくように心がけております
駄菓子は好きじゃないし、いつもケーキだのくっきーだの作るとバター摂取過剰だし

結局

ジャム&手づくりパン

の組み合わせが多くなります


今日のジャムは手づくりではなく、先日友人が買ってもってきてくれたもの

鎌倉のコンフィチュール・ロミのジャムです

ウワサは長年聞いてましたけど食べたのは、自分がジャムを本気で作り出してからです

おいしいジャムというのを意識して購入して食べ比べてますが、ロミのはほかと違いますね
完全にノックアウトされたジャムはこれ以外ないです


たった80gで700円とかします


錦自然農園のジャムは、そんな価格設定はとてもできませんが、毎日食べるおいしいものを作っていきたいです



by え


いちごに巣食ってるヤツはどこだぁ

IMG_1590.jpg



いちごの葉っぱをひっくり返して「虫はいないかあ」と探している園主です

「虫ってね周期的にね、卵が幼虫になってさなぎになって蛾になってって繰り返すから
いまちょうど幼虫の時期だからちゃんとみとかんと」

「みたらどうやって殺す?」

「指でぷちっと」



一株一株葉っぱをひっくり返す作業は、時間がかかるうえ、腰が痛くなります
夜、腰がいたあ

というので、もんであげます

でも園主は上手だがワタシは上手ではない


自分が腰が痛くないと、ツボがわからないのです


ワタシは20代から36歳くらいまで椎間板ヘルニアで、一年に一回か二回、「歩けない」というくらいひどくなりましたが、今はまったくそういうことはありません。


ときどき痛くなりそうになると、自分で治します
瞑想で。
瞑想は腰痛にとてもきくんですよ

アメリカの大学病院でも治療行為として利用されているそうです


うちのオトートは、椎間板ヘルニアで手術までしましたが、瞑想はしませんです

酵素エキスの漬け込み

IMG_1561.jpg


朝日が昇る直前に外に出て、畑をまわってかきあつめた収穫物がこれです

これで何をするかというと、手作り酵素を作るわけです。

植物酵素液は1000倍に薄めてイチゴにかけます。
園主と私の飲用にもします。

大根とカブ(葉っぱも)、びわの葉、いちじく、よもぎ、ほうれんそう、水菜

が今回の材料ですが、りんごでもパインでもイモでもにんじんでもなんでもあるもの入れればいいみたい
野草もなんでも入れたいだけいれてよしです


大根葉はミネラルたっぷりの酵素になるし、つぼみはホルモンの宝庫、だそうです

作り方は、朝日がのぼった直後の作物を細かく刻み、砂糖をたっぷりいれて漬け込むだけ
砂糖の量は人によってさまざまです

作物の量より多く砂糖を入れる、という人もいれば
同量の砂糖を入れるという人も
作物の2割程度の砂糖でよいという人もいます

そして自分の手で毎日1回かきまぜる
自分の手の常在菌が自分にとってもっとも有効な酵素をつくる、という話です

1週間後、内容物を濃して、液体だけにします
そこに「海の精」というエキスを入れる方法もありますし、入れないままでも酵素はできます
容器に移し替えたら、冷暗所に保存します
砂糖量が多ければ半年くらい保存がきくけれど、甘さは相当です

わたしはこうして作った梅酵素を数年愛飲していますが、おいしいです

春の作物で作る酵素は、夏の身体を冷まし、
秋の作物で作る酵素は、冬の身体を温める効果が期待できるようです


農業的に酵素は、果実を大きくしたり、成長を助ける働きがあるようです


ちなみに昨日は、EM菌+にんにく・唐辛子・桃酢エキスをいちごちゃんにかけました
土壌に微生物を増やすために、できることをしていますが
出番を待っている手作りエキスがどんどん台所に増えていきます


by E

大きな根っこ出現

早朝からの作業で着実に園もきれいに片付いてきてます。

diary2010Nov25.jpg
で、大きな株が出現。
大きな根っこはさすがにたくさんの太い根が張っていて、小さなユンボではかなりほりあげるのにてこずる相手です。

地道に少しずつ少しずつ回りを掘っていって、写真のようなでっかい穴に。

diary2010Nov25_2.jpg

やっとほりあげた根っこは、かなりの重さなので、そのまんまユンボのバケットで救い上げて処分するところまで運搬します。

以前、無理して持ち上げて腰を痛めたことがあるので今は用心してます。

おおかた、こちらの畑も夕方にはきれいになりました。

今度の作業は、   また報告します。

きれいになりました

今日のお昼前にようやく根っこの掘り出しが終わり、すっきり。

diary2010Nov24.jpg

何本の根を掘りあげたか?
数えてませんが、100本以上は確実です。
こういった作業は農業に携わるようになって経験するようになったことですが、ここ8年でえらく上手になったみたいです。(笑)

diary2010Nov24_2.jpg

とはいえ、同じ場所であと一つ整備が必要な果樹畑があるのです。
ここは、今まで作業をしていた畑のお隣です。

なんとなく草刈はされていて、栗だとか、梅だとか、イチジクだとか、またはカブやいろいろな野菜が植えられていて、大規模な家庭菜園といった感じの畑です。

荒れては無いものの整備は大変そうです。

今日昼から作業に入りました。


耕作放棄地の開拓

IMG_1548.jpg


ついにここまできました
背丈より高い草が木のような太さで生え茂っていた耕作放棄地が、ここまでスカッと開けています

園主が操縦しているのは、ヤンマーのバックホー
リースやさんから借りてます
費用は、耕作放棄地を復活させるための補助金でまかなえます

朝7時半に現場に着いた園主

今日から1週間、朝から日が暮れるまでバックホーで木の根っこを掘り起こして、穴ぼこを埋めて、の作業を繰り返すことになります


わたしはお弁当をもって10時頃現地にいきました
お弁当つくるの好きなので、こういうふうにガテンな作業をしているオットのもとへ、風呂敷に包んだ三段重ね弁当などいそいそ作ってもっていくのは、それだけで心弾みします

ついついクルマのアクセル踏みまくり、途中三台ものクルマが路肩にクルマを寄せ「先にいって」をしました


つくとすぐに「ハラヘッタ」という園主
そういうこともあるかと思い、ゆで卵を差し出しました

バックホーの運転を手伝うわけにもいかないので、わたしはまた、スギナとヨモギの採集をしておりました
それから周囲の山の中に入っていったりして遊んでました

木の根っこをひきずって移動させる係りをもしました
けっこう根が張っているので重いのですが、「大丈夫?」といわれながらえっさえっさと運びました


こういうヘビーな作業が今の時期にあるのはありがたいです

というのは、ここに来た当初8ヶ月前のワタシには、重い木を引きずったり、100~200メートルのデコボコした畑のなかの道なき道を何往復もすることなど、とてもできなかったでしょう

いまは、けっこうサクサク歩いてます

昔からこれくらいできたような気がしてくるけれど、徐々に重いものをもつのも、でこぼこな場所でも疲れず歩き回るのもできるようになったのです


来月には、もうひとつ来年から耕作を開始することになった耕作放棄地の開拓がスタートします

スギナをやまほど

RIMG0306.jpg


開拓中の畑ですぎなを引き続き採取中

すぎなは栄養がほとんど根っこに廻るそうです
写真ではわかりにくいですが、根っこがすごい植物です
スコップで深く張った根を切らないように掘り採るのがすぎな採取のヨロコビ

採れば採るほど気分がアガる
どんどんシアワセになっていき、やめる時間がくると思いっきりむくれます


スギナはいちごの病気予防に葉面散布する予定
行うのは満月のあと
明日ですかね


春になったら飲用にするスギナもしっかり採取しようと思います
スギナ茶は体内の毒だしに強力な効果があるとされています


根っこの強靭さを知ってしまうと、スギナにそれだけのパワーがあるのも判るという気がします


by えみこ




垣根の整備

ふゅ~!寒っ!
昨日から家の周りの垣根の整備をしてます。

diary2010Nov19.jpg

今朝は、まだ回りが白く霧が立ち込める中作業開始です。
道路側に枝が1メートル以上、飛び出してきていたのでその部分の枝の切り落としです。

枝落ししてみるとすっきりして、道路も確実に広くなった感じです。
いかに今まで交通の妨げになっていたのかと、反省反省・・・