この人と結婚してもいいと何によって判断するのか

2016Jun1_1momo.jpg
去年の6月1日の写真。

やっぱり去年に比べると果実の成長は遅いですね。あと4日でこうなるとはとても思えません。
成長がゆっくりのときほど美味しくなる、ということは、うちのお客さんはよくご存知。
イチゴもトマトも、ゆっくり大きくなる厳冬期がいちばん甘くなりましたね。
今年の桃、どんな桃になるのか、ますます楽しみになってきました。


昨日は水俣の友人宅でおいしいごはんを食べて、お酒を飲んできました。
(友人とお酒飲む楽しみは人生の宝物。たまに、ど~んと飲んでます)


初めて会った人も、旧知の人もいましたが、テーブルは途中から
女部と男部に分かれてしまった。
なぜかというと女子部が、「けっこん」をテーマに、話が大盛り上がりしてしまったから。


日本一周のたびをしている途中の男性が、なぜか次の町に何ヶ月も移動しない。
おかしいな、と思っているうちに、その彼と恋仲になり、
日本一周を完遂したのち、関東から熊本に移住をきめた彼から
プロポーズされ、結婚した女性がいました。


長く付き合い、結納もすんでいた男性と別れることになった女性もいました。

職場に「結婚はしないことになりました!」とけなげに報告したら、
翌日職場の人からプロポーズされた
別に好みでもなく、好きでもなかった
だけど職場のみんなが「あの人はいい男だ」と断定するような男性。

長く付き合ったって別れるときは別れるんだし、と
恋人期間はゼロで、その人と結婚したそう。

それから30年。いい夫婦で、いい子供にも、いい仕事にも恵まれ、
「破談でよかったー、神様ありがとー」
という状態になってます。
私が30年前のその職場にいたとしても、「あの人はすばらしい、結婚すべし」
と太鼓判おしたと思う、実際、人間的にすばらしいご主人です。


そこにいた人の共通の知人である、ある男性は、一人の女性に三回ふられて、
それでもあきらめずにプロポーズをくりかえして、
やっと結婚してもらったそうです。

昨夜のテーブルでは「彼は、あの彼女以外の人とは、誰とも結婚しなかっただろう」といわれていました。
彼にもそれがわかっていたんでしょう。


人はこの人と結婚してもいい、と何によって判断するのか

についても、各自体験談が紹介されました。

好きとかで決めるのは「恋人」で
特別大好きってわけじゃないけど、なんかひっかかる、くらいで結婚するのが「配偶者」だとする説は
上記の、結婚30年めの人から出されました。

私も賛成。
なんかひっかかる、の意味はけっこう深くて、左脳的にはその人のよさを全把握してないが、
心の奥底から弱弱しいけれど、「この人、OK」の声がきこえる・・・くらいで
結婚するのがいいんじゃないですかねえと

私はこの七年間で、
「うちぬのさんとの結婚を決めた理由はなにか」という質問を、
ものすごくたくさん、たぶん百人近くから聞かれてます。
そんなに珍しい話ですか? といいたいですが、私の決断が不思議に見えるのか、
ありとあらゆる人から質問され続けたような気がします。

「農家になりたかったから?」
「熊本に移住したかったから?」
「錦町がきれいな町だったから?」
「性的に引かれるものがあったから?」
「彼がいい顔をしているから?」
「彼がやさしいから?」
「彼がいい匂いだから?」

これぜんぶ、私が答えに迷っているあいだに、質問したみなさまが私に言ったこと。


わたしにとって、最大のきめてはコレでした。

「一緒にいると、いっぱい笑えそう」


仕事の能力も性格も顔も体格も生活スタイルも、
すべて変わる可能性おおいにありますから
これ、というポイントに執着したところで意味はない

7年もいると昔より馬鹿笑いの回数は減ってますが
(午前2時の就寝時に、寝てると思った彼が突然発した一言に大爆笑したこともありましたっけ)

それでもたまに、彼の意図と関係なく、こちらの爆笑がとまらなくなる
お笑い芸的なセンスでは笑わしてもらえませんが




めちゃうま(いはずの)桃、野菜セット、サラダたまねぎ、さつまいも、新茶、紅茶、卵等のご購入は
錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

月の売上10万円以下でも

2017Apr6_2.jpg
今年は桜も桃も開花が遅かった。どういうスケジュールで桃が実るのか、先行き不透明。

facebookにリマインダー機能というのか、過去の投稿をかってに出してくれます。
それで今朝タイムラインに上がっていた2012年4月11日の投稿を部分的に再掲です。


野望はあったほうが人生楽しいだろうと思うのに
ウチヌノ家はそれが難しい
今月の売上10万円以下でも(正直にいうともっと少ない)
べつに困らない
お客さんが、毎日だれかしらメールくれて、おいしかったーと教えてくれるので、私はそれでもう満腹してしまう

今日なんか、いちごを涙して食べた、という正直いって、どうして泣けたのかわからないメールをもらった

去年植えた新規ぶどう畑の7割が今年の寒さで枯れて死んでしまった
それでも、
「これで、あの畑にどの品種が向いてるか向いてないかわかったね。一歩進んだってことだ」
と1秒で口から出てしまうわたしって、 農家の嫁に向いてるとも向いてないともいえる・・・・・・・

>>>

2012年の4月といえば、「錦自然農園フルーツストア」というウエブサイトをオープンして
やっと半年という時期。
その前年(彼の手作りサイト)にきてた人数の20倍の人が
ウエブサイトを作ったとたんに、おしよせていましたが、
発送できるものはとても少なく
いつも在庫切れというのは、いまと、あまりかわりません。


ただいま、作業場ではいちごのパッキング中。
今日は何人に送れるか、
発送担当の私は毎日気が気ではありません。

それというのも
いちご畑では、日増しに
ケモノの食害が増えており、
いつやむともしれない勢いです。

先日ご注文をいただいていますが、まだ3月のご注文の方にも送りきっていません。

これはちょっとやばいのでは・・・・
と二人とも先のわからなさにストレスを感じています。

調子よいですよ、と豪語した舌の根もかわかぬうちに、なんたること。

先がわからないのは、毎度のことですが、注文を受けたとたんにこの仕打ち
ケモノたちめ、やってよくもくれるな。です。

もし、
もうキャンセルでもいいよ、
という方がいましたら
キャンセルをお願いする確率は相当高くなっていますが
お申し出いただけると、少し肩の荷がおります

野菜セットの締切は今週にかぎり4月11日(火曜日)の正午。
発送は毎週金曜。大阪より西は土曜着、四国とそれより東は日曜着(の予定)です。

●今週にかぎり、ブロッコリー(無農薬栽培)も別売をしています
●今週野菜セットで決まっているのは
有機JASのキャベツと大根と里芋。無肥料無農薬栽培のサラダ菜。
無農薬有機肥料栽培のねぎ、ちんげんさい、ブロッコリー
低農薬有機肥料栽培のミニトマト(人気です)
●お隣の村、山江から春の干ししいたけ今週金曜より発送開始です
おもとめは

錦自然農園フルーツストア


12,13日はメールのお返事ができなくなります。よろしくお願いします。

何かをするために生まれてきたような気がするのに


30代の女性のおともだちが、こんなことを言いました。

「何かをするために生まれてきたような気がするのに、
それが何なのかわからない」

前半部分は、工藤直子さんの詩にそのフレーズがあったので、彼女のせりふをよく覚えているのですが。

私がその場で彼女に返した言葉は

「できることをすればいいだけじゃない?」

でした。

「何がしたいかがわからないんです」

「したいことは、探すものじゃないよ。

今からおうちに帰ってあなたがすることが、あなたがしたいこと。
今ここでお茶飲んでるのもたぶんあなたがしたいこと。

したいことは探さなくても、今してることですよ

仕事はしたいことじゃなくて、自分にできることしたらって思うんだけど」

「でも・・・・」

「仕事なんか何やったって同じだよ。何をやっても自分にできることしかできない。
何やっても今やってることが自分の仕事よ」


自分にいっているようなせりふです


うちの夫が

「おれ、理想とか野望とか持ったことない」

というのを聞いたことがあります。

「子供のときから?」

「うん。自分にできることしてるだけ。おれ、自分を高く評価してないから。
才能があるとか、すごいことできるとか思ったことないし。
お金は必要な分だけはほしいけど、自分のできる範囲をやればいいと思ってきた。
理想の自分になりたいと思ったことない」


私も
「もっと夢を大きくもって」とか「もっと上に行こうと思わないからあなたはダメだ」とか
言われたことあります。えーってかんじです。



そーだ
 夫にはじめて「あなたの夢は」ときいたとき

「夢は・・・生きてること」

といったんだな

農業的ゴールとしての夢を聞いたら、別のこといいました。7年前のこと。


「食べた人が幸せになるフルーツを作ること」




お米、お茶、野菜セットのお申し込みはこちらです☆野菜をつくる未来があるとは思ってなかったですが
野菜つくってたら、上記の言葉に「野菜」が入ったと思います☆
錦自然農園フルーツストア

農家の嫁が幸せになりがちな理由

IMG_6324.jpg
昨日の夕食。リビングで栽培している「スーパーブロッコリースプラウト」をたっぷりのせた、米粉でつくったチヂミ的なもの


熊本に来てからというもの、ほぼ毎日、しあわせだなあーと加山雄三のように思っているのでした。
ひょっとしてその原因は、職業が農家だから? と思いつきましたのでめもっておこう。


農家の嫁がしあわせになりがちな理由

1 人にギブする仕事だから

そういう気持ちがねっこにあります
生産量をもっと増やせば、もっとしあわせになるんだろうなと思います
あげるものがもっと増えれば、喜んでいただく瞬間がもっと増えて、もっとしあわせになってしまいそう
なのにできないのがウチのさびしいところ

2 土の近くにいる

土にはいろいろな生物がひそんでいるし、いろいろな植物もはえているし、つまりにぎやかです。
人間がいなくても、さびしくなりようがない、という場所です

3 おっとがかっこよく見える

私の限られた人間関係でいうと、農家のよめはみなさま、おっとが好きみたいで、わかりやすく愛情を放出している人が多いです。
農業って男が有利なところが多いので(力とか体力とかの面で)、
たよりがいがあって、しゅてき☆と目に星が入ってしまうシーンが多々あるのかも

4 実際にすてきな人が多い

農家の男で、ちゃんとやっている人は、素敵なヒトがだんぜん多い。
これは、責任をしょって、日々自然と格闘しているせいでしょうか。 

5 根底にあきらめがある

あきらめという言葉よりもっといい言葉がありそうですが、思い浮かばない
自然が次々に予想や期待をぶちやぶる経験をしているから、むやみに「夢のかたまり」になれません。
仏陀は、「いきることはつらいこと」と教えましたが、教えられなくてもよーく知っている
あきらめている人は、逆に明るくなってしまいます。

6 孤立していてはできない仕事だから

農業をやっていて、孤立していることは不可能です。
どうしても、周囲の人たちにお願いしたり、頼んだり、頭を下げたりしないと職業的にまわりません。
そうやっていると、どうしても、周囲の人たちに「ありがとう」ばかりいうはめになります。
助けられたり、助けたりの繰り返しで歳月が過ぎていくので、しあわせにならざるをえない

7 食にめぐまれている

うちなんかはまだまだですが、長く農業をやっている人の、食のゆたかさは、まったくうらやましいほどです。
超豊かな食が台所にあふれて処理しきれない、というとき、いただきますおこぼれに毎度目を丸くしてます。

8 人と自分を比較しなくていい

これはどこのエリアでもいえるかどうかわかりませんが、ウチのような人家がまばらなエリアで、
集会的なものもほぼないエリアですと、ヒトはもっとうまくやってるんだろうか、とかをきにする「機会」がありません。
自分を他人と比較するのは多くの場合、不幸の素ですからね~
東京などいくと、あまりに人が多いので、人からどう見られているかとか人と自分を比較する目線が
自然発生しているのに気づくことがあります

9 動物が飼える

だれもが動物を飼いたいわけじゃないでしょうが、わたしの場合、犬がくらしのなかにいるかいないかは、
幸福度が3600点ちがいます(なんの数字?)

10 ヤオヨロズの神様がそばにいる

良くも悪くも、明日のことがわかりません。なにひとつ、保障されていない人生。
農と宗教がリンクしやすいのはしかたないなと農家になって思いました。
山の神でも川でも海でも大地の神でも、かみさま~という気持ちが困ったときには湧いて出るかも
本気で困ったことがまだないですが、そういう風習の発生が自然なことだと思えます





ただいまおいしいミニトマト、キャベツ、さつまいも、野菜セット、緑茶、紅茶、卵などなどなど販売中!
錦自然農園フルーツストア">錦自然農園フルーツストア