80歳老女、元気のひけつ 

facebookページにも紹介している実母のことです

彼女は、70歳を超えてからパワーアップしたと気づきました

母は当時、歩くのも不自由で、
段差を昇降するのが難儀で、いつ激痛がくるかと不安で、めったなことでは部屋から出られない
という状態でありました。

福岡のどこの病院をたずねても、「老人だからしかたない」といわれ、
どんな画像検査をしてもわからなかった。

それで、私が当時住んでいた神楽坂から歩いていけるというだけで選んだ
東京厚生年金病院の整形外科につれていきましたら
レントゲンで、簡単に、わかってしまいました。
原因不明、治療法も不明の、骨が壊疽に向かっていくレアな病気がひざの関節にあることが。

「だけどおとしですから、進行は遅いです。これ以上大きな問題にはならないと思います」

と医師はいいました。

治療法がないんじゃしかたない。

だましだまし、病気をなだめながら生活していた母が出会ったのは、
靴をかえることでした。

歩きやすい、手作りの革靴をえらび、整形外科に採寸してもらって靴底をあつらえたのです。


「どこまでも歩いていけるごたーる」


と母が言うのをそりゃよかったね、と軽く受けておりましたが。

考えてみると、そこから人生が一転しています。

何十年も、きょくどのO脚だったのに、すらーっとまっすぐになっている。
歩くのが早くなり、
肉売り場から魚売り場に行くだけでも、すぐに駆け出す人になっている。


スポーツクラブに通い始め、
カナヅチだったのに、えんえんとクロールで泳げるよう人になったのは、
73歳をすぎてから。

刺繍や編み物が得意で、外で人と交わるタイプではなかったのに
カラオケ教室に通うようになり、
明確に音痴だったはずが、別人のように、聞いているこちらが目を丸くして驚くほど唄えるように。

自転車で片道30分かかる場所まで、ひとりでサイクリングするようになり、

そして一年前から卓球グループをつくり、週1~2回四時間も(部活か?!)
ピシンパシンやってるそうです。

おなかまはみんな、同年輩のババーズですが、
中には5万円のラケットを買って、トレーニングに励むババー様もいるそうです。


もしも、母が
靴と靴底を変える、ということに出会わなければ、
ここに書かれているいっさいが行われてなかったかもしれない
居間でテレビみているだけのおばーちゃんになってたかもしれないと
気づいたので書きました。


先日福岡に帰ったときに、その靴を貸してくれるというので
はいて帰りましたら
やっぱりいいわーーー

これは人生かえるわーーー


と思いましたが
母が靴をあつらえた店はなくなってしまい、
もうそこで買うことはできないそうです。靴屋の名前もわかりません。

でも十年たっても、きれいにはけるのは、
やはり丁寧になめされ、よく選ばれた革で、きちんと作られているからだと思います。
靴底は医師からアメリカにデータをおくり、取り寄せてもらったそう。(保険がきいたそう)


いまさらですが、
靴えらびは、人生の基本の基本、ですね




野菜セット、そば粉、小豆、自然栽培のおこめ、有機栽培のあれこれは

錦自然農園フルーツストア



スポンサーサイト

去年のいまごろ・・・・



最近毎日思ってるのは、
去年の今頃は私は、病院にいたんだよなあ

ということ。
6月東京、7月錦町、8月福岡で
医師に不調をうったえたのに、検査に出なかった不調の原因。
「過労」とかいわれて水を濁していたのを
9月熊本で内視鏡検査したら
ピンポン!

すでに十分でっかくなったGがみつかった

その前の月でさえ便に血が検出されなかったのですから
集団検診で大便検査しても発覚しないことがあることは
もっと周知されていい話です
場所によっては、内視鏡検査するまでわからないのですよ


じゃあ、検査しなくていいってこと?

といわれると、しなくていい、と言い切る人は多いですが、
私は言い切れないです


Gにならないようにするのを、人生の大課題にかかげて、生活を気をつけている人を
これまで何人も見てきましたが
いっかい病気にならないと、そういうふうな人生を選択するの無理だったなあ
と思います。
でも病気になると、食がどんだけ薬の役目を果たすかがわかります。


食生活のどこを気をつければいいか、は
さまざまな方向性の意見があるので
どれもこれも取り入れていたら
「なにをしてもいい」
になってしまいます

どんな食生活、どんな健康法がいいかは
百人百様に違うので、
「あの人にきいたから、これがいい」とか
「あの人にきかなかったから、これはダメ」とか
そういう表面的な取捨選択より

自分で実験して実証していく主義

これしかないです。


食や生活習慣より、Gになったのは性格に問題があるんだから性格を変えろ
という意見は、ひっじょーーによくきく意見です。

最近よんだ文章に
Gになりやすい人の性格というのが列挙されていて
やなこと書くなーと思いつつ読んでいたら


「人のためにできることをしたいと考える」
「がんばるのが得意」

ってのがリストにあって、
ちぇっ
そこかよ、と思いました

自分のため、にする仕事なんて楽しくないし
がんばってしまうのは、それが楽しいから
と思ってますが、だめなんですね。はい。


昨日病院で血液をチェックしたのですが
数値的には一ヶ月前よりずいぶんよくなっていた
ただの数値で、確定的なことはいえないですけど、方針をこのまま続行というのは決定。

去年のいまごろより、ひとつをのぞいては、各種の数値が健康的です

何が違うのかな?
水が違う。食べ物が違う。生活も違う。
最大に大きな変化は、仕事時間を減らしていることですね
おっともそうです

できるかぎり長く、豊かさをみなさまと分かち合うために
何をして何をしないかを探索中です。
じぶんたちの内側探索のたびは続きます。




無農薬のお米やお野菜、お茶などなど
錦自然農園フルーツストア

配偶者が病気になると夫婦仲は・・・・



先日 ちょっとカテゴリーにわけるのがむずかしい、医療機関ではないとこに
夫と一緒にいきまして

健康相談的なことをしてきたことを書きましたが
ツマだけでなく、オットのほうもチェックしてもらいました

すると

私よりオットのほうがいろんな問題があることがデータとして各種でていました

あ、そうよね、ここ、ちょっとやばいと思ってた・・・
的なポイントがちゃんと遡上にあがるのがおもしろい

いくつも問題指摘されたなかでも、特に目を引いたのが、オットのうつが「検出」されたこと。
何が何してそういうことが質疑応答もしないで機械によってデータ化されるのかしりませんが
おっとも私も、うつといわれて反論の余地はありません。

あーそうだよなあ

でした


おっと、ずっとこの一年、神経が配偶者の病気のことに注がれていて
仕事と両方をめくばりするのに、疲れてるはず


ここから先は、一種のじまんですかね
ご飯を作る係を彼がやってくれてます
理由は、私だと食事療法的に作るのがユルくなるから。

使わないという意味じゃないですが、甘味を控えて、塩も控えて、よい油のみを使って
日々、いりゴマを摺って、根菜を多用して、味噌や梅干を調味につかって・・・

まあ、いろいろありますが、彼てきに守ってるポイントをしっかり守って作ってくれる


決めたことを守り抜く、というだけでなく、情報のチェックもおこたりなく
毎日あれこれパソコン前とキッチンで、遅くまでやってます(翌日のメシ準備もふくめ)

で、私には

情報をさがすな
耳と目をとじろ


と命令するんです


困った人でしょ
(じまんか)


世間では、一般的にこういわれているそうですよ

つまが病気になると、オットの冷たさが露見して、別れるケースが多く
おっとが病気になると、ツマの献身ぶりが愛と結束を強めるケースが多い


実際にそういう話が珍しくもなく、聞かれます。
ツマの実家にケアを押し付けたりするオット、
早くしんじゃって、とばかりに、浮気を始めるオット、どちらもありふれているそうです。


おっと孝行しなくちゃ


と日々思っています

きみがげんきになればそれでいいから


とかいわれちゃうと、うぴーー^^^です☆


コンカツ中の人はいろんな条件で配偶者を探すのでしょうが
生きてるだけでいい
ってとこまで条件少なくなってしまったら
あとは選んだ自分の覚悟だけで
どうにでも人生をつくれますね

18歳のとき、夏目漱石の「それから」の講義で、えびい先生という方が

「相手が自分のために何もできない(身体的に不自由だったりで)、何も期待できない状態であっても
それでも愛するというのが、本当の愛です」

と断言したのをいまだ覚えていて、
殿方を条件で選ぶということをしたことがない人生の素地をつくりました


話がとびました
今日は野菜発送
がんばります
柿も発送します



野菜、新米、コチュジャン等のご注文は

錦自然農園フルーツストア

「きみはもっと深呼吸をしたほうがいいんじゃないかな」

いやーーー

たいへんでした

二日間突然ですが、お休みをいただきました

ちょっと実家からみの急用で
急遽二人して家を空けることが決まりまして

本日夜帰ってきたら・・・・

いつもこんなではないのに、
二日間でものすごいメールの量をいただいているのでビックリ!!

二人がかりで4時間かかって返信いたしました。
返事がこないのを二日間お待たせしてしまった方もいらっしゃったと思いますが
お待ちいただきありがとうございます。


都会にいったついでに、

代替治療・・・関係の方に、G関連のご相談にちょいといってきました

私このごろ、周囲のひとにもいわれるのですが、
調子が
よい
ような気がしています


「病気の方はご主人さまですか」

と我々をみて言われたときは、ちょっとびっくり。
顔色やハダツヤがよいといわれる今日この頃。
砂にうもれているせいもあるかもしれません(今日も短い時間だけど行ってしまった)。
西洋医学的にはいろいろあるけど、
違う方面からみてみれば、かなり健康状態よい、という診断だったので
ますますいい気になりました。


今日の相談から帰ってきて
いくつか実行しようと思っていることがあります

ひとつは

もっと
ゆるく仕事をしようということ

前よりかなーーーり仕事量すくなくしていますが
どうしても、根がキマジメ
いかんなあ、とおもうことしばしば
さらなるゆるい人になることを決意しました!


おっとも、前よりずいぶん、ペースダウンしてますよ(えらい)。


長く
長く

この仕事を続けていくこと

それを第一にする

と二人とも決めてます

そのためには、

守ること 大事にすることは なにか 

を考えて 
選んで、いかないとね

できること全部、できる限りまでやっていたら、ダメよ。

とふたりともこの一年で学んだとおもいます


今日のアドバイスはそういう意味で、改めて心におちました


そして思い出したことがありました


二週間ほど前です。

寝ていた私におっとが、妙にはっきりした、明るい声で

きみはもっと深呼吸をしたほうがいいんじゃないかな

言ったのです
声に驚いて目覚め、彼を見ましたら、すこやかに寝てました。

翌日、こんなこと言ったの覚えている?

と聞いたら、もちろん覚えてなかった。


きみはもっと深呼吸したほうがいいんじゃないかな


って誰がいったんだろう。
おっとの口を借りていいました?


はい。わかりました。


深呼吸しながらできるような仕事の仕方をしようと思います。

いい水いっぱい飲んでるの、よかったみたいで、「もっと飲んだほうがいい」といわれて
おっともわたしも、気合はいりました。

水は飲みすぎはダメだとか、3リットルくらい飲んでいいとか、いろいろな説がありますが
どっちもやってみた結果、たくさん飲むほうが調子よい、と
私たち二人に関しては、いまのところは、いえるみたいです。



野菜、おこめ、コチュジャン、お茶、にんにくなどのご注文は

錦自然農園フルーツストア

砂浴体験

太秋柿の収穫、発送は順調に進んでいます。
ワケアリとして販売することもできないボロ柿がものすごく多いです。
農薬を使わないせいからしょうがないのかもしれませんが、もったいないこと。

虫や鳥に軽くつつかれただけでも、発送できないし。
タンソ病にかかっているものも、発送できないし。

人にさしあげるのもはばかられるボロ柿は、
柿酢にしようと、しこんでいます


問題は、発送できないものをはじいて、どれだけが残るか、どれだけ発送できるかが
畑を一望しただけではわからないことです。

まだまだとれているので、ご注文の再開はできるような気がします。

太柿柿の販売を再開しました。
www.fruitshop.jp


おこめですが
新米がお送りできるようになってます。
小川さんの「玄米」だけ、まだ手間がかかっております。
でも連休明けにはお送りできそうです。
JJさんのお米も準備完了!


話かわりますが
昨日
うちから40分くらいのとこにあるビーチにいきました。

砂浴をしてみました。

一人用のテントを3000円くらいで買いまして
その床部分のナイロンを切って砂地が露出するようにします。
穴をほって、全身をその中にいれて、上に砂をかけてもらう。
かける砂の厚みは7センチ以上だです。

ふぐの毒にあたった人が砂(土)に首だけだして埋まることで毒だしをした時代があったそうですが
理屈はそれと同じでしょうか。

東城百合子さんの本に書いてあったのをやってみました。
「自然療法」が好きなうちのしゅうとめも母も、経験していたので、いつかはやってみたいと思いながら
砂の中に埋るのは、日光が燦燦と降り注ぐところに何時間もいることを考えると難しいかなあ

と思っていましたが
UV加工されたテントに入って。地面を切れば。全部解決。
テントのナイロンが陽光を通さないように、上からタオルケットなどを何枚もかけて

とっても快適。

4時間入っている間に読めるように本を用意していきましたが、
ただ寝ているだけでも、意外に時間がすぎていきました

外から聞こえる潮騒を聞きながら、シーズンオフのビーチに寝ているのは、なんと贅沢なことでしょう。
熱くも、まぶしくもない。
人声もほとどなくて、ただただ静か。
天国のようです


砂かけじじい、失礼、砂かけしてくれるオットがいてくれてこそできる贅沢です。
ありがたい。

私が砂浴を満喫しているあいだに、彼は釣りをしていました。

一匹も釣れなかったそう。
近辺に釣り人が数人いましたが、全員釣れてなかったそう。
それでも釣竿を海にさしつづけることができるって
釣り人の気持ちはわかりません。

効果があるのかないのかわからないですが、

翌日めざめて、気持ちのよさに驚きました。

体が軽い。体がホカホカしてます。

砂からでた直後は、体がだるくて眠くてたまりませんでしたが
付近の温泉によってから家路につきました

砂浴と温泉浴のセット☆

しばらく通いそうです。



新米、野菜セット、ひょっとしたら来週再開するかもの無農薬太秋柿のご注文は
錦自然農園フルーツストア