スーパーブロッコリースプラウト

IMG_5459.jpg

居間のカウンターの上がすごいことになっているので
写真とりたくなりました
いちごはあえて参加させてみました(笑

スーパーブロッコリースプラウト、生育中です
いただきものも多いですがあれこれ日々の食事にいれてます
飲みものはいつも、いただきもののハーブたくさんをブレンドしてます

寒さが昨日ひどかったので禁断の糖質、甘酒をつくってみたらおいしくて
しみじみ呑んでました。


昨日になって気がつくのはあまりに遅いですが、気づいてしまった。

私はもともとものすごく化学物質に弱かったことを。

普通に農薬使っている桃とか柿とかは、低農薬のふれこみがあってさえも
無用心にも食べてしまうと、頭痛くなり口のしびれがいつまでもとれないとか言っているひとが
つよい薬を体に入れたらどうなるか、ふつう考えるでしょう

まったくうかつでした。

生まれて初めて小学生のときに食べたマクドナルドの化学薬品の味
一口以上食べられず、食べている母が不思議だったこと
コカコーラも安いアイスも、まずくてお付き合いできないことをひた隠しに隠していた十代のころ


大人になって、特に熊本に来て以来、ずいぶんいろいろなものになれて大丈夫になっているんですが
本質的に弱いんです


波動を高くするための装置とかがおいてあると、玄関はいったところで、
「なんかやってる?」と不審な態度をまるだしにして、装置を止めさせ
アロマセラピーでも使っているオイルによってはそこに近づくことさえできなくなる

バッチのレメディー(ホメオパシー)は、初体験のとき、立っていられなくなり頭痛で座り込んでしまった
初体験でなくても強烈に効き過ぎてしまった経験なんどか・・・


そういう
エネルギーにも物質にも過反応というか、過敏なひとが
入れてしまうのは、やばい薬でした・・・・


そういうこと一回も考えなかったというあたりが、いかに私がGを特別扱いしているかということですね


ちょっと落ち着いてください
てかんじです。


デトックスに気合をいれていまして
寒いので断食はしないけど
今日から煮あずきを食します

あずきは自然栽培のものを豊永さんから買いました
豊永さんの作品からは、しばしば波動のよさを感じるんですよね
作業場に野菜を取りにいったりしているときに
「これはいったいなんですか」と聴いたりするので豊永さんも驚いてます
「何? わかるの?」
「わかるよ。波動がすごい」
いつもじゃないけど、そういうものも含んでいるのが球磨のオーガニック野菜セットです。


薬がいまだにじゅうぶん残留しているようで
尿が蛍光イエロー。薬くさいです。



料理係になっているオットが毎日ごちそうを作ってくれるです
排出を進めるために食を抑えたいので、今日はいらないから、と前もっていっても、食卓に並ぶので困ります
昨日は、こはだの酢〆ですよ。もおーーー
今朝はレンコンなどの根菜と豆がたくさん入ったスープと、白菜の蒸し煮。もおーーーー!!
ランチは鶏のつみれ入りの白菜たっぷりスープ・・・・・・・・
食べますよーー





甘くておいしいべにはるか、今日から特価でご提供。
錦自然農園フルーツストア



スポンサーサイト

糖質カットは、タンパク質増量がむずかしい ⑦

病院で食事もせず点滴ばかりしていたおかげでスカッと、3キロくらい痩せました
3キロとは思えないくらい、体積が減ったので、たんすの肥やしだった洋服が
ゾンビのように復活しています。
もう着ることもないと思っていた服が体にあうしあわせ、着ていく場所がないふしあわせ・・・

脂肪をおとしたかったら、ただ
炭水化物を食べなければいいだけだった。

脂肪がとれたら、代謝もよくなったみたいで食後すぐに額に汗がにじむ。
代謝がよくなると肌が調子よくなる。
痩せるってこんなに体にいいことだったのか、と改めておもいだします。

炭水化物をがっつり食べて、野菜と汁があれば十分おなかはいっぱいになりますが、
そういう食生活では貧血になりやすい因子をもっているひとは、貧血へまっしぐらです。
男の人はベジタリアンでもよいけど
女の人は、人によってべじーな食で健康を保つのは、むずかしいのかもしれません

炭水化物がとれていると、
おなかはすかないけど、エネルギーが十分に作れないから甘いものやあるこーるといった糖質が欲しくなるので、
結果的に糖質の大量摂取につながってしまいやすい。

さらに鉄が足りないと酸素不足になり、酸素不足は鉄不足をまねき、このループにはまってしまうと
エネルギーが産生できないだけじゃなく、
エネルギーを作るために通常とはちがう、非常回路を使うようになり、
それが、G(GAN)細胞を発生させてしまうのですね

Gと貧血、Gと糖質は、ガチに仲良し。

知らなかった・・・・・
今の課題は鉄を人並みにすること。じょじょに上がってきてはいますが。
ケトン道は、貧血を治さなくては、なにをしてもはじまらないようです。

ケトンを研究している医師によると、
ケトン食は、K(=KOUGANZAI)療法につきまとう副作用が軽減させたり、薬効も高くする場合もあるそうです。
もちろんG組織を死滅させる効果も。
で、ケトンに向かってGOなのですが・・・・・

ごはんと小麦粉とお酒と砂糖をカットするのは、無理なくできました。
難しいのは、動物性たんぱく質と油をちゃんと取ることのほうでした。

卵や豆腐系食材だったらおいしくて簡単なのだけど、それだけでは、タンパク質がまったくたりない。

ケトンと関係ないですが、アーモンドもおいしくていくらでも食べられる。
ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、ポリフェノールの、サプリメントだと思ってバクバク食べています。
ビタミンCやB系もせっせと摂取(口からですが)

でも、肉食べないといけないんです。魚食べないとダメなんです。
糖質と塩分をなるべく使わないで、毎日鶏肉と魚を食べるって簡単じゃない。
調理がワンパターンになります。。。。。
肉の場合、全体の質量の2割しかタンパク質がないらしいから、しっかり多めに食べないと間に合わない。
ささみとかトリムネ肉がメインなので、
おおめに食べるにはどうすればいいか、と考えるだけですでにおなかいっぱい。
食べなきゃ食べなきゃ

ケトン体の数値をあげるのに不可欠なのは、亜麻仁油とココナツオイルの一種であるMCTオイルのどか食い(飲み?)。
MCTは、中鎖脂肪酸百%だそうで、肝臓へ運ばれるため、代謝・分解がすばやく行われ、すぐにエネルギーになるそう。
のまなきゃのまなきゃ


こういうことをしていると、

「自分にとって気持ちのいいことをするのがいちばん免疫を上げることになる」


という意見が聞こえてきます


気持ちのいいだけしていると、
Gになったルートを「8」の字を描くように廻り続けてしまうだけって気も。

今は
身に着いた習慣を破って、「自分はこうだから」、「自分はこうなんだ」、という檻から出る努力をしてみる時期なのかなと
思っています。


Gを治すスピリチュアリスト(?)のご紹介も複数いただきましたが、
今は
そういう他力本願より、自力本願がたのしい時期のようです
もう少し切羽詰まったらお願いする可能性おおいにありますが。


何かを選ぶことは、それ以外は捨てるってこと
農法も治療法も
試しながら、みつけていくしかないのかな

術後の一か月でちょっと変わってきたなあと思うこといくつか。
退院するときは、ぜえったいに、帰ってくるもんかと思っていた病棟に、今週復帰。
同じ病棟に行くけれど、前と同じ私じゃないですよ。

今回はすぐ帰るので、心配ご無用です。


けとんでいってみよ☆ ⑤

夫が「ケトン食ががんを消す」(古川健司・光文社新書)を東京みやげに、帰ってきました。

あわただしい東京滞在だったようで
彼には珍しく、お母さんたちへのお土産を何一つ買ってきてないのですが、
彼には珍しく、大書店をしっかりめぐって、選びに選んだ本たちを持って帰ってきました。

買っただけでなくすでに、電車の中や飛行機の中で読みこんできたらしいのもびっくり。
数字も固有名詞もやすやすと記憶する「見たら覚える」脳にもびっくり。
私もさっそく本を読み始めましたが、読んでいるそばで、彼が講釈してくれます。

「ブドウ糖はがん細胞を増殖させるから、病院食を食べてたらまずいよな」
「抗がん剤治療はケトン体を増やしてからすると効果が高いらしいよ」
「その医者は、末期のがん患者だけを対象にデータをとってるんだけど一人なんかケトン体が9000までいったらしい」
「アボカドとMCTオイル(ココナツオイルの一種)の組み合わせがすごいらしい」
「亜麻仁油大さじ2杯とMCTオイル80gとって、運動もちゃんとしたほうがいい。腹筋30回、近所をしっかり走りこむとか」

本文中に出てきた、聞いたこともない植物「ブロッコリースーパースプラウトってなあに?」ときくと、
「ああ、それはもう種を注文した。きたら食べられるよ」

農家のヨメってオトクだなあ。思いつきと行動がほぼ同時の夫ってベンリだなあ。

ゲルソン療法におそらくは起源を発するにんじんジュースの大量飲みには、著者は懐疑的。
肉を食べるな、玄米食べろ、脂肪控えて、というのも全部否定。
ベジタリアンではガン細胞をなくす体力を作れないと主張されています。

栄養状態を上げることと、ケトン体という「飢餓状態」のとき産生される物質を
体内に増やすことを同時に行うべし、という著者の主張が面白く、私たちは久しぶりに、

チャレンジする面白さに盛り上がってしまいました。


このわくわく感って、D法さんの「切り上げ剪定」をやってみよ~!って気焔を上げたとき以来ですよ。

■それがうまくいくかどうか結果は、あまり気にしない
■目の前のことに夢中になって取り組むことがとにかく楽しい

ってことです。

やったことないことにトライするの好きで、リスクは少々あったほうがおもしろい。
農業もGも、結局ここに落ち着きますか。

化学療法は、するとかしないとか一日に三回意見が変るのですが
ほんとはしたいのかな。
術前に初めて言われたときも、
「やったことないからやってみようかな! こんな体験はしたくてもできない」とまず思ったのは事実。
「友達はみんな反対しそうだからよけい面白い」と思ったのもじじつかも。。。


で、決定? かというと、もうすこし決定は先のばしにします☆
タイムリミットは来週。ほんとは今週だけど。まあなんとか。


「にんじんジュース VS グリーンスムージー」問題のほうは、決定しました。

グリーンスムージーが採択されました!

うちの畑には今、大根葉とカブ葉があふれてまして
大根の葉、カブの葉、いちじく、にんじん、しょうが、亜麻仁油、シナモン、がじゅつ粉末(屋久島の紫ウコンをいただいた)のスムージーを「まじーなー」といいながら、今朝、夫婦でのみました。

すべて自然栽培っていうのは、なんとも贅沢なスムージー生活

ではまた


野菜セットのご注文は、水曜の正午まで。
お申し込みは錦自然農園フルーツストア
発送は12月2日(大阪より西は土曜着。大阪より東と四国、沖縄は日曜着)

今週は以下の予定。畑の都合で、当日急な変更はしょっちゅうです♪
無農薬・無肥料栽培のじゃがいもにんじんしょうがきくいも里芋
無農薬栽培のキャベツホウレンソウサニーレタス
低農薬でおいしいねぎミニトマト


http://www.fruitshop.jp
錦自然農園フルーツストア