小林麻央さんのこと

今日は、桃と野菜の発送で、しっちゃかめっちゃかの時間に、
NHKラジオから流れてきた小林麻央さんの訃報に接し、
心が一瞬空白になりました。
彼女がこのまま厳しい時間を過ごすことが
どれほどきついというのは、じゅうじゅうわかっていましたが、それでも、
ずっと生き続けてくれたら
どれほど、多くの人に希望と励ましを与えるか、と思っていました。

生きていてくれるだけで、こんなに希望をくれる生のかたちがあることを
彼女は、見せてくれました。

わたしが5日でギブアップした抗がん剤を
彼女は驚くほど長い期間やってました
すごいなあと思ってみていました

きっと私より何百倍もいきたいという気持ちが強いから、できたんでしょうね
お子さんたちをおいていくことは、くるしみの最たるところだったでしょうね

長く生きることが、短い寿命よりいいこととは思わないし
病気を克服することは、克服しないことよりいいこととも思わないし

ということは、なんだか前も書いた気がしますが

最近気づきました。

こうして、みなさまに桃やら野菜やらを届ける
元気な時間を、できるだけ長くしたいという欲求が
とても強いみたいだと。


働きたがりというのはじつに、困ったもんです。


あと30年くらいいいですか?



「自然派の桃」もそれほどお待たせしませんが
「山育ちの桃」は、即日です。日川白鳳の収穫も始まりました。
錦自然農園フルーツストア

スポンサーサイト

生と死のまんなか

過去に3人くらいの、ごく親しい友人が私に同じことを言いました

そして、その三回とも私はまったく、彼らの気持ちが理解できませんでした。
何を言われたかというと、

「健康診断で、要精密検査といわれた、がんかもしれないといわれた」

というようなことです。言ってはなんですが、ものすごい大騒ぎでした。

それがどうしたの? がんになったらそんなに困る?

と思いました。

本人を前にしてそれはいえませんでしたが、
いえひとりには言いました。
それを機に絶縁されてしまいました。

がんかもしれないといわれてそんなに困るヒトがいるのか、と

おどろく私は、単に想像力が乏しいせいかもしれないと思っていましたが

このたび、彼らの気持ちを追体験することができて、
やっぱりそんなことでおろおろするなんて、理解できない
と思うのでした

しかし
事の発端から半年がすぎた今、私が彼らの気持ちを理解できないのは
1、自分の気持ちに蓋をして無理している
2、やけになっている
などなどの心理的な作為的なかわいそう的な
心のあらわれ
かもしれないと
疑うにしくはないと思って、疑うのを続けていましたが、やはり、どうしても、私のなかには

しぬのがいやだ

という気持ちがないことがわかります
生というのは、生れ転げ落ちてオギャーといった瞬間から死へ向かって一直線
その坂道を邪魔するものはないのであります

健康法とか健康食とかは、趣味みたいな人生のいろどりみたいなもので

とにかく
スキーで
小山をすべりおりていくのが
人生でもあり
例外ないです
よね

それが
わかっているのに

なんで

を特別扱いして
忌避しないといけないと思うのかわからない

と思っています

私が特別変人なのか
まあ最後まで疑わないといけないのは、すでに私の心理的なんたらが病んでいるのか

そういう思いで

トキオの友人あやこさんに昨日でんわしたら

3秒の説明で

わかるーーー


といわれてしまい、あ、よかった


と思いました


私がそう思っているのは、わがだーりんさまにはばればれで
言われちゃったこともあり、
なんて彼はこんなにもかんがよくて、頭がするどいのかとほれぼれしますが


いやいやいや
ここでのろけたいのはありませんので


手術から半年がたとうとしております
ずっと思っていたけど、やっといってもいいかなと

生きているのと死んでいるのの差は
外国に移住するくらいのものではないかと
思っています
それがまちがっている
といえるひとは
死んだことないひとが
生きているヒトの大部分だから
あまりいないと思いますが
もしいても
反論はいりませんので


うちのだーりんにいわれたのは

キミは自分のことしか考えない

ということ
確かにヒトが死ぬのは私だっていやです
だれもかれも私より長生きしてくれないといやだ

そういう気持ちが私に、養生という観念を生活にいれてくれたのですが

あんまりモチベーションとしてはパワフルではなくて
なんかーーもう少し
ほしいですね

おっとは

くーちゃんが15年はいきるから
くーちゃんを母なき黒シバ犬にしないようにしようと思って15年生存を目標にしなさいといいました

あたし的には、そういうのって、あんまり・・・
くーちゃんは私がいなくても餌も愛も、もらえるもーーん

わやしが
生きることに
前出の三人の友人ほど
真剣にとりくむことができないのは、子がないせいかと、
それは可能性として思いますが

ないもんはないんで、確証を得られません。

アヤコサンが

「明日しんでもおっけー」

といったのは、まさに私の言葉でもありまして

やり残したとか、思い残した、とかぜんぜんない
毎日、毎日、なんとわたしは、めぐまれているのか、かみさまさんくう

と思っています

こんなことを書いていると

わたしはひょっとしてもうすぐ死ぬのかな
とか疑われるかもですが、とりあえず予定はないです

予定なんか、全員ないですよね

最近
周囲に
シヌヒトとか
シヌカモシレナイヒトとか
いますけれど、生と死の間にいるかぎりはみなさま平等ですから
だれも、でかい顔はできません


順番を突如やぶってしまうヒトはいますからね


錦自然農園フルーツストアでは

あの世に行く前に
舌にのせておきたい作物を販売ちう

映画「湯をわかすほどの熱い愛」

今年になってから農園におこった大きな変化はといいますと、
休みをとることを意識しはじめたこと

内布家は、血筋として

仕事しているのが好き

というか

遊んでいるのが罪悪感

なタイプで
えみこ系は、血筋としては遊び人なんですが、えみこ本人は

遊びで楽しむより遊びを仕事にするか仕事を遊びにするほうが楽しいってタイプで

結果このカップルには遊びより仕事、という流れがゴウゴウと流れてしまうんですが


救世主のしばいぬ、くーちゃんの出現により

くーとドライブしたいがために、休みが創出されるようになりました

(定休日を土日祝と設定しておりますが、お客さん対応をさぼっているだけで
けっこう仕事しているふたりだったのでした)

で、本題の映画ですが

いってよかったです

生きている時間をおもいきり楽しむということの重大さを、よりいっそう感じた気がします。
一時間でも、無駄にしてはいけない
無駄に、というのの意味がわからないですが、

悩むとかぐだっとするとか悲しむとか悲観にくれるとかおもしろがるとか
あらゆることができるということを
よろこびなしではいられないという
そんな気持ちになり
帰りの高速道路にのっていました


田舎ではどんな映画も、経費が高い
高速代とガソリン代でひとりあたま5000円は覚悟です
長時間旅行になるのでそこに食費が加わり、映画チケット代がくわわり
一本の映画が都会における大ホールのコンサートに匹敵する出費に・・・・・・・

そうやってみにいくんですから
映画をつくるひとには、がんばってくださいといいたいです

湯を沸かすほどの熱い愛

よかったです


映画以外で心をみたすお買い物は↓
錦自然農園フルーツストア

ちぇっく★

IMG_6131.jpg

自然栽培の大根、ブロッコリー、有機栽培のレタス。がっつりおいしい。塩と亜麻仁油と胡椒で食べました。
今週の野菜セットは、みなさまの反響が非常に大きいので、うれしいです
アタシだってちょっとはがんばってるんですから~♪



今日はちぇっくのひ

結果を医師からきくのは金曜だけど、スタッフに「血液検査の結果みたい」といったら
プリントしてくれました
もろもろの数値をしっかりチェック
ここ数年でいちばんいいじゃん、という数値でした

特に感激したのはへもぐろびん
14なんていったい、いつ以来なのかわからないくらい

遠い昔です

たぶん19歳からそんな数値になったことないですよ
ひんけつ人生でしたから・・・・

手術前は9にやっと届いてましたから・・・・

それが14!


女性ホルモンによる恩恵が薄れていくのでしょうね

ふぇりちんが多い男性のほうが、女性より生活習慣病が多いうんぬんの話を
何年前かあえらに書かせていただいたな

対馬ルリ子先生は
そのページをコピーして講習会につかっていたよ、と人に聞いたな(じまんです)

貧血から脱した

これが今日声を大にしていいたいことです

なんとかマーカーの数値も、一般人のそれでした

例のクスリで、ガタオチに落ちた免疫細胞系の数値も、しっかり復活!!


9月の末からはじまったビョーキライフ★四ヶ月
病人のしっぽが、おしりからずっと重たく垂れ下がって

人という人が

「だいじょうぶですか?」 

ときく

このパターン

(泣)

今月でおわりになるつもりです


びょーきのことはすっかりしっかり頭の中から消去してますので

みなさま できうれば ご協力ください


だいじょうぶ じゃないときは

だいじょうぶじゃない!

とアピールできるひとですので

いやもう、鬱陶しいくらいアピールするんですけど

先に、質問なんかされてしまうと

だいじょうぶ

と、反射で答える


そういう人いますねえ


では
水曜日しめきりの野菜せっとは
今週も
ばりうまのレタス、ブロッコリー、大根、にんじん・・・・

まちがいなく入ってます。
今日はレタスの小川さんに電話しましたよ

レタスの反響が大きすぎて!

小川さんには
いつもはみなさまのお言葉をコピーしてファックスするんですけど、
口でいいたくなりました
もうすごーい! って

あいらぶおきゃくさま
率直な感想ほど農家を喜ばせるもんはありませぬ
それをわかってくださってるんですね!

お声は次のがんばりに
まっすぐつながります


ご注文はこちら
錦自然農園フルーツストア

「Gになって何がよかった?」

2017Jan16_1ichigo.jpg
いちごの順番進まなくて申し訳ないです。でも確実に順番は近づいてますので! お取り寄せいちごは自然派より断然早いです。


5years というお客さんが教えてくださったがん患者のコミュニティサイトで
がんになってよかったことは? というアンケートがあったので、友人に質問をしてみました。


元がん患者の友人がいいました。

「老人とか体の不自由な人の席に、若いふつうの人が座っているのを見ると、
外にはそれとわからないだけで、病気を抱えているのだろうって考えるようになった


あ、そうだね
と私も思ったです。

財布に手をつっこんだまま、列が長いのにモタモタしている人は
末梢神経に問題を抱えているのに、自力で生活しようとがんばっているのかもしれない

急に怒りだした、一見短気で困った人に見えるあの人は、
抱えきれない問題を内側に抱えて人に相談する言葉さえみつからないところにいるのかもしれない


ほかには? と友人に続きをうながしたら、


「手術のあと、すごく投げやりになってたけど、周囲の人が心配してくれたのかたくさん仕事くれて
何も考えず仕事ばかりしているうちに時間がすぎていった。

それと、そんなふうに仕事くれた人の気持ちを裏切ってはいけないと、必死でやってたら
仕事の腕もあがったみたいで、どんどん忙しくなっていって、今ではそのとき仕事くれた人から
●●さんがこんなに仕事できる人になるとは、昔は想像できなかった
といってくれるようになった」


よかったねええ
と話聞きながらナミダでそうになりました。


じゃあ私はどうなのか
友人ほど時間がたってないのでまとめるほど客観視できないですが、ひとつだけ、いえることがあります。


とても自分が愛情に恵まれているんだということを身にしみてわかるようになりました。
はじめて会った人、リアルではあったことのないうちのお客さんたち、そして近くや遠くの友人と家族。

日々のくらしが人生
毎日が答えだなあと
そういうことも思います
舌足らずですが説明なしっ

今から作業場いってきまーーす



野菜セットのお申し込みは水曜正午まで!
今がいちばんおいしい有機JAS白菜、無農薬ホウレンソウにじゃがいもにさつまいもに・・・
寒さに凍えているのは人間だけで、野菜はパワーをますます蓄えてます
クマモトのタクマシイ、タマシイこもった野菜セットで来週も元気に過ごしましょう!
ご注文は

錦自然農園フルーツストア