自然栽培? 有機栽培?

錦自然農園は、肥料をやらない農業をやってます。

ヌカとか、竹パウダーとか、炭とかを使ってみた時期もありますが、
基本は、野菜にも果樹にも、いっさいの施肥をしない。


なのに、二週間ほどまえ、
「肥料やろうかな」とおっとがつぶやいた。
太秋柿の収穫が始まってすぐのころ、ちょっと淡いかんじがしたんですね。柿の味が。

「コレって肥料やってないから?」と私がきくと、
「わからん」と返事がかえってきましたが、ややあって
「肥料やろうかな」

と続いた。
私はそれを聞いて、なんと言ったでしょう?


A 「なんで! そんなことしたら自然栽培じゃなくなるじゃない!」
B 「肥料やったら、もっとおいしくなるね」
C 「なんで肥料やらないことにしたんだっけ?」


Aは、ないです。
自然栽培という言葉に、こだわってないです。
自然栽培という言葉は大好きです。


Bは、じつに微妙。

肥料をやらないほうがおいしい作物と、
肥料やったほうがおいしい作物があるかもしれません。

味をよくするために、肥料はやるべきでない、と信じる人、
味をよくするために、肥料をやるべきだ、と信じる人、両方います。


桃のように水気の多いものはものすごく顕著に、肥料が抜けたほうがおいしい(と感じます)。
肥料(窒素分)の過剰がなくなるとどんなに雨が降っても、必要以上の水を吸い上げないので、味が落ちません。

ニンジンは、どうでしょう。
飲み会に、ニンジン栽培者がもってきた二種類のニンジンがありました。
品種は同じ黒田五寸。栽培法は両方無農薬。一方は有機JAS、一方は自然栽培。
ともに、おいしいものを作る、うちで販売させてもらうこともある農家です。
場所の提供者の機転で、両方、その場でジュースにしてくれました。

自然栽培と有機無農薬栽培のニンジンは、「どちらがおいしいか?」
ブラインドで味くらべをすることになりました。

結果、
多数の挙手を得たのは、有機栽培のにんじんだった。
私がより美味しいと思ったジュースが、有機のほうだったと知ったときは軽くショックでした。
自然栽培のほうはあっさりすっきりしていて、有機のほうは糖度が高いと感じました。


お米、たまねぎ、じゃがいも、しょうが、ごぼう、果物全般では、肥料なしの味わいは感動的においしいと思います。

体にすいすい入るし、美味しいだけではなく、心を動かすものがあります。

とはいっても、味の感度は、人によって違うので、絶対的な話ではないです。
これまで何を食べてきたかで、美味しいと思うものが変わりますから。



で、どうでもいい話に戻りますが、Cが答えです。

肥料やらないって決めたのはなんでだった? 原点はどこだっっけ
とふたりでしばし、頭をめぐらせてみました。

うちで作る作物のすべてに対して、肥料やらないことにした最大の理由は、

農薬を削減することによるデメリットがなくなるから 

桃は肥料をやらなくなって、肥料やってた時代には深く悩まされていた虫害がほぼなくなった。
ブドウも、病害、虫害とも問題視するほどに、起こってない

太秋柿に関してだけは、無肥料にしたところで問題はまったくぜんぜん解決しません。
虫害病害、ガンガン出ます。

かつて、肥料も農薬も世間の3割とはいえちゃんとやって、切り上げ剪定もしなかった時代がありました。
そのころの収穫量には、はるかに遠くおよばないままです。

肥料やらないほうが味がよくなることが多いといいましたが

太秋柿は、収穫する時期による味の差が大きいのかも。
収穫期の終了間際は、アリが発送中の箱にのぼってくるほど糖度が高いですが
前半は、そこまでいかない。
ジャー、全部後半まで収穫まってれば?
そうすると、虫害鳥害が収穫そのものをダメにする可能性が高まります。

この柿の場合は、肥料の有無が
味にも、病害虫の発生頻度にも、影響しない可能性を疑ってます。


肥料を使う人は、多くの場合、収穫量を増やすために使うようですが、
意外な理由で肥料を使う人もいます。


稲作を無農薬で行う人の、最大の問題である雑草問題が、肥料で軽減されるのだそうです。
ぬかをまくと、草が生えなくなるというのです。

大量のぬかではなく、菌類がうまく育つことを目的に少量まくそうです。

そうすれば、無農薬栽培にかえて年数がさほどたってなくても、雑草問題に悩まないのだとか。

これを実行する農家が周囲に何軒もあるようです。


でも
ぬかをまくと、有機栽培になってしまって、
自然栽培とは呼べなくなる
それが痛いとこです

有機・無農薬栽培としてがっつり有機肥料を使うところに比べたら、収穫量はまったく少ない。
でも味は、自然栽培の米のもつおいしさをもっている。

自然栽培というカテゴリーで販売できないということは
自然栽培の特長である収穫量の少なさを補う付加価値がつくられない、ということ。

自宅用ならいいのです。草をとる莫大な労力を軽減し、本当においしい自然栽培米を作れるから。


つくづく言葉でカテゴライズするのは、何かを切り捨てる作業だと思います。

有機肥料
にしても、言葉がさすものはとっても幅広く、地球を豊かに循環させてくれる有機肥料もあるし、
土を無力化する有機肥料もあるし、
言葉だけでみていると、さまざまな異見があるのも当然。

自然栽培や自然農法は、ずっとシンプルなはずが、
そうでもない。人によって微妙に違う。



信条では農業していないため、胸をはって、「うちは●●農法です」といえるものがない錦自然農園。
カテゴリーやラベルが看板にないことのデメリットは、マーケティングが弱いこと。。。。
だと思っていました。

でも近年、長年のお客様たちが

「無農薬とか無肥料とかの言葉にこだわっていたからオタクにたどりついたのに、
何度も買っているうちに、言葉より大事なのは作っている人の心だと気づいた」

といってくださる。しかも、何人もいるのです。驚きです。
マーケティングなんて高等戦略はうちには無理なので、
本当にありがたいことだと思っています。


最後になりましたが、太秋柿が今季終了しました。
ご注文を受けながらお送りできなかった多くの皆様にはこちらからメールをお送りしておりますので
もう少々お待ちくださいませ。
来年も無農薬、無肥料は続けると思いますが、道は何年たっても険しいままです。



おいしくて安全な野菜と米とお茶と加工品は
錦自然農園フルーツストア

スポンサーサイト

今週の野菜セットと栗

今週の野菜リストです。
遅くなりすみません。

栗の収穫発送はじまりました。
栗の最初の品種である「丹沢」が、予想より少ないです。そして小さいです。
でも、例年より美味しいです。

肥料農薬をやらずに育てる果樹は、少雨の影響を如実にうけます。
つまり小さくなりがり。でも、味はそういうときのほうが、ぐっとつまっておいしくなります。

今の品種に続く品種も、続々でますので、丹波のご注文の方に続く品種をお届けしないといけないかもですが、
味わい的には、この調子で上がっていきますので、お愉しみに。



●大根(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 松岡さん/宮崎の山の上まで通って無農薬野菜を栽培されています。
宮崎県の椎葉村に毎日通っている農家です。大根は、小ぶりの時期だからこそ味わえるおいしさがあります。大根の実より栄養満点なのは葉っぱです。ざくざく切って塩して水出しして、ご飯にまぜても、卵焼きに混ぜても、そのままつまんでも、サラダに加えても。

●なす(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 高田さん/おいしい無農薬野菜の作者で地元の直売店では品切れ必至
うちでも、ナスを昔作っていたことがあります。無農薬栽培は実に難しかった。結果的に、虫害がひどく売り物にはできませんでした。それを思うと、ベテラン野菜作家・高田さんはさすがだなあと思います。今回、虫食いや傷が少々あるのも入れています。高田さんでさえ、売り物にできない膨大な虫食いナスがバックステージにあるんです。到着までの時間で何が起こるかわからないから、傷のひどいものは送れませんが、できることならどれもお送りしたかった。もったいないですもんね。

●甘長とうがらし(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 岡前さん/パプリカが病気で全滅したのが残念
使い方はピーマンとかなり近い、同じ、といっても差し支えないと思います。油で炒めて、醤油、みりんと酒、水をくわえて煮て、花鰹をどさっといれる簡単レシピもいいですし、天ぷらにしてもいいですね。

●じゃがいも(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 植田さん/無農薬、無肥料にこだわる野菜農家。
小ぶりのものをつめてもらいました。肥料を使わないでじゃがいもを作るのは簡単じゃないです。逆に肥料を使いすぎているじゃがいもは、世間にざらにあります。うちではマッシュポテトをよくつくります。ゆでて柔らかくしたものの皮をむいて熱いうちに多めのバターと塩と酢、生卵を全卵か黄身のみ一個、オレガノもはちみつも入れて混ぜます。丸ごとすあげにしてもおいしいとおもいます。

●たまねぎ(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 植田さん/無農薬・無肥料にこだわる野菜農家。
たまねぎも年間をとおしていろいろなタイプのものをお届けしていますが、この品種は初めてかと思います。七宝たまねぎといいます。スライスして梅干とおかかとそうめんのつゆを少々いれて和えたり、普通に煮物に使ったり。

●おくら(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 豊永さん/無肥料、無農薬で野菜を作っているベテラン農家です。
ワケアリ品と正規品を混ぜてお願いしました。ワケアリといっても大きさがそろわないと、JA的に規格外になるという慣例に従っているだけ。

●ねぎ(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 白谷さん/無肥料にかぎりなく近い、無農薬ねぎにこだわる農家
ねぎの無農薬は簡単そうで、簡単じゃありません。広大なねぎ畑をすべて無農薬でつくる白谷さん夫婦は、いつもニコニコ、ご夫婦で農業に励まれています。

●にんにく(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 岡前さん/女ひとり農業で、農薬を減らす地道な努力をされています。
無農薬栽培で、天日で自然乾燥させてお届けします。表面は汚いですが、皮をむいたらきれいです。ニンニクは免疫をあげる野菜のトップにあげられています。500gから4キロまでの量での販売も行っています。醤油づけにしたり、オリーブオイル漬けにして保存するとお料理に使いやすく、長持ちします。うす皮までむいてから、冷凍すると、相当長持ちします。

●トマト(低農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 西さん/低農薬でおいしいトマトを作る努力家の農家。
庭でなるトマトは夏が盛りですが、トマト農家は盛夏にお休みし、夏の終わりから晩春がオンシーズン。収穫が始まったばかりのトマトは、ちょっと酸味があります。ミニトマトは、来年の初夏まで1キロ単位で当園のサイトで販売します。



ブドウ、栗、野菜のご注文は、
錦自然農園フルーツストア

今週の野菜セット&球磨川音楽祭

2017Aug22_2.jpg

七年も住みながら知らずにいた「球磨川音楽祭」に初めて行きました。
メインは木野雅之さんという、日本フィルのコンサートマスター。
え? と思わず資料を三度見してしまいました。
ピアノ伴奏は、小川哲朗さん。
しかし、伴奏ピアニストというには失礼すぎる、すばらしいピアニストで、
看板には「木野雅之ヴァイオリンコンサート」とかいてあったけど、お二人のコンサートでした。

演奏はアルヴォ・ペルトから始まりました。すごく懐かしい名前。
20代のはじめころ、人気があり、とてもすきな作曲家だったけど、ずーっと忘れてしまっていました。

続いて「クロイツェル・ソナタ」に、「タ・カンパネラ」に「マラゲーニャ」と、有名どころをおさえてくれつつ、
リストやシチェドリン、ヴュータンなどの、小品が続きました。

弦楽器が好きで、バイオリンとチェロが大好きなんです。
多彩で豊かな音をたっぷりと聞けて幸せな二時間でした。
小川さんのリストがとても印象的だったです。

しかし、ベートーベンの名曲の演奏中に、1楽章が終わると盛大に拍手が起こったのは・・・・。
2楽章では間をおかず、すぐに始められた。
拍手が起こったら困る、という判断でしょうね。こんなことは、小さな町のホールならではというか。

それでも、ペアチケットで2000円というのはすばらしい。前日は弦楽四重奏もあったそう。行けばよかった!!!


今週の野菜セットです。

●かぼちゃ(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 錦自然農園/桃とぶどうをつくるあいまに野菜もつくってます。
今日は二種類のかぼちゃがはいっています。どちらもとろっとした食感がスープにあいます。スープは、たまねぎをみじんぎりして油でいため、カボチャを塩茹でしてニンニク、しょうがも投入して柔らかくして、水と固形スープをくわえて、ミキサーなどにかけます。塩コショウで味を調えます。

●大根(無農薬・有機肥料)
・・・・・・・作者 松岡さん/宮崎の山の上まで通って無農薬野菜を栽培されています。
宮崎県の椎葉村に毎日通って野菜や花を作っている農家です。大根の実より栄養満点なのは葉っぱです。ざくざく切って塩して水出しして、ご飯にまぜても、卵焼きに混ぜても、そのままつまんでも、サラダに加えても。

●熊本長なす(低農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 桑原さん/石焼ビザの店をしながらお店用の野菜を作っています
皮が硬いと感じるときは、皮をむいてお使いください。ナスの皮をざっくりとむいて、塩で水出しして、みりん醤油しょうがすりおろしであじをつけた豚肉でいためあわせるのを新聞にのっていたので昨日やってみました。

●ピーマン(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 岡前さん/がんばってます。パプリカは病気で全滅となったそう・・・
今泉久美さんのレシピですが、ピーマンを300g、へたとタネを上から指を押し込んではずし、油で炒めて、味噌とみりんと酒を各大さじ1.5ずつ、水50ccを加え、弱めの中火で5分煮る、焦げそうになったら水を加え、火が通ったらかつお節を。

●じゃがいも(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 植田さん/無農薬、無肥料にこだわる野菜農家。
今回は小ぶりのものをつめてもらいました。肥料を使わないでじゃがいもを作るのは簡単じゃないです。うちではマッシュポテトをよくつくります。ゆでて柔らかくしたものの皮をむいて熱いうちに多めのバターと塩と酢、生卵を全卵か黄身のみ一個、オレガノもはちみつも入れて混ぜます。丸ごとすあげにしてもおいしいとおもいます。

●おくら(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 豊永さん/無肥料、無農薬で野菜を作っているベテラン農家です。
今回もたくさん食べていただくために、ワケアリ品をお願いしました。ワケアリといっても大きさがそろわないと、JA的に規格外になるという慣例に従っているだけ。うちのワケアリ葡萄も房が小さいとか、粒が取れているというのがワケアリになっているだけで、虫食いとか病気とかそういうのではないのです。

●ねぎ(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 白谷さん/無肥料にかぎりなく近い、無農薬ねぎにこだわる農家
ねぎの無農薬は簡単そうで、簡単じゃありません。広大なねぎ畑をすべて無農薬でつくる白谷さん夫婦は、いつもニコニコ、ご夫婦で農業に励まれています。

●にんにく(無農薬・無肥料)
・・・・・・・作者 錦自然農園/桃とぶどうをつくるあいまに野菜もつくってます。
小さいですが無農薬無肥料のニンニクもまた珍しいのです。ニンニクは免疫をあげる野菜のトップにあげられています。

●トマト(低農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 西さん/低農薬でおいしいトマトを作る努力家の農家。
収穫が始まったばかりのトマトは、ちょっと酸味があります。ミニトマトは、来年の初夏まで1キロ単位で当園のサイトで販売します。


水曜締切の野菜セット、
収穫まっさかりの葡萄、
もうすぐ収穫が始まる(9月初めかな)栗、
お米(新米は9月末から発送)などのご注文は

錦自然農園フルーツストア

今週の野菜セットです

yasai20170818.jpg
大根は、さっそく大根おろしにしてサンマの塩焼きに添えていただきました。


●大根(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 松岡さん/宮崎の山の上まで通って無農薬野菜を栽培されています。
宮崎県の椎葉村に毎日通って野菜や花を作っている農家です。今回の大根は、これからもっと大きくなっていきます。でも小ぶりの時期だからこそ味わえるおいしさがあります。

●熊本長なす(低農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 桑原さん/石焼ビザの店をしながらお店用の野菜を作っています
今日はずいぶんたくさんいれてくれました。皮が硬いと感じるときは、皮をむいてお使いください。

●ピーマン(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 岡前さん/がんばってます。パプリカは病気で全滅となったそう・・・
今泉久美さんのレシピですが、ピーマンを300g、へたとタネを上から指を押し込んではずし、油で炒めて、味噌とみりんと酒を各大さじ1.5ずつ、水50ccを加え、弱めの中火で5分煮る、焦げそうになったら水を加え、火が通ったらかつお節を。

●空芯菜(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 錦自然農園/葡萄と桃と野菜の収穫で朝からバタバタ
空芯菜は、中華料理店で必ず頼む大好きなメニューでした。油を熱してみじん切りのニンニクを炒め、先に茎を、続いて葉を投入します。塩コショウで味付けてもいいですし、オイスターソースもナンプラーも、オイルではなくバターもあいます。

●じゃがいも(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 植田さん/無農薬、無肥料にこだわる野菜農家。
たかがじゃがいも、という見方もありますが、肥料を使わないでじゃがいもを作るのは簡単じゃないです。逆に肥料を使いすぎているじゃがいもは、世間にざらにあります。植田さんのじゃがいもは、そういう意味で、貴重ですし、美味しさで人気なんです。

●おくら(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 豊永さん/無肥料、無農薬で野菜を作っているベテラン農家です。
今回もたくさん食べていただくために、ワケアリ品をお願いしました。ワケアリといっても大きさがそろわないと、JA的に規格外になるという慣例に従っているだけ。うちのワケアリ葡萄も房が小さいとか、粒が取れているというのがワケアリになっているだけで、虫食いとか病気とかそういうのではないのです。

●ねぎ(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 白谷さん/無肥料にかぎりなく近い、無農薬ねぎにこだわる農家
ねぎの無農薬は簡単そうで、簡単じゃありません。広大なねぎ畑をすべて無農薬でつくる白谷さん夫婦は、いつもニコニコ、ご夫婦で農業に励まれています。

●赤たまねぎ(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 白谷さん/無肥料にかぎりなく近い、無農薬ねぎにこだわる農家
繊維に沿って薄く切り、塩とオイルとレモンであえてサラダにするのもいいですが、普通のたまねぎと同じように煮物に入れても、焼いてもおいしいです。

●にんにく(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 錦自然農園/桃とぶどうをつくるあいまに野菜もつくってます。
小さいですが無農薬無肥料のニンニクもまた珍しいのです。ニンニクは免疫をあげる野菜のトップにあげられています。

●トマト(低農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 西さん/低農薬でおいしいトマトを作る努力家の農家。
庭でなるトマトは夏が盛りですが、トマト農家は夏の終わりから初夏までがシーズン。収穫が始まったばかりのトマトは、ちょっと酸味があります。


葡萄と、野菜セットと、栗と、お米と・・・・・のご注文は
錦自然農園フルーツストア

今週の野菜セットです(8月4日発送分)

今週から、野菜セットの内容を週末にお知らせすることにします。
お買い上げのお客さまは、金曜の夜か土曜にチェックいただけると、
到着前に内容を知ることができます。

今週の野菜です。

●大根(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 松岡さん/宮崎の山の上まで通って無農薬野菜を栽培されています。
ようやく出てきました。松岡さんの野菜。宮崎県の椎葉村に毎日通って野菜や花を作っている農家です。
今回の大根は、これからもっと大きくなっていきます。でも小ぶりの時期だからこそ味わえるおいしさがあります。
いつも言っていることですが、葉もどうぞ召し上がってください。実より栄養満点です。

●サラダ菜(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 松岡さん/宮崎の山上まで通って無農薬野菜を栽培されています。
梅雨あけの時期のサラダ菜は水分が多くておいしいぶん、傷みが早いという欠点があります。お早めにどうぞ。

●なす(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 高田さん/無農薬のおいしい野菜を作ることで地元でも人気の農家。
夏のナスの食べ方はさまざまですが、うちでいちばんよく作るなすび料理は、じつはお味噌汁。
ちょっと大きめに切ってくたくたに煮て。。。というのが好きです。

●ピーマン(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 高田さん/無農薬のおいしい野菜を作ることで地元でも人気の農家
ピーマンも夏の定番。ざくざくきって、油で炒めて、もいいですが、果肉が薄いこの品種は輪切にして生でサラダに加えてもおいしいです。

●にら(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 岡前さん/農薬をなるべく使わない工夫をがんばっている農家です。
にらは、肥料の使い方で質に差が大きくでます。たまに生産者を探すために、知らないご近所さんのニラを買ってみます。
差が歴然だったりします。

●じゃがいも(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 植田さん/無農薬、無肥料にこだわる野菜農家。
たかがじゃがいも、という見方もありますが、肥料を使わないでじゃがいもを作るのは簡単じゃないです。
逆に堆肥を使いすぎているじゃがいもは、世間にざらにあります。
植田さんのじゃがいもは、そういう意味で、貴重ですし、美味しさで人気です。

●おくら(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 豊永さん/無肥料、無農薬で野菜を作っているベテラン農家です。
今回もたくさん食べていただくために、ワケアリ品をお願いしました。前回、ワケアリ品をいただいたのですが、
こんなにいいオクラがわけありだとか、販売できないとかは、もったいないと思いました。
生でも、ゆでても、焼いても、煮ても、おいしく召し上がっていただけます。

●みょうが(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 豊永さん/無肥料、無農薬で野菜を作っているベテラン農家です。
みょうがも豊永さんの手にかかると、特別おいしい。ひややっこの薬味にしたり、お味噌汁の具にしても。
半分に切って、きった面に味噌をつけて、魚焼きグリルで焼くと、おいしいおつまみになります。

●ねぎ(無農薬・有機肥料)・・・・・・・作者 白谷さん/無肥料にかぎりなく近い、無農薬ねぎにこだわる農家
ねぎの無農薬は簡単そうで、簡単じゃありません。
広大なねぎ畑をすべて無農薬でつくる白谷さんも、最初は失敗が多かったみたいです。
そうしたことを乗り越えて、いつもニコニコ、ご夫婦で農業に励まれています。

●にんにく(無農薬・無肥料)・・・・・・・作者 錦自然農園/桃とぶどうをつくるあいまに野菜もつくってます。
小さいですが無農薬無肥料のニンニクもまた珍しいのです。週末からジャンボニンニク(無農薬・有機)を販売します。
糖度10のおいしいにんにく。こちらもぜひチェックしてください。
ニンニクは免疫をあげる野菜の代表選手。



8月11日の夏季休暇のため野菜発送はお休みをいただきます。
次回は8月18日発送

錦自然農園フルーツストア