玄米のススメ

genmai.jpg

昨年末、ニューヨークから友人が来たとき、二人で
球磨村の川辺の土手に座って食べたお弁当です。

酵素玄米のおにぎりに、
うめぼし、高菜漬け、明太子、大根の漬物がはいってます
酵素玄米は、お弁当にするとおいしさがさらにアップ!
と思ってます。
海苔や梅干との相性がいいせいでしょうか。


玄米も白米もどちらも好きなので、
ふだんは一定しないのですが(同時に白・黒両方炊いていることも珍しくない)
年明けからは玄米が多くなってます。

内布家は、半世紀前から玄米が主食だったそうで、
夫も物心ついたときから玄米。
お弁当も玄米。
学校中で、ほかに茶色いごはん持ってきている人がいなかったらしいと、しゅうとめがいってました。

私と玄米の出会いは、20代後半。
ニューヨークで買った、まだ日本に入ってなかったルクルーゼで炊いてましたが
その後、炊飯器で玄米が炊けるようになって、たまに玄米を炊いてましたが
たいしておいしくなかった(笑)

開眼したのはその数年後。
友人宅で、長岡式酵素玄米を食べたときでした。

「なにこれ、すんごい、おいしい」
と、人んちにきていきなり三杯もおかわりしてしまいました。
おかずはお味噌汁と、白菜の煮付けだけだったけど、
ごはんのおいしさで、おかずなんかいらないわ状態。

その友人はそれからすぐに海外に移住し、
もういらないからと、長岡式の炊飯道具一式を貰い受けました。

今にいたるまでそれを使っています。

玄米が嫌いとか、おいしくないとかいう声をとてもよく聞きます。
どうしても玄米とは相容れない人もいると思いますが、
おいしい玄米に出会ってないだけもしれないと思ってしまいます。


最近は長岡式の炊き方のめんどくささが時流に反するのか、
手軽に美味しく炊ける炊飯器が出ています。

発芽させて酵素玄米にする「クック圧力名人」というのがすごいのです。
知人宅で絶賛しているので食べさせていただき、ほんとにおいしいなと思いました。

うちの長岡式のセットは20年選手ですが壊れないので、買うことはないと思いますが。


最近は発芽玄米にして、長岡式で炊くというのもときどきやってます。
かなりおいしいです。

ふたりで、一日三合のごはんをぺろりと食べてしまって
「食べすぎかな」
と微妙に反省したりしますが、玄米はいっぱい食べても太らないので、まあ、大丈夫。

(東京でひとり暮らししているときの私は、毎食三杯、酵素玄米を食べていました。
おかずはシンプルに納豆、味噌汁、あと一品くらいでも十分シアワセになれました♪)


お客さんから「オタクの米は発芽しますか」と聞かれたことがありまして、
発芽しない米があるのだろうか、と疑問に思い、
あれこれ試しましたが、
農薬を使っている、普通の栽培方法の米でも、発芽はしましたので、
発芽しないのはどういうお米?
と最近米農家に聞いたら、
「傷ついているとか、古いとか?」
と、あいまいなお返事でございました。

発芽させるほうがGABAがでて健康的だから、というのは考えてなくて
発芽させたほうがおいしいと感じるのでそうしています。
発芽を確認するのも楽しくて。

発芽のさせかたは、40度くらいのお湯に一日つけておくだけです。
温度が下がらないように大きな鍋などでくるんでいますが、6時間くらい微温が保てればいいんじゃないか
というかんじで、厳密なことはなにもしれいません。


発芽させた玄米を酵素玄米にするのは健康的ではないという意見があるそうです。
いまのところそういうことにもかまっていません(笑)


どんなスタイルで玄米を炊いてもは、玄米って噛むごとにおいしくなるので、たくさん噛みます。

酵素玄米は、やわらかくて、モチモチしているので、
消化のためにはそれほど噛む必要がありませんが、
噛むほど唾液がでて消化酵素が出るという意見は採用して、
百回目標(あくまで目標)で噛んでいます。
ときに二百回噛んでいるというつわものの話も聞きます。
昨日それにもチャレンジしてみましたが、
ランチタイムがなかなか終わらず、フルコースのディナー並みの時間がかかり、
残されて給食食べている人みたいでした。
ランチ食べているうちに佐川さんが集荷に来てしまって、「えーもう夕方!」と、あわてました

・・・・まあスキズキですから。適当に流してください・・・・


JJ米の順子さんのとこにいくと、いつもおいしいご飯が食べられます。
先日は、大きな土鍋で3時間くらいことこと炊いた玄米が、柔らかくてめちゃくちゃにおいしゅうございました。

江戸時代の都市部では、白米を食べたそうですが、
燃料にする薪の調達が難しかったからだそうですね。
玄米だと調理時間が長くなるから、どうしても燃料が余計に必要になりますね。

だから現代は、各種圧力鍋や、上記のような玄米専用の電気釜など、便利な道具がうまれ
誰でもおいしい玄米を食べられるようになりました。
いい時代です。

圧力鍋や電気釜は健康的にはよくない!
という説もあるそうですが、あまりかまってません


とにかくおいしく炊けた玄米は、どんな食事にもまさるおいしさです


実家では二人暮らしなのに、母は酵素玄米、父は白米で、二種類を炊いていました。
どちらかが無理するより、その方法もいいと思います。




美味しいお米と野菜は
錦自然農園フルーツストア

 
スポンサーサイト

3日断食の感想

ダンジキ・・・・・

2日まではしたことあったけれど、
3日はしたことがなかったのでやってみました。

断食に入る前も、一日一食で小食には慣れていましたが
いざ入ってみると、それほど空腹はなかったのでした。

空腹よりアタマがぼよんとするのは、困りました。
毎日犬の散歩に出かけるくらいの体力はありましたが、あまり長くは歩けなかったですね(5キロ目標は無理でした)。


三日間の間も、何もとらないのではなく、

野菜スープと玄米養生スープと焙じ茶とかは飲んでいました。

だからおなかがすかなかった、ともいえますね。


もともと大腸が不調なのですが、ふだんよりお通じがよかったのは
うれしい驚きでした

気のせいかもしれないけど、シミが少し薄くなっているような気もします。
気のせいかな。


終わったあとも、がーっと食欲に燃えるような気持ちにはならず、
ゆっくり玄米のおかゆなどを食べています


この状況を少しずつならしていき、もう少し長く出来るようになるといいなあと
思っていますが
ビョーキもちは自分でやらないで施設でやれ、という声もありますので
3日くらいを習慣にするのが、いいのかもしれません。


ダンジキしていなくてもそうですが、
野菜スープの存在にはすごく助けられています。
自然栽培と有機栽培の野菜の微妙な差がわかりはじめたような。。。。

気のせいかもしれませんが

自然栽培の野菜しか食べないというヒトがいるそうですが、高いハードルをあえてする意味が
少し判ってきたような。。。。。

しかし自分で、れんこんやゴボウや白菜を作るのは無理だし。
自然栽培オンリーの食生活は、むずかしいですね

でも先はわかりません

もうすこし私が野菜作れるといいんですけど

結局、わたしにかかっております

昨日フィンドホーンの本を久しぶりに読み返して、
かの地では、肥料をたくさんやって、痩せた土地に野菜を作る
というくだりを読み、肥料がなければ、フィンドホーンで生産性を高めることは本当に無理なのかどうか
ちょっと考えていました。

次に海外いくのは、フィンドホーン、と思いつきました
畑見学したいです

でも、堆肥ばりばりなかんじもするな

もっと別のところにいきたいかも
自然栽培で美味しい野菜を、バラエティ豊かに、大量に作っているところ
どこですか?
海の向こうじゃなさそうですね。




お野菜、蕎麦などは水曜正午締切ですよーー。
無農薬のゴボウ、里芋・有機JASの白菜、ニンジンが人気です

錦自然農園フルーツストア


燻製にこってる人

2017Mar7_2.jpg

このごろ、うちのかれがめちゃくちゃ凝ってくれてるのが燻製づくり。
作ることじたいは、何年もしていましたが、最近、「これだ」という作り方にたどり着いたようで、
前よりずっと、プロっぽくなってきました。

ハムとかソーセージのたぐいは、オーガニックにこだわる派にとっては、
いちばん鬼門ですよね
「ソーセージなんか買ったことない」と、言う人けっこういますよね。実母もそう。
添加物のはいったのもらったら、うちにもってきます。


ただいま、生ハムにも挑戦中です。
いやー無理でしょう、と思いますが、毎日、細かく世話していますよ(忙しいのに、たいしたもんですよ)。

パルマの生ハムならぬ、クマの生ハム

桃の収穫まえのお仕事として定着するのもあり?

桃の収穫まえのお仕事といえば、現在は、いちご。

これが今年で終わっちゃうかもしれませんから、
いろんなことを、考えたり、チャレンジしたりするのが好きな農園は、またしても・・・・・・


2017Mar7_4.jpg


おっとと時間が、作ってくれたものを料理するのは、かなり楽しいです。

手をかけなくても、おいしくなるから。

右手に見えるサーモンの燻製、いちばん美味しいと思いました。

器から飛び出している硬そうなやつは、ささみの燻製です。
ビーフジャーキーならぬ、チキンジャーキー
たいそう評判でした

手まえのフライパンは、豚ばら肉の燻製とレンズ豆の煮込みです。

緑のチラチラのっているのは、各種のセリ。

パクチーも入ってます。
先週の野菜セットにパクチーいれましたが、みなさまから、おいしかった、という声をいただき、
ホッとしました。

嫌いな人は、お申し出ください。入れませんので。
でも、パクチーには、重金属のデトックスなどに効能があるそうですから
早春のデトックスシーズンに召し上がるには、ぴったりだと思います。


昨日は、鶏むね肉の燻製を煮込み料理に使いました。
これもけっこういけました。

野菜セットの、レタス、ブロッコリー、大根、人参、里芋をいれて、どういうできあがりになるのか
予測なしで、煮込んでいきましたら、あらまあ、おいしい。私がいちばんびっくり。
味付けは、いりこのだし汁 + ウコン + うちのキムチの残りの汁 + 塩 + 最後にパクチー

素材だのみの調理ばかりなので
料理じょうずにはぜんぜん程遠いですが、何も言わないおっとの前で、おいしいねーーと一人で言ってます。



本日正午しめきりの野菜セットはこちらです
錦自然農園フルーツストア


本気でおいしいキムチ鍋&無農薬のレタス・白菜販売

2015Feb5_8.jpg

以前もあげた記事ですが、レシピがやくにたつかもしれないので、またアップしました。

HIYAMAYAのコチュジャンと、無添加キムチでござります
コチュジャンもキムチも
材料はほとんど九州産で、添加物のないもの、農薬の少ないものにこだわっています
唐辛子は両者とも韓国産です

いま、キムチは少し時間いただきますが、ご注文をうけつけています
コチュジャンもキムチも、錦自然農園フルーツストアでお求めいただけます。

キムチによくあうミニトマト(プチ?)も、無農薬栽培で驚くほどおいしいレタスもアップしました。

retasu1.jpg

自分でキムチつくりたい人のための白菜もお買い求めいただけるようにしましたので、
みてみてください。

うちの剪定のせんせいからは、「無農薬の果樹つくりより、葉物の無農薬のほうがずっとむずかしい」
と初めてあったときにいわれました

どっちもたいへんな思いをしながら、お客さまがご愛顧くださるのを支えにがんばってます!



以下は今年二月の当ブログの再掲★
現在、園主は剪定ではなく、イチゴの世話に追われてます! 

>>>>>

2015Feb5_7.jpg


今日の写真はすべて剪定中の園主を桃園から呼び出して、撮影してもらいました
鍋という刻々変化していくものを撮るのはやっぱりむずかしいですね

2015Feb5_5_2015020520500361a.jpg

撮影すんだら食べようね♪

というと「オレにそんな暇はないんだよ」というお返事でしたが
「一口食べてみる?」とよそいましたら
なべ底まできれーーーに食べ切ってしまった

超うまですよ
剪定でてんぱってるダーリンのハートをやさしく癒します☆

剪定でてんぱってるダーリンなどいないという人にも役立つレシピをざっと書きますと

●材料●(2人分)

2015Feb5_6.jpg

錦自然農園の無添加キムチ(100~200g)
HIYAMAYAのコチュジャン(10g)
しょうが(20gくらいを千切りに)
にぼしをあらかじめ水に浸しておき、直前に10分くらい煮て漉して、だしをとっておく(二人分なら600~700ccくらい)
豚ばら肉(100g~200g)
あさり(だしを出すためには10個もあれば)
豆腐(絹ごしをオススメ)
味噌(大さじ1~2)
【野菜類】しめじ、しいたけ、ねぎ、にら、春菊、ほうれん草、にんじん、もやし、豆苗、キャベツ、油揚げ、春雨、しらたきなどからのお好みのもの

●つくりかた●
1、しょうがをごま油で香りがでるまで炒める
2、そこにキムチと豚肉をいれて炒める。

2015Feb5_1.jpg

3、そこにだし汁とコチュジャンと具材をいれまして、好みの味になるまでぐつぐつ煮る

4、最後にお味噌を溶きいれますと、味わいますますよろしくなりまする

5、〆はうどんでも雑炊でもおいしいですが、キムチにはチーズがあいますので、雑炊に粉チーズなどかけますと、よりうまうまです。


錦自然農園フルーツストアへGOOOOOOOO☆(ぐーじゃなくてごお!)

農薬をちゃんと使う人をリスペクトしてます

今日も野菜セットの発送をしていました

たいへんです
繊細なことはしてないですが、それでも十いくつのアイテムを
あれこれふさわしい形に梱包して、箱に収める作業は、気がつくと何時間も経過しているし
終わったら疲労コンパイ
園主は
いちごとか桃とかの梱包でこういう神経は10年つかってきているので
梱包作業に相当な腕前をお持ちなんですが、「やってー」というと
ほかのことができないので私がするんですねえ

今日発送したものも
ほとんどが農薬フリーの野菜たちでした
使ってるのもありますが、ちょっとというレベルです

無農薬だけを推奨しているわけではない、というのが野菜セットを販売しはじめたときの
そもそもの気持ち

でもご近所で親しくしている農家が圧倒的に無農薬系が多いうえ、
錦自然農園で野菜つくれば農薬かけるわけないんで、
無農薬野菜がどかどか集まってしまいます。

だからこそ、上田さんや岡前さんのような
農薬を控えめにすることを心がけつつ、必要なところに化学肥料も使いつつ、
おいしい野菜を作ることに気合をいれている人の野菜をいただけることがうれしいです
本当に感謝です

なすびを無農薬で作る、それも大規模につくる内山さんのような人からなすびをいただけるのもうれしいですねえ
なすは農薬使うんですよ、普通はたーーーっぷり
「もうこんなたいへんなことは今年でやめる」

そんな言葉がいつも聞こえてきますが、「ほんとですか」と聞くと
「近所のひとが漬けもんにするって楽しみにしとるからやめられんな」ですって。
内山さんの野菜は港区や渋谷区のナチュラルなんとかでは目玉が飛び出る価格札で売られてます
(冬場、キムチで使わせていただく白菜も内山さん作)

岡前さんの甘長唐辛子はますます好調
しゅうとめは、私が甘長のおすそわけを持っていくたびに
「これは本当においしいねえ、こういうの作ってくれてうれしいねえ」といいます

岡前さんにいっときます、と毎回言いながら、忘れてしまうわたしです

岡前さんのパプリカは先週お送りしたら島田シェフにみそめられ、
今週は全量、西麻布のイタリアンレストラン「チャオベッラ」にお嫁入り

植田さんの自然栽培じゃがいもは、今週は小さめのものをお願いしました
ちびじゃがを蒸して、素揚げして、アンチョビで和えるの、人吉のイタリアンレストランで大人気です
お届けする皆様もどうぞ。いつも同封しているレシピ欄に書き忘れました。

さきほど、ちょっと無理して「自然栽培」ということばを使いました
岡前さんたち、農薬ちゃんと使う人をリスペクトしている私たちは
自然ってどっちのこと? とよくいってます
農薬が必要なときには適正に農薬を使うのが「自然」、と私たちはその姿勢を応援してます

でも無理してがんばるひと(当園含む)も応援します

ここまで書いたらふつう写真あげるだろ~

と思うけど本日佐川のトラックが入ってきてもまだ作業終わらずばたばたばたばた写真とる時間なしでした

暑いけど日盛りの下で労する苦痛より虫害や病害に悩みを深めながら
これならいい?とわたしてくれた農家のみなさまにさんきゅうでございます

(園主にもさんきゅう。「果樹しながらこんなにやれるんですか」
と驚かれる力量発揮してます)



★★★火・木曜発送野菜セット、消毒ゼロのぶどう、桃&ブルーベリージャム、たまご、無農薬栽培米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村