2017年の桃、終わりました



今季の桃が、たった今終わりました。

いつ終わるのかヒヤヒヤしていましたが、「今日で終わり」という一方的な宣言が、早朝畑から帰ってきた夫から下され、あっけなく終わりました。
「送りますよ、今日か明日ですよ」と本気で思っていたから、様子をお尋ねになっていたお客さんたちに言ってたのですが、
大うそつきになってしまいました。


●お送りできなかった方には、葡萄での代替、振込みでのお返し、ポイントでのお返しなどからお選びいただきたく、
個別にメールを差し上げます。
●クレジットや代引きでのお買い物の方には、
お支払いがまだ発生していないという理由で、一方的な、キャンセルさせてください、というメールになりますことお許しください。


川中島白桃は、毎年、それしか注文されない人もいるくらい人気の高い品種ですが、
今年はとくに美味しかった・・・・
個人的感想です。お客さまに送った数が少ないせいもありますが、最初の品種「ちよひめ」ほどに反響はなかったです。

食べるたびに、「これ、最高」とか「缶詰みたい」とか、目の前のオットを賛辞しながら、むしゃむしゃと食べていました。

でも、収穫率は3割。
10の仕事のうち、7が無駄になります。

花が散った4月、小さな小さな実が生まれ、
5ヶ月もの間、農薬の援護もなく、風と雨になぶられながら成長し続けて、
「肥料もやってないのになんで?」といわれるくらい、丸々と大きく肥え太った最後の最後に、
蛾がプチッと刺したら、もう商品になりません。

前期の桃は、こぶりなので、蚊の一刺しが致命傷になることはないのですが、
大きいサイズの桃は、1ミリ以下の傷が文字通り、致命傷になります。

蛾をよけるための灯りを、夜通しともしていますが、効果は十分とはいえないようです。
小さな刺し傷でも、それが果肉をダメにしていくので、ワケアリ(山育ちの桃)にも入れられません。

夏に農薬を少しでも使えば、もう少し、多くの人に届けられるのになあと思います。

自分ばかり、美味しい、美味しい、と言っているのもいやなのです。

ワケアリが、ほとんどできないので、
「ワケアリ以下のもの、きずものでいいから、送ってあげられないかなあ、無料で。
翌朝つくし、大丈夫じゃない?」

と昨日も夫に頼んでみましたけれど、

「なんで?」

と怖い顔。

「いつもいっぱい買ってくれてるから、お礼。」

「それはできない」

と、きっぱり。

「送るというのは、途中で何が起こるかわからん。届いたものがどれだけひどいものになっているか、責任がとれないから無理」


求めてくださる全員に、食べてもらいたいというジレンマは、ものすごくあります。
ジレンマはジレンマのまま、どうにもできません。


次年度から後期の桃は、少ししかとれない、を前提にしてご注文受付をすることに決めました。
「今年は大丈夫かも」と、夢見るのはやめましょう。

剪定の失敗による大不作から、3回目の夏。
しばらくはこの調子かなあ。

今年の桃で、最大の朗報は、
今年初めて収穫し、お客さまにも一部お送りできた「桃よう」が、けっこうこの土地に向いていること。
おいしいし、暑さに強いし、「ちよひめ」と同じくらい正品率が高かった。
どれもこれもダメになる「川中島白桃」と正反対。

これがどんどん増えていく未来が楽しみです。

4年前まで普通にとれていた「あかつき」は、この土地とのマッチングが完全にずれてきていて、
後期の桃の発送数を減らす、大きな原因になりました。

さあ、未来は毎日はじまっています。

果樹園に新たに植えた木の生育を楽しみに見守ります。

こういう農園ですが、一緒に見守っていただければ、ありがたいです。




消毒もしない、肥料もやらない葡萄と栗と野菜と米と・・・・のご注文は
錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

桃とぶどうを同時収穫中

2017aug8-_2.jpg
イチゴハウスが野菜ハウスになります。まずはニンジンをたくさん植えました。
無農薬・無肥料のおいしいニンジン、楽しみです



川中島白桃の収穫も続いていますが、
ぶどうの収穫も行っています。

桃、ぶどうが同時に発送できるのは、久しぶりです。
今年は、桃の収穫はじまりが遅かったから、収穫終わりも遅いんでしょうね。
いつまで続くのかわかりませんが、畑にはまだまだたくさんなっているようにみえます。
(袋はずしてみないと、送れるかどうかわかりません)

去年のいまごろ、どんな内容のブログを書いているのだろうと
ふりかえってみましたら、

>>去年のブログ>>>

後期の桃、60本の木を剪定しても、実はあらかた落ち、
かろうじて残った2500の桃に袋かけたというのに、
後期の桃で得た売上は20まんえん
・・・に届いてない(まだ正確に計算してないけど)。
どれだけの時間がかかったのか、労働量の総計はまだだしてない。
冬の剪定、春の袋かけ・・・・
去年の太秋柿は出しました。600時間の労働時間で売上6万円。
ドルにするとわかりやすいです(いま1ドル百円前後だから)。
時給80セントくらい。
経費?
燃料費、袋代、箱代、パッキングのあれこれ、いろいろかかってます。

>>去年のブログ>>>

こういうことを書いているときも、悲壮感はなかったし、
今もべつにないんですが、
最近、アメリカで農業労働力が不足しているという報道をよく耳にするので、
いったいどれくらいお給料もらえるのか、と調べてみたら、
アメリカだけでなく、カナダでもオーストラリアでも、農業労働者が足りないらしく、
場所によって大きく差がありますが、しっかり農作業できる人なら月に100万円に達する場所もあるそうな。

海外で、季節労働の農業従事で集中的に稼いで、東南アジアで安くのんびりと暮らす人の話はくよく聞きます。

興味なかったし、今もまったくないです。
若い時期に少し経験しておくのもよかったかな、と考えてみても、やっぱりありえないなーと思います。

どうしてありえないのか、と考えてみましたら

農作業は、
全部とはいわないけど、部分的にとても得意なところもあるので、することを選べば、なんとかやれるかもですが、


仕事の価値を、お金で換算する
のが自分のなかにない。


「この仕事の対価は、●●円だからやろう」
という考えで仕事を選んだことがない。
短期的なアルバイトをのぞいてです。

仕事を選ぶ基準は、おもしろいからと、やりたいから、しかない。

男の人はそうでもないらしいですが、
女の人はそういう人が多いらしいです。

で、そういう人は、季節労働としての農業ではなく、
自分でやるほうの農業がきっと楽しめます。
ひとりでやらないで、農家のヨメになるのがいいですよ


農業なんかさっさとやめて、別の仕事についたほうがずっと儲かる。
それでも農業やりたいからやっている人が今の日本の農業者のほとんどです。

農地を更地にして、太陽光パネルを敷き詰めたほうが、ずっと楽してお金を稼げる

という発想の人が、農地所有者の大部分になったら、
国土はとんでもない風景になりますね。

国が手厚い補助金で農家を保護しなければならないのは、そういう理由ですね。

うちは手薄い補助金さえ、ほぼもらったことないですが



今週金曜は野菜セットの発送あります。
そろそろ葡萄と一緒に野菜セットの発送も(たぶん)できますよ~
お申し込みは、

錦自然農園フルーツストア

川中島白桃とスウェーデン

2017aug8.jpg
草刈り中。2mも伸びた雑草を刈ってます。ここに大豆を作ります。
味噌を作ります!(オットが)



今季は、ジャムも黒麹もつくっていませんが、
今季は、キムチまでもお休みさせていただくことに、決定しました。

早いもので、アレから1年がもうすぐたちます。
前に比べると、ずいぶん仕事を減らしていますが、
もうしばらく、この流れを続けたく、ご理解をいただけますと幸いです。


ジャム、黒麹、キムチは休止。
イチゴ、卵は終了。

ずいぶんさびしくなっている錦自然農園フルーツストア。

このさむーーい冬と春を、どうやって暮らしていくつもりなのでしょう。
NO IDEA ですよう

「いちごほんとにやめるのーーー?」

つい、シツコク、オットにいっているす。
返って来る言葉はというと、

「オレはもっと、桃や葡萄に時間を使いたい」

真剣な目でそう繰り返されると、もう何もいえませんですね。
といいながら、たぶんまだ言うんですが。

「あんなに美味しいイチゴをやめるなんてまちがっとる!」とか
「ちょっとくらいなら苗が手に入るでしょう? 私の分だけでもつくれ!」とか


桃と葡萄と柿で、やってきた農園ですが、
この異常気象のなかで、農薬削減してフルーツ作るなんて、
経営が無理~ってことで
イチゴをはじめ、いろんなことやってきました。


おかげさまで去年は、年間発送数が、7年前の15倍。
びっくりしますね。年収15倍じゃないのがきびしいですが。


ところがです。
そうやってがんばって仕事量増やしても、
ここはスウェーデンか?
っていうくらい健康保険と税金で飛んでいくのに驚きます。

健康保険の支払額は、市町村によって違いますが、当町はすごい。
かつて棲んでいたシティでの支払額の4倍です。
収入は今のほうが、もーーーのすごく少ないのに。


老人が多く、医療費がふくれあがっているのに、
企業からの税収もみこめない、観光資源もない、小さな町に暮らすってこういうことなんですyo。


まあ、いいきっかけだと思います。
スウェーデンな町でいいんです。
それより
東京時代からずっと病気がちだったのに、軽く無視して、
やりたいことをやりたーーい、と走りっぱなしで仕事するのが恒常化してたのが
そもそものマチガイの発端であることは、認めざるをえないので、
改めるべきは、なんなのか、もっと考えなくちゃいけないです。

でもですね

キムチに関しては、春も夏も、ずっとお問い合わせが多くて、うれしがってます。
そういうことに喜んでいる部分もあり、
とても、今年はつくりません、なんていえないでおりました。
「つくらないなんて、無理」とかオットにも言ってました。

でも、やっぱり、今年は休止。
昨日、きめました。

ところで最後に桃の話。
ジミーーに、桃の収穫続いています。

「山育ちの桃」(ワケアリ品)が、めったに出なくなっています。

川中島はダメかいいか、しかなく、単なる傷ものが少ないのです。
「山育ちの桃」をお待ちの方で、
「自然派の中箱」(正規品のこと)に変更してもいいという方はどうぞご連絡ください。

数が少なくて、お送りできない人が多いのに、こういうこと言うのは申し訳ないですが、
今年の川中島白桃は、過去最高においしいです。
来年はもっとおいしくなると思いますので、ご期待ください。

お客さまから、またはお客さまから贈答された方からの
「こんなにおいしい桃を食べたことがない!」の元気な声が、私たちをものすごく喜ばせております。

二年間、とれませんでしたからね。
うれしい気持ちが違いますよ。
川中島、やっぱりおいしいねーーって、来年はもっと多くのお客さまと笑いあいたいです。



桃のご注文は来年も5月~6月ですが、
野菜と葡萄のご注文はやってます↓
錦自然農園フルーツストア

桃の発送状況について

2017July24_2.jpg


「桃はまだ送られてきませんか?」

というお問い合わせを、連日受け取っております。

そのお答えを毎日、↓のような文面で、
お相手により違いますが、お返事しております。
以下は、今日お送りしたお返事のひとつです。


「お答えのほうを先にしますと、もう少しともいえますし、
まだ少しかかるともいえます

ただいま順番にお送りしております
6月26日までのお申し込みの方が最も多くいらっしゃいます

今日までのところ、後期の桃の収穫量は想定していたよりも少ないので
すべてのかたにお送りできないかもしれません

山育ちの桃(ワケアリ桃)が、前期の桃より少なく、正規品のほうが順番が進んでいます

しかし、この進み方に関しては、私たちにも予想ができません

収穫は8月半ばまで例年は続きますが、何かの事情で早く終わることもあります

お振込いただいているお金はお送りできない場合はお返しいたします

キャンセルは可能です。」



はじめてうちの果物をお求めになった方にとっては、
いつまでも送ってこなくって、とても不安な思いをさせているかと思います。

昔はもっとひどくって、
三ヶ月くらい待っていただいてやっと送っていたり、
三ヶ月待たせたあげくに、お送りできなくて、お金をお返ししたりすることを
していました。


今年は、どうなのか?


後期の桃に関しては、3000個の袋をかけました。

農薬や肥料をちゃんと使っていると、こうはしなくてもいいのでしょうけれど、
リスキーな方法で栽培していますので、
1500個くらいしかご注文を受けていません。


後期の桃は、品種が4つあります。
今、3つの品種が発送されています。
この三つに関しては、
袋をかけた桃の「3割」くらいしか発送できるものになっていません。

あとの7割は、蛾や、鳥に食われたあとがあったり、形がいびつすぎて
ワケアリにも入れられないものだったり、
中が真っ黒である確率百%だから、ワケアリにも入れられなかったりして、
結局、販売できるものは
3割だけ。

4つめの品種、川中島白桃がどれくらいお送りできるものになるかは、
なってみないと、わかりません
予想ができません

ワケアリ品が、前期はたっぷり出るのですが、後期はあまり出ない傾向がここ数年続いています。
ワケアリ品が少ないのは、いい桃が高い率で、できているからではなく、
悪すぎの桃が多いからです。

今年もそうなのか、違うのか、わかりません。


農薬は極小しか使わず、肥料も使わない、完熟まで待つ、
という農園はリスクだらけです。
「お送りできない可能性もこみでお申し込みください」
と、販売サイトに書いているのは、冗談でもなんでもありません。

2017July24.jpg



リスクだらけのなか栽培、販売をしております。
2年前は、3年前の9割減の量しか販売できませんでした。

前の年の1割

けっこうスリリングでしょう?

専業農家としては、けっこうエッジの効いた選択♪です

長年のお客さまには、そういうことをわかっていただいているので、
私たちも、だんだんと説明しなくなってきております。
それは、怠慢ですし、いけないな、と気がついてましたが、
ここ数日、夫婦でお互いに「あなたが書きなさい」と押し付けあって、
日延べし続けておりました。
すみません。

わからないし、
不安だし、
どうなっているのか、
どれくらい採れるのか、
いつごろまで大丈夫か、

知りたいのは私たちのほうなんです。
説明を本気ですると、
なんだかぶっきらぼうな、あいそのない、文面になるので、

やだなあと
私より、文章がていねいで、じぇんとるな感じがかもし出せる(?)
おっとのほうが適役だと思うのですけど、

ついに私が書いたのは、
JJ米の順子さんが
「それはえみちゃんがかかないと」
といったせいです


販売サイトの「ご注文の前に必ずお読みください」のページには、
以下の文章があります。

ご注文の商品をお送りできなかった場合は、「お振込みいただいた金額」、「クレジットカードで引き落とされた金額」を
● ゆうちょ銀行からお振込みにて返金 
● 当店でお買い物できるポイントでの返還
● 同金額のくだものなど別の商品での発送 
● 同じ商品を「翌年」優先的に発送する
などから、ご希望される方法で代替させていただきます。

郵便書留による返金はいたしかねます。
どうしてもそうすることが必要な場合は手数料を引いた金額を郵送させていただきます。

「クレジットカード」でご購入の場合、決済は、発送された日に行います。



キャンセルはできますので、お申し付けください。
3000個も袋をかけて、半分以上、売れない、というのは、作り手としては
かなりきついことです。

でも、
なんでもかんでも送るということはしない、
自分たちの基準でおいしいと思うものだけ送る、というのを守ることで
長きにわたる信頼をいただいていると思っています

理解してくださることがありがたく、キャンセルもご都合に応じてしてくださるのを望んでおります。
無理してキャンセルをしないでいただく必要はありません
お送りできなかったらキャンセルをお願いするしかありませんので。




ブドウと野菜とお茶とお米と乾物のご注文は、

錦自然農園フルーツストア

今年の早生桃は、ニューバージョンです

2017Jun24_2.jpg

毎日こんなかんじで桃を発送しています。
これは、前期の中箱です。昨日とった写真です。

15年、こうやって桃を送ってきました(わたしは7年)。
収穫の見極めはずっと同じ。
JAに買っていただくには不向きだけれど、
お客さまには、それほど問題なく届いていました。

ところが今年は、いろんなところで、問題が起こっているようです。

最初は何が起こっているのか、まったくわからなくて、目がくるくるするばかりでした。

数年前までのように、「まずい」「皮がきたない」「こんな桃は食べたことがない」
と怒りの電話がバンバンかかってくるのなら、まだわかるのです。

お客さまからいただいたメールや電話は、
怒りではなく、
「いつもと違いますね」
つまり、汁が出ているとか、ぶよぶよだとか・・・・・・・


最初は佐川急便にそのたび、補償してくださいといってましたけど、
一回も補償はされません。
最近では、佐川急便に連絡はしないで、再送を望む方には、再送を重ねてきました。

今日もまた、汁がほぼ全部の桃から出ていたという電話をいただき、
ちょっとこれはないんじゃないの(怒)、という気持ちで、改めて、佐川さんと話したのです。

すると、

このへんには桃農家が多いけど、事故は一軒も起こってない。
桃で事故が起こるのは「錦自然農園さんだけです」
送っている桃の問題はないんでしょうか



え?

そこで初めて、
完熟収穫に問題があるってこと??

と思ったのでした


今日、関東のお客さまが電話でおっしゃいました。

「うちはオーガニックを扱う店で買い物しますけど、そういう場所でも、
売っている桃はどれも驚くほどカチカチに硬くて、時間がたったら柔らかくはなるけど、まったくマズイです」

「それは農家が経済性を確保しようと思ったらあたりまえのことみたいです。
ベルトコンベアーで桃をごろごろまわせるくらいの桃を作っている大産地もあるって聞いたことあります。
今年みたいなことがこれからも続くんだったら、うちが桃を作るの続けられるのかな、って思ってしまいます」


問題が発生する場所は、関東に集中しているので、
トラックから入れたり出したりの回数の差が原因かと思う部分もあります。

でも、
うちのお客さんの中で一番多いのが東京の人で、次が神奈川というのは
前からのこと。

前と違うのはなに? 

毎年言っていることですが、今年も、異常気象による原因を考えていいかもしれません。
それもかつてないバージョンの。

6月の早生桃だけのことだと思う(思いたい)のですが、
収穫期がうしろにずれ、春から長期にわたる少雨の影響もうけ、収穫前の数週間が高気温だった

もっと他にも原因があるかもしれません。
何より収穫期が10日ずれたのは、桃に限った話ではなく、
野菜やくだもの、花の開花期でも、幾度も聞かれた話でした。

何かがおかしいのですが、
何がおかしいのか、その原因は何なのか、それはわかりません。

過去にない弱さを桃に加えている原因が何なのか、私たちにはわかりません。

もともと、ちよひめは皮が薄く、果肉は繊細。
そんな桃を、完熟収穫をすることが間違いなんだ!

というのは簡単ですけど、これまでずっとそうしてきましたから。

今年だけ、異常なんです。

私たちが、フルーツの栽培方法で、何かを変えないといけないとしたら・・・・・、

お父さん、それはひょっとして、
未熟桃を収穫しろってことですか?

(NHK「ひよっこ」のナレーション風に)


そんな迷える錦自然農園ですが、
数年前からうちのフルーツをご愛顧くださっている、今ではミシュランも認める
恵比寿のタクボさんが、
facebookで数日前、こんなことを書いてくださいました。

紹介させていただきます。
オットはこれを「自慢みたいだからやめろ」といいました。
自慢じゃないです。



【錦自然農園の桃】

僕が日本一だと思う桃です。
内布夫妻がほぼ無農薬、化学肥料も堆肥も使わず大切に育てあげた桃。

そして、樹上で完熟させます。
一般的な農家さんは輸送のことも考慮して
早摘みし出荷します。なので店に届いてから
熟させるわけですが、柔らかくはなりますが
美味しくはなりません。
美味しさを求めるなら樹上で完熟させて
出荷するのがベストです。
しかし、1つ問題があります。
桃は大変デリケートな果物ですから
完熟させた桃を熊本から東京に送るのは
かなりリスキーです。運送会社さんが
雑に扱ってるとはいいませんが、
桃の荷物の上に他の荷物を置くだけで
潰れてしまいます。
なので、写真のように頭が少し潰れたり
変色したりしてしまうのです。

僕たち料理人が食材の背景を知ることはとても大切だと思います。
例えばこの桃が市場やスーパーなどで雑に扱われて潰れたりしてたらどんなに安くても僕は使いたいとも使おうとも思いません。

内布さんの少し潰れたり変色した桃は
スーパーや百貨店には絶対に並ばないでしょう。

でも、僕と内布さんの間には信頼があります。

なので、
TACUBOでは、自信を持ってこの
ちょっと潰れたり変色したりした
日本一美味しい桃を使わせて頂きます‼️

安心してください。明らかに味に影響があったり
余りにも見た目が悪いものは僕が食べますので
ブヒブヒ



タクボさんだけが特別にこんなことをいってくださっているわけではなく、
多くの方が、私たちがお客さんに望んでいる理解の程度よりも、はるかに大きな理解をくださっています。

それに甘えたり、冗長したり、自慢に思うとかは、ぜんぜんしてません。

当惑と迷いと、不安と、何をどうするのがベストなのか求めあぐねる気持ちは積み重なる一方です。


ただ、今日はお客さんと電話で話す機会が重なりました。

東京のお客さん

「去年もおたくから桃を買えなかったでしょう。
うちは、桃なしの夏をすごしましたよ。
お宅の桃しかもう食べられませんから」

横浜のお客さん

「たいへんですよね。こんなこととてもできないと思います。
汁が出てたのは実は前の週に静岡からビワを送ってもらったのに続いて2回めで、
送りなおしてもらおうと思ったけど、それはいいです」


2011年にネット販売を本格化させて6年。
自分たちがおいしいと思うものをお届けしたいという気持ちで
フルーツや野菜をおくっています。

何が正しいとか正しくないとか、主義や主張はないです。

うちが作っているようなもの、こういうものが欲しいと思っている人だけに、
届けばいいな、と思っていろんな努力をやってます。
やってますが、べつに胸をはってそうしているわけでもないです。



<追伸1>
タクボさんのお店(TACUBO)は、グループでいく個室もすてきですが、
私が東京人なら、ひとりゴージャスランチやディナーする場所にしたいところです。
カウンターでおいしいワインを飲みながら、素材を本気でいかした目にも美しい料理を、
目の前で燃える薪窯の炎をみながら、味わうことができたりします。

<追伸2>
突然ですが、ジャムと黒麹を今日で注文をいただくのを中止させていただきました。
理由はすこし時間の余裕がないとだめだなと思ったからです。
(桃の発送とは担当が違いますのでべつの話です)


野菜セットのご注文は、毎週水曜正午まで
錦自然農園フルーツストア