四次元パーラー あんでるせんにいってきました

2017Jan1_3.jpg


いったいそりゃなんだ? とうんざりする人と

ついにいったか、えみこさん・・・・・・

という反応の二手に分かれると思いますが。
ご存知でしょうか。

友人のアーチスト(男)が言葉少なに、いったほうがいい、というので

これまで何人かからその話を聞いていても、心が動かなかったその店に、
彼にはまったく詳細を聞かないまま、いくことだけ決めました。

長崎のサイハテにある、古い、クラシックな喫茶店に。

ミートソースやミックスサンドを食べるのにも、予約が必要だというので電話をかけたら
キャンセル待ちがでたとこだった


なんだいわれているほど予約が難しくないんだと思いながら予約をいれました。


本日現場にいってみると、
来ている人は何回も何回も電話をかけてやっとつながり、二ヶ月前からこの日を楽しみにしていたという人ばかり。

東京やら群馬やら、スーツケースをごろごろさせながらはるばる来た人多数。

ハンバーグや牛丼を食べるために。そんな・・・・・

いっしょにいったMちゃんは、ここの名前も聞いたことなかったのですが
予約とれたんだけど、いける?
ときいてみたら いける というので、前知識ない二人は行きました。

往復7時間
ちょっと途中間違いもあったのでプラスアルファ

ハードな日帰り旅。

「帰りにどんな会話してるんだろうね。おもしろかったーと言っているか、その逆か」
といいながら行きましたが
帰り道の会話は、

「あれにいって、行くんじゃなかったという人はおるのかな」

とMちゃんが言うほど、二人大満足で帰路につきました。

そこで目撃したものは、たいしたことじゃないのです。


目の前で、財布が燃え上がったとか、一万円サツがふわふわと飛んだとか、千円札を貫通したボールペンの穴が消えたとか
来場者の生年月日が、別の四人の来場者の思いつきの数字を計算して導き出された数字とイコールだったとか。
来場者のオットや、恋人の名前を言い当てるとか。
ルービックキューブを1秒もかからず全面そろえるとか。
指輪の宝石の色を目の前で変えてみせるとか。
ぶっとい五寸釘が触れただけでくにゃっと曲がるとか。
ランダムに選ばれた来場者がたったいま書いたらくがきを、店主が何日も前に書いた、たったいま選ばれた人の名前つきで、まったく同じ線描の絵とともに見せられても

そんなことはたいしたことじゃないのです。


そりゃあ、その場では、猜疑心たっぷりで見ている私やMちゃんも「えーーー!!」と叫び続けます。

そんなのは当たり前です。
が、そんなことはやはりたいしたことじゃないのです。


このクラシックな喫茶店が奇跡のようにすごいのは、
いえ、もう、奇跡としかいえないと思いますが、これほどすごいのは、

見ている人の脳内風景を変えることです。
もう一歩いうと、

思い込みのふたを吹き飛ばします


限界はあたまが作っているんだということを、いやでも知らされます。
ひょっとすると見ている人によって感想が違うかもしれません。
わたしは、そう思いましたが、彼だからできるんだと思う人もいるでしょう。

店内にはこれでもか、というほど来店した著名人のポラロイド写真が貼ってありました。
鈴木大地さんのように8回もきたとか、複数回くる人が少なくないらしい
劇団ひとりさんも相当のリピーターだそうで、安部首相のおくさんや鳩山さんや七田さんやいきものががりさんや


何回もくるのは、マジックショーを見るためではなく
こんなことはふつうのことだ


それを確信するためにくるのではないかとおもいました
だからスポーツ選手とアーチストが多いのじゃないかとおもったです


多くの人は、自分の能力を発揮するのを怖がっている
何が怖いといって、自分が本気だしたらどれほどのパワーになるか、
そんなことをしてしまったら、平和が吹き飛ばされるんじゃないかと怖がっている


いちばん怖いのは、
わたしがどれほどすばらしい存在であるかを、
わたしがみとめることです



そんなことを帰りのドライブでおもいました。


わたしがだいきらいなあのひとは、
わたしが生きたかったわたしです
私が大嫌いなあの行為は、私が本当にしたいことです



いまここでそれをおもいました
碗ネス ?  それがこれ  ?


2月1日にチケットぴあのように、予約開始 AM8時から?
こんどはおっとをつれていこうかな

ひのしずくをいっぱいつくるのがむずかしい

そんな思い込みのふたを爆破するのが目的です
思い込みのふたを爆破することができさえすれば、なんだって可能なの?
・・・・そんなの怖い!!  おっとはいうかも



もし、予約がとれたけどそのままかえるのがもったいない人は、農園によってくださいね
くーたんに会いに来てください
めちゃかわいいのピーク7870mレベルです



野菜セットのご注文は水曜正午まで(金曜発送します)
はちみつ、おこめ、おちゃ、こうちゃもおいしいです。

ご注文は錦自然農園フルーツストア


スポンサーサイト

国産杉材使用・オーガニック犬小屋

2017Jan9.jpg

きょうもクーちゃんネタです
玄関のなかに、明日で生後二ヶ月になるくーーちゃんのおうちがあります。

われらのおうちは、地元材木をつかって、オットがつくってますが
くーーのおうちも、地元の杉をつかって、オットがつくりました

両者の違いは、上のはそれほど経年変化がないが
くー’sハウスは、つめの引っかき傷と噛み傷で傷だらけ。

写真はおとなしいように見えますが
噛みはじめると犬格一変、悪魔のような悪人顔に豹変。

でも日に日に落ち着いていくような。おとなぽくなってます。
最近は抱かれるのを嫌がるし、散歩に連れ出すと走るわ、飛び跳ねるわ。
こんなに運動したがるものですか。生後二ヶ月は。
家の中では、ほとんどの場合、寝ているか、直立不動の写真のような姿勢です。
無言で、直立不動、微動だにしない生後二ヶ月も珍しいのか普通なのか。


話かわりますが野菜セットのお手紙です。
IMG_5793.jpg

毎週の野菜セットには、このような野菜の説明がきを同封しています
今週は三人の方に、同封し忘れたようで、発送後に三枚残っていました。

ブログをみてくださるかどうかわかりませんが、こちらにアップしておきます。
来週の野菜も、大方このラインナップです。
部分的に変更されると思います。当日の変更もよくあります。
確定は発送するまでできません。


野菜とたまごとお米とお茶とはちみつと干ししいたけのご注文は、

錦自然農園フルーツストア

「ほかのもおいしいんでしょうね」

2017Jan1_4.jpg
なんの苗でしょう? またまた仕事増やして~。植えつけは他にも別プロジェクトが待機中。
やりたいことを行動に移すのが何よりしあわせな人。したいことが次々でてくるのはサガです。



桃園にいきまして
中をトコトコ歩いていって
OTTOが剪定しているとこまでつきまして、そっと背中に近づいていきますと

「なに?」とOTTO
「あのね」(暗~い、低い声)
「うん」

「お客さんの●●さんからさっき電話があってね」
「うん」
「イチゴがね、さっき、ついたんだって」(暗い声)

「うん」
「それがね」(暗い声)

「うん」
「やっぱり全然ほかのと違いますね。ものすごく美味しいですね、って」

「なーーに、それでナミダ目になっとるわけ?」

「それでね、キムチもお願いしたいって。
まだいくらにするか決められないので注文をお受けしてないんですって言ったの。
白菜が高くなったけど、キムチの値段二倍にできないし、どうしようか迷ってる、っていったの。
そしたら、いくらになるかわからないでもいいって、キムチ注文された」



いつも遠慮なく言ってすみませんが、

「こんなにおいしいんだったら。ほかのもきっとおいしいでしょうね」

と、初めてフルーツを買ってめしあがったお客さんから、よく言われます。

それは、とてもうれしい言葉です。

「はい!」

と調子にのって言いたいけど、わかりません
と心の中で答えています。
でも、くだものをおいしいと思ってくれるなら、ほかのものもおいしいと思ってくれる
可能性が高いのかも、とも思ったりします。


うちで
ずっと購入してくださるお客さんは、
ほとんどのかたが、四季を通じて、複数の商品をひいきにしてくださっている

これはうちの農園の最大の特長だと思います。
お客さんと私たちの趣味があうおかげ、と思っているのです。
年じゅういろいろなものを味わってくださる方が、お客さんのほとんどだということは、
うれしいことです。

常連のお客さんの数を数えたことはないのですが
そんなに大きな数じゃないことはたしかです。

その大きくない数で農園をまわしていられるのは
お客さんと私たちの好みがあっているおかげです。
年じゅう、買ってくださるお客さんがたくさんいてくれるおかげです。


これだけおいしいんだから、ほかのもおいしいんでしょうね


といってくれるお客さんの期待と信頼を裏切りたくないと思うので
加工品をつくる腰がときどき重くなります。
とくにシーズンはじめはいつでもそう。
でも、不思議とやっているうちに、楽しさのほうを思いだします

今日は久しぶりに、ジャムを作りました
イチゴジャムです。
これもクラウドファンディングの支援者の方へのリターンをまず作ってから、サイトオープン


ジャムつくる楽しさ、つくる幸せがあったこと
準備をしながらおもいだしました

いちごの数がとても少ないので
まだまだジャムをたくさん作ることはできないですけど
ゆっくりやっていきます




大好評の野菜セット、コチュジャン、お茶、お米、干ししいたけ、白菜のおもとめは

錦自然農園フルーツストア

キムチつくりはじめました

2017Jan7_kimuchi.jpg
写真ではたまたまマスクしてないですが、作業中はマスクしてます


ここ3週間くらい、ウツモードで暮らしていました
薬の副作用がひと段落して、余裕がでてきたら
かわりにもやっとし始めた。
もともと小学生のときから、もやっとしている人間で
10歳以降、人生の基本は厭世体質です。
厭世って辞書ではどうなっているのかとウエブのそれをみると
「生きているのが嫌になっているさま」。

ウツが嵩じて、この一週間くらい、禁じている「米たっぷり」「アルコール」「甘いもの」を再開。
糖質が足りないから、脳がドヨンとするんじゃないか、疑ったもあり、
ヤケクソでも気持ちをアゲたくてしようがなく。

でも一週間もそれやってると、理由はソコじゃないのはわかってくる・・・
もともとそうだろうとは思っていましたが・・・

最近は各種の方法が功を奏して、ひえもかなり改善されていますから、ソコでもない。

残るは何か?
結局こころの中に手が届いてない部分、さわれていない感情
があるんです。


昨夜、オットを壁にして、「今から思っているこというから、反論もなく、意見もなく、ただ聞くだけに徹して」
というのをやりました。
アクティブリスニングという方法らしいですね
オットの壁力はけっこう高く、私はこれにしばしば助けられています。


そしたらわかりました
わたしは

「がんになったのは、何に対してなのかわからないけど、負け、と思っている」
そして

「今までの7年間ここでやってきたことは、がんになるという結果につながっただけで、
ぜんぶ無駄なことだったと思っている」


無駄じゃないだろ

と壁役を忘れて、オットいいましたが。

それが真実であるかどうかはどうでもよい

でもね
デヴィッド・ボウイや手塚治や村山聖が、がんになったのは
負けではないし、それまでのことが無駄だったとは思わないけど


私の場合はそうじゃないかと思っているのは、職業的なものですよ。


まあ、それがたわごとでもなんでも、口に出してみるのがよかったようで
心の深海でくすぶってたガスが、ブォコッ と大きく抜けました。

エンセイとか甘えたようなこというのはやめて、今日からまた、食事療法をあれこれはじめます


実は、
これに先んじること二日前、お客さまからいただいたメールで、冷えた気持ちに小さな火が点った瞬間がありました。

「まだまだお宅の物は食べたいし、ブログも読みたいので」
キムチは作るのはいいけど、カプサイシンは腸によくないのでたべるのはやめなさいといいたい

という内容。

「食べたい」? 「読みたい」?
注目はそこ。
いただいたお言葉を、すごくうれしがりましたです。

もともと自分らに高評価をしているからという理由でお客さまに送り出しているわけではなく
何をするにやる始まりは「やりたい!」ですが、
続けていく燃料は、もとめてくれる人の存在です。
ななねんやっても、なんねんやっても、変わらない。ありがとうございました。
この方のほかにも、いつも、お言葉で私をたすけてくれる方がいっぱいいるのですけど
たまたま、深いところに落ちてたので、
ぶっきらぼうな「からだ大事にしろ」のメッセージがしみました

刺激物はアルコール、カフェインと同じ理由で基本ひかえております。
味見はしますが。

それで(それで、なんですよ)、重い腰をひっぱりあげて(そんなにいわなくてもいいんですが)
昨日今季はじめてのキムチづくりをしました。
二日がかりで、のべ5人で作りました。

今年は白菜の価格が去年までの二倍になってしまいました。
申し訳ないのですが、キムチの価格、上げざるえないです。

白菜だけでなく、ねぎ、にら、にんじん、しょうが、ニンニク、素材の野菜はすべて無農薬栽培。
状況によってはそうでないのも使う可能性ありますが。

まずは遅くなってしまったクラウドファンディングのリターンのお客さまにお送りします。
キムチの販売サイトのアップはもう少し先になると思います。



大好評の野菜セット、コチュジャン、お茶、お米、干ししいたけ、白菜のおもとめは

錦自然農園フルーツストア

今年の野菜もスタートしました

2017Jan6.jpg

昨日、1月6日にお送りした球磨のオーガニック野菜セットです。

★半年以上ひさしぶりに白谷さんのねぎ登場。無農薬栽培されています。

昨年の夏秋の異常気象(大雨やら旱魃やら)で不作となり、たいへんご苦労されました。

よかったです! ねぎというのは、通常は農薬にたよって生産されている作物ですから
大規模な畑で、大きなリスクに賭けてがんばっている農家の方の野菜を
再びお届けできるようになるのは、たいへんうれしいです。

★内山さんの有機JAS認定の白菜も登場。

こちらもシーズンのはじまりの秋から12月にかけては不作で、大変ご苦労されました。
すべては異常気象のせいですが、かつてなかったことがいろいろあるのです。
内山さんの白菜に、そういうことはない、と勝手に思い込んでいたので、びっくりしました。

なんでも起こる時代だって、まだ、意識していないと忘れてしまいます。


★ミニトマト

西さんの力作。いちごと同じで寒いときほど甘さがのっておいしいです。農薬を減らす努力をするというのは
リスクに賭けるという意味と同じですが、こちらも毎回、気合のはいったチャレンジのすえに収穫されています。

去年より高くなりましたがしょうがない、と思ってます。1キロ単位でのお買い上げができますのでどうぞ。
おいしいトマトは果物のように手でつまんで、パクパク食べるのがいちばん美味しい気がします。


★ブロッコリーは自然栽培で、豊永さんの力作。
★にんじんも自然栽培で、植田さんの作品。
★ほうれんそうは農薬を使わない安田さんの。
★キャベツも農薬フリーで、安田さんの力作。

★里芋はウチヌノ作。



お求めは錦自然農園フルーツストア


あたらしい家族

20170105coo.jpg


年末の30日にあたらしい家族がやってきました

9月末に15年家族のまんなかにいてくれたまいちゃんが亡くなり、
3ヶ月をへて・・・・同じしばいぬの、黒ver.がきてくれました
生後50日目、生まれる前から生まれたらうちの子になるのはきまっていましたが
50日間、産みのお母さんのそばで暮らして、うちにきました。

なまえは「くー」。

それをきくと「空海のくうやな。空と書くのか」ときいたのはしゅうと。

そうかもしれないし、「くうねるあそぶ」の「くう」かも。

気分は「COO」ですが。


赤ちゃんの犬を世話するなんて、ふたりとも初体験。

私は犬を飼うことじたいまいちゃんが始めてでした。
まいちゃんの育ての母は、しゅうとめでしたが、くーちゃんのお母さんはわたしです。

きゃあ

です。


くーちゃんのお父さんも、

2017Jan1_5.jpg


こんなの作ったりして、あれこれ世話しまくってます。


初日は朝まで夜鳴きして、これは大変なことになったと思いましたが
翌日には落ち着いて寝てくれるように。

今は玄関を住処にしているくーちゃんです。

もうすこし大きくなったら、外に犬小屋を移動します。

くーちゃんと別の屋根のしたで寝ることが私たちにできるのか、今から心配です。


犬を飼うのが、都会に住んでいるときの私のあこがれでした。
犬が好きなうちぬの家でよかった☆☆☆





野菜セットは明日発送。無農薬の紅茶、日本茶、お米などなどなどのお求めは・・・
錦自然農園フルーツストア

元気であればそれで良し!の2017年



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
  

2017Jan1_3.jpg

園主です
球磨郡では冬場の朝は霧が濃く太陽が顔を出さないので、初日の出は無し
代わりに、初日の入りです。


安心して食べていただける果物や野菜などなどを
お届けしたいという一生懸命をことしもやっていきます。


ここ数年、気候の状況が厳しく
なかなか自分の思うように果樹栽培ができてなく
個人的にかなり不満足な数年を過ごしてます。


今年こそは!という気持ちで
毎年、新しい木々の芽吹きに向かうしかありません



2017Jan1_2.jpg

今日は1日
部屋着のままでのんびり


イチゴハウスの開け閉めだけは行ってきます。


新たな年

まずは、健康に元気で過ごせる1年でありますように!

2016年の10大ニュースです

yasai1226.jpg
12月26日のオーガニック野菜セット。
ねぎは苗のときのに農薬使用。あとの野菜はみんな農薬不使用で栽培。
農薬のみならず肥料も使ってないのは、里芋、にんじん、ルッコラ、ブロッコリー。
一年の最後にふさわしい精鋭集団をお送りできました。




今年ももうすぐおわります。
毎年やっているので、一年をふりかえり錦自然農園の10大ニュースを総括しま~す

1> クラウドファンディングで多くの方に応援をいただいた!

お金がないからできないね、ではなく、多くのみなさまのお心に支えられて、できないことができるようになる奇跡を経験させていただきました。
 
2> 作業場を14年ぶりに新築した!

就農した38歳のときの自作倉庫が生まれ変わりました。

3> 発送荷物数が過去最高に

気がつかないうちに達成していた。エミコが熊本にきた2010年の軽く10倍超です。
フルーツ以外の小さな荷が増えたせいと野菜セットが順調なおかげかと思います。

4> ぶどうが桃を抜いて農園の主力フルーツに

桃が一家を支えていましたが、桃はどうしても天候異常に襲われやすく生産量がままなりません。
逆に好調のぶどうに、ついに今年は生産量でトップの座をゆずりました。
ちなみに今年は栗も調子がよかった。来年はブドウと栗の販売にもっと力を入れますね。

5> キムチが過去最高の生産量

今季はまだはじめてないですが、年明けからの二ヶ月で過去の記録をブレイクしました
来年年明けしたらすぐにはじめる予定です。たぶん。

6> エミコの病気発覚で9月末から手術1回入院3回でてんやわんや

今はすっかり元気です!

7> まいちゃん逝去

お母さんたちの熊本移住を最初から見守ってきたまいちゃん。享年15歳。

8> 新しいスタッフが大活躍

事務にも畑シゴトにも発送業務にも力を発揮してくれるご近所の主婦のみなさま。来年もさらによろしくよろしく・・・

9> 柿がまったくダメだった 

長く続けてきた切り上げ剪定が去年完全失敗におわり、今年もその余波で全くダメ。来年は生まれ変わります。柿に乞うご期待。

10> すんごく恵まれているしあわせな農園でした

いろいろあるけど恵まれている、こんなに運がよくて、こんなに大きな愛に包まれている農園にかかわれて私も園主も幸せです。
ありがとうございます。


いろんなことがあっておもしろいのが農家ですね

らいねんももっといっぱい、いろんなことがあるでしょう。
楽しい奇跡をごいっしょに経験しましょう



野菜セットは1月6日から発送です
年内も年始も発送します。到着日指定の確約は難しいです(運送会社のコンランのため)
錦自然農園フルーツストア

やまほどの贈り物

17日のお披露目パーティあたりが契機で、薬の影響はほぼなくなっています。

薬をやめたと伝えると、「なんで?」という驚きのレスポンスをされます。

「髪も抜けないし、吐き気もないのになんで?」
「私の知っている人は薬使ってたけど、副作用に苦しんでなかったよ」

薬への耐性は、百人百様。
私は特別に、きわめて、化学薬関係に弱いんですよ。

うまみ調味料がたっぷり入った「美味しいもの」を食べると
しばしば舌がしびれたり頭痛が続いたりする。

思い切って服用したら、薬のせいで死んでしまいそうになるくらいあわない人は、
お薬で病気を治さざるをえなくなる前に、予防をきっちりしておいたほうがいいですよ!!!!

百恵さんが主役のドラマ「赤い疑惑」で、当時死病とされていた白血病。
今では治る病気です。抗がん剤のおかげで。

その他にも薬がよく効く病気はたくさんあるけれど、強いお薬が無理な人はその恩恵にあずかれませんよ。
未病のうちに体質改善をしておいたほうがいいですよ!!!!

私は知りませんでしたが、
薬を拒否すると、病院との縁が切れ、検査拒否する病院があるそうです。
だから薬を処方してもらって薬代を払って、しかしそれを呑まないという方法で
病院とつながっている患者さんもいるそうです。

私は切れてるのかどうか?
一応経過観察の予約は入っていますので、細いラインが生きてます。

が、「おなかがつめたい」とか「だるい」とかいったところで
治療をしてもらえるわけではありません。できることがないし、注目するほどの異常でもないのでしょう。

ところがラッキーな私。
農園のお客さんで漢方医の方に処方をいただいております。

何がありがたいって、
相談できることが一番ありがたいです。

こんなのは相談するに足る内容ではないと思っていたことが、
ちゃんと、ひとつの症状として、べつの症状とつながっていることがわかったりする。
西洋医学とは違うからだの捉え方ですね。
数日前ですが、私が山のような生薬に囲まれているのをみておっとが言いました。

「キミはいいなあ。応援してくれる人がいっぱいいて。元気になってとみんなが思ってくれて」

言われて一瞬ぽかん、としました。
そんなことないよー、とはとてもいえません。オットがいうとおりかも。

おかげさまでここんとこすっかり復調。
昨日から畑にも出ています。

昨日から今日にかけ偶然というか、何度も、「キムチを買いたいのですが」という近所の人の連絡を受け、
キムチつくんなくちゃーー
と気合はいりました


待っていてくださるというのは、ものすごい贈り物です。
なんだかパワーになります。


20年前の私が今の私をみたらきっとうらやましがります
30年前の私が今の私をみたら早く年をとりたいと思うかもしれない


ずっとそうだったといえばそうなんですが、
特にこの二週間というもの
連日すばらしい贈り物をいただき、心を熱くする時間をいただいております。
体も熱くなって免疫あがってしょうがないです♪




野菜セットの発送は新年からですが、他のものは年中無休で発送します(たぶん)
いちごはゆっくりですが、確実に発送は進んでいます。ものすごいゆっくりの分、おいしさはキレ上がってます(意味不明)
錦自然農園フルーツストア


錦自然農園でいやしの農園体験二泊三日

2016Dec23_koucha2.jpg実はお客さんに教えてもらったラッピング。しょうが紅茶を年末の小さなギフトにいかがですか?



クラウドファンディングのリターンのひとつに「錦自然農園でいやしの農園体験二泊三日」
というのがあります。
今週はそのリターンを求めてくださった方が、農園を来訪くださいました。
Hさんとしておきますね。

会ったこともないお客さんと三日間を過ごすことは、私たちにとっても初めてです。
でも、うちの果物や卵や野菜やはちみつやジャムを気に入ってくださっている人だということは、

きっとどこかでばったり出会っても、お友達になれる人なんじゃないかなと思ってました
結果をいうと、やっぱりそうでした。
鹿児島空港に迎えにいき、Hさんから声をかけられたとき、どういう理由か
「会ったことある」と思いました。

【1日目】
雨ふりでした。
予定はブログで何度も書いていてHさんも興味をもっているクルソンに行こうと思っていたのですが
山を登るには不向きな日
私は鹿児島のしょうぶ学園なんかいいんじゃない?とおっとに提案
そんなの面白がるかなあという顔されましたが、
「いや、絶対大丈夫。そういう場所が好きな人だと思う」
根拠もなく主張したあとで気がついた。定休日だった!

Hさんもそれでいいというので、オットが提案する指宿温泉にいくことになりました
砂蒸し風呂で有名。私はとてもとても好きなとこ。
熊本にきて3ヶ月めに一人旅したくらいで。
波止場に座って海を見ていると、気がついたら二時間が過ぎていて驚きました。
向こう岸の岸壁がこっちに動いてくるように見えたのも不思議だった。なんだったんでしょう。

指宿へ向かう車中で、
「しょうぶ学園ってとこも考えたんですけど」とHさんに言うと、
長い沈黙。驚いたことに、彼女もしょうぶ学園の展覧会(?)を東京で見たことがあり、
「鹿児島にはあるんだよなあ」と思っていたそうですよう。

私はこの学園のテキスタイルに多大なる興味をもっておりまして、熱烈に行きたいんですけど、いまだいけておりません。
(理由1 オットは興味をもってくれない 理由2 一人で行くには運転がこわい)
後で知りましたが、Hさんもテキスタイルと浅くない縁を持っている人でした。

指宿は春の陽気で、砂に埋まってデトックスしたあとは、
菜の花畑をぬけてのんびり帰りました

【2日目】
ブログによく書いている水上村にHさんが興味をもっていて、なかでもスウェットロッジに興味があるそうで
前もって大工の阿部さんにお願いしていたので、二人でいきました。

水上村では行く度、珍しいお客さんに会えますが、
その日は、ネイティブアメリカンの部族と何十年の長きにわたり交流しながらスウェットを経験してこられた
東北在住の全盲の鍼灸師、ビッグベアー師がきていて
私はラッキーにも、スウェットのあとで脈をみてもらったりしました。

「よくこの体でスウェット入ったね」といわれました。
「まだ急性期の体だよ」とも。まあそうですよね
忘れてたけど、その日がちょうど手術から2ヶ月めだった。

Hさんも体験を楽しんでくれたようでよかったです。

【3日目】
雨でした。農園をざっとツアーしました。イチゴ畑、野菜畑。ブドウや桃や柿畑は、雨ふりだったのでパス。
そのアシで、うちをとおしてHさんにお届けしている作品の作者めぐりのツアーにGO!

うかがったのは、ねぎの岡前さん、お米の小川農園さん、豊永さん、イチゴ姫のよしさん宅。
JAの奇人にも紹介したかったけど、お休みだった。。。

小川さんちでは倉庫を利用したオーディオルーム(?)で古いレコードを古い上質のスピーカーで聞かせてもらい
料理上手の奥様の作るしょうがや柿のスイーツをパクパク。

次に行ったのは友人がパティシエを務めているパティスリー。
友人もキッチンから出てきてくれてちょっと話しました。
「いちごの生産量が減っている」のだとか。
うちが減っているとか、たくさん採れないとか、は毎年のことですが、
球磨全体でも、生産量が例年より少なくて、価格高騰しているそうです。

豊永さんとこでは、「過去最高においしい柚子スイーツ」というしかない柚子のシロップ煮をごちそうになりました。
やはり農家のお母さんが、農作物でつくるお菓子は別物ですね。

「豊永さんの野菜が入っていると、これをどう活かそうか、と気持ちがひきしまります」

とHさんが言うので豊永親子も「へーー」と目を丸くしています。
作業場においてあったぶろっこりーがあまりに立派だったので、今週の野菜セットにぶろっこりー参入決定。
食べる人と作る人の野菜話は尽きることなく、とても楽しい時間を過ごしました

最後にいったいちご姫の畑では、その場でいちごをもいでくれて三人でいただきました。
同じ品種で、同じように定植後は農薬を使わず、肥料も堆肥も使わない、というのも一緒。
でも違うんです味は同じじゃない。
Hさんも、「うちぬのさんとこのいちごと、味がちがいますね」と。

野菜も果物も、品種が味のほとんどの部分を作るとオットは明言するけど、そうでもないかもしれません。
農作物は、作者の生き方なのか感性なのか、性格なのか、そのすべてなのか、
いろんなものが出ます。

「初めて錦自然農園の野菜の箱を開けたとき、これは本当に冗談じゃなくて、
私エネルギーにやられて(ことばがちょっと違いますが)しばらく横になっていたんですよ」

私も夫も目をぱちくり。

「ひとりで食べるから多すぎる量だと思うんだけど、野菜が強いから結局冷蔵庫できちんと保管していれば、
いつまでも新鮮だし、結局ぜんぶ食べてしまえる」

「それは私たちも思う。時々もらいすぎたり、畑からとりすぎたりして、二週間以上冷蔵庫に眠らせてしまうけど、
レタスとかの葉物が、いつまでシャキッとしている。シャキッと具合は作る人と収穫時期によって違うけど」

「ここの野菜を食べると、スーパーで買えなくなるから困ります」

「それは作っている農家の人もいってる。あんな野菜は買いたくないとかよく聞く。何が違うんでしょうねえ、違うなあって私も思うけど」

「野菜の味が濃いから調理がどんどんシンプルになってしまう。
うちぬのさんのニンジン、調理してもちゃんとニンジンの香りがするもん」

「そうなんだーーー」


ちょっとほめられすぎ?と思いますが
うちの野菜セットは、小さな農家が作っているのを少しずつ集めているから
大規模につくって大規模に集めて販売、というシステマチックなところの野菜とも違うのかもしれません。

オーガニックを扱うと、安心安全だけがとりえと思われることが多いですが、
美味しいものをお届けしたいのが先で、安心安全は、そういうのをきちんと探すと後ろからついてきます。



Hさんは、うちで商品を買うより先に、うちのブログを読んでくださっていたそうです。
そういう方は、うちのお客さんには珍しくないのですが、

Hさんは、私が把握しているかぎりでは4人くらいしかいない
東京時代から書いていた裏ブログ(教えませんよ)から、私とここを知ってお客さんになってくださった人。

困ったことに、ものすごい記憶力で細部を覚えている。
「カルトQ」という大昔のクイズ番組がありましたが、錦自然農園のそれがあったら、ぜったいにクイーンです。


農園にいらっしゃるリターンの方がまだ何人かいらっしゃいますが、
おいでいただくのが、ますます楽しみになりました。


錦自然農園フルーツストア