小豆とかいちごとか

azuki2.jpg

豊永さんの小豆は、サイトにアップした何時間後かわかりませんが、
あっというまに在庫切れになりました。
ありがとうございます。
体に、ちょーーーっといいかんじだと思いますよ

私、自分が食べるより誰かにおすすめしたくて買ったので
こういうものに反応してくださるお客さまでとてもうれしいです

最近の私はとっても元気です
去年は秋~年末が暗かったんですが
やっとトンネル抜けたです

この二日くらいできづいたのですが
私は
仕事してるのがいちばんすきなのですね

天国という場所があるとして
そこにかみさまというひとがいて

すきなことをすきなだけしていいので、なにがしたいですか

といわれたら

しごとしたい

ですね


お客さんに
おいしいもの
心や体にすてきなプレゼントをくれるものを
探し出して
みつけだして
送り出して
おいしかったよーーー
っていわれる

それをずっとしたいですね

うちのいちごちゃん
今年はどうかな あなたてきには

と、園主さまにききましたら

いいんじゃない

といってました

いい

というコトバ あまり聞いた記憶がないんで、うれしくなりました

ことしのいちごはよいいちご♪

あすの水曜の正午しめきりです 野菜セットめちゃ評判いいですから
ちょっと頼んでみてみましょうよ

錦自然農園フルーツストア



2017Feb9_3ichigo.jpg


スポンサーサイト

不耕起栽培のいちご

2017Feb7_2_ichigo.jpg

以前、都会でカフェを営んでいる方から電話をいただいたことがありました。
いちごを注文されて、食べたということです。
もう3月も半ばになって温かくなってきていたので、
「おいしくない」とか言われちゃうのかなあ・・・と身構えておりましたら

「いろいろなイチゴを頼んできたけどうちのがいちばんおいしかった」

とのことでした。

うちのイチゴがおいしい理由は、
ボイラーを使わないせいだとそのひとは思ったようでした。

「だってさんざん低農薬や無農薬や有機栽培のいちごばかり頼んできたんですよ。
そういうのでも全然おいしくなかったんです。
おたくとの違いは、ボイラーを使うか使っていないかじゃないかと思います」


ボイラー不使用のせいじゃないと思いますよ 3月でしたから。
でもなぜ味が

他のいちごより群をぬいてよい

という声がこんなに多いかということについては
わたしたちにもまったくわかりません 今まで意見は言ったり、聞いたりしてきましたが
結論はないままです

わからないことだらけです。

知れば知るほど、いかに知らないかがわかってきます。
作物のことも自然のことも。


今日まで、いちごのご注文サイトに、
「定植後、農薬を一回散布しました」と書いていました

去年のままにして訂正し忘れていました。
定植後は、農薬不使用です

遅すぎ。

こういうことばかりしていますが、農薬が一回か0回かで何かが変わるわけでもないし

サイトに書いてないですが、不耕起でもあります

たがやしてないんです。
肥料、堆肥をすきこんでないだけでなく、
定植の直前まで、同じウネで、野菜を作り続けていました。
休みなく、働かせている畑だということです。

そのせいか、どうか、これもわからないことですが、害虫がかなりかなりでなくなりました。
結論するのは早いですが、気温が上がれば状況は変わるかもしれない

それと、「ランナーのつりあげ」をせっせとするのを今年からやめました。
一部はしましたが、作業の途中でやめてしまった・・・・
6年間やってきたことです。意味がなかった、と結論するのは早いですが
時間をかける意味があるかないか、ここで要再考かも。

いまのとこ、味は悪くなっていないようで、収穫量も、いつもと同じように少ないだけで
さしたる悪い影響はでてないようです




今週の野菜セットにも、白菜、ホウレンソウ、ねぎ、トマト、さつまいも・・・・入ります。
白菜、トマト、さつまいもが、大人気です
特にさつまいも、
「こんなに甘いの食べたことがない」というお言葉が聞こえてきます。
ほんとですねーー どうぞお試しください
野菜セットと同梱で、3キロ、6キロ頼む方が多いですが、
おすすめです

ご注文は
錦自然農園フルーツストア

いちごがよいかんじです

いちごを毎日発送しています。
少しはスピードもついてきましたが、遅いのはかわりません。

一日の発送は、多くて5軒です
どれくらい遅いかわかりますよね。

お待ちいただく長さは、長い人では、すでに二ヶ月に達していますが、
お怒りになることもなく、待ってくださることに感謝です。

待つのは、おたくじゃ、そんなのあたりまえでしょ

と最近お客さんにいわれて、わーー、そんなことを言ってもらえるようになったのか、と驚きました。
あたりまえだとは、こちらは思ってないですが、そのお言葉がありがたいです。

お待たせする農園です、の意味がわかりました
とメールをいただいたりすると、ほーーーっとします

いちごは、来年もつくれるかもしれません。
こだわりのがんこ農家がみつかったかもしれません。
まだ確定ではないですが、可能性は半分です
期待してます。

イチゴ農家なのに、私たちがいちごを食べられるのは、ほんの少し、数粒だけです。
な、ありえん。と思うでしょ。でもそうなんです。
今日は3粒。

ちびちゃんいちごが始まったせいですね~~
いちばん遅いのが、ちびちゃんです。
待ちくたびれている? いますよねえ すみません。待っててくださいね~~

イチゴがもっといっぱい作れるといいのにな、と思う反面、これくらいしか作れないのが
園主の精神にはよろしいようです。
今朝も、さくっと収穫して、さくっとパッキング、さくっと週末のおでかけに出発されてしまいました。


三年前、いろいろなことがうまく運び、とてもたくさん、いちごが採れたときは、
たいそう不機嫌だったような気がします・・・・
忙しすぎる冬になってしまうんですね

こちとら果樹農家ですから。冬は剪定が忙しいのです。


話かわって今日は、シーズン最後のキムチを仕込みました

写真とるつもりまんまんだったのに、
やってる最中は夢中になってしまい、撮り忘れました・・・・


仕事を終えて、
一緒につくってくださった、なおこ&なおみコンビには、来年もぜひお願いしますといいました
今日はこれなかったちえさんも、あやこさんも、来年もよろしくお願いしまーーす
じゅんこさんも、もちろんよろしくです~~~~


水曜しめきりの野菜セット、はちみつ、紅茶、卵、いちごのお申し込みは

錦自然農園フルーツすとあ


続きを読む

キムチと白菜

2017Feb2_4.jpg


白菜が、どんどんいい感じになっています。

そりゃもう、気候の変化で作物のできは、微妙に変化しますから
いつもそう思うわけではないです。

でも、今回の白菜は、ちらっと見ただけで
「あ、いい白菜だ~」
と思いました。

2017Feb2_kimuchimama.jpg

柔らかい、みずみずしさ。これはいちばん寒い時期が過ぎた、ちょっと春が入っている白菜。
白菜に包丁をいれると、ほらね! 思ったとおり。

2017Feb2_2.jpg



水がじゅわっと包丁の脇からしみあがってきます。
光を反射してきらきらしてました

「ちぢみキャベツ」のように、繊細でいてずぶといかんじがする白菜です。

ちぢみきゃべつは煮るとおいしい
でも、この白菜のしっとりした、肉厚な柔らかさは、生で食べたいですね
もちろん煮ても蒸しても、べりーいいですよ

2017Feb2_3.jpg


白菜のご注文は今もうけたまわってます。
最近、ご注文の数が多いので、金曜だけでなく、週二回発送をしています。
お申し込みはこちら

おとくな3株セットはこちら


あ、生で、といえば
この同じ白菜が、今季最後のキムチになります。


今季は

「仕事はホドホドに!」

と、多くのお客さまからキツク、言われているので、キムチはどうしようかなあと、かなり迷いました。

でも、白菜は上出来だし、つくりたいので、今年も作り始めました
去年より、たくさんの方の力を借りて。

忘れていたのですが
キムチつくりは、他の加工品とちがって
考えたり、気にしたりすることがたくさんあります。
仕込みから発送まで、頭の中にずっとキムチのことをおいておかないといけないので
作っているかぎり、ずっと休まらないのでした。

有能なヘルプを得てこれなんですから、去年まではどれだけ大変だったか、ということですが

体にきをつけなさい、いたわりなさい、はたらきすぎです。。。。etc

のメッセージを、日々、ちょうだいするうちに、

ちょっとまずいかなあ・・・・忙しくなりすぎかなあ・・・・・と思うようになってきまして

少々早いですが、今季終了にさせていただきました。

2017Feb2_5.jpg

白菜は、何度もいいますが、今、おいしいですよ
野菜セットの中には毎週はいってます。
おいしい白菜が食べられるみなさま、ラッキーだなあ☆

大根はまだできてません。この時期、大根がほしい、と思っている人は多いことでしょう
たくさん植えているんですが、まだ収穫期にいたっていません
もうすこしだとおもいます

次週から、うちの自然栽培チンゲン菜が入る予定です。
チンゲン菜は今週も、無農薬のが入りますが
うちのは、ちっこくてまるっとして、ぜんぜん違います
お店には並んでないタイプです。品種が違うんでしょう。

氷点下の球磨で夜毎、寒さにしばりあげられておいしくなっている(どういう表現?)
露地ほうれんそう、しばらくは毎週入ります


うーーー
仕事すきだな 
私が野菜やら、そのほかに、接して受けたバイブレーションを
早くお知らせしなくては 求めている人はいるんだからっ


あれこれに、迷うくらいなら、発信すべし

ですよね


あ、そうそう。イチゴの収穫は、けっこうスピードがついてきました。
といってもまだ先月はじめのご注文の方に送ってます。
お待たせしていつも申し訳ないです。。。。



野菜セットと、山はちみつと、イチゴと、白菜と、お茶と、卵と、紅茶のおかいものは
錦自然農園フルーツストア

かわはぎのお刺身とか剪定とか

2017Jan26_2_momo_sentei.jpg

先週桃の剪定が終わりました
いえ、やったのは私ではないですが

次は葡萄の剪定ですね
そして柿

柿は今年、できると思われます
去年は注文も受けられませんでしたが

そして朗報は、イチゴのひのしずくが来年も作れるかもしれない・・・
いえこれはまだ、確実ではないですが、いいお話が最近聞こえてきただけです

野菜セットは明日水曜の正午までにお申込みください

四回セットと定期コースは、割引率が同じです
そして私どもに仕事上の負荷が少ないのは定期コースなので、近い将来、4回コースを定期コースに
一本化しようという話がでています


お米の4回コース、お野菜セットの4回コース

どちらも4回コースではなく、定期注文で

お願いできるとたいへん助かります
発送日はどちらも変更できます
定期といえど不定期可能です。
止めるのも、一旦休み、というのもできます


さて今日は何を夕ご飯につくりましょうか

最近、朝ごはんつくるのは園主
ランチは私
夜は食べたい人がつくる
というのになんとなくなってます


何が食べたいかなあ
昨日はかわはぎのお刺身を彼が作ってくれました
肝で食べるの美味しかった
居酒屋で食べてる空気感を思いだしました




野菜セットとかあれとかこれとかのおかいものは
錦自然農園フルーツストア


愛情の排出

最近、とつぜん玄関が開く音がして、
私を呼ぶでもなく、トイレに走る人影が目の前に見えるでもなく、
3分後にふたたび玄関が閉まってしまう


んん?


なんだろうと思いましたら、園主が、玄関で人待ち顔でくーくーいってるあやつを
抱きあげてすりすりして
体温補給して
また桃園に帰っていくみたいです


私も家の中でぱちぱち仕事しているときに
ときどき
くーくーしにいくと、めちゃくちゃ癒されます


一生子犬でいてください、というのはいけない願いですが、そう思ってしまうほど
いまのくーさまは、天使


人の体には愛情を吐き出したいという欲求があるのに
愛情を吐き出したら受け止めてもらえるかしらんという
やや下向きの不安があるものだから
出したいだけの愛情を出し切れない
でも
こやつたちには、いくらでも百%の排出ができるのがよいですね
愛情の排出ってなんか言葉が違いますかね





キムチとか野菜とかイチゴとか干し椎茸とかのご注文は
錦自然農園フルーツストアへ

2017 キムチづくり

2017Jan16_3.jpg

料理が大好きで、気合と愛情でキムチを手伝ってくれるスタッフに恵まれています。
近所の主婦のみなさまに、とても助けられております。

先週は
素材カット班 タレ仕込み班 仕上げ班

の三つに分かれて順次入替制でやりました。

つくりながら、各場所でいわれるのが、素材のよさに対するおどろきの声です。

「この大根すごい。切りながら水が飛び散っている!」
「生姜が強い」
「この昆布の糸ひきのすごさ。たぶん、この昆布が味の一番の元よ」

そういう声を聞きながら、ウシシシとほくそえむ私です。

作業の最後くらいになると、ゴマを大なべで炒って具材に加えますが、そういうことも驚かれます。
ずっとしていること、あたりまえのことに驚かれるって気持ちいい。

特別な技術はないので、
近所にある特別な材料を、ゆっくり、じっくり、ゴールに向かってつみあげるだけ。

「生姜売ってください」と、しょっちゅう連絡をいただくので、
そのたびに私は、いいですよ、といいたくなりますが、もうベロがそういう直前なんですが

「キムチに使えなくていいなら送ったら」

と、倉庫番の声を思い出して踏みとどまります。

人参も、うちの人参はキムチに使うくらいしかもう在庫(畑にうわってる在庫)
しかないんです

その人参も、
よその人参と比べるとずいぶん違う。どう違うって、見た目が悪くて、無骨です。
が、味が違う。シャキッとしています。香りと旨みが豊かです。

内布家で作る野菜は、農薬も肥料も堆肥も使わない。
そういうものをキムチに使います。

だしをとるのに、昆布といりこを使いますが、いりこも酸化防止剤を使ってないものを、
はんぱなくたっくさん使います。

だし汁から引き上げたいりこの残骸は、何かに使えないかと、毎回思案しています。

猫の餌? 

クミンと生姜と塩とウコンでふりかけ風にしたことがあったけど
美味しいとみんないうけど、食卓に出していても、減らないの・・・・


たっぷりとでるだしとったあとのいりこの使い道を考えてちょうだいませ
と先週は、すたっふのみなさまに、それぞれお持ち帰りいただきました

ま。くーちゃんが食べてもいいんですが。


金曜発送の野菜セットは、水曜正午でしめきりです
今週も、白菜とホウレンソウとねぎとトマトはきまり。あとはこれから聞いていきます。
キムチ、イチゴ、野菜、干ししいたけ、コチュジャン、日本茶、紅茶のご注文は

こちらへ↓


錦自然農園フルーツストア


ゆきちくんのこと

江戸末期の日本人はかっこいい人が多かった。
福沢諭吉をかっこいいなあと思うようになったのは、「福翁自伝」を読んでから
これが座右の本になってしまい、いつまでも本棚に戻らなかった時期がありました。
ほかの諭吉本も、もれなくおもしろいです。

competitionという英語の日本語訳に、「競争」ということばをあてたのは、諭吉くんらしいです

それまでの日本には競争がなかった!

商人は、よそよりたくさん売ろうという考えをもたず
ひとびとは、あの人より出世してえらくなろう、という考えもなく
みんな、生まれつきの家柄やうまれつきの貧乏度、かねもち度にそれぞれでいい、
という考え方だったらしい。

それは封建主義のあしき側面でもあり、したい職業につくことも、住みたい場所に住むことも簡単ではなく
うまれたらその運命の場所でしぬしかないということで、
それはそれで悲惨だとおもう。
思うけれども、そこには「今のままでいい」という、安穏もあったろうなとおもいます。

(ある武士に競争の意味を教えたら、「それを他人を踏み台にするということではないか、そんな卑怯なことは私にはできない」といったというようなことがなにかの本に書かれていた。正確な言葉を探したけどみつかりませんでしたっ)

ゆきちは、お父さんが早く死んだので、貧乏な下級武士の
家の次男という、いちばんどうしようもないポジションにいたそうです。

大分の中津で藩づかえの身になりサラリーマン生活が待っていたが
住みたい場所にすみ、生きたいように生きるため、
かれに残された唯一の手立てが学問
もうそれしかないので、勉強した

学資があるわけでもなく常に貧しかったけど、みんな貧しいので気にしなかった
翻訳のアルバイトでお小遣い稼ぐ人も多かったけれど、
そんなことで貴重な勉強の時間をつぶしてはもったいないとやらなかった

酒好きで友達とよく飲み、しかし勉強は熱心で徹夜しながら原語の本を読みまくる

漢学隆盛の時代
ゆきちの漢学の能力は高かった
かれは漢学(中国語)をするっとこなしたノリで蘭学(オランダ語)も
存外難なく学んでいく

これからは蘭学だ

と思って勉強していたけど、途中横浜にいったのを機に、

これからは英語だ

と気づき、また英語の修業

そして咸臨丸にのせてくれーと頼んでするっと願いかない、ジョン万次郎や勝海舟とアメリカゆきを果たす

一回経験してしまうと、経験者の有利で、ヨーロッパへの洋行にも参加でき
もともと漢学やっているので文章は達者
英語もオランダ語もできるとあって
そんな人はそうはいないから
幕府のなかでも旗本扱いのサラリーや扱いを受けるようになる

なるけれども、少しも幕府が好きでないゆきちくんは
勝海舟とはたぶんすごく仲が悪かったんじゃないかと思うけれど

だれにも頼らず生きる独立独歩の精神をつらぬく
明治になって学校制度をつくってくれと頼まれても断り
上にもペコペコしないかわりに、下にもえらぶらない

終生、身分が低いから、年下だから、といって、相手に乱暴な言葉をつかったりよび捨てにするなどしなかったらしい

お金にもつねにタンパクで、借金だけは絶対しない
これをしてくれたら、このお金をあげる
と、うまい話をもちかけられても
それを受けたら生涯、頭が上がらなくなるのはいやだと思って断る


都会っぽいなあと思うのは
誰とでも仲良くし、ともだちは山ほどいるが、考え方がずれてきたら無理して付き合わない
ひとの考え方を正そうとしないし、ひとのやりかたを批判しないし、喧嘩しない

クールにも見えたろうし、義理人情にあつくもあった

卑劣なこと節の通らないこと、無駄な儀礼、無駄な慣例をすべていやがった


西郷隆盛も、ガンジーも、マザーテレサも、キューブラーー・ロスも、
死後に、「あの人はけっこうやな人だったんだよ」という醜聞が出回っているように
福沢諭吉もそうみたいですが、いいところだけ、受け継いでいきたいと想います。


ともに絶好調の野菜といちごのご注文は、
錦自然農園フルーツストア

「Gになって何がよかった?」

2017Jan16_1ichigo.jpg
いちごの順番進まなくて申し訳ないです。でも確実に順番は近づいてますので! お取り寄せいちごは自然派より断然早いです。


5years というお客さんが教えてくださったがん患者のコミュニティサイトで
がんになってよかったことは? というアンケートがあったので、友人に質問をしてみました。


元がん患者の友人がいいました。

「老人とか体の不自由な人の席に、若いふつうの人が座っているのを見ると、
外にはそれとわからないだけで、病気を抱えているのだろうって考えるようになった


あ、そうだね
と私も思ったです。

財布に手をつっこんだまま、列が長いのにモタモタしている人は
末梢神経に問題を抱えているのに、自力で生活しようとがんばっているのかもしれない

急に怒りだした、一見短気で困った人に見えるあの人は、
抱えきれない問題を内側に抱えて人に相談する言葉さえみつからないところにいるのかもしれない


ほかには? と友人に続きをうながしたら、


「手術のあと、すごく投げやりになってたけど、周囲の人が心配してくれたのかたくさん仕事くれて
何も考えず仕事ばかりしているうちに時間がすぎていった。

それと、そんなふうに仕事くれた人の気持ちを裏切ってはいけないと、必死でやってたら
仕事の腕もあがったみたいで、どんどん忙しくなっていって、今ではそのとき仕事くれた人から
●●さんがこんなに仕事できる人になるとは、昔は想像できなかった
といってくれるようになった」


よかったねええ
と話聞きながらナミダでそうになりました。


じゃあ私はどうなのか
友人ほど時間がたってないのでまとめるほど客観視できないですが、ひとつだけ、いえることがあります。


とても自分が愛情に恵まれているんだということを身にしみてわかるようになりました。
はじめて会った人、リアルではあったことのないうちのお客さんたち、そして近くや遠くの友人と家族。

日々のくらしが人生
毎日が答えだなあと
そういうことも思います
舌足らずですが説明なしっ

今から作業場いってきまーーす



野菜セットのお申し込みは水曜正午まで!
今がいちばんおいしい有機JAS白菜、無農薬ホウレンソウにじゃがいもにさつまいもに・・・
寒さに凍えているのは人間だけで、野菜はパワーをますます蓄えてます
クマモトのタクマシイ、タマシイこもった野菜セットで来週も元気に過ごしましょう!
ご注文は

錦自然農園フルーツストア

四次元パーラー あんでるせんにいってきました

2017Jan1_3.jpg


いったいそりゃなんだ? とうんざりする人と

ついにいったか、えみこさん・・・・・・

という反応の二手に分かれると思いますが。
ご存知でしょうか。

友人のアーチスト(男)が言葉少なに、いったほうがいい、というので

これまで何人かからその話を聞いていても、心が動かなかったその店に、
彼にはまったく詳細を聞かないまま、いくことだけ決めました。

長崎のサイハテにある、古い、クラシックな喫茶店に。

ミートソースやミックスサンドを食べるのにも、予約が必要だというので電話をかけたら
キャンセル待ちがでたとこだった


なんだいわれているほど予約が難しくないんだと思いながら予約をいれました。


本日現場にいってみると、
来ている人は何回も何回も電話をかけてやっとつながり、二ヶ月前からこの日を楽しみにしていたという人ばかり。

東京やら群馬やら、スーツケースをごろごろさせながらはるばる来た人多数。

ハンバーグや牛丼を食べるために。そんな・・・・・

いっしょにいったMちゃんは、ここの名前も聞いたことなかったのですが
予約とれたんだけど、いける?
ときいてみたら いける というので、前知識ない二人は行きました。

往復7時間
ちょっと途中間違いもあったのでプラスアルファ

ハードな日帰り旅。

「帰りにどんな会話してるんだろうね。おもしろかったーと言っているか、その逆か」
といいながら行きましたが
帰り道の会話は、

「あれにいって、行くんじゃなかったという人はおるのかな」

とMちゃんが言うほど、二人大満足で帰路につきました。

そこで目撃したものは、たいしたことじゃないのです。


目の前で、財布が燃え上がったとか、一万円サツがふわふわと飛んだとか、千円札を貫通したボールペンの穴が消えたとか
来場者の生年月日が、別の四人の来場者の思いつきの数字を計算して導き出された数字とイコールだったとか。
来場者のオットや、恋人の名前を言い当てるとか。
ルービックキューブを1秒もかからず全面そろえるとか。
指輪の宝石の色を目の前で変えてみせるとか。
ぶっとい五寸釘が触れただけでくにゃっと曲がるとか。
ランダムに選ばれた来場者がたったいま書いたらくがきを、店主が何日も前に書いた、たったいま選ばれた人の名前つきで、まったく同じ線描の絵とともに見せられても

そんなことはたいしたことじゃないのです。


そりゃあ、その場では、猜疑心たっぷりで見ている私やMちゃんも「えーーー!!」と叫び続けます。

そんなのは当たり前です。
が、そんなことはやはりたいしたことじゃないのです。


このクラシックな喫茶店が奇跡のようにすごいのは、
いえ、もう、奇跡としかいえないと思いますが、これほどすごいのは、

見ている人の脳内風景を変えることです。
もう一歩いうと、

思い込みのふたを吹き飛ばします


限界はあたまが作っているんだということを、いやでも知らされます。
ひょっとすると見ている人によって感想が違うかもしれません。
わたしは、そう思いましたが、彼だからできるんだと思う人もいるでしょう。

店内にはこれでもか、というほど来店した著名人のポラロイド写真が貼ってありました。
鈴木大地さんのように8回もきたとか、複数回くる人が少なくないらしい
劇団ひとりさんも相当のリピーターだそうで、安部首相のおくさんや鳩山さんや七田さんやいきものががりさんや


何回もくるのは、マジックショーを見るためではなく
こんなことはふつうのことだ


それを確信するためにくるのではないかとおもいました
だからスポーツ選手とアーチストが多いのじゃないかとおもったです


多くの人は、自分の能力を発揮するのを怖がっている
何が怖いといって、自分が本気だしたらどれほどのパワーになるか、
そんなことをしてしまったら、平和が吹き飛ばされるんじゃないかと怖がっている


いちばん怖いのは、
わたしがどれほどすばらしい存在であるかを、
わたしがみとめることです



そんなことを帰りのドライブでおもいました。


わたしがだいきらいなあのひとは、
わたしが生きたかったわたしです
私が大嫌いなあの行為は、私が本当にしたいことです



いまここでそれをおもいました
碗ネス ?  それがこれ  ?


2月1日にチケットぴあのように、予約開始 AM8時から?
こんどはおっとをつれていこうかな

ひのしずくをいっぱいつくるのがむずかしい

そんな思い込みのふたを爆破するのが目的です
思い込みのふたを爆破することができさえすれば、なんだって可能なの?
・・・・そんなの怖い!!  おっとはいうかも



もし、予約がとれたけどそのままかえるのがもったいない人は、農園によってくださいね
くーたんに会いに来てください
めちゃかわいいのピーク7870mレベルです



野菜セットのご注文は水曜正午まで(金曜発送します)
はちみつ、おこめ、おちゃ、こうちゃもおいしいです。

ご注文は錦自然農園フルーツストア