いちごの未来

2017Mar22_2.jpg
ここまで、まああっかに、なってから収穫するイチゴは、とても稀です。
うちはこれが普通ですが、一般的にはこうじゃありません。収穫後に赤くなっていくので食卓につくときの色は同じですが。
ここまで完熟まで収穫しないので、とても高リスクですが、それゆえ美味しくもなります。



いちごは、かなり高い確率で、今季がラストイヤーとなりそうです。
つまり、来年以降は作らないということ。

ひのしずくの生産者が、本当に、言葉どおり、絶滅しそうだからです。
あてにしていたところから、昨日、またひとつ、「ダメ」のお返事をいただきまして・・・

「ひのしずくは今年で終わりにする」

と、何軒もの農家から聞いても、「まだそんな」「ゼロにはならないでしょ」と楽観していましたが
本当に、むつかしそうです
みんな、やめていく
やめざるを得ないのは、栽培がむずかしいからです

まだ植え付けまで半年ありますが・・・・・・・・・・・むずかしいかも(ため息)

いちごを夫が作り出したのは、私が熊本にくる1年前の09年でした。

それまで冬は、自宅のセルフビルドとスーパーでのバイトで過ごしていたのを、
いちごを作ればバイトに行かなくていい、という考えで始めたのでした。

私が熊本にきた初年度は、「いちごを直送するなんて、無理」と言い張る夫との攻防で費やされ、

二年目から晴れて直送開始
といっても、ほとんどは道の駅で販売されました。道の駅でも売れ残ってました。

でも、こんなに美味しいのに、なんでこんなに安くて、こんなに売れないの、と憤る私が

これまた夫を一年半かけて説得して
「錦自然農園フルーツストア」
をスタートさせると(いちごの三年目)、
急激にいちごが売れるようになり、いつも完売状態になり、感謝のなかで6年経過。

で、

終わりになりそうです。

まだ百%じゃないですけど、相当高い確率です。
ほかの品種でイチゴを作る、ということは今は考えられないみたいです。

繰り返し、お客さんには伝えてきましたが、ひのしずくは、作るのが難しいんですよね。

この激動する気候のもと、いちごという一年半がかりの作物を作るのは、誰だってたいへんなんですが、
なかでも最強に難しい、みんなが失敗していく、ときには農家を廃業に追い込むことさえある
恐ろしい品種が、ひのしずくです。


だからこそ、おいしい。

効率悪い、
色も形も悪い(他の品種が色と形がよくする方向に改良されているのに、ひのしずくは味をよくするほうに改良されているということです)、
量がつくれない

これだけ、農家にとって不利な品種なのに、まだ絶滅していないのは、お客さんも作る側も
この品種が好きだからです


果樹農家であるうちは、苗を作るのはとうにあきらめておりまして、わけていただくことで、イチゴ農家のはしくれでいられました。
それも、今年かぎりなのかなあ・・・・・・・



これから春の気温の上昇にともない、いちごの味は、冬バージョンから春バージョンに移行していきます。

もともと酸味の存在が甘味を支えている食味のいちごですが、酸味がさらに強くなります。
でも、それはそれで美味しいのです。
甘いだけのイチゴは美味しくない、と思っている方に、とても評判がよいひのしずくです。


今季のいちごの販売の再開は、まだ可能性があると思います。
メールレターでお知らせをしております。サイトの左側からご登録いただけましたら
お知らせいたします。





では
水曜正午しめきりの野菜セットは、

錦自然農園フルーツストアです






スポンサーサイト

何かをするために生まれてきたような気がするのに


30代の女性のおともだちが、こんなことを言いました。

「何かをするために生まれてきたような気がするのに、
それが何なのかわからない」

前半部分は、工藤直子さんの詩にそのフレーズがあったので、彼女のせりふをよく覚えているのですが。

私がその場で彼女に返した言葉は

「できることをすればいいだけじゃない?」

でした。

「何がしたいかがわからないんです」

「したいことは、探すものじゃないよ。

今からおうちに帰ってあなたがすることが、あなたがしたいこと。
今ここでお茶飲んでるのもたぶんあなたがしたいこと。

したいことは探さなくても、今してることですよ

仕事はしたいことじゃなくて、自分にできることしたらって思うんだけど」

「でも・・・・」

「仕事なんか何やったって同じだよ。何をやっても自分にできることしかできない。
何やっても今やってることが自分の仕事よ」


自分にいっているようなせりふです


うちの夫が

「おれ、理想とか野望とか持ったことない」

というのを聞いたことがあります。

「子供のときから?」

「うん。自分にできることしてるだけ。おれ、自分を高く評価してないから。
才能があるとか、すごいことできるとか思ったことないし。
お金は必要な分だけはほしいけど、自分のできる範囲をやればいいと思ってきた。
理想の自分になりたいと思ったことない」


私も
「もっと夢を大きくもって」とか「もっと上に行こうと思わないからあなたはダメだ」とか
言われたことあります。えーってかんじです。



そーだ
 夫にはじめて「あなたの夢は」ときいたとき

「夢は・・・生きてること」

といったんだな

農業的ゴールとしての夢を聞いたら、別のこといいました。7年前のこと。


「食べた人が幸せになるフルーツを作ること」




お米、お茶、野菜セットのお申し込みはこちらです☆野菜をつくる未来があるとは思ってなかったですが
野菜つくってたら、上記の言葉に「野菜」が入ったと思います☆
錦自然農園フルーツストア

農家の嫁が幸せになりがちな理由

IMG_6324.jpg
昨日の夕食。リビングで栽培している「スーパーブロッコリースプラウト」をたっぷりのせた、米粉でつくったチヂミ的なもの


熊本に来てからというもの、ほぼ毎日、しあわせだなあーと加山雄三のように思っているのでした。
ひょっとしてその原因は、職業が農家だから? と思いつきましたのでめもっておこう。


農家の嫁がしあわせになりがちな理由

1 人にギブする仕事だから

そういう気持ちがねっこにあります
生産量をもっと増やせば、もっとしあわせになるんだろうなと思います
あげるものがもっと増えれば、喜んでいただく瞬間がもっと増えて、もっとしあわせになってしまいそう
なのにできないのがウチのさびしいところ

2 土の近くにいる

土にはいろいろな生物がひそんでいるし、いろいろな植物もはえているし、つまりにぎやかです。
人間がいなくても、さびしくなりようがない、という場所です

3 おっとがかっこよく見える

私の限られた人間関係でいうと、農家のよめはみなさま、おっとが好きみたいで、わかりやすく愛情を放出している人が多いです。
農業って男が有利なところが多いので(力とか体力とかの面で)、
たよりがいがあって、しゅてき☆と目に星が入ってしまうシーンが多々あるのかも

4 実際にすてきな人が多い

農家の男で、ちゃんとやっている人は、素敵なヒトがだんぜん多い。
これは、責任をしょって、日々自然と格闘しているせいでしょうか。 

5 根底にあきらめがある

あきらめという言葉よりもっといい言葉がありそうですが、思い浮かばない
自然が次々に予想や期待をぶちやぶる経験をしているから、むやみに「夢のかたまり」になれません。
仏陀は、「いきることはつらいこと」と教えましたが、教えられなくてもよーく知っている
あきらめている人は、逆に明るくなってしまいます。

6 孤立していてはできない仕事だから

農業をやっていて、孤立していることは不可能です。
どうしても、周囲の人たちにお願いしたり、頼んだり、頭を下げたりしないと職業的にまわりません。
そうやっていると、どうしても、周囲の人たちに「ありがとう」ばかりいうはめになります。
助けられたり、助けたりの繰り返しで歳月が過ぎていくので、しあわせにならざるをえない

7 食にめぐまれている

うちなんかはまだまだですが、長く農業をやっている人の、食のゆたかさは、まったくうらやましいほどです。
超豊かな食が台所にあふれて処理しきれない、というとき、いただきますおこぼれに毎度目を丸くしてます。

8 人と自分を比較しなくていい

これはどこのエリアでもいえるかどうかわかりませんが、ウチのような人家がまばらなエリアで、
集会的なものもほぼないエリアですと、ヒトはもっとうまくやってるんだろうか、とかをきにする「機会」がありません。
自分を他人と比較するのは多くの場合、不幸の素ですからね~
東京などいくと、あまりに人が多いので、人からどう見られているかとか人と自分を比較する目線が
自然発生しているのに気づくことがあります

9 動物が飼える

だれもが動物を飼いたいわけじゃないでしょうが、わたしの場合、犬がくらしのなかにいるかいないかは、
幸福度が3600点ちがいます(なんの数字?)

10 ヤオヨロズの神様がそばにいる

良くも悪くも、明日のことがわかりません。なにひとつ、保障されていない人生。
農と宗教がリンクしやすいのはしかたないなと農家になって思いました。
山の神でも川でも海でも大地の神でも、かみさま~という気持ちが困ったときには湧いて出るかも
本気で困ったことがまだないですが、そういう風習の発生が自然なことだと思えます





ただいまおいしいミニトマト、キャベツ、さつまいも、野菜セット、緑茶、紅茶、卵などなどなど販売中!
錦自然農園フルーツストア

佐川急便LOVE

というわけではないんですが、

ヤマト運輸だったらよかったのに~~~

と、これだけお客さまから言われていながら
佐川急便をメインの配送会社にしているのは、
よほどラブなんだと思われてもしかたありませぬです。


まず、お知りおきいただきたいのは、

ヤマト運輸や郵便局をつかいたい、というお申し出がありましたら、
それはもうぜったいに、そのようにさせていただいております。
ですので、

佐川にうちの敷居は跨がせない

と、思っている方がガマンする必要はなく、うちとのお付き合いをそのせいでとりやめていただく必要もないです。

佐川でなく、福山通運でも赤帽でもなんでもどの会社でも、
もちろんヤマト運輸でもゆうパックでも
お好みの会社で配送します。


ただ問題になりがちなのは、

佐川急便は、

農園の質を高めて、お客さんを増やす努力をします&配送のメインにします! 
だからうちの未来をかって、配送料は、うんとこさ、めちゃ安くしてね! 

とお願いして、配送料をきわめて安くしてもらっているので
ほかの運送会社は、ヤマトなら関東で五百円以上、ゆうちょなら三百円以上の
コストアップになります。

うちの送料は、「お客さんのウチへのお支払い額」=「配送料としてウチが配送会社に払う額」
送料を安くしたい、というのは悲願でした
郵便局にもヤマトにも、「うちはこれだけ荷物数を増やすから
これくらいにしてくれないかな」のプレゼンをしたことがあります
撃沈でしたが

そんななか佐川だけが頑張ってくれました
おかげでウチの荷物数は去年、7年前の10倍以上になりました

配送料が安いだけでは、ダメだという方には、
通常ならあさってにしかつかない場所でも、飛行機飛ばして翌日にドアピンポンです(関東)
というこーすが佐川急便にあります

それはまた、ベツの料金設定になりますが、可能です。
ベンツでお迎えにあがります、お届けを全うします、というスペシャルこーすですから
遅延はありえません

遅延?


遅延といえば佐川


というくらい遅延でご迷惑をおかけしております。
とくに
今年の1月以降、東京の都心の、西の、いくつかのエリアでは、
たいへんなご迷惑をおかけして、本当に、これはもうだめだと思いました。

最大6日の遅延がありました

ベツの会社に見積もりを発注しました。ぜったいに、佐川をやめるしかないと思ったわけではないですが、ぜったいに佐川以外のもっといい会社を探して、その結果をみるべきだと思いました。


そして、そのことを最寄営業所に伝えました。
すると、その営業所は具体的な内容の記述はさけますが、かなり具体的な対策をこちらに提案くださり、
それをしますから、その結果を見てくれ、といわれまして


結論として



状況一変
超遅延地区
だけが残りました


超遅延地区

と言う場所は、
荷物の集積ははんぱなく、他県からスタッフとトラックを加勢しても、まったくたりず、
ドライバーが一日にひとりあたり配送する量のかるく4倍を受け持たされるそうです


そんなくらしをさせてしまってもうしわけない




つい思ってしまいました


配送業界がもっとも、どんづまりに苦しむのは、土曜と日曜だそうです。

日曜の午前指定

これが最悪に、量的に、マンモスだそうです。

にもかかわらず。

仕分けスタッフの多勢をしめる主婦群は、
「土日に働くなんて」
とかいっちゃって、働いてくれません。



すごくこまりますう



ヤマト運輸の荷物・集荷・超過
だけがメディアネタになっていますけれど、問題の本質は、
物流に人材が必要なのに、人が、物流にきてくれない、ということです。


もし、時間が少しでもあるという人がいましたら、
佐川急便ではたらいてください


(そこ?)
(そこです!)
(なんで?)
(もし働いてくれる人がいなくなったら錦自然農園のつくりだす産物を遠くのみなさまにおとどけするすべがなくなります)



錦自然農園フルーツストア


元「東京タラレバ娘」


友人に漫画の「ワンピース」の大ファンがいて、私は聞いたことがあります。
ワンピースのおもしろさを一行で教えて、と。
その人は、間髪おかず言いました。

日本語が読めるのに、作者と同時代に生まれたのに
これを読まないで死ぬなんて、人生がもったいない

国家公務員(独身・男・44歳)が、めったにみせない真顔で言うのでしたが
まだ、読んでないです


いま、たのしみに読んでいるのは、

「ブルージャイアント」(石塚真一)・・・ジャズ
「リアル」(井上雄彦)・・・・・・・・・・車椅子バスケ

すごいです。読み出したらやめられません。

「モーメント」(槇村さとる)・・・・・・フィギュア
「三月のライオン」(羽海野ちか)・・・将棋

こちらも好きです。

そして昨夜深夜までかかって読みましたのが

「東京タラレバ娘」

なんとなくこんな内容なんだろな、と想像していたのを軽くこえて、おもしろ深い。

結婚したくて愛をもとめてさまよう33歳の東京在住女子三人の話がどうしてこんなに刺さるのか
まちがいなく、わたしもタラレバ娘だったからですが。
結婚するのが、どうしてこんなにむずかしいかなあと思ってました
45歳まで。

理由がわかったのは最近ですが、
「結婚したい相手に求めるもの」がわからなかったからです

私の場合もとめるのは、「話ができる」ということ。コミュニケーションができるということ。
おっとにであってから、そうだったよ、これがほしかったよ、と思いました

見かけとか、収入、職業、もっている能力とかは、どんどん変わりますので
そこにはもともと重きをおいてなかったんですが、では、何が重要だと思っているのか
自分でわかりませんでした

コミュニケーションができるだけなら、いくらでもいそう。
話がおもしろく深くなる男友達いっぱいいます。
ところがこれ、「友達なら話できるけど、オクサンになった瞬間からできなくなる」男、
ものすごく多い

結婚前に、それができる人かどうか見極めるということができるのか
見極め方のひとつは、その人が、自分とコミュニケーションできる人かどうかではないかと思います。

男のほうが自分のことわかってない人、多い気がします。
自分に嘘つくというか、本当はなにが大事で何を誇りに生きているかがわかってないというか
誰かがつくった規範から反抗するにしても、従うにしても、宇宙の中心が自分じゃないかんじというか

うちの夫は言葉の数がすくないし、どっちかというと、無口に近いですが
本質しかいわないような感じが会ったその日にしたので
会ったその日に、けこんしよーとなりました

夫もわたしとおなじく、結婚市場からはみだしていて、みつけてもらえなかったし
そういう部分が大事とおもっている人が、多数派ではないということかもです

結婚したいんですけどーー

と女の友達にいわれるときによくいうのは、

いい男なんていないから、原石みつけて、それを磨くつもりでいればいいんじゃない?

です
「なんてこの人、いい人なんだーー」からはじまる関係よりは、
あれこれ問題あるけど、そこは目をつぶれる、というはじまりかたのほうが
先があるといいますか
問題ない人なんていないから

でも、何にめをつぶれるのか、ぜったいにゆるがせにできないかは、
これまた、わかっている女子がすくないから難しいんですが

いつだったか
「食事の食べ方で男をみる(わかる、だったかな)」という女性がおりました。
そんなことは、何の意味もないと思いました。食べ方なんか教えたら変わるし。
変わらなくてもそれが何かを深く意味することはないような。


別のときには
「無農薬で農業している人と結婚したい」という女性もいました。
「そういう人はいっぱいいるけど・・・農薬を使い出したら別れるの? その人が農業やめたらどうする? 
だったら、年収いくら以上じゃないとダメとかいってるのとあまり変わらないよね」

でした。


大好評をいただいております金曜発送の野菜セットは、
毎週水曜正午しめきりです
ごぼりんとうも、水曜のしめきりですが、ただいまご注文が多く、来週の発送ができない場合もあります
お早めにご注文ください。ご注文は、

錦自然農園フルーツストア

7年目の・・・・・・・

昨日、熊本人になって7年目に入りました

熊本にきて
よかたなーーと思うことしかありません。

今では、「よく、あなたみたいなのが東京で何年も暮らせましたね」と、しばしばいわれるくらい
「熊本人」な私ですが、
東京を出るときは、
「やっぱりねーとかいわないから、嫌だったらいつでもかえってくれば」
「来年ここに帰ってきてないことをいのるよ」
とか、私が熊本にいったって、さっさと戻ってくるだろうという予測が
周囲の大半だったのです

たぶんわたしは、ものすごうく、この7年で変化したのだとおもいます

昨日、7年目の記念日に、7年目ではじめて、しゅーとめから、強烈に大量のおこごとをちょうだいしたのですが

申し訳ないくらい、心にひびが入らず、ただ疲労感が集積しただけでした

おこごとの内容は、「犬の餌」です。

犬の餌の量くらいで
大騒ぎになるのは、たぶん、どれだけわたしが、恵まれているかってことでしょう

きのうは、埼玉から森ちゃんがきてくれて
果樹園でひーりんぐらいあーという、シュタイナーが発案したとかいう、木製の弦楽器を
奏でてくださいました

ここ2年くらい、パソコンまえの仕事に集中しすぎて
熊本にきた当初のように、木の一本一本にアテンションするかんじがなかったことを
森ちゃんが、かなでてくれる音によって、わたしが思いました


今週の野菜セットは明日発送ですが、
明日、発送する野菜につけるお手紙をさきほどかきました。

野菜のひとつひとつに、ほんとうに思い入れがあり、
うざいくらい長いお手紙になってしまいますが、
どうぞご笑納ください、というかんじです


オーガニックな野菜、おかし、くだもの、お米などのご用命は
錦自然農園フルーツストア

田舎暮らしとノマド

2017Feb25_2.jpg
お手製の燻製器で、燻製中。田舎暮らしのキーワードのひとつが「燻製」ですね

先週、東京時代の友人と、海の見えるカフェでお茶していました。

証券業界→出版業界→音楽業界

と仕事を渡り歩いてきた彼のキャラをひと言でいえば「誠実」
もうひとこと付け加えれば「義理がたい」
そういうタイプだからできる仕事を、業界をまたぎながら、ていねいに、やってきた人ともいえます。
敵はいないけど、味方はものすごい数でいそう。
各界の有名人も多数含みそう。

いつも会うときは久しぶりなんですが、
会うたび、なんかひっかかる話を残していきます。前回もそうだった。
今回も、なんかねえ、ひっかかります。

彼はこんなことを私に言いました。

きみはえらいよ。もう都会が恋しいなんか思わないだろ

思わない。実家も東京も、すごいスピードで風景かわっていくし、私の知ってるとこじゃないもん。
今は錦町に帰ってきたらほっとする。帰ってきた、って思う場所はここしかない。

すごいよなあ。たった7年で。
おれの友達、田舎暮らししている人多いけど、なんか違うよ。
みんな、あっちこっち、移動してる。ここはダメ、あそこもダメ、って・・・・
結局、海外を放浪としてるやつと同じで、探してるだけ。いつも、次にいくだけ。

それができるんだったら、そういう生き方もありだよね。
お金かかりそうだけどね。きっとお金ある人たちなんでしょ?

まあね。これまで稼いだ金だったり、都会から振り込まれてくる不動産とかの収入だったりね。
カネがあるから、そういうことができる部分もあるんだろうけど、俺なんかからみると、幸せそうにみえないんだよなあ

うちの彼に聞いたことあるよ。
都会から田舎に来たはいいけど、農業に向かなかったらどうしようとか、来たことを後悔することになったらどうしようとか
都会を出る前に思わなかったのか、って。

そしたら彼が言ったのよね。
おれは、覚悟してきたから。できないとか、無理とかいう選択肢はないって思ってきたからって。
だから、失敗にぶちあたっても、いちいち落ち込まないようにしてたって。失敗だって思わないようにしてたって。

言われて私も思ったけど、ここに来るときに、楽しい田舎ライフが待ってるぞとか期待は一切なかった。
友達も、文化もない、ワインもかえない。それでもいいやって思ってた。
思ってたら、意外なことにそうではなかった。
それがよかったかも。夢も希望もないヒトだから、よそにもっといいものがあるなんて思えない


なんて話をしていました。
よその素敵な暮らしをしている人をみて、素敵だなあと思うけど、そこにはそこの大不幸ネタがあるかもしれないし
そこにはそこの問題がかならずどこかにひそんでいると思う。

たぶん、新宿区のマンションで一人暮らしをしている私だったとしても
そう思ったでしょう
錦自然農園のえみこさん、笑ってるけど、けっこうたいへんだろうなあ
とか考えるタイプですから。うらやましくならない。

探し物をしているひとたちは、ポジティブに世界を楽しもうとしている人たちなのでしょう

見方を変えていえば、私たちは探し物をみつけたのかもしれません。

世界がどんなふうに意地悪く見えたとしても、それに対応して変わる自由を自分らはもっている

ということかな。
雨がふったら、ふらない場所に移動するよりも、屋根をつくることを考える、みたいなことです。

じぶんが変わることが前提でいきていれば、たいていのことは、ドラマを盛り上げるためのネタです。


最近なんだか書きたがりが復活しています

また書くかもしれません
田舎暮らしとカマドについてでも(笑


ごぼうのかりんとう、ごぼりんとうが昨日スタートしました。
どうぞ、お試しください。

錦自然農園フルーツストア

ADHDといちご

2017Mar7.jpg
変形でいびつないちごは、何度もみたけど、このパターンは珍しいです。



昔、グルメガイドブックの編集長をやらされたことがありました。
長がつくのが苦手で、子供のときから逃げ回っていました。
編集長になるのも、「絶対拒否」というかんじで会社員生活を逃げ切りました。

フリーランスの編集者になって、最初にうけた仕事がなんと苦手の「長」で、苦手の「ガイドブック」。
当然、拒絶したのですが、
そのときは、どうしても、だと、アンタに選択肢はないんだ、逃げられないんだ、と説得され、しぶしぶ受けました。

グルメはいいですが、ガイドブック!
無理にきまってると思いました。ガイドブックは、ものすごっくデータが細かいです。

文字の数個でも、ささいな情報でも、間違いがあると、オオゴトになることもあります。
だから、編集長がいやなんです。兵隊ならまだしもです。

歴代のその本は、必ず最低いっこは間違いがでて、ときに、大きな謝罪に発展することもありました。
私のときは、なんと、一個の間違いもでませんでした。
誰もほめてくれなかったけど、じつは初めてのことだったみたいでした。

なぜかそれができたかというと、
わたしは自分にその仕事がむいてないことがわかっていたので、
スタッフからブーイングされるくらい、過剰なチェック体制をしいたのです。
普通は読みなおしを二人で二回やればいい、という校了直前の最終チェックのとき、
「じゃ、もう一回」と、副編集長にいいましたら、ものすごく抵抗されました。

でも、その、普通ではやらないレベルのしつこいチェックをやったおかげで
間違いが発見できたのでした。
副編集長はびっくりしてました。
「まだ見落としがあったなんて・・・・」
「自分を信用したらだめよね~」とわたし。

20年前の、これを思い出したのは、
先週、発送の間違いが、なんと9件
あったのです

先週が特別多かった理由は、私が珍しく、バイトのヒトたちよりも働いたせいです。
私は、ケアレスミスの女王だから、あまりさわらないようにしている方面のことも、つい、自分で、やったのです。

ごめんなさい、申し訳ありませんを 9人のお客さまに5日間くらいのあいだにいってました。


今週は、このガイドブックの仕事のときを思い出す勢いで、チェックをしつこくしつこくやっています。


農家になってから知りましたが、私はADHDという脳のびょーきなんですね。
最近はとても有名になり、50人にひとりはそれらしいので、カミングアウトするヒト増えてます。

こういう病気があるのだと知ったのは、だいぶ前でしたが、自分がそれに該当すると知ったのは、
ここ数年です。こういうことは、前も書いたことがありました。
農家になるまで、
自分の好きなこと、得意なことしか、してこなかったので、変わっているといわれる程度ですんだのですが

(会社員時代はそれなりに苦労したのに、フリーランスになったとたん、おもしろい仕事ばかりできて、
収入も倍増に近くなったのは、この脳のかたよりのおかげともいえます)

農家になると、大の苦手の事務系しごとが私の前に山積みになってしまう
人を雇うのもやっていますが、もともと、もうけの少ない商売なので、
人件費がかさんでいくのは、ちょっとつらい。

きみのケアレスミスでお客さんが去っていくのは、しかたない、それはコミでやるしかない

と、夫は言っていましたが、どうなのかと、考える今日このごろです。


農家は、自分にあった仕事のしかたを造ることができるのが、いいところ。

毎年言っていることですが、いちごを、果樹農家が作るのは、とても無理のあること。
時間もエネルギーもとても使うのに、
儲けは、たったの、すうじゅうまんえんにすぎない
5ヶ月の収穫で、作業にかかわる期間は、収穫期の二倍以上なのに。

そこそこのおいしさなら、やめようよ、と主張するのですけど、
こんなにおいしいイチゴは、他にない、と実感しているので
今年も、すごく無理をしながら、作って収穫して発送しています。

ADHDからイチゴの話にずれましたね

ずれたのではないんです。

向いていないことを仕事にしなければ、ハッピー&よいこと! かどうかの問題。
でいうと、
イチゴの仕事は、果樹農家で、二人でやっているわが農園には、向いていない。しないほうがいい。


私が苦手な分野の仕事をまったくしなければすむのかどうか、という問題。
でいうと、たぶん、しないほうがいい。

でもそうすると、仕事が煩雑にならずにはすまないネット販売こそが、
事務がへたな妻がいる、うちの農園には向いていない売り方である。というのが結論じみてきそう。


繰り返しご注文くださるお客さまには、
なるべく「定期注文」でと、
メルマガなどでお願いしているのは、事務作業をシンプルにしたいせいが大きいです。


考える方向は、まだ無限にあります。
悩んでいるというよりも、考えている過程を公開しているだけです。
(なんじゃそりゃ)




気づかれにくい女性のADHD

ADHDのクリエイティブなコミュニケーション力


錦自然農園フルーツストア

燻製にこってる人

2017Mar7_2.jpg

このごろ、うちのかれがめちゃくちゃ凝ってくれてるのが燻製づくり。
作ることじたいは、何年もしていましたが、最近、「これだ」という作り方にたどり着いたようで、
前よりずっと、プロっぽくなってきました。

ハムとかソーセージのたぐいは、オーガニックにこだわる派にとっては、
いちばん鬼門ですよね
「ソーセージなんか買ったことない」と、言う人けっこういますよね。実母もそう。
添加物のはいったのもらったら、うちにもってきます。


ただいま、生ハムにも挑戦中です。
いやー無理でしょう、と思いますが、毎日、細かく世話していますよ(忙しいのに、たいしたもんですよ)。

パルマの生ハムならぬ、クマの生ハム

桃の収穫まえのお仕事として定着するのもあり?

桃の収穫まえのお仕事といえば、現在は、いちご。

これが今年で終わっちゃうかもしれませんから、
いろんなことを、考えたり、チャレンジしたりするのが好きな農園は、またしても・・・・・・


2017Mar7_4.jpg


おっとと時間が、作ってくれたものを料理するのは、かなり楽しいです。

手をかけなくても、おいしくなるから。

右手に見えるサーモンの燻製、いちばん美味しいと思いました。

器から飛び出している硬そうなやつは、ささみの燻製です。
ビーフジャーキーならぬ、チキンジャーキー
たいそう評判でした

手まえのフライパンは、豚ばら肉の燻製とレンズ豆の煮込みです。

緑のチラチラのっているのは、各種のセリ。

パクチーも入ってます。
先週の野菜セットにパクチーいれましたが、みなさまから、おいしかった、という声をいただき、
ホッとしました。

嫌いな人は、お申し出ください。入れませんので。
でも、パクチーには、重金属のデトックスなどに効能があるそうですから
早春のデトックスシーズンに召し上がるには、ぴったりだと思います。


昨日は、鶏むね肉の燻製を煮込み料理に使いました。
これもけっこういけました。

野菜セットの、レタス、ブロッコリー、大根、人参、里芋をいれて、どういうできあがりになるのか
予測なしで、煮込んでいきましたら、あらまあ、おいしい。私がいちばんびっくり。
味付けは、いりこのだし汁 + ウコン + うちのキムチの残りの汁 + 塩 + 最後にパクチー

素材だのみの調理ばかりなので
料理じょうずにはぜんぜん程遠いですが、何も言わないおっとの前で、おいしいねーーと一人で言ってます。



本日正午しめきりの野菜セットはこちらです
錦自然農園フルーツストア


錦自然農園の野菜セットが春をつれてきてます♪

2017Feb25_4.jpg
無農薬無肥料のブロッコリー。
こんなにブロッコリーを食べるのはひさしぶりってくらい食べてます。
だって免疫力高いっていうから~
アブラナ科(大根、白菜、キャベツ、菜花、レタス、チンゲン菜など)の野菜は
免疫をあげる優秀野菜が多いですが、
ブロッコリーが特にすごいらしいときいて
サプリメントものんでいたけど、続かなくてやめちゃいました
(続けろよ)
続けられるのはやっぱり、熱意ある農家が誠実につくってくれた、まじめな野菜を食べること!

2017Feb25_5.jpg
露地ほうれんそう。冬場の極寒期からがんばって続いています。
苗のときに一回農薬使ったのがよかったのかな。

2017Feb24_2.jpg
レタス! もうこれがおいしいのなんの。バリバリと食べています。
シーズン終了間近? まじか? 
地面からエネルギーがわきあがってくるみたいなレタスなのに!
どの野菜も、必ず入ると約束できるものはないですが、レタスはなるべく長く続いて欲しいな~


最近の我が家の大きな変化のひとつが
野菜セットの生産者の方から
野菜をたくさん買わせていただいていること(われらが食べるために)

台所に、野菜が「ない」ことはないので、あえて買わないことが多かったのですが
そうすると、たっぷりと食べることはできないと気づき、
たっぷり
食べるために、がつっと、購入させていただきます

特に今の季節は、体が野菜を求めている
ってかんじが強いです
デトックスのシーズンだからでしょうか
先週まで私の体の各所に、湿疹がすごい勢いで出ていました
治療的なことは何もしてないですが、急激におさまっていきました

掻きすぎて、「象みたい」とオットにいわれる皮膚になってました
皮膚がチョコレート黒になっている夢をみたくらい
夢といえば、今日はくーちゃんがしゃべりだした夢をみたです。
大人の男みたいなことを言うのでした。内容は私をナンパしてました。

下は、3月3日に発送した野菜セットにいれた「野菜リスト」です
パクチーがはいってます。前にパクチーははずして、といわれた方にはいれていませんが、
デトックスに効果があるそうなので、召し上がってみてください。

2017Mar03.jpg



来週の野菜セットも水曜正午の締切です
どうぞお試しになってください。
錦自然農園フルーツストア
で、お待ちしています☆