今週末はたいへんご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした

2016Aug26_2souko.jpg


今週の水曜に福岡でネットのお勉強会がありまして
ツマ恵美子はひとりででかけていきました
一泊して翌朝には帰る予定でした。

ところが翌日目が覚めるとなんだかダルイ

ダルダルという感覚が、ちょっと身に覚えがないレベルでダレダレのダルダル・・・・・

おかしいなあと思って、福岡の実家でちょっと横になってましたら
おなかが壊れたかのような、トイレの連続で

なんだかおかしいと思って、熊本の夫に電話して、こういうときあなたならどうする?
とききました

Oー157を疑う。年寄りに感染したらまずいから病院で検査を受ける

そういう考えもあるかと思って、コドモのときのかかりつけのクリニックに、何十年ぶりかでいきました。

病院にいくまでは普通に歩いて行ったのに
病院で受付をしている途中で、まっすぐ立っていられなくなり、
異常を察知したスタッフから簡易ベッドに案内されると、
最初はベッドに座っていたのに、

強烈なふくつうで、座っていられなくなり、やがてオニの形相で痛みにたえ、アブラアセで
顔も全身も汗だく

こどものときのかかりつけのクリニックはすでに、お子さんの世代に代替わりしてましたが
私のデータが残っていたせいか「いま完全予約制でうけつけている●●先生のほうがいいですか」
と看護婦さんにきかれ
私はもう誰でもいいからなんとかしてくれ

といいたいところでしたが、やはり信用度は圧倒的に昔の先生のほうで

声も出ない状況で、老先生を待ったのでありました。


40年受診していない患者がいきなり、歩けない、ほとんど気を失いそうなレベルの激痛で
汗だくになっているとき、どんな診断をするか、というのは
医者じゃない私でも、たいへんそうだと思います


このまま大病院に搬送しようかという案もないわけじゃなかったようですが
結局 老先生の判断で点滴で痛み止めの薬をいれてもらったら

15分で、人間復活

3時間後、さまざまな検査の結果をえて
先生の前に座ったわたしに「まあ、ひさしぶり」
とお互いににっこり

看護婦さんから「別人のよう」といわれる

(死にそうな顔のときは)「誰だかわからなかった」と老先生。

「ごぶさたしております」とわたし。


「最初は結石か腸捻転かと思いましたが、尿も血圧も採血の結果も便も、異常なしですね」

「はあ」

「疲れすぎてないですか?」

「……」

「カラダはね、休んで欲しいのに、なかなか休んでくれない人には、ものすごい痛みで
とにかく休ませようとすることが、あるんですよ。」


私は超絶くるしいときに、何度か「さいきんいそがしかった?」と老先生に二回くらい聞かれても

「いいえ」

とムシの息のなかでゆーておりました。


でも、小学生のときに、顔を見ただけで安心した、
あつこせんせいの顔をまっすぐ、見てるときにいわれたら

忙しかったです



初めて素直なこえがでました



なんというか、
いそがしいのは、東京時代から普通だったので
どこから先が客観的にいそがしいといていいレベルなのか、わからないのです


確かに


最近は、ちょっと、パソコン仕事が忙しさのピーク


睡眠時間を削ればいくらでも仕事できるとばかりに、削りましたわ

べつにいやなことしてるわけじゃないし
たのしーし


でも
カラダはやすませて
と言ってたのかな


倉庫の新築のための「クラウドファンディング」のサイトづくりに
最近は忙殺されてました。

けっこう、考えることいっぱいあるのです。

うちの農園の、作物や加工品で、幸せな食卓をつくりたい。

わたしたちは、これまでも、これからも、嘘をつかずに、できることをできたしこ
皆様とシェアしていきたいとおもってます

こういうことを、
どういう表現にすると
伝わるのかな

と考えると、考える時間がいくらあっても足りません。


写真は、その建物の、8月25日の状況。

建築雑誌の取材もさんざんした私が、知っている唯一のことは

たてものを作るときに、そこに参加する人の手は、気を伝える
その気は、建物に永久に残って、すてきな建物か、そうでない建物かにわける


そういう意味で、ここまでの作業は、完璧です。
ありがたいことです。
水上村の阿部さんに感謝です。


まずは大復活
明日もばりばりーと
元気にブドウを発送いたします

明日は関東エリアには送りません


野菜とかフルーツとか卵とかジャムとか

錦自然農園フルーツストアがいいんでない?

スポンサーサイト

ぶどうの発送と野菜の発送、どちらもOK

2016Aug16_5budou2k.jpg

ミックスぶどう 中箱 4000円

いろんな品種のブドウをミックスしてお届けしてます。
緑がひとつかふたつかは、箱によって違いますが
毎日たくさん発送してます。


今年も殺虫剤を一回も使いませんでした
さしたる被害もなく、この時期になりました。

殺菌剤というのも、病気を防ぐために多用されるのが普通ですが、
今年も一度も使いませんでした。

うちの農園でつくる他のくだものや野菜と同様、
肥料もつかっていません


こういう栽培法ですから
石油燃料も使っていません
除草剤もつかっていません


こういうブドウはとても少数派です


野菜セットとブドウの同梱をご希望の方には、
優遇して発送を速めております。

野菜セットを

くだものと同じくらい
みなさまに
ご理解いただきたいと思ってます


野菜セットのリピート率には、私どもがいちばんびっくりしてます
お客様のご理解の厚さに、いつも感謝しております



わけありブドウとか、自然派のぶどうとか、
球磨のオーガニック野菜セットとか、ジャムとか、卵とか、お米とかはこちらで
錦自然農園フルーツストア


運送会社は、YがよいかSがよいかのお話

2016Aug16_6budou4k.jpg

メインの配送会社を佐川急便に変えて3年目になります。
日本郵便も3年前から。

お客さまからときどき

「なんで佐川なの? ヤマト運輸で配送してほしい」と切実なお声をきくことがあります。

「うちがヤマト運輸を使って配送すると、
サガワ料金よりヤマトのほうが600円以上高くなりますが


とおうかがいすると、それでもヤマトにしてくれ、という方は今のところいらっしゃいません。
この金額は80サイズ・冷蔵便・関東行きの場合。

日本郵便は、サガワとヤマトの真ん中くらいの料金なので、
アンチ佐川急便の方で、「ゆうパックで送ってください。差額は支払います」
ということはあります。

運送会社の料金は企業や団体によって差があります。
取り扱いが多いと安くなるのかというとそうでもなく。
営業所によって恣意的に、取扱量に関係なく、きまっています。

うちがヤマト運輸を使うのは不利です。
ヤマトにしてくれ、とおっしゃるお客さまに、毎回同じ説明をしているのですが
今日はそういう内容です。

サガワ嫌いな人の理由は、到着時間を守らない につきるようです。

時間指定をムシした時間に荷物がついたって、受け取りできない場合がありますから
ご立腹は当然です。

それでも佐川を擁護するのは、時間は正しくつかないかもしれないけれど、
商品は少なくとも安全に届いているからです。

当園もヤマト運輸を使っている時代が、長かったのです。
変えた理由は複数ありますが、最大のものは、
ヤマト運輸で輸送をたのむと、ものすごくしばしば、商品が破損したから。

時間内に到着することにくらべたら商品の破損くらい、たいしたことじゃないと教育されているのか、と邪推させる頻度でした。

破損による損害は、運送会社が補償することになっているのですが
その補償はしばしば行われず、行うのは何回も請求してやっと、ということがよくありました。

ときには、破損したものをお客さまに届けたあげく、玄関先で
「これは送った農園が悪いので、農園にクレームしたほうがいい。荷物はすぐに捨ててください」と言い残したドライバーもいました。お客さまは素直に荷物をゴミ箱へ・・・。

これにより、会社に補償する義務はなくなり(商品をドライバーが持ち帰り検証しないと補償されません)、
私どもはお客さんとの関係性から、もう一回同じものを送らざるを得なくなる。

真実は誰にもわからない。たぶん、そのドライバーが何かしたのでしょうが、もうたどることもできない。

営業所との不毛なやりとりはそれでなくても、しょっちゅうでしたから。
このケースで私どもが正当性を主張した記憶はありません。
こういう会社よね・・・というあきらめがすでにあり。

ヤマト運輸がだいきらいなんです、とお客さまの逆のことを私が思っているかというと
そんなことはありません。


ヤマト運輸にも誠実で親切なドライバーさんがいることを知っていますし、
ドライバーさんたちが、ヤマトからサガワに移籍したり、サガワからヤマトに転職したりすることは多いのもきいています。
ドライバーの質は同じでしょう。会社の方針は少々違うかもしれませんが。


ただ、私どもの居住エリアでは佐川急便は、ものすごく頼りになるドライバーを多く擁している会社です。

ヤマト運輸のサービスの劣化に気づいたのは
お客さま(関東地区)たちからの声が急に増えたことによりました。
お聞きするところによると、
関東のお客さまのところでヤマトドライバーのやっている行いは相当に乱暴のようです。

同じ関東で、
サガワドライバーの悪業の数々でトラウマになっているお客さまもいました。
ヤマトじゃないなら、おたくの果物は買いません とうかがいました。

他の方で、言葉をあえて残さず頻繁だったご注文がぷっつりと途切れた理由が

「オタクが佐川に変えたから」だったことを数年後知ったケースもありました。

佐川のドライバーには家に来てほしくない・・・・・・という気持ちがものすごく強い理由あるのでしょうね。

場所によって、営業所によっていろいろありますので不運にして、
とんでもないドライバーがお宅の担当になっている場合は、来て欲しくない、という気持ちになるのは当然です

でも、お客さま、そういうときは、クレームしたらどうでしょうか。と思います。
なんとなく、緊張感がない仕事をしている人がそのクレームできりっとするケースもあるだろうし、

玄関先で居丈高なクレームをする人になりたくない場合は、

名前をチェックして、
この人の仕事のしかたがひどいので、きてもらいたくない、変えてくれ
と会社に電話してみてはどうでしょうか


スタッフを変えることができないにしてもサービスは変るかもしれません。
しかし、いわなくてもいいことをもうひとつ言いますと、

どの運送会社も、ネットショッピングの急激な隆盛で、スタッフもトラックも足りないようです。
時間に間に合わせようと、多くのドライバーさんは必死にやっていると考えてます。
それでも、間に合わないところがあるのは、物量が多すぎる+スタッフが少なすぎるのかもです。

それでも一日でも、半日でも早く商品を届けることをサービスの目玉にしているネット会社もあるから
とばっちりが配送会社のドライバーに集積してしまうのかなあと思ってしまいます。

どこの会社とはいいませんが、近隣のドライバーさんでゲキムで自殺された方もいるそうです。

限界がすでにきているのかもです。
SFではなく、AIをのっけた小型飛行機やドローンが上空を飛び交う日が来るかもしれません。
そういうものが、桃やぶどうを運んでくれるのです。

日本中で労働力不足。農村なんか、激しく人手不足です。求人があっても、働きたい人がいないのです。

いわずもがな、パート2ですが
労働者の質の低下は、今後も加速していくんじゃないでしょうか。
施設のスタッフが弱いものを傷つけるように、
いろいろなサービスの質が低下の一途をたどり、機械がかわりに仕事をする日がくるような。

看護師さんとか、銀行員とか、ホテルマンとか、
教育が行き届いているという前提でみている職種にも、びっくりするようなことが
ニュースになる派手さはないけど、耳にはいります。

実際、人間よりロボットがそれをする時代は近いといわれていますね。
農業も、植え付けから収穫までの作業一切をロボットが行う日がくるといわれています。十分ありえるハナシです。

配送品を、人間が運んでくれた時代はよかったな、と思う日がくるかもしれないですね。逆かもしれませんが。



葡萄の収穫はちゃくちゃくと進んでいます。
今年はこれまでのところ(限定つきです)ハニーヴィーナスのできがよくて、ワケアリがないそう。で、
ワケアリ箱にハニーが入らないという事態も。
ご注文は
錦自然農園フルーツストア

葡萄の収穫と発送がはじまりました!!

2016Aug9_1.jpg


ブドウの発送はじまりました。

パンパンにはじけそうに大きなブドウが、大事に箱につめられていく様子を見ているのが楽しくてって

「必要なとき呼ぶから、向こう行ってていいよ」

といわれるまで、凝視していました。


川中島白桃のときに「どうして肥料をつかわないで、こんなに大きくなれるんだろう」

とお客さまに言われましたが


ぶどうもそんなかんじです。

肥料をやらなくても、土のなかに、ちゃんとぶどうが大きくなる成分が入っているから

大丈夫なんです


。。。。なんて、断言してしまった。


うちには「わけあり」というランクもあるから、

これは食べていいよね~~

と言っていいのかどうか、迷いつつつまみ食いしてました。
うまうまでした。

大好きなハニービーナス!!! 藤稔!!!

明日もあさっても、びしばしお送りします。


「紫の葡萄」の発送は、もう少しあとにしたほうが、品種のバリエーションが増えて
うれしいかもしれないので、お待ちくださいませ


でも、そんなあとじゃないです。



葡萄のご注文と、野菜のご注文と、ジャムや黒麹やおいしい紅茶やお米がまっている

錦自然農園フルーツストア

時給80セントの果樹労働者(←わがオット)

2016July18_fusa_chouseigo.jpg


久しぶりにずいぶん遅くまで飲み、農とか野菜とか果樹とか卵とか。
農トモと
尽きることない話がピンポンラリーのように続いていました。

そこで私が初めて口に出したのは

「うちは後期の桃はやめたほうがいいと思うんですよ」

隣で酩酊している園主、「やめないよ」と即答。

でもね、
後期の桃、60本の木を剪定しても、実はあらかた落ち、
かろうじて残った2500の桃に袋かけても、

後期の桃で得た売上は20まんえんいってない(まだ正確に計算してないけど)。

どれだけの時間がかかったのか、労働量の総計はまだだしてないけど、かなり厳しい


去年の太秋柿は出しました。600時間の労働時間で売上6万円。

ドルにするとわかりやすいです(いま1ドル百円前後だから)。
時給80セントくらい。
経費に燃料費、袋代、箱代、パッキングのあれこれ、いろいろかかってます。


どこのプランテーションの労働者ですか? というレベルですが、違うのは
時給80セントの労働を、労働者自ら、選んでやっていること。

理由1は、とてもおいしいから
理由2は、喜んでくれる人がいるから

私が熊本にきた6年前
何のシゴトがいちばん好き? と聞いて返って来た答えは

太秋柿!

今は過去6年の失敗のトラウマで
園主の記憶が上書きされ、そんなせりふは出てきません。


ハナシ戻りますが
7月後半~8月の桃は、私が個人的に思うだけですが
味わいは最高だと思いました

桃っていう脆弱でよわっちいイメージの底に、太古から脈々と受け継がれてきた桃のDNAが感じられる桃。
すでに収穫から3週経過した、傷桃が冷蔵庫にありまして、だいじに食べていますが
食べるたびに、やっぱりおいしーよ、と園主にいうのです。
これが桃か、というほどの血の色をした果汁を滴らせながら。

経済を考えるなら、やめる以外に選択肢はないでしょうが、
それを無視する農家だからやめない。

おいしい、って作ってる人が信じているし。
お客さんに、私たちと同じ受け止め方をしてくださる人がいるのがわかっているし。
(世間という目にさらしてみれば、まずいという人がいるのもじゅうじゅうわかってます)


で、ハナシもどさなくちゃ。


「やめたほうがいい。やめないなら、桃の価格は一個1千円か、1千五百円だね」

友人が

「そういう価格にしても買う人がいるかもしれないけど、そういうお客さんになりますよ。
ぼくはそういうお客さんはいやだな」

価格が高くても高いことに意味があると思って買う人になりますよ、という意味ですね。

「ぼくもいやだ」と園主。


でも、そうなのかしら。と私は脳内一人会話していました。


うちはイチゴも、とんでもなく美味しいのですが、
イチゴ栽培をやめたいと、園主がいい続けてます。

イチゴのたいへんさは、ひのしずくという品種のたいへんさで、
この品種はすばらしくおいしいですが、作るのが難しい。
病気に弱い。
熊本スペシャルの品種なのに県内で作る人が減って、今季は1割より少ないのは確定的。

やめたいやめたいやめたい

口を開けばいう園主。(←ほんとはやめたくないような気もする)

病気に弱いイチゴに、定植後農薬&肥料を使わないから、収穫率も激しく低い。
でも、それだから、おいしい。

やまほどとれてないから、おいしい、って、あるんです。

「価格あげればいいじゃないですヵ」

と、お客さんから言われています。私もそう思う。


でも、

やだ

っていうんですよ。

「じゃやめるの? なんかリクツがへんじゃない?」


うちの農園で、農薬肥料をほとんど使わなくても、スムーズに作れるのは

野菜、前期の桃、ぶどう


それだけで、やっていけばいいともいえる。
スムーズにと簡単に言いましたが、ここまでの道のりは簡単ではなかった。

農薬使うか使わないかに目くじらたてていないので、強調はあまりしていませんが。
うちのぶどうは、ジベレリンもせず、完全に無農薬のものもあります。

とはいえ、ジベレリン処理をしてるものに比べて、しないものが格別に美味しいとも思わない。
しばしば、ジベレリンしない葡萄は美味しいと書かれていますが。


逆に
言わせてもらえば、ですが
激しく美味しいとしかいえない、果物の究極は、少なくしか採れないものにやどると感じます。
それはうちでいえば、

太秋柿、いちご、川中島白桃

実際採れる量を人為的に「極端に」少なくする栽培方法もあるようですが、うちは自然に少なくなってしまう
悲しいことに。
これらをうちが、続けていける価格をつけると、
柿と桃で、一玉1500円、いちごで一粒130円

「そんな高いの俺は買いたくない~~~」

って、足をじたばたさせて園主はいいますが
プランテーションで、時給80セントで作り続けるのは、きっと無理です。
無理は、サスティナブルじゃありません。つづきません(ツマの個人的予測)。


葡萄もイチゴも桃も、価格が高額で、箱が立派だと、買う方の満足度も高くなる
といわれている商品だそうです。
そういう売り方はうちはしないです。こだわりの部分が「そうしたいから」という個人的なものだし。
マーケティングのせおりーにものっとってないし。
とにかくどんなにコストが高くても、園主が作りたいから、やめないんです。超シンプル。


無農薬で果樹を作るのは簡単なんですって?
とお客さんに聞かれると、どこでそんなことを? と思います。
簡単といえる場合があるとすると、

加工用(ジュースなど)にする場合でしょうか。
表面がどんな病気にやられても、商品価値が落ちないですから。
六次産業にしたほうがあれこれ有利なのは、こういう側面もあるのです。


葡萄はとりあえず、今年も順調。
毎年のこととはいえ生育の途中で、病気や虫がお盛んになり、「大丈夫?」と私がオタオタしたこともありましたが
「こんなもんだ」
とビクともしない園主のカチ~~


毎週金曜発送の野菜セット、ぶどう、ジャム、お米 などのご注文は

錦自然農園フルーツストア



ぶどうの収穫は週明けから

2015Aug22_4.jpg
去年の8月22日に採ったものです


ブドウの収穫は、例年だいだい毎年8月15日くらいから始まっています。

お店ではすでに、ブドウがどーーーーんと並んでいるので、

遅すぎないかと
心配になるかたもいらっしゃるかもしれませんが、

私も同じく心配しています。
きっとこんな風景を見たら、お客さんはそう思うんじゃないかと・・・・


うちは肥料やらないし、加温もしないから、
お客さんは遅いってわかってるでしょ



といわれています。
わかってないのは私だけ
といわんばかり。

うちのぶどうは、全身、袋をかぶっているので、
うまくいっているか、できていないか、正確には、収穫してみないとわかりません。
わかることは、

害虫がいなくなった
ということだけ

毎朝、ブドウシゴトして帰ってくるたびに害虫が減っていくのを感じます。
勢力を誇っているのは、蜘蛛ばかりです。


殺虫剤使わないで、肥料、堆肥も使わなければ、なんとかなるのでしょうか。
病気も、一瞬、心配になったけど、最近、落ち着いています。


これくらいの病気は、いつものことだ


と、
たぶん毎年言われております



さてさて
ブドウの収穫開始は週明けかな
おいしくできているといいなあ

はたけに行くと、ブドウのいい香りがしています。


今週末は私たちもお盆モードしたいなと思いますが
どうなりますか


ブドウ、野菜セット、ジャムなどのお買い物は

錦自然農園フルーツストア

桃の夏のお手入れ

園主です

桃の収穫が終わり、桃の夏季剪定行ってます。
主に幹の背中から出た勢いの良い枝を剪定していきますが、次年度どうするかを考えながらの手入れです。

2016Aug11_kakiseintei.jpg
そんな作業ですが、剪定する枝はそこそこ太いので最初の何本かは剪定ばさみで対処してましたが、どうにも痛みを覚える手首を守るべく電動の剪定ばさみ出動。

私にとって購入にはかなり高価なこともあり躊躇しましたが、これからこのシゴトを続けていく上で体のそれぞれの部分をいたわっていく上でなくてはならないものになりそうです。

それでなくても万年、手首に痛みを覚えているので新たな技術に感謝です。



人参植え付けの準備
畝を準備した後に、畝全体にビニールを被覆して雑草が生えないように熱処理します
2016Aug4_ninnjin_hatakejunb.jpg

人参の種まきには種を乾かさない水が必要

今、天気予報と相談しながら種まきの日を相談中です
あまりに最近カラカラなので、非常に良くないです

お天気ばかりは人にはどうにもできないですが、

気持ち的には何とかならんかの~

です。。。

水上村の焼畑農業

2016Aug9_6.jpg

おお、ついに熱波が山火事に!
というわけではなく、

2016Aug9_4.jpg

昨日、水上村の野に火を放ち、焼畑をしました。
もともと栗園だったところが放置されているのを買い取った場所。

焼畑で思い出すのは、私の場合ラオス。
ラオスの焼畑は、生産性をあげることを最優先する農業とは、正反対。
焼畑は畑か否か? という議論を最近も読みました。
畑と結論されていたけど、なんとなく違うような・・・ 

人の手は必要だし、収穫はそれほどでもないし、でも
山を焼くことで山が植生を変化させ、より豊かな場になる

でもこんな理由で焼畑を存続させるより
もっと生産量をあげるための農業をしようというほうが現実的だし説得力があるですね

ラオスでは焼畑はやめましょうね、というのが国策になっているそうです

焼畑やめた畑は、ゴムのプランテーションになったりして、
結局森林も住民も貧しくなってしまうのですが。


2016Aug9_7.jpg


化学肥料の大量使用で生産性を増やそうとする農業とは正反対の農業が焼畑農。
草を焼くことで土壌を殺菌し病害虫を防ぐことと、土壌中の窒素、リン酸などを増やす効能があるそう。

山形が、
日本でもっとも、焼き畑が今も多く行われているそうです。
焼畑で作った作物はおいしいといわれているそうな。

昨日ここでは、大根とソバが植えられました。

ぜひともうちでも買わせていただきたいと思います。
ただ、ここもご多分にもれず、獣害大発生地域。

去年は相当やられたそうです。
植えた量より収穫する量が少ない・・・って、よくあることです。

昨日は、宮崎で焼畑を行っている椎葉村の人たちもいらしていました。

椎葉村は日本のラオス的に貧しい村でしたが
ある意味マーケティングに成功した村で、
山はちみつや椎茸は人気があります。

椎葉村の人から、「ひえ」の美味しさと健康効果の高さをうかがい、すっかり夢中になりました。

ひえは、どこでも作れる雑穀。

土地を選ばないし、旱魃につよく、飢饉に際して
二宮尊徳が作るのを奨励した作物だそうです。
食料危機が心配な都会のかたは、ひえをつくってはどうでしょう。

問題はひえを食べられるものにするための
器具がどうもむずかしいらしい。器具がないからひえは毎年つくるのに食べられない、という話も。
江戸時代の農具資料など探してみたらでてくるんじゃないかと思いますが。
東京でなら簡単なことがここではなかなか難しいんですよね。

椎葉村で、「ごはん食べない。ひえしか食べない」という女性の話をきいて、なんともうらやましかった。

「ごはんが食べたい。ひえしか食べられない」が、昔だったのかもしれないですね。


焼畑に話が戻りますと、
農業の伝統というより、農業の原祖の風景を見たような気がして、とてもよかったです。

どなたも、見にくることができます。
来年も、今頃の時期に行われますので、どうぞ、カレンダーにいまからチェック。


ただいまブドウと野菜と桃ジャムと・・・・受付中★
錦自然農園フルーツストア

ぶどうとやさいと、農婦スタイル

IMG_3977.jpg

よるは9時前に寝ているけど朝は、暗くても自動的に目が覚めている8月の農婦でござります。
暗いうちはパソコンシゴト、朝日が昇ればハタケシゴトへGO!

この時間帯の防御は、日差しより、ムシです。

とにかく自然のあれこれに弱い私。
紫外線で病院にいったの人生で3,4回、
ムシにさされてオオゴトになって病院に駆け込んだのも3回はある(手術になったこともある)

普通の防御では顔は30分でぼこぼこになります。
洋服の上からも何十箇所と刺されます。
このタオルがいちばんいいみたい。
今日、顔はまぶたの一箇所だけですみました


2016Aug9_1.jpg


アメがおしめり程度にしか降らないので、ブドウ畑にいま、ずーーーーっと散水しています。
見えますか?
水音がしゃわーーーーっと、畑じゅうで、小さく聞こえてます。

ブドウのシゴトは、とても気持ちよくて楽しいです。
虫を退治しながら、
つるを切ったrり、
枝を整えたりしています。
あと何日で収穫かな。
たぶん来週です。

kyuuri_20160809075728177.jpg

今週の野菜セットのお客さまには
うちのきゅうりのお漬物をサービスでつけさせていただきます。
今年はものすごい量で試作しています。
来年どうするか、いろいろご意見をうかがってから決めていきます。

IMG_3968.jpg

これは
先週8月5日の球磨のオーガニック野菜セット

無農薬のほうれんそう、サラダ菜、大根、きゅうり(二品種)、なすび、ゴーヤ、じゃがいも、にんにく、ワイルドトマト
低農薬のピーマン、こねぎ、パプリカ

2500円でこれは入れすぎだと、園主にいつもいわれていますが
まあ、まあ・・・・

今週のご注文はいつもですが明日じゅうです。金曜発送すると、
九州は土曜の朝、それより西は大阪まで土曜じゅう、
それ以外の地域は日曜に到着です。

下のお店をトントンとクリックして、ご来店ください♪

錦自然農園フルーツストア


今日は水上村へ焼畑にいってきます。

今シーズンのももちゃんが終わりました


eclat2.jpg

写真はエクラ(集英社)のページです。
7月1日発売号。先月号なのでもう書店にはありませんね。

桃がお送りできなくなりました

後期の桃の受付を開始した7月1日のお申し込みの方にさえ
お送りできない

今年の後期の桃は、予想を裏切ってくれました。

去年、台風でめちゃダメだったので、台風だけを恐怖していましたが

今年は、台風はこないけど、熱波がすごかった

毎日35度以上の気温が続くと、桃の内部が茶色くなってしまう
それはそれでおいしいと私は思いますが、そんなのばっかりを受け取る人はうれしくないでしょう


結局発送できる桃は毎日少しずつにとどまり

まさかのまさか
今日

もうおわり

と園主が宣言してました


こんなのでいいのかな

と私が園主いいいますと
どうしろていうんだ
と怒るんですけど


今年は
もともと春先にやってきた異例の長雨で果実の数が少なくなっていたのに
この熱波で残りの桃もやられてしまい

どうしろっていうんだ

というお言葉もたしかにそうなんですが


私はお客様にどういうメールを送ればいいのかと悩みます


7月1日でダメな人がいるくらいですからもっと確実に送れない人には
きのうまでにメールをお送りしていますが



来年は
どうなるでしょう


今年は

川中島白桃がすごくおいしかったです
お送りできなかったのにそんなこといわなくてもいいと思いますが


ものすごく強い生命力で生き残った桃をお送りできた方々に
ラッキーでしたね
と申し上げたいくらい



ことしの川中島白桃はよかったです



ちよひめも今年はよかったです
桃にとって、とっても厳しい時代にはいっている錦自然農園ですが

おいしさはパワーアップしています

来年からは
お得意様からしかお受けしない桃のご注文になるかと思います


ちよひめと川中島


ありがとうー!!


お送りできていない皆様には

○クレジットか代引きでお申込みの場合はそのままキャンセルにするか
ブドウを優先的にお送りするかお選びください

○お振込みの方はキャンセルをお望みの方は、お望みの返金の方法をお知らせください
ブドウの優先予約への変更、来年も桃の予約という形も承ります


毎年のことで
本当に
申し訳ないと思っています

週末にむかって
メルマガや個別メールをお送りしたいと思います

その前にご意向をメールくださるのは
大歓迎です

オーガニック球磨の新鮮野菜セットは水曜じゅうが締切です

いつも写真をウエブにあげていますが
今日は、野菜と一緒にお送りしている野菜の「説明がき」をアップいたしました

「野菜セット」20160722

今週金曜の野菜発送は水曜いっぱいまで受け付けます
いっぱい、ってどういう意味かというと
木曜の朝までです

yasai0708.jpg

この写真は数週間前です
最近は野菜に
「集合写真ですよ~集まって~~」と声をかける暇がない


ご注文は
錦自然農園フルーツストアへどうぞ!!

桃の害虫は95%減ったけれど

2016July23_momo.jpg

近年、桃に害虫がほとんどつかなくなりました。

「95%いなくなった」

と園主が言うくらいです。理由は肥料をやってないせいかなあ
想像しているだけですが。
いつも言ってます。いいことも悪いことも、理由の確定はできません。
ブドウ畑には肥料やってないけど、虫はいますから。毎日巨大虫の殺戮を私はしていますよ。
ハサミで。
それでも、殺虫剤使わなくても相当、害虫が少ないってことらしいです。

蜘蛛の巣がすごいから、そのおかげもあるのかな

逆に、桃の病気は、昔より多いです。

昨日は桃の枝が園主の目に入ってしまって急遽眼科に行きました(目に問題はなかったです)
すると、似たような怪我をした近所の果樹農家にばったり。

「桃はどうですか」
日常で果樹農家にあう機会がほぼないので、私はどこででも、
果樹農家に会うと必ず同じことを聞いてしまいます。

「穿孔細菌病がすごくてだめ。よそもそうらしい。全国的に多いらしいですよ」

とその人が言うのでした。

「そうなんだーーー」
と反応しながら、内心がっかりしてました。
うちもすごいです。
この病気は葉っぱや果実に症状が出て、最悪、葉を落として実をならなくさせます。
何ががっかりって、この病気に農薬が効かないんだなあと思ったから。

病気は、前年の秋くらいに菌が潜んで、
春の低温やら夏の長雨やらで悪化するそうです。
病気が蔓延する条件は、きっちりと抑えている球磨エリアです。

全国的に、という声があるのも、全国のあちこちで、雨の降りすぎや去年の巨大台風やらの影響を受けたと
いうことなのでしょうか。

「うちは殺虫剤はいらんけど
(今は保険をかけて一回使用)、
殺菌剤はもう少しでも増やしたら収量増える?」


園主に言ったことありますが、

この話を聞いて、殺菌剤を少々増やしたところで意味はないと
判ったような気がしてがっかり。

農薬がちゃんと効くなら、そんなに蔓延していないはずですもんね。

私がここに来る前、あと二回くらい殺菌剤を多くかけていたときは、病気がここまでなかったと
園主に聞いたことがありました。

気象条件が違ってきているから、農薬増やして桃をサポートするのはしょうがないんじゃ
と思ったけど
思っただけでした。


7月ももうすぐ終わりという時期をむかえ、月日の立つ早さに驚いています。
桃の収穫の終了まであと10日もないと思います。
しかし、発送のスピードはものすごく遅いです。

数日前。
発送日希望をお受けしていたお客さまに、桃の大箱(前期からのご注文)をお送りできなかった。
驚かれたお客さまから電話がかかってきました。

「全部の畑で、一日に一箱も送れなかったのですか」
「はい。中箱は1箱送れましたが、大箱は一箱も作れませんでした(山育ちの桃は一箱送れました)」

改めてこういう質問をいただいたことは、過去になかったなあと思いながら、
絶句しているお客さまに言いました。

「もちろん収穫する桃はもっとその何倍もあるのですが、お客さまにお送りするにたるレベルに達しているかの
精査をしていくと、それくらいになってしまうんです。

今年は、6月の桃は例年並みにかなり近かったけど、7月の中旬以降はこの調子で」

去年は全シーズンを通してお送りできる数がものすごく少なかったから
少々ひどい状況になったくらいでは、気持ちの動揺がすくない。

梅雨明けより後の桃は、あんまり収穫できない可能性
これからも続くんじゃないかな。春サム、夏アメが変らないなら。
来年「後期の桃」は、ご注文受付は、リピーターのお客さま限定のザ・シークレットかもしれません。



昨日くらいから、すこし発送数増えています。
あと何日で発送できなくなるかわかりませんが、一週間もつかどうかは微妙です。

山育ちの桃はあと10箱くらいお受けできます。
すでに中箱を頼んでいるかたで、変更をしてもいい、という方はおしらせください。
言うまでもないことですが新たにご注文はできませんです。

それと、
お送りできない方がかなりいるかもしれません。
キャンセルをご希望のかたはどうぞおしらせください。


野菜、ジャム、紅茶、お茶、干ししいたけ、黒麹などのご注文は
錦自然農園フルーツストア


 


錦自然農園でのきゅうりの活躍

園主です

錦自然農園はもともと果物栽培の果樹園としてスタートしてますが、多々なる自然環境の荒波もあって少しばかり野菜も作っております。

2016July26.jpg

きゅうりが思った以上の収穫期を迎えてます。

で、

私、個人的にきゅうりのピクルスを作ってます。

レシピは

●きゅうり10本程度を適度な大きさに切って、塩を振ってきゅうりが浸るくらいに水を張って一晩、冷蔵庫で保存
(適度な大きさは、漬け込む容器の大きさに合わせてといった感じです。
きゅうりが太い場合は縦にカットして細身のキュウリにしてください。)


●ピクルス液
酢: 1カップ    水: 1カップ
砂糖: 60g     塩: 小さじ 2
唐辛子: 2本    にんにく: 1片
ローリエ: 1枚   クローブ: 3個


●保存するビンはしっかり熱湯消毒してください

●消毒したビンに塩漬けしたキュウリを移動
(雑に入れてしまうと隙間だらけになるので少しだけ気持ちを入れて隙間を埋めるようにキュウリを瓶詰めしてください!)

●熱々に熱したピクルス液をキュウリの入ったビンに注いでいきます

●最後にビンの蓋をしっかりと閉めて、終了!!


※※  すべてのその前にですが、少しでも貯蔵をする可能性がある場合は、保存するすべてのものを滅菌しておくようにしてください。必ずです!

香辛料は個人的なl好みもあります。

自分好みの香りや風味を探していただけると良いかと思います。


2016July26_2.jpg

桃の状況についてのおしらせ

たいへん長くお待ちいただいている方も大勢いらっしゃる桃。

川中島白桃の収穫は始まりました。

が、たいへんたいへんスローです。

ただいま「前期の桃」からお待ちいただいている方にお送りしています。
一日の量がとにかく少なくて、見ているこちらもじれじれするばかりです。

まだ収穫終了まで例年だと、3週間ありますから
今から落胆することもないのですが・・・・・・

しんぱいしています。

こんなことをお伝えしても、益もない、意味もないかもしれないですが
そういう状況を、おしらせしておきます。


味に関しては、今年も、勇気づけられるような、元気をもらうような、ありがたいお言葉を
たくさんいただき、感謝しております。

量に関しては、今後、相当少なく見積もって、ご注文をいただかないとダメかも。。。。。。。

少ない量しかとれないときこそ、採れたもののエネルギーが大きい

とは、先ごろお亡くなりになった自然栽培の指導者の方の言葉だそうですが
それが心の支えになりそうな、ここ数年です。


では朝からシンキクサイご報告でした


野菜セットのご注文は水曜じゅうまで 金曜発送 
大阪までは土曜日着、それより東は日曜着です

お買い物はこちら
錦自然農園フルーツストア

葡萄畑の客人

2016July18_budou2.jpg

いつものやつです。
ぽろぽろ粒のとれちゃった瀬戸ジャイアンツは、かっこうのおやすみ処のようです。


2016July18.jpg

こちらはイチゴハウスでいちごの苗のあとに植えたきゅうり
明日の野菜セットにも入ります。
元気いっぱいで、なりすぎというくらいよくなります。

農薬も肥料も使ってないですが。

2016July18_fusa_chouseigo.jpg

こちらは竜宝という品種です。
もう少しするとじょじょに赤くなります。
ジベレリンもしていないから無農薬栽培ですね。


無農薬栽培のものも、そうでもないのも、同じ値段で、同じ扱いで販売しています。
いちごは無農薬栽培のものは「おいしくない」という理由で販売しなかったけれど
ぶどうはそういうことはないです。ちゃんとおいしい。


川中島白桃、ゆっくり収穫を始めました。
まだちょこっとずつなので、引き続きお待ちください。

写真撮るのを忘れてしまいました。
なんとなく怖い気持ちがあって
大丈夫かな


錦自然農園フルーツストア
夏焼肉に
コチュジャン、黒麹
をご用意くださいませ
おいちーですよ





蓋ができる分厚い鍋が1個か2個あれば

野菜を食べる量は多いほう。
ポイントは鍋にあると思います。

へヴィーにローテーションしていてほとんど毎日使っているのは
鉄鍋

煮込み鍋はもうひとつ。
20年以上前から代替わりしながら使っている
ルクルーゼ。


そこにもうひとつかふたつ、鉄のフライパン
あればいいのではないでしょうか。
野菜を食べる料理には。


ウチの場合、鉄のフライパンは園主が25年前からキャンプするときのために
使っているアメリカ製のをずっと使ってます。
が、
これもなくても
ルクルーゼじゃなくても

鋳物か鉄の
重たいふたつきの鍋がいっこあれば
料理はできます。


たとえば

1、玉ねぎ

水にコンソメのモトになるのをいれて、塩いれて皮をむいた玉ねぎをいれて
食べ残したゴハンもお茶碗1杯分いれてことこと煮込む。
食べる直前にチーズを入れて溶かして
胡椒をごりごり挽いてから食べる

2、じゃがいも

水にじゃがいもをざくざくきってゆでてとろとろになったところで、バターとか牛乳とか塩とか酢とか
砂糖とかちょこちょこいれて、混ぜて

それを

3、チマサンチュ

などに包んで食べるとおいしいマッシュポテトのチマサンチュ包み
あれば乾燥ハーブのたぐいをあれこれいれて風味をつけて食べるとおいしいです。


4、簡単だけどおいしい煮込み料理を作りたくなったら

油をしいて、ニンニク、たまねぎをみじんぎりにして
豚ばら肉の塊を1センチ×2センチくらいのブロックに切って
いためたとこに
じゃがいも、
ピーマン、
おくら、
などをいれて
トマト(またはトマト缶)をいれて
水100cc
塩、スープのもと、胡椒、コチュジャン、黒麹、オレガノなどあればいれて
20分くらい蓋をして弱めの中火で煮込みます


球磨のオーガニック野菜セットをお買い上げのお客さまで
最近質問をよくくださる方がいらっしゃって

お届けした野菜でどういうお料理ができるのかを
できるかぎりおしらせいたしたく
燃えております。

これまで以上に
野菜に同封する「文字」の量が増えているのはそういう理由です。


さあ
梅雨開けしました


野菜がこれからずんずんずんと
おいしくなっていきますよ


野菜をいっぱい料理しすぎて

おなかいっぱいでごはん食べられない



うちではよくいいます。

今日のばんごはんは


きゅうりと豚ばら肉のスープ煮



を予定しています
ぶらばら肉のかたまりををざくざく切って
ニンニクとしょうがのみじん切りをいためたとこに玉ねぎとおくらと
縦割りにきってきゅうりの皮を全部むいて、なかのわたと種をとって、ざくざくときったのをいれて
水と酒と塩と酢
きゅうりがとろとろになるまで
蓋をして煮込む

塩は多めにいれたほうがおいしいです
塩をいっぱいとったほうが
げんきになるし
たいじゅうが低め安定路線でうれしいかぎり



今からまた加工場にいってきます!


平年比3.5倍の雨が降っています

IMG_3778.jpg
農薬を使わずホウレンソウ作っている畑です。


エライことになっています。

豪雨に慣れている熊本でも、こんなに降りまくることはまれです。
6月から気合の入った雨は降っていますが、
ことにこの10日は、平年比の350%の量が降っているご近所です。

1,2ヶ月でみても2倍の量。

コレだけ降っていると、収穫期にあたっているのに収穫できないという作物がでてきます。
この近辺では、タバコが収穫できないそうです。

桃は雨が降っても収穫できますが

野菜はどうなっているんだろう

IMG_3790.jpg

思いついて、畑訪問してきました。
松岡さんは片道40分をものともせず、標高約1000mの宮崎県椎葉村まで通って
女性ひとりで、農薬を使わないでおいしい野菜を作っています。


「去年のあの、おいしいセロリはそろそろでてくるのかしら」

とお客さんにご連絡をいただきました。

豪雨の連続で
今年は成長がものすーーーーーーーごく遅いそうです。

IMG_3773.jpg

セロリの香りは強く香ってますが、まだまだ収穫まで時間がかかりそう。

松岡さんの野菜で去年大好評をいただいた

大根
にんじん
ほうれんそう
サラダ菜


すべてゆっくり。超スローモーションな生育。
来週からいただけるかも、と野菜のお客さまにコクチしましたが
再来週まで無理みたいです。

ゆっくり育つ作物は、なんにせよ、おいしくなりますから
今年の松岡さんの野菜は、ますますおいしいことと思われます。

椎葉村に
なぜ球磨郡からわざわざ
松岡さんご夫妻が通われているかといえば

とても冷涼で農薬を使わない栽培に向いているからなのです。


風景も空気も、下界とは全く違います。

この白いのは、霧ではありません。

雲海の中の畑なのです。


気になるのは、来週末くらいからかと予測している川中島白桃の出来です。
どうこういってもしょうがないですね!


話かわりますが
「酢赤玉ねぎ」をバリバリ食べています。
今日も作らなくちゃ!


じゃがいものサラダもたべまする
じゃがいもは皮に栄養があるそうで、何を作るにも、皮つきで作っています。


錦自然農園フルーツストア

ただいまセール中の赤玉ねぎでアントシアニンたっぷりな【酢たまねぎ】を作る方法

sutama.jpg

この写真の分量で500g。
冷蔵庫に作りおきして、毎食食べましょう。
ごはんの前に、食事の一番最初に食べるのがオススメです。

なんといいましても赤玉ねぎはその色からも想像できるとおり、
ポリフェノールの宝庫、なかでもアントシアニンがたっぷりです。

ブルーベリーで有名なアントシアニンは
抗酸化と目の健康や血管を丈夫にしたり血液をさらさらにするなどの効果がうたわれています
私が期待するのはなんといっても抗酸化

アンチエイジングです。
この赤酢玉ねぎは、

●ビールのおつまみにもいいです♪
●このまま、鯵の南蛮漬けに使えます♪
●わかめ、もずくなどの海藻類とあわせてもおいしい♪
●どんなタイプのサラダにくわえてもおいしい♪

【錦自然農園流 赤★酢玉ねぎの作り方】

1、玉ねぎを薄く切り30分放置します。半分にして繊維に沿って切るのがよいです。
2、小さじ1の海塩をふって全体を軽く混ぜて10分おく。
3、水が出てくるので軽く水を切って容器に移す。
4、はちみつを大さじ1いれる。
5、酢を100cc。少し足りないかな、という量でもたまねぎがしんなりしてくると酢に全量浸かります。
うちの場合葡萄酢がいっぱいあるのでそれを使ったりしますが、米酢で十分。 りんご酢でもなんでも。
半日後から食べられます。

ただいま赤玉ねぎが1キロ300円の大セール中。

ご注文は錦自然農園フルーツストア



IMG_3637.jpg

「50年に一度の雨」の毎日です~~~

2016July5_2_satoimo.jpg


川中島白桃の収穫は今月20日すぎから

と予測しています
前期の桃からお待ちの方には申し訳ないですが
もうしばらくお待ちください。

雨の降り方が毎度のことながらすごいです。

気象庁の観測データを毎日見るのが習慣になっていますが
降水量の合計は、平年比の2倍以上ですって
とくにここ10日ほどは250%に迫ってます

48時間で200ミリを超えるという(うちに一番近いあさぎり町上村の観測)

渇水を心配するほど降らないのとどちらがいいのでしょう
降るほうがややいいような気がしますが
耳がずっと騒音に塞がれている感じが(私、騒音がとくべつ苦手なので)しんどいです


一日じゅう降っていて、ときどき、パタッとやみ、ぎらぎらの太陽が顔を出す時間が数時間あり
再び、プールをひっくりかえしたレベルの豪雨が弾丸のように降り注ぎます。


昨日は、今年はじめてのブルーベリー収穫をしました。


雨の合間をぬってというより
雨降っているけど、いくか~~
と畑にいきましたら
作業開始の少し前からぴゃーっと晴れて
予定の一時間が終わったら
大雨再開


知らないうちに、雨のふる予兆みたいなものが
わかるようになっていたら面白いですが


野菜セットのご注文は本日中が締切です

雨はすごいのですが、日照時間はそこそこにある

水が潤沢なおかげで、草も野菜も果樹も勢いのある伸びかたを見せています。

これにより被害を受けるのは、「葉っぱもの」

ブドウ畑もどんどん、茂っていくので作業の追い込みにひっしです
自然と追いかけっこです




ご注文は錦自然農園フルーツストア


大量のきゅうりのおいしい使い方

kyuuri.jpg

きゅうりのキューちゃんのおいしい作り方です。

先週の野菜セットには、自然栽培の朝どれきゅうりをたくさんいれました。
こんなにたくさん、きゅうりがいっぺんにあっても、困るわ~と思っているかたにおすすめのレシピです。



【1】

うちには、お送りできないくらい
大きくなり過ぎたキュウリが10本ほどあったので
まずはこれが全部つかる大鍋の湯をわかして
さらに2分熱して、火を止めまして
そのままふたをせずひと晩冷ましておきます


【2】
翌日、またお湯を新しく沸かして、昨日のきゅうりを投入後、二分熱する。
湯を捨てずに夜までおきます

【3】
茹でたキュウリをたて割りにしてワタをとり、1~2cmほどの小口切りに

キュウリをざるにいれて、表面を覆うようなお皿をおいて、そのうえに鉄アレイなどの
重石(あれば漬物製作用の重しなど)おいて、水をとにかく出す。

何回かひっくり返して、しつこく、水を出し切ります。

【4】つけ汁

しょうゆ4、みりん2、米酢1

の割合で漬け汁をつくり、
せん切りの土しょうが(多めがおいしいです)、
タカノツメを合わせて煮立て、
しぼったキュウリをぜんぶ入れ、
2分炊いて火を止め、
ひと晩おいたら食べられます。


今週の野菜セットにもきゅうりがたくさん入りそう。
無農薬、無肥料のきゅうりは、みかけは無骨ですけど、
季節のエッセンスがきゅうりの水分の中にぜんぶ入っているかのようです。


レシピは「ばーさんがじーさんに作る食卓」を参考にさせていただきました。



球磨のオーガニック野菜セットのお申し込みは

錦自然農園フルーツストア